ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「α7II」その6 標準ズーム「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」との組み合わせ

ソニー公表の新型デジタルカメラ「α7II」関連エントリとなります。
先にお詫びしておきます。今回も丸の内ですm(_ _)m
今年の年始はどこにも行っていません。2度ばかりカメラを持って外出したのが2度とも東京駅近辺でした(笑
私としては満足しているのですが、こうしてブログに記事にしてしまうと「またかよ」という感じですね。
DSC00908

前回までの「s-log2編」では、持ち出したレンズはAマウントでした。35/50/85mmの「F1.4トリオ」です。
Aマウント時代に比べてボディは大幅に軽量化されたとはいえ、レンズ自体はずっしり重いですからα7のメリットは多少削られてしまう組み合わせです。
そこで今回はEマウントシリーズを持ち出しました。「FE55mm F1.8」「E24mm F1.8」そして今回の主役「FE28-70mm F3.5-5.6」です。
紆余曲折の末ツァイス24-70mmではなくこちらを購入したという判断は、まあこれはこれでいいんじゃないかな?ぐらいに思っています。
購入後ちょうど1年経つ節目というのは偶然です。とにかく軽いですので、ちょっとした時には出番が回ってきます。
DSC00910

もともとはα7の付属キットズームとして初登場したレンズです。
当時α7レンズキットを買った方が手放したのでしょうね、中古屋さんで大量に並んでいましたので、それを買いました。
我が家のはα7Rでしたのでレンズキットの設定がなく、
レンズの単体発売開始が後日だったこともあり、この方法がいちばん手っ取り早かったのです。
DSC00924

解像力は、それなりです。
主観で恐縮ですが、広角端の四隅とか、望遠端では全体的に、ちょっと絞らないとカリカリにはなりません。
単焦点、例えば55mmF1.8などと比べますと、拡大すると「ああ、やっぱり違うものなんだな」ぐらいには感じられます。
DSC00948

注目は「OSS機構(レンズ内光学式手ブレ補正)」搭載レンズとして、α7IIとの相性です。
公式サイトによりますと、
ーーーーー 以下引用 ーーーーー
EマウントレンズのOSS(レンズ内光学式手ブレ補正機能)搭載レンズ(*1)装着時には、
角度ブレ(Pitch/Yaw)の補正はレンズ側で、シフトブレ(X/Y)(*2)と回転ブレ(Roll)の補正はボディ側で行い、
レンズ側とボディ側の補正を組み合せることにより、最適な5軸手ブレ補正を実現。
ーーーーー引用ここまでーーーーー
との事で、いわば「おいしいとこ取り」をするようですので補正効果にも期待したいと思って使っていました。
広角端28mmで1/4秒は何とか止めることができました。
ただ、「何枚か撮ってその中からブレてない写真を探す」ということをする状態でしたので、
五軸手ぶれ補正という言葉が持つ「焦点距離次第で1秒でもピタッと止めることができる」という安心感には及びませんでした。
1/8秒とかでだいぶ楽になり、1/10秒では外さないようになってきました。
Aマウントレンズの使用時と比べましてもほぼ同等かな、と、体感的には思います。
DSC00937

このレンズを使っていて感じたのは「やはり16-35mmは欲しいかも」という点でした。
来月はCP+ですよね、それまでにフルサイズEマウントでひと通り揃えてしまおうか…
いやどう考えても血迷ってるだろ(笑)我が家にはAマウント大三元があり、しかも若干持て余し気味の現状で、
それでもなおF4通しが必要かな?
オリ40-150にしても然り。パナ35-100があり、そちらもまたノクチクロンによって稼働率が下がっている現状で出番があるか?
もはやレンズの評価とは別の話ですね。出番があるかどうか、という。まあゆっくり考えます。
DSC00919

ただ壁を撮っただけ、なのですが、露出を変えつつホワイトバランスを微調整しつつ10枚ぐらい撮って、
しかもこの場所はブリックスクエアの中庭でとても暗い場所だったもので手ぶれしまくり、ようやく選んだ写真です。
DSC00959

今回はこの辺で。
休日の丸の内の夜は、イルミネーションがあることを踏まえてもなお暗い場所です。
キットズームには厳しい環境だなあ、と思いつつ撮っていました。
でも、個人的には(主に手ぶれ防止の観点で)その割にはそこそこ戦えたなあ、という感想も持ちました。
手に取るとびっくりするほど小型軽量なフルサイズ対応ズームレンズ、今から購入する候補としては別にオススメはしませんが(笑)
ボケ不問の状況では普通に戦えます。これからも持ち歩くことにいたします。

次回は別のレンズを使った写真を掲載してまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC00964











今回の
撮影機材







関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1119-a9743d92