ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 日記・時事・業界 > 「2014年のアクセス数から見る当サイトの閲覧数上位記事」年末まとめ その1
2014/12/29 Mon 00:00 ブログ | ブログ | 日記・時事・業界
今年もあと数日で終わりですね。色々なことがありました。
場末のブログではありますが、一年の総括ネタを今年もやってみます。

1/1~12/26のページビュー数を基準に、本年度上位10のネタを挙げていきます。
ランキング集計対象の記事は2013年11月以降の日付がついたものとします。
私の記事の書き方や掲載時期の違いによる有利不利もありますが、ある程度フェアな集計になるかな?
同一機材を扱う記事が複数ランクインした場合は、この記事では原則としてその最上位記事のみをランクインとします。
今年も10位から、カウントダウンで行っていきます。

10位:「動画」その14 GM1でAVCHD撮影についての雑談

今年ついに手を出したパナソニック機「GM1」について書いた記事のうち、この動画ネタが最もアクセスが多いという結果になりました。
GM1自体は昨年発売されたものですから世間的に新鮮味がそれほどなかったというのは大きいのでしょう。
動画関連記事でもこの記事が最上位です。
当ブログのコンテンツとしても動画に一定の需要がある、ということが分かっただけでも収穫はありました。
来年は動画も頑張ります!

9位:キューポッシュとシルバニアファミリーの家具が相性抜群と聞いて買ってきました
1-9
コトブキヤのデフォルメ可動フィギュア「キューポッシュ」に、エポック社の「シルバニアファミリー」がジャストフィット!
ということを書いた記事です。
当ブログのイメージキャラクター「キューポッシュ春香さん」も大喜びだ!
ちなみにこのアイデアは当ブログの独創ではなく、世間的にも定番であるらしく、それを記事にしたものです。
「キューポッシュ シルバニアファミリー」というような検索で上位にひっかかっているみたいです。

8位:パナソニック「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2 ASPH. / POWER O.I.S.」その1 開封編
1-8
今年購入したメガトン級レンズ、ノクチクロン。
その記事は一生懸命書いたんだからきっとトップ3、いやナンバーワンに輝くに違いない!
と思っていたら8位ですよ。世間の移ろいたるや斯くの如しであります。
思っているより注目度が低いのかなあ。私などはギンギンにして待っていたんですけどね。

7位:結婚式に持ち込むズームレンズ、どうしましょうか
1-7
結婚式で写真を撮ることはあれど、公式カメラマンのふりをして堂々と撮りまくったというのは大きな経験でした。
そのようなブライダル素人がレンズに何を選ぼうかねえ、という話を延々書いている記事です。
大三元なのは当然として、レンズ交換しないならどのような組み合わせが良いのか。
そういう話を、経験を踏まえて出来るようになった、これは大きいです。

6位:オリンパス「OM-D E-M1 2.0」その1 ライブコンポジット
1-6
オリンパスのフラッグシップ機「OM-D E-M1」のファームウェアが大幅な機能追加を伴うバージョンアップを行いまして、
トキメキながら色々遊びましたよ、という記事です。
ライブコンポジットとはカメラ内で行い、その効果をリアルタイムに確認しつつ、キリの良いところで停止できる、という、
夢のような機能であります。
後日夜の街撮りでも試しましたが、なかなか上々な仕上がりでした。

5位:CP+2014 その1 ノクチクロンでお姉さん撮り
1-5
私が1年でいちばん楽しみにしているイベント、カメラの祭典「CP+」関連記事です。
ノクチクロン発売日でもあり、初陣を飾ったのですが、ノクチクロンをぶらさげてパナソニックブースに行ったところ、
スタッフの方がとても優しくしてくれたという思い出が(笑
某メーカーも優しくして欲しいなあ心と体人間の全部、メイクビリーブ。

4位:「第16回国際バラとガーデニングショウ」その1 会場全景と混雑度についての考察
1-4
私が1年で2番目に楽しみにしているイベント、花と庭の祭典「国際バラとガーデニングショウ」関連記事です。
この記事が上位に来たのは、タイトルの付け方の勝利と言ってもいいでしょう。
掲載当時はアクセスが跳ね上がりました。「バラとガーデニングショウ 混雑」で検索上位にひっかかったみたいです。
このイベントはオススメです。バラにもガーデニングにも並の興味しか無かった私でも「ほうほう、ふむふむ」とブースを見て回り、
すっかりファンになってしまいました。男一人でも行って損無し、と思います。

3位:パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.」その1 開封編
1-3
今年は私にとって本格的な「LUMIX元年」となりました。
その象徴となる機材…はノクチクロンですけれども(笑
購入以来ノクチクロンと同等、いやそれ以上の稼働率を誇るレンズがこちらです。
検索でも発売当初は上位にひっかかっていたみたいです。継続的にアクセスがある記事となりました。

2位:オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」その2 上野試し撮り
1-2
このランキング集計は「同じ機材を扱った記事がある場合、最上位のひとつだけランクインさせる」というルールで行っています。
実は単純集計で並べますと、ベストテン中3記事がこの「オリ25mm」になってしまいました。
「開封編」「寄れるは正義」そしてこの「上野試し撮り」であります。
世間的に注目が高かったのだろうな、と推察します。逸品でございます。

1位:オリンパス「OM-D E-M5」の初心者向けおすすめ設定&お試し小物撮り
1-1
今年一番のアクセス数を稼いだ記事がこの記事となります。
以前から「(機種名)+初心者」みたいなキーワードでの来訪が多いことは把握しておりました。
いざ書いてみるとやはり「初心者向け、と題した記事」の需要が高いことに驚きます。
今後も機会があれば書いてみたいですね。もちろん「驕らず偉ぶらず」のスタンスは変えません。
余談ですが、記事内で「初心者がキットレンズの次に持つ、オススメレンズ」としてオリ45mm/F1.8を挙げている点は、
今でも考え方を変えておりません。
今年も色々レンズが出ましたが、それでもやはりキットレンズの次は45mm F1.8を試していただきたい、という気持ちでおります。

今回はこの辺で。
皆様お気づきになられたかもしれません。αの記事がほとんどランクインしていない!
実は一昨年辺りからの当ブログの傾向なのですが、
「αの記事」目当てのアクセスよりも「マイクロフォーサーズの記事」目当ての方が明らかに上回ってきておりまして、
「α関連のアクセス数」:「マイクロフォーサーズ関連のアクセス数」がほぼ1:2という状況になってきています。
記事数は公平もしくは少しα優先で書いているつもりですが、実際に見られているのはマイクロフォーサーズの記事。
私がαに対して辛口なのは認めますが、それがアクセスに影響したのでしょうか。今後はそこも研究していきます。
ともかく。
需要と期待に応えようと思ったら私が増強すべき機材はα7iiではなくオリ40-150ということになるのかもしれませんね。
ボーナス出ないし、40-150どうしようかねえええええ

年末まとめ記事はもう少し続きます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1104-cbf39d53