ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > E-M1のアートフィルター「トイフォト」でカフェ写真
先日横浜に行きました時に、昼食で私としては極めて珍しい「カフェ」に入りました。
あまりに珍しかったので、これは写真に撮らせてもらおう、と。
で、ネタにするためにここは目先を変えて「トイフォト」で撮ってみよう、と考えました。
料理はとても美味しかったです。提供もスムーズで「当たり」のお店でした。

飲み物もついてくるとの事で思わずスパークリングワインを頼んでしまいました。真っ昼間からいかんねー
PB160008

使用したボディは「OM-D E-M1」、レンズはパナソニックの「25mm F1.4」です。
実は最近持ち出すレンズはオリンパスよりもパナソニックに偏りつつあります。
理由はただひとつ、明るさです。

ソニーαを持ち出す時にも言えるのですが、私のお出かけレンズは「広角」「標準」「中望遠」と、3本の組み合わせを基本にしています。

敢えてメーカーを揃えて言いますと、
オリンパスの場合、
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
・M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
・M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
というような組み合わせになるかと思います。
12mmは17mmと入れ替える可能性があり、45mmは75mmと入れ替える可能性があるものの考え方はあまり変わりません。

一方のパナソニックの場合、
・LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7
・LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4
・LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
という組み合わせになります。上のオリンパスの組み合わせよりわずかに明るいのです。

オリンパスのレンズを忌避しているつもりはなく、むしろ信頼して好んで使っているつもりです。
が、気がつけばパナソニックのレンズをカバンに詰めてしまう癖がつきつつあるように感じます。
25mmを、という時に2本見比べて、思わず「明るい方」を選んでしまう事が多いのです。

そんなわけで今回もF1.4開放でブン回しています。開放バカと呼びたければ呼ぶがいいさ(笑
パンが運ばれてきました。ホカホカで美味しい、むしゅめと奪い合いで食べていました。
この流れで行くとパンが主役のはずなのに、ピント外してますね。
写真を撮った時には「ワインが主役」と思っていたのです。それを無理矢理記事で「パンが来たよ~」という文章と組み合わせました。
ブログ掲載の写真を撮るときには基本的に「こんな文章をあてがう」ということを念頭に置くものなのですが、
このように「撮影当初想定していた展開にならない」というケースもある、ということなのであります。
PB160011

料理が運ばれてくるのを待っている間に、目についた小物を思わず撮ってしまっていました。
これは25mmじゃないなあ。ノクチクロンかオリ75mmを使ったと思います。
PB160018

運ばれてきました。むしゅめが頼んだパンケーキ、美味しそうです。
むしゅめはまだまだばぶですので、食べきれませんでした。
PB160014

ママが頼んだフレンチトースト、これも美味しそうです。
りんごの煮込んだやつも美味しそう、いちごがワクワク感を煽りますね。
PB160017

私が注文した料理も来ました。グラタンです(笑
グラタン、とは言うものの、私が想像していたアレとは違って、トルティーヤのミートソースかけ、みたいな料理でした。
まあ、美味しかったので全然OKです。一気に完食であります。
PB160012

カフェというのは私にはお洒落でどうも敷居が高いような気がしています。
スレッガーがミライさんにかける「俺にとっちゃあ眩しすぎるんだ…」という言葉を思い出します。
でも良い経験をしましたので、また機会があったらイッテミヨー!と思いました。
PB160020

今回はこの辺で。次回は別のネタでまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1074-f6ce52e9