ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 「α99と広角ズームで六角橋商店街のサブカル小路を往く」後編
2014/11/20 Thu 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
前回に続き、横浜六角橋商店街編となります。
観光地や有名スポット、とりわけ山手線の東側(このフレーズも手垢が付き始めたなあ)のきらびやかな場所ばかりのブログなのに、
一転して住宅街の中にある老舗商店街、うちとしては極めて貴重な記事になることは間違いありません。
というわけで貴重なシリーズ後半戦イッテミヨー
DSC09722

六角橋商店街には2本のメインストリートがあるようでしたが、私のオススメはこちら、裏路地のように走るアーケードです。
年季の入った商店街でした。店頭、看板、見上げた時のアーケード。素晴らしい。
DSC09701

シャッター街では決してありませんが、シャッターがおろされたお店もちらほら見かけました。
たぶん「店休日」だったのでしょうね。それはそうとして、看板のセンスが60年代ですよ。ヨダレが出る思いです。
DSC09717

本当に営業していないお店のシャッターは、それを逆用して全面告知に利用しています。
で、この手法がまた「サブカル的」なんですよね。
写真中央の「食べくら横丁」というポスターは、六角橋商店街のイベントについてのものなのですが、そのセンスが。
適度にサブカル的で、ぶっ飛んでいない。バランス感覚のあるデザイナーさんがいるのでしょうね。知らんけど。
DSC09719

私は前回と今回で「六角橋商店街は昭和サブカル的世界観で町おこしを考えている」という仮説に傍証を与えようと試みています。
その根拠のひとつになるかな?「アート」に進出してきましたことが分かります。
この段階で今更ながらですが「六角橋 サブカル」でぐぐってみますとその界隈では既に有名だったようです。
私が抱いた印象は正しかったようで、なおかつ「何を今更」ということのようです。そうだったのか。
私がこの街に感じたときめきは、やはりこれだったのか。また行くしかないじゃないか(笑
DSC09714

譲り合いながらすれ違わねばならないほどの狭い裏路地、限られたスペース。そんな場所にわざわざこんな人形を置いている。
合理性を超えたそのセンスが素晴らしいと思うのです。
DSC09716

ギターってこんな値段で売られているのですね。
私は弦楽器に縁がない生活ですので全然分かりませんでしたが、このように店頭にどかんと飾られていると目を引きます。
DSC09715

今回はこの辺で。
六角橋商店街には私は初めて行きましたが、雰囲気が素晴らしかった。
今回は時間が限られていて足早に通り過ぎただけでしたが、ここは後日またゆっくり回ってみたいと思いました。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1066-d2584cf0