ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 「新宿をα7Rと超広角ズームで往く」後編
2014/11/09 Sun 16:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
前回に続き、新宿西口を歩きました、というエントリです。
使用したボディはα7R、使用したレンズはソニー純正広角ズームレンズ「Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8ZA」であります。
先週後半に発売されたソニーEマウントフルサイズ用レンズ「Vario-Tessar T* 16-35mm F4ZA」を有力な購入候補として考えており、
運用をシミュレートしようと思ってここしばらく使っているという次第です。
が、何だかこちらで充分のような気がしてきました。いやこちらの方が性能が良いのですからそれは当たり前か。
大きいことと重いことに慣れることが出来れば、むしろこちらの方が良い。
いや分かってはいるつもりなのですが、小さいことにとてもメリットを感じていますので、引き続き考えていきます。

それはともかく、今回は新宿でした。
東京都民になって2年経ったかな?でも都庁に行く機会なんてそうそうあるものではありません。
以前は丸の内にあったのがこちらに移転したとの事ですが、都庁跡地には現在東京国際フォーラムがある、と。
当時移転を推進した鈴木俊一都知事が通うのに新宿の方が便利だから、なんて記事をどこかで読みましたが本当かそれ?
DSC09008

都庁前の半円形状の広場、何て名前でしたっけ覚えていませんが、広角だと格好がついて良いですね。
あまり気を使わずこのように撮っても、何となくさまになります。
DSC09042

展望台は行列ができていたのであきらめて、しばらく都庁前の広場で撮った後、駅へ移動となりました。
ちょうど暮れかかる良い頃合いでして、新宿西口の高層ビル街が映えること映えること。
休日でしたのでビルの灯りは少なめですが、私には充分です。
DSC09053

微妙に枯れた地下通路、もとは地下商店街だったのでしょうか。
昭和の香りが漂う一帯ですよね、いや、昭和が思い描いた近現代の街並みと言うべきか。
DSC09071

落書きがあるんですね。実は東側都心部ではあまり見かけません。
あれだけ「浄化」にこだわった都知事がいなくなり、リベラルな空気にあてられているのでしょうか。そうかもしれんね。
DSC09069

新宿駅西口から都庁方面にまっすぐ伸びている地下歩道が、現在リニューアル工事中のようです。
歩道自体は現代的に装うのかもしれませんがそこに接続している建物は高度成長期以来の「年季の入った」ビルが多く、
昭和的な雰囲気は維持されるのだろうと思います。
DSC09075

つらつらと書いてきました、新宿西口に私が感じるものは「昭和」そのものであります。
「涅槃で待つ」で有名な高層ホテル街、ミニカーのセットのような多層型ロータリー、ネオン看板…
レトロフューチャーと言ってもいいぐらい(笑
この雰囲気は私の行動範囲にはありません。強いて言うなら八重洲口ぐらいかな?
DSC09083

今回はこの辺で。
普段は本当に「山の手線の東側」にしか行かないもので、たまに行きますと新鮮に感じられます。
最後になりましたが声をかけてくれたザキさん、急な初対面なのに親切に接してくれたふぁんとむ@MINOLTAの民 さん、ありがとうございました!
新宿西口広角編は以上となりまして、次回は別のネタをご用意しています。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1056-11600f61