ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > パナソニック「LUMIX G FISHEYE 8mm F3.5」その14 魚眼一本シオサイト
パナソニックから発売されているマイクロフォーサーズ用対角魚眼レンズ「LUMIX G FISHEYE 8mm F3.5」関連エントリです。
断続的なれど比較的高頻度で掲載してきた対角魚眼シリーズですが、今回で一段落します。
前々回で浜松町駅界隈、前回で汐留イタリア街を歩き、今回は汐留シオサイト中心部を歩きました。
その時の写真を掲載していきます。
使用したカメラは「OM-D E-M1」、すべての写真がRAW現像によるものです。
私のRAW現像は当初の「現実離れしたわざとらしい色合い」から徐々「現実に近く、彩度アップした写真」という風に変わってきました。
いずれにせよまだ改善の余地があります。引き続き勉強いたします。

この写真は緑と青が混在してしまっていますが、何とかしてどちらかのイメージに偏らせてしまった方がよかったように思います。
何とも中途半端です(笑)。いや笑い話ではないですね。私の腕が足りないのです。
P9220088

前回も少し書きましたが、汐留シオサイトが歩行者に優しい街である象徴、ペデストリアンデッキです。
シオサイト中心部にある大半のビルには、地上に降りることなくすべてこの歩道からアクセスできます。
P9220068

ガラスに刻まれたシオサイトのロゴ。
これを主役にしてクールに、と思ったのですが黄色いし緑だし青いし、イメージを自分でも決めかねているような出来ですね。
P9220071

ライブコンポジットを使用しました。
このような車通りの多い広い道に出ると、思わず試してみたくなりますね(笑
P9220066

汐留シティセンター前の広場というか何と言うか。
クリスマスシーズンにはイルミネーションが飾られて人が集まってくる場所でもあります。
何本か立っているオブジェが、ゼルダの伝説に出てくるブヨブヨしたやつを思い出させます。
ブーメランで動きを止めてその隙に先へ進みましょう。
P9220082

電通、全日空、パナソニック、日本テレビ等々、大きな会社がいっぱいありまして、ビジネスマンが頻繁に行き来する場所でもあります。
が、私が通り掛かったこの時間には人通りは一段落したようでした。
歩道の上を走るのはゆりかもめです。
P9220074

これも歩車分離と呼ぶのでしょうか、シオサイトは高架のペデストリアンデッキと地下通路が充実していまして、
地上を歩くことなく(自動車・自転車と接点なく)多くの施設にアクセスすることが可能です。
これも大きな理由となり、都内に数ある高層ビル撮りのスポットの中でも私は汐留シオサイトがオススメだと思っています。
地下に降りて新橋駅を目指す途中にあるプラザのショーウィンドウがすっかりハロウィンでした。
P9220092

今回はこの辺で。
長らく続けてきたマイクロフォーサーズ記事の連投も今回で一区切りとなります。
次回は久々にαネタでまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1029-693350d0