ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > パナソニック「LUMIX GM1」その19 神楽坂とRAW現像 後編
パナソニックのレンズ交換式デジタルカメラ「LUMIX GM1」関連エントリです。
GM1もさることながら、主眼は当ブログとしては極めて珍しいRAW現像にあります。
今更ですが使用しているソフトはアドビです。Lightroomですね。インターフェイスにまだ慣れることが出来ません。
フォルダ内の写真を全部読み込まなくてもいいのに。その場で1枚だけ現像してPhotoshopに渡してくれればそれでいいのに。

今回RAW現像するにあたっては、「現実には無いようなわざとらしい色使い」をやってみようと思いました。
具体的には、電球色主体になりがちな街の色を青くしてみよう、ということです。
こんな感じです。たとえ蛍光灯が強くて青っぽかったとしても、現実はここまでではありませんよね。
P9990605

実際の路地はこの雰囲気です。これももちろんRAW現像です。
しかしこの手の写真ならJPEGで充分撮れますからRAWで表現する理由がない、という事を以前にも書きました。
P9990596

これはRAW現像する意義があったと思います。
手前の「見番横丁」の標識がもっと緑かぶりしていたもので、これでも充分に取り除いているとは言えませんが、
JPEG撮って出しですときっともっとひどい出来だったのだろうな、とは思います。
P9990609

神楽坂の路地は狭い、とは聞いたことがありました。
が、裏路地とは言えここまで細いと酒屋さんも納品で大変だろうなあ。
向こう側からおっちゃんが入ってきているところですが、この後譲り合いながらすれ違いました。
P9990616

神楽坂の繁華街からは少し外れたところ、住宅地の中にある神社です。
ライトアップなどもされておらず、ひっそりと佇んでいる様子でした。
少ない光で感度も上げて、GM1は手ぶれ補正非搭載ですから、この1枚を撮るのにもう必死でした(笑
P9990640

今回RAW現像で嬉しかったのは、やはりモノクロを堂々と「作れる」ことですね。
モノクロとは何か、を下手ながら掴むために、普段は「可能な限りモノクロオンリーで撮り歩く」ことをしています。
それが今回はモノクロ向きの写真を選んで加工することができる!これは便利です。いいねえRAW現像。
便利なんですけど、同時に安直でもありますね。やはり多用は避けねばならぬ。
P9990600

今回はこの辺で。
前後編の2本立てのつもりが3回になってしまいました。次からはまた別のネタでまいります。
今後もRAW現像したものを掲載しようと思います。もちろんその時は「RAW現像しました」と明記します。
それ以外はすべてJPEG撮って出し、その方針は変わりません。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
P9990617

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1016-971d5af6