ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > パナソニック「LUMIX G FISHEYE 8mm F3.5」その7 魚眼一本東京駅
パナソニックから発売されているマイクロフォーサーズ向け対角魚眼レンズ「LUMIX G FISHEYE 8mm F3.5」関連エントリです。
面白い、だけど使い方が難しい、というレンズですよね。
油断していると要らないモノがどんどん入り込んできますし、それを半ば前提にしながらなお構図を組み立てていくという、
写真について専門的な勉強はしていない私にはシビアなフレーミング技術を求めてくるレンズだなとしみじみ感じています。

中心よりも周辺、特に四隅をよく見るようになるという、ともすれば忘れそうになる感覚を思い出させてくれます。
今回は東京駅です。
後日へのネタ振りでも兼ねてあらためて書きますが、すべてJPEG撮って出しです。
P9990087

四隅、というか周辺部分ばかりに気を使った写真です(笑
P9990095

水平線を中央に持ってきて、曲がらないように撮りました。
曲げて撮ろうと思えば何とでも曲げられる、魚眼の写真だと見る方の目もそれを前提にする。
だからこそ直線を活かすことに意味が出てくる、と考えています。
P9990094

ここに撮りに来て、魚眼のありがたみをしみじみ感じました。
今まではドーム天井部分か改札部分、どちらか片方ずつしか押さえることができず、
全体の雰囲気をあらわせているとは言えませんでしたので。
P9990096

改札部分だけを撮ってみると、やはり今までと違って全体の印象がつかめます。
魚眼のおかげ、と言うよりは超広角のおかげなのかもしれませんが、ともあれ私にはありがたいことです。
P9990174

水平線を中央からちょっぴりだけ下にずらし、魚眼テイストが中心部分にも残るようにわずかに歪ませて、
車の往来が完全に途絶えるのを待って撮りました。
と書くと、ものすごく考えて撮ったように聞こえますね(笑)普通です。
P9990141

KITTEの前の歩道から撮りました。
中心にある街灯を曲げずに撮ることで「ここが骨だよ」と主張させ、
右半分に東京中央郵便局を縦イメージで、左に丸の内駅舎を横イメージで配置しました。
P9990126

今回はこの辺で。次回も魚眼記事となります。
あわせてふたつ、連作といっていい内容の記事なのですが、私としてはこの時に自分なりの魚眼の撮り方が定着しまして、
言い換えますとこの時の写真が私としては今のところピークであろうと考えています。
全部が全部「どや!」と言える出来だとまでは言いませんが、割と頑張ったよなあ、と振り返っても思います。
要するに手ごたえを感じた、ということなのです。
というわけで次回もご覧いただければと。自分でハードル上げてどうするよ(笑
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1012-ff721709