ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > パナソニック「LUMIX G FISHEYE 8mm F3.5」その4 魚眼一本浅草寺 前編
パナソニックから発売されているマイクロフォーサーズ向け対角魚眼レンズ「LUMIX G FISHEYE 8mm F3.5」関連エントリです。
対角魚眼レンズは楽しい一方でそればっかりでは飽きる、との思いから記事は飛び飛びにしようと思っています。

話はがらりと変わりますが、本日朝日新聞社の社長が記者会見を開いていました。
今までのメチャクチャな、そして当事者が反論できないのをいいことに不当に貶める記事の数々を、
「チェック機構が甘かった」というような理由で謝罪していました。
撤回、謝罪はするけど問題の本質は変わらない、みたいなスタンスですから、半ば呆れながら記者会見を見ていましたが、
はて、この論理どこかで見たような?私も似たようなことをやった気がするな?と思ってブログを見返したら、ありました。

α99が修理から帰ってきたのであらためてレビューします

私はα99を購入直後から「操作性最悪、すぐフリーズする、これでは信用して使えない」とボロクソに書いてきました。
が、購入1年経過直前に上記の問題を踏まえて点検に出した結果「初期不良」ということで無償修理されて返ってきました。
その結果、わりとまともに動作するカメラになってくれて私としてはひとまず納得したわけですが、
従来の記事において私が書いてきた「α99の問題点」はすべて機械が壊れていたことに起因していたわけで、
それに対して私はボロクソ書いてきたという経緯になります。
なので私はこの記事で「私のα99がどうしようもないのは仕様ではなく初期不良だった」という点は認めましたが、
事実誤認記事を書いたことについては撤回も謝罪していません。今もするつもりはありません。
こういう姿勢はもしかしたら朝日新聞と同じなのかな?と、一瞬よぎったわけです。

が、よく考えたらそんなことはないですね。
朝日新聞は、貶める記事を書いたのを、証拠がないのをいいことに「ミス」ですませようとしているんですよね。
私の場合、実際に購入した機材のあまりのひどさを書きまくりましたがそれが初期不良だったことを知った時には
「初期不良でした」と報告しています。この流れに嘘は無い。
この違いはけっこう大きいですよ!とセコく自己弁護をしておいて、この話はいったんここまで。
まあソニーさん、まともにAマウントボディを作ってくれ、ということです。
レンズスタイルカメラ?そんなの作る余裕があるなら既存ラインナップを地に足をつけて開発してね、ということであります。

まあ朝日新聞の話はこういう形で発信している私としても「人の振り見て我が振り直せ」、戒めにしようと思いました。
ソニーの話も、ここではこのぐらいに。
パナソニック魚眼の話に戻します。
今回行った場所は浅草寺、久しぶりですね。
持ち出したレンズは魚眼レンズ1本です。文字通りの一本勝負であります。
P9990279

今回のテーマは「魚眼レンズで、普通にスナップを心がける」です。
魚眼特有の表現を私なりに取り込むとすればどういう形になるかは少し前に書きました。
が、今回はあまりそれにこだわらず撮っています。
漠然と色々な撮り方をして、魚眼の特性をおさらいしていく作業と言うべきでしょうか。
P9990271

普通に撮ると怖い狛犬も、魚眼で撮ると口角上がってゴキゲンに見えます(笑
P9990273

対角魚眼だと、油断するとこういう写真をいっぱい撮ってしまいますね。
自分なりに消化していければいいのですが…
P9990283

特定のものを強調するには良いと思うんんですよね。
強調したい対象をデフォルメ込みで大きく写し、同時に周囲の状況を写しこむことができるわけで。
P9990275

有名店なんですが、私が通り掛かる時間帯にはきまってお店が開いていません。ちょっと残念。
P9990331

今回はこの辺で。
魚眼で浅草を歩いてきた記事は、少しだけ続きます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
P9990272

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1001-73691661