ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 2016年11月
2016/11/30 Wed 20:30 ブログ | ブログ | 当サイトについて

忘年会のご連絡記事です。



12月10日(土)に開催する忘年会の詳報となります。
参加をお申し込み下さった皆様に宛てています。
ご確認いただければと思います。

名称未設定 1

集合時間


16:50とさせてください。
お店に17:00に入ります。
私自身は16:30以降、下記の集合場所にいるようにします。

・集合場所


新宿三丁目駅 B5出口(新宿伊勢丹・三井住友銀行前)地上
※伊勢丹を目指していただければ分かりやすいですが、実際には伊勢丹直結の「B3・B4」ではなくて、
 伊勢丹に隣接する三井住友銀行にある「B5」地下鉄入口が待ち合わせ場所となります。
 写真ですと、この丸印の場所になります。
 交差点名で言いますと「新宿三丁目西」です。「無印良品の隣」と言った方が分かりやすいかもしれません。
isetan3.jpg

昨年もご参加くださった皆様に分かりやすくご説明いたしますと、同じ場所です。


当日の連絡方法


Twitterもしくはメールでご連絡ください。迅速に応答いたします。

お店と予算


ここでは店名は控えますが、税込み2時間飲放題付き5000円のコース料理を申し込みました。
新宿三丁目駅の近隣です。

配信用にトークの収録をするかも


当日の空気を読んで(笑)実施するかどうか考えます。
顔は映らないよう上手くやりますのでm(_ _)m
やるかは本当に状況次第、空気を読みます(笑

キャンセルについて


融通が利かないコース料理にしてしまい、申し訳ありません。
そんな事情ですので、不測の事態については、12/4(日)24時までにご連絡ください。

実はまだ受付中


実はまだ受付締め切っておりません。募集中です。
参加してやろうという方、お待ちしております。
連絡方法は「Twitterで私にDM」か「当ブログのメールフォーム」をご利用ください。
(他の手段は見ておりません。申し訳ございません)
12月4日ぐらいまでは募集できるかな?
この機会にぜひ!カメラ談義で盛り上がりましょう!


当日お会いできますことを楽しみにしております。
よろしくお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/11/29 Tue 21:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイルミネーションを見に行ってきました

2016年度クリスマスイルミネーション編、関連エントリとなります。 都心部隋一と言っていいクリスマスイルミネーションスポットのひとつ、恵比寿ガーデンプレイス・略してエビガー。 その現場の雰囲気をここ数回にわたって掲載してきました。
恵比寿ガーデンプレイスでクリスマスマーケット! クリスマス2016 その8 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
恵比寿ガーデンプレイスの巨大クリスマスツリー! クリスマス2016 その9 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
恵比寿ガーデンプレイスの巨大シャンデリア! クリスマス2016 その10 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
クリスマスマーケット、巨大クリスマスツリー、バカラの巨大シャンデリア。 それらを採り上げてきました。切り口はいろいろあれど、これで概ね網羅したと言っていいかと思います。 今回はそれらの周辺(失礼!)で見られるものを集めて掲載します。 と言っても取りこぼしもあるんですけどね。とにかくイッテミヨー DSC07174

歩いているだけでも心が満たされる空間です

皆さんは、お金を落としてくださいね。 その上で、私はさらりと歩きます(笑 いや、飲食店には入らないんですけど、おみやげというか雑貨やお惣菜は買って帰るんですよ? とは言え、その程度です。 例えばこういったフレンチに入ったりすることはほぼありません。すみません、いずれお邪魔します。 DSC07190 巨大クリスマスツリーやクリスマスマーケットのあたりに、こんなお店ができていました。去年は無かったよね? 俺の、ということでピンと来て(てか、皆さんピンと来るとは思いますが)ネットで調べてみましたら、 やっぱりなんですね。俺のフレンチや俺のイタリアンの系列店でした。 DSC07242 新業態ですかね。恵比寿向け、と言われればそのような気もしてきます。
俺の株式会社
恵比寿ガーデンプレイスと言えば「レンガ造りに電球色イルミネーション」…と思っていたら、さにあらず。 このような青白イルミもございます。写真美術館に向かう裏通り専用通路です。 ここ恵比寿はそういうわけで私も含めた写真好きの聖地でもあるのですが、正直言って青白はエビガー的にどうなのかね。 まあその空気の読めないっぷりと言うか世間とのズレっぷりというか、それが象徴しているとも思えました(笑 DSC07248 と思いつつ入口近辺を撮ってみたら、意外にカラフルな電飾だったのだなと気付かされます。 電球色一色、ぐらいのつもりで見ていましたが人間の目も印象に引っ張られるのでしょうね。 DSC07252 悔しかったのでモノクロで押さえてみました(笑 この時だけカメラでモノクロモードにして撮った(=自宅で後処理でモノクロにしたのではない)んですけど、 そのような咄嗟にセッティングをわらわらと変えるのも、これもまたデジタルをいじる楽しみの在り方だと思ってくれい。 DSC07224 今回最後の写真です。 後姿を撮った後、この人が振り返ったんですけど、笑顔が似合う美人さんでした。 声を掛けようかとすら一瞬よぎったぐらいです(笑 まあ、しませんけどね。 個人が特定されない、というために後姿を撮らせていただく、私の流儀でもあります。 DSC07261

今回はこの辺で。

というわけで、恵比寿編はこれでおしまいです。 もしかしたらシーズン中にもう一度行くこともあるかもしれません。 その時にはまた記事にするかもしれません。 クリスマス夜景デートをしよう、と考えている社会人の彼氏!いや、これから口説こうと思っている野郎ども! 恵比寿ガーデンプレイスはおススメでございますよ! 恵比寿駅前にはホテル街もあるしな! 次回は別のネタとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/11/28 Mon 22:00 ブログ | ブログ | 当サイトについて
今回は写真無しです。

「某ソニー&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ」主催の忘年会の告知です


こんばんは、このブログの管理人をやっております、HN「てーあい」と申します。
FC2というネット辺境の隅っこでこっそりブログ書いてます。
ここまで見に来てくださり、ありがとうございます。
さて、当ブログでは忘年会を企画しております。
よろしければご参加いただければと思い、この記事を書きました。

コンセプト


基本的な方針は「初参加でも、『一緒に』楽しむことができる」というものです。
私自身が人見知りで、そういう飲み会に単騎斬り込むことに抵抗がありまして。
ですので気持ちが分かるつもりです。
私は完璧な人間ではありませんが、私にできる気づかいは、出来る限りやらせていただきたいと考えています。

開催概要


日時


12月10日(土)17:00~19:00
※17時開始ですので、集合はそれよりちょっぴり早い時刻になります
※おそらく二次会も行われることになります。トータルで22時が解散時刻の目安になります。
  ただし、二次会は自由参加です。強要はございません。

場所


新宿三丁目で検討中です。後日個別にご連絡します。
新宿三丁目駅集合で、近隣の居酒屋となります。
新宿伊勢丹を目安にお考えください。

会費


一次会は5000円(飲食実費・税込み)となります。
二次会は別途必要となりますが、これまでの実績から、3000円±500円で収まるものと思われます。
稀に聞かれるのですが、当然ながら私に儲けはありません。ゼロです。当たり前ですね。
ただ、万が一クーポンやポイントなどが発生した時には、代表して私がいただきます。ウェーイ(笑

応募方法


当ブログのメールフォームか、TwitterでDMをください。
Twitterのアカウントは「tilandmark」です。
それ以外の方法でのご応募には対応いたしません。ご容赦ください。

募集人数


この記事を掲載した時点で、残席3です。
先着順となります。よろしくお願いします。

応募締め切り


11月30日(水)24時です。
なお、基本的に「キャンセルしない方」の募集とさせていただきますが、
やむない場合にはキャンセルは11月5日(月)24時までにご連絡ください。

こういう方に参加していただきたい


私は日頃当ブログで「カメラ女子の友達募集」と書いておりますが、
本心を申しますと下心はございませんので女性の方もお気軽にご検討ください。むしゅめ命!なのでね。
既に参加表明された方の多くは妻帯者であります。安全パイですね。
別に口説いたり変な薬を飲ませたりするようなことはいたしません。ご安心を(笑
それよりも、女性なりの視点というか写真趣味観というか、そういうのに触れられれば貴重な機会だと思う。

また、「カメラと写真の経験豊富で知識がある私がチミ達に教えてあげるから聞きなさい」というつもりの方のご参加は、
お断りいたします。
これは当ブログ主催のオフ会の、最初からの一貫した姿勢です。
あくまでも対等に、フレンドリーに話そうという集まりです。誰もワンマンショーを聴きたいわけではない。
趣旨をご理解の上、そのつもりでおられる方はご自重ください。
ここだけ、敢えてちょっぴりだけ、ハードルを上げておきます。
私は、皆さんと、話をしたいのです。

追記


当日の会場の様子は「ツイキャス」もしくは「収録・編集の上YouTubeで公開」を計画しています。
個人情報が特定されないよう、また、発言者が悪印象を持たれるような編集はいたしませんので、ご安心ください。

お問い合わせ等は「当ブログへのコメント」「メールフォーム」「Twitterでのやり取り」でお願いします。
皆様のご検討とご参加を、心よりお待ち申し上げております。
1年の最後に、カメラ談義・写真談義で楽しくお過ごしいただけるように努めます。
皆様のご参加を、心よりお待ちしております。
よろしくお願い申し上げます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/11/27 Sun 19:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイルミネーションを見に行ってきました

2016年度クリスマスイルミネーション編、関連エントリとなります。 都内有数、いや、現在では屈指のと言ってもいい都心クリスマスイベントの聖地・恵比寿ガーデンプレイス 略してエビガーの風景を、ここ数回に渡ってお送りしております。 今回もその流れにございます。 クリスマスマーケット、クリスマスツリーと進み、次はいよいよ主役ゾーンということで。 DSC07144.jpg
恵比寿ガーデンプレイスでクリスマスマーケット! クリスマス2016 その8 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
恵比寿ガーデンプレイスの巨大クリスマスツリー! クリスマス2016 その9 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ

足を踏み入れた瞬間目に入る巨大シャンデリア

クリスマスツリーのあたりから下りのゆるやかなスロープが伸びて、それが恵比寿ガーデンプレイス中心の広場に続いています。 ですので見晴らしが良く、広場の中心にどどんと置かれているシャンデリアが巨大なこともあり、とても目立ちます。 縦長のケースに収まるシャンデリアを縦位置でガッチリ押さえ用という場合、私は決まってここから撮ります。 レンズは中望遠を選ぶことが多いですね。私の場合、85mmもしくは135mm 我が家のBatis 1.8/85は普段は補欠ですが、このエビガーでは局地的ながら活躍の場があります。 その事にもいずれ触れる、かもしれません。 DSC07158 いわゆる電飾を使用した演出は事実上?この赤絨毯エリアのみ、規模としては実はそれほどではありません。 なのになぜ歯を食いしばり君は往くのかそんなにしてまで。 このスポットは都心のクリスマススポットとしては出色と言える存在でありまして、デートコースとしてもおすすめ、 写真を撮るという視点から見ましても「行きさえすれば誰でも素敵な写真を撮る事ができる」のは間違いない、 ハズレナシの場所なのであります。 DSC07152

さらに歩みを進めていきます

広場でシャンデリアを見上げてめいめい写真を撮っている風景です。私もこの中に混ざって見上げて撮っておりました。 シャンデリアとはつまりは光の塊でありますから、どのように撮れば良いものか、意外に考えさせられたりします。 私の場合は、例えばこういう感じかな。手前に別の被写体を用意して、ボカします。 こういうのを「置きに行った写真」というのかもしれませんね(笑 DSC07173 「向こう側」に回り込み、階段を上がったところから撮りました。 このように全体を俯瞰するような撮り方をしますと恵比寿ガーデンプレイスとクリスマスイベントとの親和性の高さを実感します。 あと、広場の樹木には「敢えて電飾を施さない」という選択も洒落てて良いなあと思います。 DSC07194 地上で、シャンデリア越しに諸々撮らせていただきました。すみません。 どのような形で切り取るか、アイデアの見せ所だぞ良い子の諸君!知らんけど! DSC07179

今回はこの辺で。

私のような「ショートステイで一撃離脱」タイプのスナッパーとしては異例のシャッター数で過ごしております。 実は最近は、カメラを持ち歩くこと自体は欠かしませんが、シャッター数はめっきり減りました。 この記事に限らずですが、最近は出先で撮った写真のほとんど全て、ブログ掲載に使用しています。 良く言えばボツが減りました。悪く言えば試行錯誤をしなくなりました。 それを並べ替えて記事にしている有様でございます。 恵比寿ガーデンプレイス編は次回まで続きます。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC07185
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/11/26 Sat 00:00 ブログ | ブログ | 当サイトについて

2016年度忘年会のお知らせです。


DSC06550_20161125213609722.jpg

ですが、その前に…


こんばんは、記事をろくに読まないうちからしょうもないコメントを書かれてしまうネット辺境ブログの管理人です。
嫌なら読まなきゃいいのにと私なんかは思うんですが、「てーあいの野郎が気になって気になってしょうがない」らしいです。

もしかしてファンですかー?だったらそう言ってくれればいいのに。
私にだって慈悲の心はあるんですよ?私のお釈迦様のような広い心で許してあげますよ。
まあそれはいいや、今回はそれほどムカついてません。色々意見もあるよね、分かるようんうん(オトナ目線
でもね、それは他所でやってくださいね。

感想は好き勝手に思ってくれていいんですよ。「何言ってんだこいつ」でも「つまんね」でも、何でもいい。
でもそれを当ブログにコメントと言うかたちで残そうとする以上は、ブログ主たる私はそれなりのクオリティを求めます。

…と、ここまで書いて、とある可能性に思い至りました。
もしかしたら、件のメーカーの関係者だったのか?だとしたら愚の骨頂だな。
「二度と買わないと思っていたけど、信頼できる友達の助言もあり、もう一度購入を視野に入れて考え直してみます」
という趣旨の記事に、
「さんざんこき下ろしておいて今更購入検討かよ」、と冷水を浴びせたらどうなるか。
私が買わなくなるだけだ。売上が見込めなくなるんだよ?あと、このブログでも多少はあった宣伝効果も完全に消滅する。
もしメーカー関係者の言葉だったとするならば、アホちゃうか、と思いますね。
別に私にはダメージは無いんですよ?一生オリンパスのカメラを買わなくたって別に私の人生に何のビハインドもない。
現時点でも我が家にはパナソニック機があり、ソニー機が山ほどある。その向こうにはキヤノンニコンもいるんだ。
代わりはいくらでもいるんだよ。分かってるのか?
…ああ、「別にお前に買ってもらわなくてもいい」と思っているかもしれないのか。ならフィフティ・フィフティですな。お互い様。
こんな辺境のブログ、無視すりゃいいんです。

忘年会のお知らせ


それはそうと、本題です。
当ブログ主催の忘年会を開催いたします。
上の文章でものすごくハードルを上げたかもしれませんが、気にしません(笑
本来の私はもう少しおとなしくて、フェアに物を見ようという人間です。自分で言っても説得力は無いか(笑

日時


12月10日(土)17:00開始
一次会・17時~19時予定

二次会(あれば)・19時以降
主催者権限、というか、どういう流れであれ22時には解散するつもりです

場所


新宿or新宿三丁目(まだ詳細が決まっていません。申し訳ありません)

予算:


一次会は上限5000円で考えています。
二次会については考えていませんが、過去の実績から3000円程度で収まっているようです。
忘年会である以上一次会はマストですが、二次会は参加自由です。
「全員参加しないと」というような同調圧力は無いようにいたします。

追記


忘年会の模様はツイキャス、もしくは収録して後日編集の上YouTubeでアップ、という可能性があります。
収録の場合、発言者の方が不利にならないような編集をいたします。

応募方法


1:Twitterでダイレクトメッセージ
2:当ブログからメールフォームを利用して送信

以上の方法でお願いいたします。
締切は11月30日(水)24時とさせていただきます。
カメラ談義、特にソニーα・マイクロフォーサーズ、あと最近急成長している富士Xシリーズなどのオーナーさんであれば、
同好の士として盛り上がることができるのではないでしょうか。
興味を持たれた方、ぜひご検討いただければと存じます。
楽しくお過ごしいただけるよう私も頑張りますので、よろしくお願いいたします。


今回はこの辺で。


冒頭、変に生臭い書き方をして申し訳ありません。
先日Tumblrでこういう投稿が流れてきまして(引用元は私のアカウントではありません)。
http://ginzuna.tumblr.com/post/24295966350/日本は特にわがままを言うクレーマールールの隙を突く悪質なプレイヤーの為に多大なコストを払って

これになぞって申し上げますと、当ブログは「しょうもない書き込みは、書き込みとは認めない」
ということで。これでファイナルアンサー(笑

従来くださっていたブログ友の皆様の書き込みは全然しょうもなくないです。とてもありがたいと思っています。
てか、ここまで書けばその違いは分かっていただけているであろう、と、お人柄に甘えております。

次回は路線を戻していきます。クリスマスイルミネーションシリーズの続きとなる予定です。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/11/25 Fri 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイルミネーションを見に行ってきました

2016年度クリスマスイルミネーション編、関連エントリとなります。 この時期都内有数のクリスマスチックな施設となる恵比寿ガーデンプレイス、 その中枢部にこれから進んでいこう、という記事です。 恵比寿駅から向かって一番手前にあるエリアが前回記事にしたクリスマスマーケット、 それに隣接する形で第一のメインイベント、巨大クリスマスツリーがあるのです。 てか、チョー目立つけどね。今時チョーとか使わないか。猿股失敬! DSC07210.jpg こんな感じでね、目立つんですよ。でかいし。 ですから人が集まります。 下手したら「真の主役」よりも人が多いんじゃないかな? DSC07141

クリスマスツリーの「色」について

これは私の主観ですので別に同意してくれなくていいです、人それぞれです。 クリスマスツリーについては私は「赤・緑」の組み合わせが好きですね。 トラディショナル・カラーですよね。家庭で飾り付けるツリーはまさしくそれであります。 DSC07142 クリスマス時期のイルミネーションに関して余談になりますと、 青色LEDの実用化と普及に伴い、電飾は「青色、そして白色」の時代が到来します。 冬の寒さ、雪のイメージづけにも適していたのでしょう、これが大流行いたします。 全盛期が2000年代の中頃だったはずで、 その時代にスタートしたイルミネーションイベントは、青白をこそトラディショナルカラーと位置づけるかのように用いました。 具体的には六本木ヒルズけやき坂(2003年~)、カレッタ汐留(2006年~)、東京ミッドタウン(2007年~)などです。 新宿西口サザンライツも、2000年代後半あたりは青白でした。流行だったんですよね。 それがさすがに陳腐化したのか、最近は赤緑+電球色の電飾に回帰しているような印象です。 てか陳腐化も何も、そもそもクリスマスとは赤緑ではないですかね(笑 私は青白も赤緑も好きですよ。 その上で、やるなら「どちらか」にしていただきたい。混ぜちゃイヤーンバカーン。 …思いつくまま書いているのですが、やっぱり発想がおっさんですかね。すみません。 DSC07225

さらに歩みを進めていきます

さて、クリスマスツリーも堪能したところで、先へ進みます。 この先に恵比寿ガーデンプレイスの主役が鎮座しているわけですが、それがもうデカくてですね(笑 DSC07237 そこに至るまでの赤じゅうたんの道も当然にフォトジェニックなのでありまして、 大いにモチーフにして撮らせていただきました。 写真撮るならこのあたり一帯がメインになるかな?と思いますね。 DSC07277

今回はこの辺で。

というわけで、恵比寿ガーデンプレイスの中心部に進んでいくのでありました。 次回はこの続きとなります。当ブログとしてはかなりのボリュームを割いているつもりです。 それにしても、恵比寿ガーデンプレイスを行き来する女性は皆さん綺麗ですね。 私も空気に呑まれているのかな?そうかもしれんね。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC07155
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/11/24 Thu 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイルミネーションを見に行ってきました

2016年度クリスマスイルミネーション編、関連エントリとなります。 今回からは恵比寿ガーデンプレイスです。 都内有数の大規模イベントであり、同時に、日本でも他に類例のない貴重なイベントです。実際ここは素晴らしい。 ですので、当ブログとしましてもこの先何回かに渡って記事にしていくことにいたします。 言っとくけど長いよ!(笑 DSC07136.jpg

恵比寿ガーデンプレイスとは

ここであらためて説明するまでもないとは思いますが、この場所にはかつて「サッポロビールの工場」があり、 その再開発ということで複合施設が誕生した、という経緯がございます。 90年代にオープンしまして、当時20代の私もドライブでここに寄ったりしましたね。オシャレスポットの最先端でした。 今は複合施設のベテラン的存在として、今もなお都内有数のスポットであります。 主要な来場者は、学生ではなくて社会人のちょっとお金に余裕がある方々ですね。 渋谷あたりの「お金をかけずに盛り上がろう!」という雰囲気とも、 お台場あたりの「普段は見ない風景を堪能しよう!」という雰囲気ともちょっと違います。 都心部にあって、独特の空気で圧倒する。 且つ、ここでキッチリ飲食しようと思ったら、ある程度お金は必要ですよ。 …そういう「オトナの街」感が充満しているエリアなのです。 以下は主観ですが、 丸の内同様、ここにはウェーイ連中は来ないでいただきたい。少なくとも、場に合った振る舞いをせよと。 ゾーニングですよ、ゾーニング。 こっちも渋谷の邪魔はしないから、覚悟がないなら騒ぐんじゃないよ(笑 DSC07130

クリスマスイベントへの力の入れ方が半端ない

この恵比寿ガーデンプレイス、毎年クリスマス時期の演出に、ものすごくお金と手間をかけています。 基本的にレンガ造りのイメージが強い施設ですから親和性が高く、アピールできるからなのでしょうね。 その上で、上っ面の電飾オンリーではなくて、きちんと自らの魅力を踏まえた上で作ったイベントです。 だからこそ魅力的なのであり、私も毎年複数回行くのであります(笑 DSC07133 恵比寿ガーデンプレイスの最寄り駅は、恵比寿駅である。 で、この恵比寿ガーデンプレイスは、そこからちょっと離れた場所にあります。 具体的には、恵比寿駅と隣の目黒駅の中間あたりですよね。 で、この距離を埋め合わせるために、恵比寿駅からガーデンプレイスへは、動く歩道がずっと設置されています。 何が言いたかったか。 恵比寿ガーデンプレイスは、その名の通り、恵比寿駅から入るのが王道である、ということです。 で。 そのルートを歩いて恵比寿ガーデンプレイスに入った時、最初に踏み入るエリアが、 こちら、クリスマスマーケットなのです。 ドイツ発祥の木造ワゴンによる屋台営業。それがクリスマスマーケットです。 その雰囲気を、恵比寿ガーデンプレイスでは最初に味わうことができます。 DSC07134 さて。 私が行ったのは平日ですから、写真から伝わりますように、混雑感はありません。 が、週末はたぶん地獄ですよ!(笑 DSC07135 私はふだん「山手線の東側」をメインにしていますから偉そうに申す権利もないのですが、 恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイベントでゆったり過ごすなら、断然平日がおすすめです。 人出もそこそこですし、このような特設クリスマスマーケットでも、空席いっぱいですから、 ホットワインでもピザでも、ゆったり食べながら過ごせます。 アベックにはおすすめですね。 DSC07138

今回はこの辺で。

今回掲載した風景は、恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイベントについて、多くを語っているわけではありません。 次回以降は恵比寿ガーデンプレイスの中枢部に切り込んでいきたいと思っています。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC07139
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/11/23 Wed 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

新宿駅南口バスターミナル併設の複合施設へ行ってまいりました

前回の記事の、関連エントリとなります。 新型カメラ「E-M1markII」のイベントへ行こうという事で私個人的には久し振りに新宿へ行ったわけですが、 それは単にオリンパスのイベントを見ようというだけではなくて、こちらにもぜひ立ち寄りたい、と思っていました。 てか、オリンパスのイベント会場でしたな(笑) 新宿駅南口に今年オープンした施設、「ニューおまん」であります。 DSC07319.jpg ニューおまん
NEWoMan

複合施設「ミライナタワー」

甲州街道跨線橋は、遡れば大正時代以来ここに架けられているのだそうです。 京王線(当時は軌道線、いわゆる路面電車)が走っていたのですが、戦時中に変電所を破壊されたことでこの橋の勾配を登れなくなり、 結果、都心側ターミナルが新宿三丁目付近から現在の場所に変更になった、のだそうです。 また、その「現在の場所」というのが、もともと東横線が新宿延伸の野望を持っていた時に確保していた用地だったのだそうで。 その東横線は今や副都心線経由で新宿三丁目に乗り入れている。歴史とは面白いものです。 もっとも、もし京王線が戦時中もこの跨線橋を走ることができていたら、今も京王のターミナルは新宿追分だったかもしれません。 とすると、ニューおまんの正面をチンチン電車が走る風景になっていたのでしょうか。知らんけど DSC07322 で、その甲州街道跨線橋が老朽化で架け替えねば、というタイミングで、 ついでと言ってはアレですが、同時にプロジェクトが立ち上がったのだそうです。 結果巨大な建物が出現した、というわけですね。 DSC07326

ここが噂のニューおまん

さて本題に戻りましょう。建物の外観を写してみます。 今春オープンですから既に半年以上経っているわけで周囲の新宿民の皆さんにとっては当たり前の風景なのかもしれませんが、 私は実に新鮮な衝撃をもって受け取ったのでありました。 甲州街道、ニューおまん! DSC07325 シン・ゴジラ風に! godz.jpg だんだんエンジンがかかってきました。 ニュー… new.jpg おまーん! oman.jpg

今回はこの辺で。

というわけで今年最大の悲願であったニューおまん、堪能させていただきました。 最後に1枚。この日最後のニューおまん。 DSC07343 駅の改札と直結していて、雨の日でも便利ですね。 お店はおしゃれだし、何だかいい香りがします、ニューおまん。 皆様も新宿にお越しの際にはよろしければお立ち寄りいただければと。 次回は別のネタとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC07342
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

「OLYMPUS Photo Festa 2016」東京会場に行ってきました

ひっさびさにオリンパスネタでございます。 この記事は11月21日月曜日に書いておりますが、昨日11月20日(日)、オリンパスのイベントを見るべく行ってまいりました。 「OM-D E-M1markII」のお披露目会、であります。 場所は新宿南口、オリンパスのお膝元と言っていい土地ですね。 今までの経緯(買っても買っても不良品「なんだこの糞メーカー」事件)からオリンパスへの信頼が消滅、正直気乗りしませんでした。 そのような私のテンションがこの写真でも端的に表現されているかもしれませんね。 ピントも合わせてないし水平もとってません。テキトーです、テキトー。 DSC07335

良いですねE-M1markII

最初は会場に入るつもりもなかったのですが、気がつけば受付を通過して中に入っちゃってました(笑 で、E-M1markIIを触らせてもらったのですが良いですねこれ。 ちょっと欲しいなと思ってしまいました。 DSC07330 私は縦グリは要りませんけど(笑 こうやって写真を見返しますと、縦グリつけたカメラは横倒しにして展示していてもいいかもしれませんね。 DSC07331

会場も楽しそうでしたよ

会場入りした時刻が夕方4時過ぎ。 5時で閉場とのことでしたので、駆け込みしたことになりますが、なかなかの人出でした。 ただ、場所は分かりづらかったなあ。道に迷いましたよ。 途中、同じく道に迷った方と一緒にああでもないこうでもないと話しつつ、会場入りしました(笑 DSC07332 セミナー会場です。 私が行った時刻には既にすべてのセミナーが終了していまして、何もやっていませんでした。 そう言えば思い出しますのは、オリンパスの講師陣は毒っ気がない! もうちょっとメーカーをいじりながら語れる環境だといいのにね。ソニーでもニコンでも許容していることです。 トークの途中で蝶ネクタイを引きちぎり「ここからは本音ですけどね!」みたいな展開は無いものか。まあ、無いわな。 トークの途中でメガネを外して投げ捨て「モンゴルはもう飽きたわ!」みたいな展開は無いものか。まあ、無いわな。 DSC07334

買うべきか、買わざるべきか?

さてそんな与太話は置いといてですね。 今回好印象を持った「E-M1markII」、これは私個人にとって「買い」なのか? 私がトム・クルーズ並の資産家であれば躊躇なく購入すると思うのですが、今の私はカメラにお金を使うのに度胸が要るのです。 E-M1markIIのヨドバシ価格は約23万5000円。これは私の感覚では充分に覚悟を必要とする出費です。 その上で、このカメラを買う意義があるかどうか? ここではそれを考えます。

ポジティブファクター

これは以前にも当ブログで何回か言及したことがありますが、 私は現在、動画性能でしかカメラを見ていません。 写真を撮る分には、もうこの時代にあってはそうそう外すことはないですね。レベルは充分に上がっていると思いますよ。 しかし動画はさにあらず。まだまだメーカー間の差が大きいのです。 一眼動画のパイオニアはキヤノンである、その点に議論の余地はない。 しかし二番手が最大のライバルであるニコンにならなかったのは何故か。ソニーα7が現在の地位を得たのは何故か。 そういうことを考えながら、「ではオリンパスの動画性能はどこまで通用するのか?」となった時、 E-M5markIIの動画撮影性能についてはメリットを感じたんですよね。 その系譜にあるモデルでありますから、まあ外すことはあるまい、と。 OM-D MOVIEに対する評価は様々ですが(ただし「RAW撮影出来ない」系のプロぶった評価はイチャモンとみなす)、 私としてはメリットも大いに感じていた。 それがE-M1markIIでさらに機能拡大するというのは、私個人的には嬉しいことです。 具体的にどのような部分が、って?そこは教えたげない(笑)私が得たノウハウです ひとつ言えることは、 「無敵の手ぶれ補正で、4Kを手持ちでフツーに撮れるよ!」 というのは、他に無いメリットであります。 少なくとも、映像の揺れ、ぶれという観点では、明らかにソニーαより容易に撮ることができます。 ある程度熟成させた動画撮影機能と、自慢の手ぶれ補正との組み合わせ。 これはブルーオーシャンです。他の追随を許さないですよね。 私もこの点にメリットを感じます。てかこの一点、と言うべきか(笑

ネガティブファクター

では購入に向けての否定的要素はというと。 これがいくつかあるんですよ(笑 箇条書きにします。 1:電池が新型採用で、旧モデルで共通していたバッテリーを受け付けない  →これ、私にとってはものすごく重要なんですよね。   バッテリーって消耗品なんですけど、実際にはその言葉から感じられるほどの「使い捨て」ではないですよね。   我が家には従来のOM-Dシリーズの充電池「BLN-1」が10個ぐらいあります。   が、E-M1markIIにシフトしたら、それらすべて資源ゴミ&新型電池を新規購入という苦行が発生するわけですよね。   しかも新型専用バッテリーBLH-1は、ヨドバシ価格で8600円ぐらいするのです。   私の現場は1日に電池を2本使い切り、3本目の目盛りが減るぐらいまで消費しますから、予備電池2本追加は必須です。   するとボディ価格に事実上17000円の上乗せが必要となります。   すると25万仕事ですか。ハードル高いな(笑 2:高感度耐性  →動画の話ですからね。その上で読み進めてください。   ISO800までは他社のライバル機とも戦える画質だと思います。   ですが、1600になるととたんに厳しくなりますね。主観ですけど。   具体的には肌のなめらかさです。格段の差がつきます。   これはオリンパスに限らずパナソニックでも感じることですので、もしかしたらマイクロフォーサーズの限界なのかもしれない。   と言うより、私の場合の比較対象であるソニーα7シリーズが色っぽいから、なのかもしれない。   とにかく、動画撮るならISOは800まで、それ以上はトレードオフがある。   …というのが私の実感です。   E-M1markIIはセンサーも新型ですし、ちょっとは改善されているのかな?   そこはギャンブルですね。今回の新宿のようなイベント会場では試せないレベルの劣悪環境で、戦えるかどうか。 3:オリンパスの生産品質管理   この1年以上、ずっと書き続けていることです。このメーカーが売るものは、信用できない。   オリンパスは、それまで持っていた私の期待と信用を、完全に裏切ってくれました。   詳しいことは省略しますが、要するに「買っても買っても、箱を空けたら不良品」というていたらく。   正直言って信用ゼロ、二度と買わないと思っていました。   いや、今も思っていますよ。   会場で見た「E-M1markII」は良いカメラだと思いました。が、それと同じ品質のものが手に入る保証が、永遠の0。 とにかくまとめますと、 「買うかどうかは分からん」 であります。 当ブログは当面「新発売の機材を手に入れて感想を書く」というジャンルからは手を引こうと思っており、 E-M1markIIについても好印象を持ちつつも、また裏切られるのではないかという思いが大きく、手を出せません。 しかし。

今回はこの辺で。

オリンパスのポンコツな生産品質管理について今回も書いてしまいましたが、 今回思いがけずイベント会場で友人が私に言ってくれました。 「オリンパスはベトナム工場の生産品質の低さを問題だと認識しており、対策も立てた」 そうなのか。であるならば私としては話が変わってくる。 もちろん大手メーカーが末端ユーザーに軽口で「対策しましたよ」ぐらいリップサービスすることもあるだろう。 また、仮に改善されていたとして、それを確認する手段が「また自分で買ってみる」しかない。 でも、そもそも私は「二度と買わねーよこんな糞メーカー」と思っている側の人間だ。 これですと「詰み」なんですよね。買って試す気がないんですから。 金輪際新製品には縁がないと言ってもいい。 …ですが、今回その友人の言葉に触れて、「もう一度手をだしてもいいかな」と思うようになりました。 これは「二度と買わない」→「次にダメだったらおしまい」ぐらいに私の態度が軟化したことを意味します。 0が1になる、この違いは大きいですよ。 言ってくれた友人の人柄によるところも大きいです。 信頼できる人物が直接囁いてくれたというのは、私にとっては値打ちが段違いなのです。 そうでなければ信用するものか。 というわけで、E-M1markII購入については品質のことは忘れて、ニュートラルな思いでフェアに検討することにいたします。 結果として買わなくてもご容赦くださいね。結局はお財布との相談ですからね(笑 次回は今回の関連記事(てかそっちがメインか?)の予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC07333
今回の
機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/11/21 Mon 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

ようやく「大手町仲通り」に到着。丸の内イルミネーション編の続きです

2016年度クリスマスイルミネーション編、関連エントリとなります。 関東地方はまだまだ暖かくて、クリスマス気分になるにはもう少し日数がかかるかもしれません。 私自身乗り切れない気分でないこともないんですが、いくつか見て回っているうちにスイッチが入ることもあるわけで。 そんな感じでクリスマスイルミネーションシリーズ、イッテミヨー DSC07314.jpg

大手町仲通りとは

今回の目的地「大手町仲通り」。 丸の内仲通り、は有名というか、都内のクリスマスイルミネーション有数の定番スポットで、私のような一般見物人も多い場所です。 しかし大手町仲通りとは。 正直申しまして、そういう場所があることは知っていましたが大手町仲通りという名前だとは知りませんでした。 ではその大手町仲通りとは、どこにあるのか? ここらへんです、ここらへん。 DSC07299 その雰囲気は、こんな感じです。 道としてはごく短い距離で、その街路樹に丸の内仲通りと同じようなシャンパンゴールドの電飾が飾られています。 DSC07302 このあたりは大手町再開発で誕生した「大手町フィナンシャルシティ」という施設でして、 複数の高層ビルに金融系の名だたる企業が入ると同時に、 低層階にはそこに勤める方々の胃袋を満たすための飲食店が入居しています。
大手町フィナンシャルシティ ショップ&レストラン(グランキューブ オープン)

週末は狙い目か?

その大手町仲通り、てか大手町フィナンシャルシティの地上飲食店エリア部分と言うべきか。 平日は混雑することは容易に想像できます。日本のビジネス街の中心地ですから。 しかし週末はさすがに閑散としています。大手はホワイトですなー(笑 DSC07303 行った時刻は21時ちょい前ぐらいでした。 既に営業終了したお店もあるようで、まあこの人出であれば仕方がないと思います。 DSC07301 気温はまだ高めで、テラス席でもゆったり過ごすことができると思いました。お客さんはいませんでしたね。 ただ、このお店は営業しており、テラス席ではなく店内を見てみますとそこそこ席は埋まっているようでした。 これは本当に穴場ですね。私も体調がまともならちょっと一杯、ぐらい気持ちが揺れたかもしれません。 DSC07310 が、この時ちょっと腹具合が悪くてですね、実は撮影どころではありませんでした。 ちょっとお手洗いを借りに…と、大手町フィナンシャルシティの建物に入り、トイレのドアを開けようと思ったら、開きません。 ナンダヨー(チューヤン調で)もう締切かよー 大手町フィナンシャルシティなどと大層な名前の割にケツの穴が小さいなこれは! と思いましたがこの際自分のケツの穴の心配をしなくてはいけない状況でして。 しかもここ、東京駅と神田駅のちょうど中間あたりにあるもので、自宅に帰ろうと思ったらものすごく時間がかかるのです。 結局悶々としながら、もじもじしながら必至の体で帰り着いたのでありました。 大手町仲通りの北端は、このような河川沿いの緑道というか公園になっています。 ここは夕方に訪れれば帰宅するビジネスマンを除いてはあまり人が立ち寄らない、ゆったりスポットであります。 DSC07312 以前に記事にしたこともありましたね。その時はまだまだ工事中、みたいな雰囲気だったと記憶しています。
「久々に私的撮影で歩きました」その4 日本橋川沿いの遊歩道 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ

今回はこの辺で。

というわけでほうほうの体で帰ったこの日の撮影ですが、楽しかったです。 休日夜の大手町、良いではないですか。また行こうっと 丸の内イルミネーションとの関連性としてはどうでしょうね。雰囲気は似ていると思いますが、ボリュームとしては不足感は否めません。 何よりエリアが連続していないのが厳しいかなと。「別物」として対するのが良いと思います。 丸の内仲通りですと車道がありますが、大手町仲通りは純然たる歩道です。 その視点ですと気楽に歩けて良いかもしれません。 神田~大手町近辺にお住まい&お勤めの皆様にはよろしければお立ち寄りいただければ。 DSC07305 次回は別のネタとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事