ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 2015年01月
マイクロフォーサーズ蔵出し編としてお届けしております。
アンダリゾート伊豆高原ネタ、我が家としては年数回お世話になる常宿ですけれども、
昨秋行ってきた時の写真を掲載しています。全3回予定の2回目です。

今回は我が家のアイドル達が宿を堪能している姿をご覧いただこうと思います。
春香さん「きれーい、みたことあるー」
星井美希「また来たねえ。よかったねえ」
P1230003

備え付けの貴重品ボックスに興味をもった様子です。
春香さん「よん、いち、にい、ろく」
星井美希「ちょっと違うけど、まあいっか」
P1230012

春香さん「まんがっ!」
私は「暗殺教室」という漫画をこの時初めて読みました。
物騒なタイトルで読むのを敬遠していましたが何の事はない、素敵な学園ドラマなのですね。
ただ、むしゅめがライブラリから持ってきたのが1・5・7・9巻みたく飛び飛びだったもので流れがよく分からず
PA260476

アンダリゾートのロゴ入り小物置き場です。こちらも本場バリに発注したのでしょうきっと。
春香さん「こものっ!」
星井美希「私達がね」
P1230002

遊びグッズも充実しています。伊豆高原の中腹にありますから自転車は厳しいかも?
春香さん「のりにいこうよ!」
星井美希「たぶん私達には無理だと思うー」
P1230007

犬の形のフェイスタオルがおみやげとして用意されていました。
既成品のようですからさすがにカエルのタオルは無かったか(笑)ありがたくいただいて帰りました。
春香さん「いぬっ!」
星井美希「意外にリアルだよ」
P1230009

こちらも「ご自由にどうぞ」のお菓子です。ただ、夕食夜食とひたすら食べる宿ですので、私はいつも持ち帰りさせてもらっています。
春香さん「おいしそーう、いっこたべてもばれないよね」
星井美希「前回もそれ言ってなかった?」
P1230008

今回はこの辺で。春香さんも楽しそうで良かった良かった。
この手の旅行写真随行フィギュアと言えばダンボーが定番ですが、
ダンボーもいいけど春香さんもね!今なら3000円ぐらいで手に入りますので!
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
P1230005

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
マイクロフォーサーズ蔵出しシリーズとしてここ数回「紅葉編」をお送りしてきました。
今回もその流れで昨年撮った写真を記事にしていきます。
当ブログでも毎度おなじみ、我が家の伊豆旅行における常宿となっております「アンダリゾート伊豆高原」、昨年秋に行ってきました。

こちらは「カラオケパセラ」の系列の宿でして、本格バリ風の(家具などは本場で買い付けている、とも)雰囲気が魅力の上、
定額制を打ち出しており、食事(夕食・夜食・朝食)の飲み物は原則宿泊料金に含まれており、追加料金がかからない仕組みです。
観光地で旅館に泊まった時、ビール1本やウーロン茶1杯注文しても600円とか800円とかかかるじゃないですか。
それが(見た目には)かかりません、ということです。
週末の宿泊料金で大人1名あたり2万円強、これで呑んだくれることができますから私はお得だと思っています。
何より、私のような一般人には「最終的にいくらになるんだろう?」というヤキモキ感が無いのがありがたいですね。
もちろん宿自体が魅力だからこそ行くわけですけれども。
PA250296

伊豆高原といえばカエル、らしいですよ。知らんけど。
このアンダ系列のホテルは伊豆高原近辺に5つもあるそうです。
PA240253

そのカエルのアベックを後ろから撮ってみました。
レンズはノクチクロンです。この写りがマイクロフォーサーズで実現しているというのが素晴らしい。
PA250257

ノクチクロンついでに、少しカメラの話をしておきます。レンズの違いによる写りの比較を簡単にやってみましょう。
今回撮影したバリの置物です。
GM1 + ノクチクロン、絞り開放、WBは太陽光だったと思いますが色の話は今回は置きまして。
PA250254

こちらが以前に行った時に同じ所を撮影したものです。αを使っています。
α7R + LA-EA4 + Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4ZA、絞り開放
DSC08257

当然のことながら単純比較はできませんが(「比較するために」なんて意識してませんでしたので)、
写りが多少は違うのかなと感じます。特にボケの部分です。
ノクチクロンの方がボケがちょっとうるさいというか、細かい気がします。
ただ、撮影しているポジションが違いますから背景の光源も違っていて、ノクチクロンの方がより強い光源をボカしているようです。
それを差し引いてもプラナーの方がボケが優しいように思います。
考えてみたら当たり前なのでしょうけれども。プラナーは85mmですがノクチクロンは42.5mmと、そもそも焦点距離が違います。
それを思えばノクチクロンは頑張っていますね。
もっと言えば、プラナーは最短撮影距離(85cm)ギリギリで撮った一方でノクチクロンはそれより近寄れてなお余裕がありましたので、
使いやすさで言うとノクチクロンに軍配が上がります。
まあ、私は両方共愛しておりますから、ここで優劣をつけるつもりはございません(笑

さて本文に戻ります。こちらは象の像です。ガネーシャ、でしょうか。
バリ島の信仰とかよく分かっていないので地元に象の神様がおられるのかもしれません。
カエルとネコの像に混ざって、象もあるのだなと。ともすれば見過ごしがちではありますが。
PA240250

こちらの置物は近隣の同グループ運営ドライブイン「かえる家」の庭にあったものです。
被写体が充実していて楽しい一方で、同じようなテイストにならないように撮り方を工夫しなくてはならず、
それが写真をやってて楽しい部分でもあります。
PA250279

今回はこの辺で。
アンダ編は実は全9回のつもりで写真を用意していたのですが日数が経ってしまい頭も冷えましたので、
3回ぐらいに圧縮して掲載いたします。というわけで次回もアンダネタです。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
PA240147

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
おかげさまでご好評いただいている…かは分かりませんが、蔵出し紅葉編たぶん最終回、上野公園の後編となります。
正直この写真を記事にするのには躊躇しました、だって文章にするネタが無いんだもん。
当ブログの記事では、可能な限りどこかで「文章だけ読める要素」と言うんでしょうか、写真に依存しない内容を用意しようと考えていて、
たとえば、
ソニー「α7II」その12 横浜ベイエリア夜景 その2 大さん橋では持ち運びに便利な小型三脚について書き、
ソニー「α7II」その16 「ぼくの初詣」後編 靖国神社では靖国神社の現在についてささやかに私見を述べ、
クリスマス2014その22「横浜アメリカ山公園」では明治期の横浜外国人居留地の歴史をちょっぴり勉強しました。
そのように、なるべく何らかのトピックを絡めて記事を書きたいと心がけておりまして、
ただ単に紅葉の写真、だけですと膨らませるにも限度がある、というわけです。
もっともそのように「さらりと写真の解説だけして終わり」という記事もいっぱいありますから、
この記事にだけ違和感があるわけではないのです。この一文が書きたかっただけです(笑
EM120303

というわけでさほど話題もない紅葉写真、てか黄色や赤く染まった葉っぱの写真を延々と載せるだけの記事です。
EM120281

強いて挙げるなら「今回はすべて、私にしては珍しいMFで撮影した写真」を掲載しているという点でしょうか。
いやこれは重要だな。風で葉っぱが揺れ、被写体を見失ったAFが後ろに抜ける(カメラが勝手に背景にピントを合わせる)ことが多く、
正直AFでは戦えないな、と、この日は考えて途中でAFはあきらめてMF一本にしたのです。
もちろん「風で揺れている」わけですから、MFでピントを合わせても撮った瞬間に葉っぱが動いてピンボケ、ということは多発します。
そこは数でカバー!ですね。枚数を撮ってナンボであります。
EM120272

上野公園は桜の名所で知られています。ですから秋は葉っぱをつけない桜の木が多くを占めます。
ですが「葉っぱがない」ことが幸いしたのでしょうかね、イチョウやモミジが目立ちますので写真としてはありがたいという。
EM120285

そんなことを考えながらあちこち見て回っていましたら、こんなのを見つけました。セミの抜け殻です。
季節外れ、なのかな?よくぞ残っていましたなあ。
EM120288

対角魚眼で撮りました。魚眼的な表現もさることながら、超広角でイチョウをてっぺんまで収めたかったという気持ちが大きかったです。
パナソニックの対角魚眼レンズ、最近はマイクロフォーサーズを持ち出すときには必ず一緒に持ち歩くようになっています。
EM120310

というあたりで引き揚げました。ちょっとの時間でしたが楽しかったです。あまり意識してなかったけど、やはり紅葉は楽しい!
で、これは上野駅のあたりの歩道で撮ってみた写真です。
カメラを地面に向けて、ホワイトバランスで青くして、ピントをずらしてイメージだけ押さえる。
普段の私はこの手の写真を撮ることはめったにありませんので1枚だけ掲載してみました。
EM120231

今回はこの辺で。紅葉編はここまでです。
昨年末の蔵出し写真を発掘して順次掲載しています。次回もそうなるかも?
マイクロフォーサーズで新作を撮りたいとも思っていますが、入院しているE-M1が我が家に帰ってきてからにします(笑
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EM120295

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
久々登場のマイクロフォーサーズ関連エントリとなります。
使用したカメラは我が家のエース「OM-D E-M1」ですが現在入院中でして、写真自体は昨年12月に撮ったものです。

今回は紅葉を撮りに上野公園に行った時の写真を掲載します。前後編のつもりですが後編はネタが無いのでどうしよう。
それはそうと紅葉って私は「秋」のイメージを持っていたのですが、南関東は12月まで待たないと赤くならないんですね。冬やん。
EM120253

上野公園というとやっぱりこちら、西郷隆盛像が有名ですね。
西郷隆盛というと西南戦争で反乱軍を率いたため靖国神社にも祀られていないとの事なのですが、
ちょっとぐぐったらこの像の除幕式が明治31年、西南戦争は明治10年との事で21年かかってはいるものの、
明治時代のうちに名誉回復は成されていたのだなとあらためて学びました。
余談ですが西郷隆盛像の足元にある商業施設「上野3153」は語呂ですので「ウエノサイゴーサン」と呼ぶのが正しいとの事です。
EM120241

その西郷隆盛像を捉えながら、逆光で撮っています。
おひさまの部分は白く吹っ飛びますがそれはもう仕方がない、そういうものでしょうきっと。
紅葉を写真のどこかに入れるけれども主題は別に用意する、
この写真はそうではありませんが、中井精也的アプローチも試していきたいところです。
EM120242

清水観音堂の間から不忍池方面を眺めて撮りました。
おお赤いねえ、黄色いねえ、秋だねえ、という写真ですがこの風景、実は赤い木と黄色い木は1本ずつしか立っておらず、
あとはみんな緑色をしておりまして、広く捉えると紅葉でも何でもない印象なのでした。
赤が足りない、ということで灯籠も足した次第です。これも写真のマジックと言えるのかもしれません(笑
EM120262

この日はおひさまも出ていて暖かい日和でしたので、逆光にも積極的に挑んでいます。
穏やかな日だったとはいえわずかな風でも枝は揺れますのでこれが色々と難しいのです。
EM120238

これはオリ75こと「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」で撮ったはずです。
風で枝が揺れており、AFで狙ってもずれてしまうorピントが後ろに抜けてしまうので、こんな時は迷わずMFです。
状況によって使い分けますね。とは言いますが最近MF率が上がっているような気がします。
EM120268

一生懸命MFでピントを合わせて撮ったもので、私としては気に入っています。
が一方で、このように中望遠で切り取ってしまうと、上野で撮った、という「ありがたみ」が無いですね(笑
説明的な写真であることも、私は必ずしもネガティブにとらえることは無いと思うんですがいかがでしょう。
EM120245

今回はこの辺で。次回後編のつもりでしたがどうしようかなあ、似たり寄ったりの写真ばかりなんですよね。
この記事で言うなら西郷さんの銅像とか、トピックになるものがあれば良かったのですが…
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
現在、久々にマイクロフォーサーズの記事を連続掲載しておりまして、その関連エントリとなります。
ただし、撮影したのは昨年12月でした。クリスマスイルミネーションの時期でして、そちらを優先掲載したという事情です。
α7IIの使いやすさ(似たようなソフトのはずなのに、α7Rよりも使いやすい、何故だ!?)に惚れまして使い倒している中、
それでもE-M1は今なお我が家で現役であります。
CP+では広角ズーム7-14mm/F2.8の発売アナウンスがされるのでしょうか。予算を温存していますのでぜひ。
12-40,40-150を現在スルー中の私ですが、7-14は欲しいと思っています。

それはそうと、先日我が家のE-M1が壊れました!いやそれほど大事ではないのですが。
いや大事か。底面電池蓋のスライドレバーがポロリととれてしまいました。おかげで蓋が開かず、電池交換ができません(笑
やむなく修理に出しました。半月かかると言われて凹んでいます。CP+には間に合わない、か。

というあたりで枕はここまで。本題に入ります。
今回は季節外れの紅葉写真です。
当ブログは「山手線の東側メイン」という傾向にあり、それは私の行動範囲をそのまんま反映したものです。
現在、それ以外の場所にはほとんど出掛けることがありません。行っても横浜ぐらいかと。
当然ながら紅葉の名所に行くこともありませんでした。紅葉というジャンルに淡白だというのもありますね(嫌いではない)。
私なりの紅葉写真ということで、日比谷公園となります(笑)
いつもの行動範囲の中で安直に撮った紅葉写真!ということで早速イッテミヨー
EM140442

今回主に使用したレンズは我が家自慢の中望遠コンビ、M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8とノクチクロンです。
広さが足りない時は適宜25mm(換算50mm)と15mm(換算30mm)に取り替えましたが写真が登場するかどうか。
EM140436

日比谷交差点から入っていきます。私としては貴重な昼写真です(笑
紅葉見物らしき人も少なからずいるようでした。
EM140426

ここの木だけとりわけ葉が鮮やかに赤く染まっていました。
カメラを持っている人は皆、立ち止まって撮っていた様子でした。
EM140432

せっかくの中望遠ですから、思い切ってぼかして撮ってみます。
マイクロフォーサーズでもここまでやれる!と思うと嬉しくなります。
EM140430

逆に、ボケがちょっとうるさいと言いますか、ごちゃごちゃしてしまうこともあるわけで。
これはカメラのせいではなく、私の間合いの取り方の問題ですね。まあここでは私にはこれが限界なのであります。
EM140451

日比谷公園を離れます。明治生命館の前で撮りました。
当ブログ的には出番がちょっぴり少な目の丸の内マイプラザ、あの吹き抜けが好きで通りがかったりします。
EM140420

毎度おなじみ丸の内仲通り。ここは紅葉のシーンもたいへん美しい場所です。
イルミネーション時期が重なりますので、よく見ますと樹木に電飾が巻きつけられています。
EM140406

行幸通りから、いつもの東京駅丸の内駅舎です。
結局ここに戻ってくるのですね(笑)まあ当ブログの持ち味だと思っていただければと。
EM140396

今回はこの辺で。日比谷紅葉編は今回のみの単発記事となります。
ただ、紅葉記事にはもう少しストックがありまして、次回も赤や黄色の葉っぱをご覧いただくことになりそうです。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EM140398

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
前回に続き、コトブキヤの可動式美少女フィギュアシリーズ「キューポッシュ」関連エントリです。
その第一弾にして最高傑作の「アイドルマスター 天海春香さん」には、当ブログのマスコットとしても活躍してもらっています。
そのキューポッシュシリーズの一環として発売されている「特別衣装ボディ」のひとつ、半袖体操服ボディをご紹介します。
とってもキュートな、しかもブルマという私のようなおっちゃんにはストレートに訴えてくるプロダクトであります。
EP540625

カメラの話もしておきましょう(笑
使用したカメラはオリンパス PEN E-P5、レンズはM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8です。
MFでじっくり狙ってピントを合わせていますので、けっこうシャキッと写すことができたと思うのですがいかがでしょうか。
EP540629

星井美希が着ているのは、別売りのジャージです。コトブキヤ直営限定商品らしいのですが今も買えるのかな?
ブルマが覗くあたりが絶妙な大きさですよね。トレパンもあるのですが履かせていません(履かせろよ
EP520624

体操服ボディは税込み2500円ぐらいしたような。ジャージもそれに近い金額です。
合わせると5000円弱、ふたり分となると1万円近くにもなります。なかなかどうして高い買い物ですね。
今回は3名分確保しましたのでこれは出費的には痛い、てか3人目はいつ参戦するのか?するのんか?
EP540629

体操服ボディの話はこの辺で。
年末に秋葉原のコトブキヤショップで「トライミー」と銘打った試遊会が行われまして、
その場所でこの先発売予定になっているキューポッシュ製品の一部試作品が展示されていました。
艦隊これくしょん「艦これ」より、雷です。
話題沸騰、予約しておいた方がいいのかな?
DSC00644

こちらは「ガールズアンドパンツァー」より西住みほ殿です。
あんこうチーム全員キューポッシュ化してくれませんかね。コンプして応募券を送ったら4号戦車がもらえるとか。
DSC00646

こちらは「雨の日セット」だそうです。ポンチョ・長靴・傘の詰め合わせとのことです。
モデルが春香さんなのが良いですね。分かっていらっしゃる(笑
DSC00642

こちらは「アイドルマスター」より我那覇響です。
事実上のキューポッシュ次回作、2月発売予定です。
DSC00648

こちらは「魔法少女まどか☆マギカ」より暁美ほむら・制服バージョンです。
我那覇響の次に発売予定になっているようで、4月発売とのことです。
DSC00645

今回はこの辺で。
キューポッシュはオススメです。ぜひ手にとってみていただきたいと思っています。
特に春香さんが良い!まあ主観ですけどね(*´∀`)
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC00649

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
コトブキヤから発売されている可動式デフォルメ美少女フィギュアシリーズ「キューポッシュ」。
当ブログとしてもかなり肩入れしているつもりで扱っています。今や主要コンテンツの一つと言っていいでしょう。
その割には春香さんと星井美希ばかりだな!まどかマギカとかいっぱい出てるのになぜ登場しない?というツッコミもあるでしょう。
まあいいじゃありませんか(笑

で、今回は12月に発売になった衣装ならぬ衣装付きボディ「半袖体操服ボディ」及び「ジャージ」を採り上げます。
一般販売されているのは青い体操服ボディ、赤い体操服ボディはコトブキヤ直営限定で価格は通常の3倍です(嘘
余談ながら撮影の話もしますとこの時の写真から照明機材に新しいものが加わりまして、フォトラと併用していくことになりそうです。
この時は電球がデフォルトの蛍光ランプのままでしたので、こうして見てみても少し色がおかしいですね。
この写真に限って、若干の色の調整を行っています。
EP520620

早速ふたりに着てもらいました。
春香さん「やっほーひさしぶり」
星井美希「ちょっと恥ずかしいけどね」
またまた余談ながら背景の箱はキューポッシュ最新「ソードアート・オンライン アスナ」です。ちなみに今なお未開封(笑
EP520623

体操服ボディには、星井美希が持っているような旗もついてきます。
旗もさることながら、旗を持つための手首パーツは応用がききそうかも?
EP540626

後ろ姿も良く出来てます。
お尻のあたりがなまめかしくて素敵です。
EP540630

前かがみになると、腰のあたりが微妙にめくれる感じでポイントが高いですね。芸が細かい。
春香さん「ぺろん」
EP540628

それにしても久々登場の春香さん、あいかわらず可愛いですね。
絶版対策でもう少し買い足しておいたほうがいいのかもしれませんね。
キューポッシュもアスナで17弾となりますが、今のところ私には春香さんがいちばんですね。
いや、そもそも春香さんが第一弾でなければキューポッシュに手を出していたかどうか。
原作は一切知らないのですが(笑)
私には「キューポッシュ春香さん」が良いということですので、勧められても原作には手は出さないと思います。
EP550633

今回はこの辺で。
キューポッシュについては次回も書きます。
体操服ボディ・ジャージの組み合わせと、年末に展示されていた新製品についても少々触れる予定です。
使用したカメラはオリンパスE-P5、レンズはM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8、我が家の屋内撮りの主役コンビでした。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EP550631

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/01/23 Fri 11:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
ソニーα7II関連エントリ、第21弾です。
結局ほとんどすべて夜撮りとなってしまいましたね。流れを変えられるかと思って投入した浅草編の効果もその場限りという感じです。
これがうちのブログの味なのよん、ということで今後もこのノリでまいります。よろしくお願いします。
というわけで今回は銀座からさらに歩いた話を。

使用したレンズは「Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.8ZA」1本勝負です。当ブログ的には「85プラナー」と呼んでいます。
再三書いた通り私はα7IIに愛着を持っていますがその上で「五軸手ぶれ補正」という仕様にオリンパス機ほどの信頼を置いていません。
センサーサイズが違うから、技術的に別物だから、といった「理由の検証」は、ここではいったん置きます。
とにかくいかにボディ内手ぶれ補正であろうと私の運用方針としては基本的に「絞り開放」ということになります。
もっともAマウント機でも同様に「絞り開放が基本」ですので、特にα7IIを低く見ているわけではない、とは思っています。
以上、小難しく書きましたが一言でまとめますと要するに「開放バカ」ということであります(笑
DSC01558

今回もマネキン写真を掲載します、と予告しておりました。
というわけで連続してマネキン写真!こちらは銀座シャネルだったと思います。
結構楽しいんですけどね。歩いていてもあまりやっている人を見かけませんね。
DSC01555

しばらく歩いて、京橋に出てきました。東京スクエアガーデンです。
向こう側のイルミネーションのボケが小さいですけれども、これも85mmプラナーで撮ったものです。
背景の距離が微妙かな?ボケが私の好みではありませんでした。看板を入れるために仕方がなかったとは言え。
DSC01568

同じ場所で、背景を思い切って遠くに置いた写真というのがこちらです。
大きくぼけていますね。
DSC01569

これはどこで撮ったマネキンだったっけかなあ。
ブリーチバイパス(風に調整したソニー機)で撮った写真ですね、たぶん三越近辺のどこかだったんだろうなあ。
DSC01551

そんなこんなで東京駅にたどり着きました。八重洲口です。
この日は風が強くて、風向や風量によって音と光が変わるこの「Tokyo Colors.」イルミネーションがうねりまくっていました(笑
DSC01577

で、東京駅から帰宅、と。
今の東京駅はそこかしこで「100年記念」を大きくアピールしています。
DSC01589

今回はこの辺で。
結局新橋から東京駅まで歩いたことになりますね。
「ちょっぴりシオサイトを撮って帰ろう」と考えていただけなのに思いがけず私としては大冒険になってしまいました(笑
α7II関連エントリは今回でいったん途切れます。少し時期を置いて使用感をまとめることにします。
次回は久々登場、あの娘たちの出番です。
?「あけましておめでとー」
?「今年もよろしく!」
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC01583

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/01/22 Thu 18:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
ソニーα7II関連エントリ、第20弾となります。
ある程度手に馴染んできました。この記事が掲載される頃は私はロケ撮影で出張の真っ只中だと思いますが、
一応持ち出す予定です。てかロケで持ち出すために手に入れたようなものか。
ガッツリ使い込んで得た印象をまた記事にしたいと考えています。賞賛するか批判するかは風次第ということでー

で、それはともかく今回は銀座編です。
この交差点からスタート、てな感じで。
余談ですがここから銀座方面、つまり銀座通りはいわゆるひとつの「銀座通り」ですよね。
この道は国道15号ですが別名「第一京浜」とも言いますよね。
もしかしてだけど(もしかしてだけど)、この交差点が国道15号における「銀座通り」と「第一京浜」の境目なんじゃないの。
DSC01507

博品館前の交差点です。ご覧の通り、表通りのお店の多くは既に閉店してしまっています。
となりますと私の狙う被写体は絞られてきますね(笑
余談ですが銀座博品館、大人も楽しいおもちゃ屋さんです。おすすめです。
DSC01509

というわけで私が狙う被写体、マネキンです(笑
お店は閉まってもショーウィンドウはそのまま、少しライトアップ気味で残すところが多いですので、撮りやすいっちゃあ撮りやすいですね。
DSC01517

銀座イルミネーション「ヒカリミチ」まだやっているのですね。
人通りが少ないこともあり、ゆったり見て歩くことができます。ビルが暗めなのがちょっと寂しいですけど。
DSC01514

写真右部分の空間は、ただいま建て替え工事中の銀座松坂屋跡地です。当分の間この風景なのかもしれません。
写真左部分のビルは、イケメンがお出迎えすることで知られるアバクロことアバクロンビー&フィッチであります。
イケメンといえば先日映画館に行った時、私のすぐ後ろに並んでいた女子中高生が「伊勢谷さん!?」と声を上げたもので、
「いえ違いますよ」と言おうと振り返ったところ、何の事はないポスターを見て叫んでいたのだというオチで。
DSC01524

そしてやって来ました銀座4丁目交差点。
暗い!和光ビルがライトアップしてない!
DSC01536

またマネキンです。ちょっとぼかして抽象的なイメージを狙ったつもりです。
マネキン写真は次回も何枚か掲載します、と、ソフトに次回予告。
DSC01549

銀座通りの歩道、三越の前あたりで撮りました。ブリーチバイパスです。
ソニーのエフェクトに「ブリーチバイパス」という項目は無いだろうがこのプータローとお思いのあなた、その通りなのです!
パナソニック「GM1」を購入した際楽しみにしていた要素のひとつが「クリエイティブコントロール・ブリーチバイパス」でした。
当ブログでも購入直後狂ったように使っていましたね(笑
で、ソニー機でもそのブリーチバイパスのテイストを出せないか、と試していて、たどりついた設定がこちら、
「クリエイティブスタイル『Clear』で、コントラスト最大・彩度最少・シャープネス最大」です。
そのあたりのことは以前に「池袋ブリーチバイパス」という記事で書きました。
その少し前に「堀切ブリーチバイパス編」でも触れましたね。
DSC01542

今回はこの辺で。
上でちらりと書きました通り、次回はマネキン写真が登場するこの写真散歩の続編となります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/01/21 Wed 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
ソニーα7II関連エントリですです。
またも夜撮りに逆戻り!三脚を持って今回降りたのは新橋です。
使用した三脚は先日の横浜編同様「ベルボン UT-43Q(クリックするとメーカーページが開きます)」
可搬性に優れたお気に入りの三脚です。
久々の汐留シオサイト、週末でしたのでビルの明かりはほとんど無く、人通りも少ない中、悠々と撮らせていただきました。
DSC01474

ゆりかもめ新橋駅改札下のコンコースから銀座通り方面を撮りました。
ここを撮るならもう少し望遠を使いたかった、てかこの時持ち歩いてはいたのですが、
駅を出た時点で「今日は広角一本勝負」という気持ちになっていたものでそのまま撮りました。
「Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8ZA」です。
DSC01461

ゆりかもめ下のペデストリアンデッキです。自転車が来ないですので、週末であれば子連れでも安心です。
まあ、子連れでシオサイトのどこ行くねん?と聞かれると困る案件ではあります(笑
DSC01465

そのペデストリアンデッキから伸びている歩道です。日本テレビに向かうことができます。
真っ直ぐ行くと有名な「ジブリ時計」がありますがそちらは次回のお楽しみということで。
DSC01467

この記事の写真の多くはシャッタースピード30秒ぐらいで切っていたと思います。木々が風に揺れていますね。
このあたりは私としては写真趣味を始めて以来の思い出が多いお散歩コースであります。
DSC01477

カレッタの方に伸びる歩道です。
シオサイトの商業施設の一つ、カレッタ汐留といえばうちのママお気に入りの「都路里」があったのに惜しくも閉店となってしまい、
今は行く機会が激減してしまいました。
あ、「焼酎オーソリティ」という酒屋さんが楽しいので、時々行くことがありますね。
DSC01476

地上に出ました。
光芒を長く出したい!ということで、今回も最小絞りのF22にして撮っています。
さすがに週末のビジネス街、ビルが暗い!(笑)
平日だと賑やかで良いのでしょうがそれはそれで人通りも多く、三脚を立てるのがはばかられます。難しいところです。
DSC01484

地下通路に降りました。柱が規則的に並ぶだけの空間です。
首都圏外郭放水路、でしたっけ?こんな感じなのでしょうかね。
DSC01486

今回はこの辺で。
汐留シオサイトは2000年以降(ウィキペディアによると2004年)オープンしたエリアですのでビルも現代的な印象です。
ゆりかもめの高架線が近未来的な印象すら持たせます。好きな場所のひとつです。
そのシオサイトでざっと撮った後新橋駅から乗って帰ろうと思っていましたがやめた!更に歩くことにしました。
ということで次回はこの続きで撮った写真を掲載してまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC01489

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事