ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 2014年03月
2014/03/31 Mon 12:00 マイクロフォーサーズ
最近、フィギュア(スケートじゃないよ)関連記事が増えてきた、と自分でも自覚します。
いや、この潮流は1年前、「キューポッシュ 天海春香さん」を手に入れて以来のことですので今更何を!?という話ではあります。
撮影機材の写真を撮って記事に掲載する時に、カメラやレンズだけ撮って載せていても華がないよなあ、と思って始めたことだったのですが、
今となってはキューポッシュ同様すっかり自立してフィギュア関連シリーズとして記事数も蓄積されてきました。
私はここまで書いてきたとおり、もっぱら「コトブキヤ キューポッシュ」シリーズのファンというスタンスでいるわけですが、
その原典たる「ねんどろいど」にももちろん興味がありましたので記事にした次第です。
当ブログで「ねんどろいど」を採り上げたのは「ニャル子さん」以来となります。

今回の主役は「艦隊これくしょん~艦これ~」から、島風であります。
EM101035

人気だったらしく最初の予約は瞬殺、私は予約競争に出遅れて入手をあきらめていたのですけれども、
二次出荷?三次出荷?よく分かりませんがとにかく2月発売即完売のはずのものがこの時期にたまたま量販店に並んでいたのでそれをゲット。
首尾よく、とは言えないか。あきらめていたのですから。
実際に手に入れてみると感無量というか、予約終了商品でもなんとかなるのだなと思いました。
この調子なら「figma 西住みほ」もなんとかなるかな?
EM101031

パッケージを見ているだけでもお腹いっぱいになるような気がします。
デフォルメフィギュアですが、原作の雰囲気はよく出ていると思います。
話は変わりますがアニメ版艦これ、すこしだけビジュアルが公開されていたようですけれども、
弓の構え方がどうこういう以前に、あれ、別人ですよね?とんち番長アニメ化のエピソードを思い出しました(笑
EM101030

島風が箱から出てきました。表情も含めて、冷凍睡眠から目覚めた時みたい。冷凍睡眠の経験はありませんが。
EM101033

連装砲ちゃんもしっかり付属しています。
ぜかまし浮き輪はひとつだけでした。
EM101039

ねんどろいどは可動式フィギュアではありますが、私の用途ではやはり「自立しない」ことが足かせになりますね。
緩やかにねんどろいどに手を広げようと構想するたび、自立しない点がネックになります。
いや、これは私が自分の都合で贅沢を言っているだけです。ねんどろいどやfigmaという可動式フィギュアは良く出来ていると感嘆します。
EM101036

中破顔・中破ボディも同梱されています。
当然ながら島風のあのスレンダーボディを再現出来ているわけではありませんが、雰囲気は伝わってきますね。
EM101042

島風良いですね、これは買ってよかったです。
赤城でしたっけ?金剛でしたっけ?艦これから第二弾以降も出るようですが、この再現度を期待します。
アニメ版は正直コレジャナイ感がひどくて(以下略
EM101032

今回はこの辺で。
フィギュアばかり掲載しているようですが写真散歩もしっかりやりますので。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/03/30 Sun 13:00 ソニーα
前回に続き「キューポッシュin例のプール」となります。
ここは高級マンションの一室をスタジオとして利用しているというものなのですが、
その豪華な室内はともかく、温水プールがあることで広く知られています。
もちろん私もプールを見てテンションが上がったクチなのです(笑)
前回同様、プール以外の設備も使用して撮ったものを掲載してまいります。
春香さん「れいのっ!」
星井美希「プールっ!」
DSC00604

バーカウンターにはビールサーバーも備え付けられていました。
自宅に生ビールサーバーがあったら、皆さん嬉しいと思いませんか!?羨ましい限りであります。
春香さん「きんいろっ!」
DSC05371

カジノでの写真です。前回のバージョン違い、みたいなものです。
春香さん「ちっぷ?どうやってあそぶの?」
星井美希「知らない」
DSC00759

ルーレットにて。実際に回すことができる、本物です。
春香さん「ちょっと回してきてよー」
星井美希「無理」
DSC00640

ポーカーテーブルで、実際にトランプを使ってゲームすることが可能です。
春香さん「なな、ろく、ご」
星井美希「どこかで見たことある数字だねえ」
DSC00851

電気スタンドの下でひとやすみです。
春香さん「あかるいねえ」
星井美希「こんなの、うちにも欲しいねえ」
DSC00865

子供部屋にて。
小さな椅子がありまして、さっそくふたりで遊んでいます。
春香さん「ゆらゆらー」
星井美希「色もピッタリだし良かったねえ」
DSC00859

一人ずつプールで撮ります。気に入ったようです。
春香さん「れいのっ!」
DSC00610

どこを切り取っても魅力的な場所なのですが、やはりプールにつきます。
星井美希「プールっ!」
DSC00606

今回はこの辺で。
内容的に被る写真が多く、前回と今回との2つの記事は当初はひとつの記事にまとめるつもりでしたが、
わけあって写真を多めに採用して記事をふたつに分けてみました。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/03/29 Sat 22:54 ソニーα
少し前の話ですが、仕事で「例のプール」に行く機会がありました。私は初めて行きました。
「例のプール」って何だよ?という方もおられると思いますが、詳しくは検索して調べてくださいますようお願いします。
このスタジオはレンタル料が高く、私のような一般庶民がプライベート目的で利用するにはなかなかに敷居が高く、
それ故にこのチャンスを逃すわけにいかず、
仕事の合間に「休憩」を名目にして、色々撮らせていただきました。

というわけで連れて行ったのは今回もこの二人、キューポッシュ「アイドルマスター 天海春香さん」と「アイドルマスター 星井美希」
であります。
春香さん「れいのっ!」
星井美希「プールっ!」
DSC00592

今回使用した機材は「α99」と「Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8ZA」です。
他にもいくつかのレンズを持参したのですが主に使ったのはこの組み合わせでした。
DSC05365

もともとは高級マンションとして実際に住人もいたようです。今はスタジオとして使用されているわけですが、
ここはもちろん「プールだけ」の施設ではありません。
もちろん最大の売りはプールなのですが、その他にも魅力的なシチュエーションがありました。
カジノ風のスペースで撮ります。
星井美希「ねえねえ、これ、回せるのかな?」
DSC00631

春香さん「おかねっ!いっぱい!」
星井美希「チップって言うんだよー」
DSC00756

ポーカー台もあります。トランプも一式用意されていて撮影小物として使うことができます。
春香さん「あかいよー」
DSC00637

カジノ以外にもたくさんの部屋があり、それぞれに特徴を持たせて撮影の幅を広げてくれます。
星井美希「楽しいねえ、こういうの」
DSC00873

地球儀!久しぶりに見ました。
春香さん「ちきゅうだよー。大きいねー」
DSC00781

昼間はふんだんにそそがれる自然光を利用して撮ることができます。
もう少し季節が進むと、遅い時間まで撮影に利用できますね。
星井美希「ここはバーカウンターなんだけど、分かる?」
DSC05372

という感じでちょこちょこと撮り貯めていた写真を、次回も後編として掲載します。
いろんな部屋で撮ってみましたが、やはりプールが主役ですね。
春香さん「れいのっ!」
星井美希「プールっ!」
DSC00615

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/03/28 Fri 15:00 ソニーα
前回に続き横浜昼散歩の巻、今回は後編となります。
関内から県庁あたりを通って海沿いに出て赤レンガ倉庫にたどり着きました。
みなとみらい自体には来る機会が多いのですが、赤レンガは久しぶりだったような気がします。
花壇を整備していて「これは何かのイベントの準備かな?」と思い調べましたら、「フラワーガーデン」というイベントのようです。
まだまだ設営中だったのですがそれでも立ち寄っていく人が多数いる様子でした。
DSC05312

建物の裏側に回りこみました。
レンガ感が欲しかったので思い切って近づいて見上げて撮ったのですが(今回はこの撮り方をいくつかの場所で試みています)、
ホワイトバランスはそのままだったため上の写真と色合いがちょっと異なっています。
まあこれはこれでアリかな!?というわけで採用です。
DSC05313

海側をぷらぷら歩いていたら、向こうの方に巨大艦が!
いや巨大艦ではないですね。海上保安庁ですから巨大巡視船!
思わず駆け寄ったら、私のような船舶音痴でも名前ぐらいは知っている「しきしま」でした。
DSC05314

敷地の外でいちばん近づいたらこんな感じです。
さすがは世界最大の巡視船、これは頼もしい!こちらもテンションが上がるというものです。
DSC05329

先日は夜に立ち寄ったこの撮影スポットですが、昼間に来るとまた違った雰囲気です。
DSC05338

汽車道を歩いて桜木町駅に向かったのですが、その途中で日本丸の方を撮りました。
こちら側からだと帆船の「帆」の部分しか見ることができませんが、船がいるというのはよく分かります。
DSC05357

桜木町駅から東京方面に戻ったわけですが、ホームに停まっていたのが横浜線E233系。
今年になって配備が始まり、たまに見かけると「おっ!?」と思っていたのですが、
停まっているのを見るのは初めてで、写真に収めてしまいました。
ピカピカの新車です。
DSC05361

側面から撮りました。まだ真新しいですから綺麗なのはわかりますが、何となくハイカラですよね。
「YOKOHAMA LINE」なんてロゴが入っていますが、他の路線ではロゴなんて見たことがないですから印象が違って見えます。
このE233系にしても山手線や総武線で見るE231系もそうなのですが、幅広車体ってあれ、乗客が片側に寄ったら横転しないですかね。
DSC05360

今回はこの辺で。この横浜昼散歩編はここまでです。
当ブログは私の生活パターンが理由で夜の街撮りが多いですので、
このような昼の街撮りは(世間的には珍しくも何ともないのですが)私にはとても新鮮な気持ちで臨むことができました。
戸惑ったのは露出関係ですね。真夏ほどではありませんが日差しがそれなりに強かったため日陰との明暗差が大きく、
「ここはどうやって撮ればいいのやら?」と悩むこともしばしば。
日中の晴天屋外は、正直言って夜よりも難しいように思います。慣れの問題なのかな?

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/03/27 Thu 22:14 ソニーα
先日、ちょっと時間があり、横浜市内をすこし散歩してきました。
関内エリアなのですけれども、繁華街寄りではなく海寄りの官公庁街の方を歩いたのですが、
私の場合このあたりに来るのは夜であることが多く、とても新鮮な印象で歩くことができました。
伊勢佐木モールからスタートです。とてもよく晴れた、気持ちのよい日でした。
DSC05218

ちょっとコントラストを高めにして、ごちゃごちゃ感を出そうと意識しています。
街灯の雰囲気からしても、写真的にはここはやはり夜に来るべき場所だったかもしれません。
DSC05231

横浜スタジアムです。この公園は横浜公園だそうで。横浜づくしですね。
綺麗に咲いている桜がありましたので、それを絡めてこんな感じです。現地の雰囲気そのままだと思います。
DSC05099

それ、マンホール!歩いているうちに観光旅行気分が出てきて、思わず撮ってしまいました。
しかしこの写真をご覧いただくとお分かりいただける通り、マンホール撮りは簡単なようで難しいですね。この写真自体は微妙です。
真上から撮ること、向きを正面に捉えること、周囲の往来に気配りをすること、色々考えることはあります。
DSC05230

横浜三塔が立ち並ぶエリアに入ってきました。
こちらは横浜市開港記念会館、通称ジャックです(正式名称を覚えてないのでググりながら書いてる)。
信号待ちの際に、ド逆光の中見上げて撮ったのですが、えらくイキった写真になってしまいました(笑)
この建物を色々な角度から何枚も撮った中で、青のグラデーションがきれいだったので採用です。
コントラスト最大、ちょっと暗め
DSC05270

こちらは神奈川県庁本庁舎、通称キングです(正式名称を覚えてないので以下略)。
別に尻込みする理由もないのでしょうが敷地内に入るのがはばかられ、ジャックのように真下から見上げるようには撮れず。
何枚も撮った中で、日の丸がいちばんよく見えるので採用です。
DSC05278

こちらは横浜税関、通称クイーンです。どんどんぱん、どんどんぱん。
フレアやゴーストがあまり綺麗ではないという印象ですが、無印キットレンズだから仕方がない、のかな?
こういう状況ではアラが目立つ気がします。
DSC05296

と、こんな感じで赤レンガ方面に抜けて行きました。
しかし暑い日だったなあ。海沿いなのに風も弱くて、ちょっと汗ばむほどでした。
上でも書いたのですが、途中から不思議なことに旅行気分が出てきました。
不思議なものですね。これも横浜という街の力なのでしょうか。
DSC05299

ダラダラ歩いただけの記事なのですが次回後編です。
ネタは分割して記事数を稼ぐ、当ブログの常套手段であります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/03/25 Tue 22:15 マイクロフォーサーズ

前回に続き「E-M1 × ノクチクロン」で東京駅近辺写真散歩、今回は後編です。
前回は失礼しました、ちょっと筆がすべってしまいました。また元に戻っていつも通りに(笑)
というわけで和田倉噴水公園からいってみよー!
EM180943

前回も似た写真を掲載しましたが、こちらは少し斜め方向から撮ったものです。
丸の内の高層ビル群を押さえたつもりです。
EM180921

東京タワーの隣に立っているのは、虎ノ門ヒルズでしょうか。
「おっ!」と思い、公園入口の石垣の上にのぼって撮ったのですが、
往来するサラリーマンやOLが石垣の上でバシバシ撮っている私を怪訝そうに眺めて「こいつは何を撮っているんだ」とばかりに睨んで去っていきます。
仕事で公共施設などで撮ることもありますが(もちろん許可を取ってのことですが)、撮影にのめり込むと何でもするようになります。
EM180951

せっかくのぼった石垣の上でしたが、思うようには撮れませんでした。
で、道路を渡って皇居外苑の松林に入って撮ったのですが、やはり思ったようには撮れません(笑)
まあいいや、ここはリベンジだ!
EM180964

地下鉄入口の地下道が昭和テイストなもので、行くたびに撮ってしまうのであります。
ここからはすべて「アートフィルター・ジオラマ」で撮ったものです。
EM180970

行幸通りから丸の内駅舎、ド定番の記念写真エリアですけれども、
アートフィルター・ジオラマを使うと何となく雰囲気が違って見えませんか?見えないか。残念!
EM180976

東京中央郵便局をアートフィルター・ジオラマで撮りました。
ジオラマは、縦もしくは横に「ピントが合ったライン」を引き、その前後をデジタル処理で大幅にボカすのですが、
そのピントラインを中央だけでなく上下左右に任意にずらすことができることを今回初めて知りました。
この写真ではKITTEの入口に合わせて縦にピントのラインがありますが、それは中央から少し右にずれていますよね。
これはソニーαで「中央・左・右」とアバウトな形で実現していた機能だったのですが、
さすがは本家オリンパス、AFポイントに合わせてラインの微調整が出来るというのには驚きました。
EM180990

丸の内駅舎の皇室専用入口にピントを合わせました。「アートフィルター・ジオラマ」です。
中央ではなく少し右にピントのラインが(縦に)走っていることがお分かりいただけると思います。
もしかしたらこんなことは以前から実現していたのだろうか?いや、縦ラインのジオラマ自体が最近のものだから、
こういった融通も最近実装されたのでしょう!きっと!?
EM180995

丸の内南口を「アートフィルター・ジオラマ」で撮りました。
和田倉噴水公園から東京駅に戻る際、「ここは全部ジオラマで撮る」と決めたのでこういった構成になりました。
アートフィルターに限った話ではないのですが、テーマというか縛りを設けて撮り歩くのも楽しいかもしれません。
思えば「モノクロ縛りの写真散歩」も同じようなものですね。思考能力への挑戦みたいな感じがしてオススメです。
EM181001

今回はこの辺で。
東京駅関連のストックはこれでいったん全放出です。次回はまた別のネタで。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m










今回登場した
撮影機材





このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/03/24 Mon 23:40 マイクロフォーサーズ
ご好評いただいている「ノクチクロン×東京駅」関連エントリとなります。
本当にご好評いただいているのか!?そこは聞かんといてくれえ!
E-M1を使って「ハイライト&シャドーコントロール」を効かせて撮った写真を掲載しています。
今回は東京駅からすこしだけ離れて、皇居外苑方面の写真を掲載します。
行った時間帯は夕方、18時頃だったと思うのですが、日が暮れきっていなかったので楽しい時間を過ごすことができました。
EM180882

さすがノクチクロン、レンガをひとつずつきちんと描写できていて、トータルで重厚感を感じるしゃしんになっています(適当)
EM180767

皇居のお堀から帝国劇場方面を眺めています。風景としてはド定番のポイントとなります。
千代田線二重橋前駅下車徒歩2分で、この風景を目の前にして写真を撮ることができます。
EM180891

たまには余談というか雑談というか私事を書きます。
私は仕事帰りにこのように写真を撮り歩くのですけれども、
カフェやらバーやらホテルのレストランなどに立ち寄って食事したりそのお店の雰囲気を撮っておきたいとか思うことがあります。
が、実際にそうすることはほとんど、いやまったくありません。普段はお金を落とさない写真ブロガーです。
金銭的な理由や(毎度毎度写真散歩するたびに5千円とか1万円なんて払えません)、
服装的な理由や(スーツとか安物ですし)、
何よりも時間的な理由で(お店に立ち寄る時間がもったいない)、
狂ったようにひたすら写真散歩しているわけです。
もう少し余裕を持って撮り歩きたいものですが、なかなかそれができません。
余談でしたね。このように筆者のパーソナリティを少しずつ開陳することもブログを成長させるためには必要だということで。
EM180905

失礼しました、話を戻します。
皇居外苑の松の木をモチーフにして撮りました。
都心部の風景としては一風変わった写真を撮ることも可能な空間です。ここ以外だと新宿御苑とかかな?意外にいろいろあるな!
EM180899

警視庁の方向を眺めて撮りました。
シルエットにして撮るというのは完全に暮れてしまっては出来ないことですので、せっかくなので色々試しています。
EM180908

とまあ、なんだかんだと和田倉噴水公園に行くわけです。
いつもこのコースだよなあ。いつも同じ道順で歩いてしまいます。
行ったことがない場所ではそれなりにテンションが上りますので、それが嫌いというわけではないのです。
基本的に引っ込み思案なんでしょうね。根本的に冒険が苦手なのだと思います。
ここで一皮むければ写真散歩が更に楽しくなるはずなのですが。
EM180909

途中わけの分からない文章になってしまった
推敲の結果削ろうとも思ったのですが、せっかく書いたことでもあるのでそのまま掲載します。
消しました。すみませんでした。
次回後編です。和田倉噴水公園からスタートします。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/03/23 Sun 01:22 ソニーα
ここ1ヶ月の間、ひたすらマイクロフォーサーズ関連の記事を書いてきましたが、今回は久々にαネタです。
αクラスタの皆様お待たせしました!クラスタって書いてみたかっただけですが(笑)
マイクロフォーサーズばかり使っている印象ですが、仕事ではむしろ大切な時にはαが出撃しています。
先日、ちょっとしたご縁で私に声がかかった「高校卒業式の撮影」などでも、α99とα7Rを使いました。
シャッター音が静かなのでスチルはα99、押さえるポイントが分かっていた動画撮影はα7Rに分担させました。
ただ、後から素材を見返すと、OM-Dでも良かったかな?とは思いましたけれども。
パナソニックの「LUMIX GM1」があれば一番よかったかもしれません。シャッター音がほとんどありませんものね。

それはともかく。今回の舞台ですが。
汐入公園という都立の大きな公園がありまして、そちらで撮りまくってきました。
再開発によって生まれた巨大ニュータウンの中にあり、周辺住民で賑わっています。
色々な設備があるのですが、今回はこの遊具目当てで行ってきました。
3階建の巨大な施設であります。もちろん無料で遊べるのですが、これはお金を取れるレベルの遊具だと思います。
DSC04806

2階部分には階段でも上がることができますが、やはり子供の興味はこちらに向きますね。
縄梯子を上がる要領でひょいひょいと上がっていきます。
DSC04828

3階部分には、縄で出来たトンネルがありました。
私の身長ではこれをくぐることが難しく(カメラも抱えていましたので)、後ろ姿を撮るだけだったのですが、
あえてモノクロで撮ってみました。雰囲気が出ていればいいのですが。
DSC04607

むしゅめが私のことを探していたようです。
この日は雲ひとつない快晴で風も弱いためぽかぽか陽気、コートでは暑かったです。
DSC05048

公園は隅田川に隣接しており、また、スカイツリーも近いので、とてもよく見えます。
雰囲気はこんな感じです。とてものどかな場所です。
DSC04715

河津桜が多数植えられていました。まだ見頃なのですね。
私は普段このような「雰囲気だけを切り取る撮り方」をあまりしないのですが、今回は晴れていたこともあり、ふんわり撮りました。
DSC04577

フリークライミング?ボルダリング?私は違いがよく分かっていませんが、とにかくそれ系の設備です。
うちのむしゅめはこれが好きなようで、キドキドなどへ行ってもこれに飛びついて遊んでいます。
DSC04744

高いところに登るのがすきなようです。きっと「目標が単純明快」だからなのでしょうね。
余談ですが「子育ての哲学」というわけではないのですが、基本的に「失敗より成功を積み重ねて欲しい」というのがありまして。
失敗ばかりを経験させた結果何事にも尻込みしてしまうようになるよりは、
成功と言えないまでも楽しい経験を活かしていって人生の選択肢を広げて欲しい、と思うのですね。
家庭それぞれなのでしょうけれども。
DSC05032

子供撮りの最大のポイントは「絶えず動きまわる子供をいかに捉えるか」にあると思っています。
特に、より自然体で撮るためには「動かないで!」などと言うわけにもいかず、ありのままの仕草を撮ることに集中します。
私はMFでは追えません。AFで狙うことになるのですがコンティニュアスAFでは無理ですね。シングルAFでいくしかないと思いました。
AF速度はイマイチと言われているα7Rでもそこそこ戦えましたので、慣れれば歩留まりも上がっていくのでしょう。
とにかく動きまくりますので、シャッタースピード優先でその雰囲気を押さえたくもなるのであります。
DSC05024

今回はこの辺で。
使用したレンズは「Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8ZA」と「Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8ZA」の2本です。
砂の地面でしたのでレンズ交換の時にはかなり気を使いました。これだったら24mm一本勝負で良かったかも?

※3/24追記:
書き忘れた!α7/7Rの「瞳AF」という機能も試しました。
顔検出、とりわけ目の検出技術の向上によって実現した「ポートレート時に瞳にガチピン行く」という機能ですが、
動き回る子供に対しては無力でした。
ボタンを押す→瞳を探す、ですので「追跡」はできないということですね。
きちんとポーズをとってくれるモデルさんに使うことにします(笑)

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/03/22 Sat 00:00 マイクロフォーサーズ

前回に続き、キューポッシュと夜散歩関連エントリとなります。
暗いところでフラッシュやライトも使用しませんでしたので、ISO感度アゲアゲで撮っておりました。
ISO6400まで使用していたのですが、本当に暗いところではさすがに線が崩れますね。
私はキューポッシュを人物撮影の延長として撮りたいと考えておりまして、
特に顔は自然な形で明るくしたいと思っています。

それはともかく夜散歩です。
先日行った伊豆一泊旅行にも同行した「アイドルマスター 天海春香さん」と「アイドルマスター 星井美希さん」
当ブログのマスコットアイドル、今では「ボケの春香さん、ツッコミの星井美希」のようになってしまいました。
まどか☆マギカシリーズばかりではなく、アイドルマスターシリーズにも注力していただけると嬉しいです。
まあ、私はアイドルマスター見たこと無いんですけど(笑)
EM140706

前回も少し掲載しましたが、隅田川のほとりで撮ったものです。
ファインダーを覗いているうちに、星井美希が生きているかのような錯覚を覚えたりもしたのですが、
星井美希「あれ?春香がいないけど、どこに行ったのかな」
EM140749

春香さん「おーい、ここだよー」
ちょっと暖まっていただけのようです。川岸は冷えますからね。
EM140741

しばし二人で隅田川を眺めます。向こうにはスカイツリーも見えますね。
春香さん「うわー、きれーい」
星井美希「綺麗だねえ。そればっかりだねえ」
EM140726

おーい、そろそろ帰るよー
春香さん「はーい」
星井美希「えー、せっかく楽しくなってきたのにー」
EM140758

おうちに帰り着きました。
おつかれさま、と、ひとやすみ。
高坂桐乃「美味しそうだねえ」
まどか 「だねえ」
春香さん「おーい、こんなのみつけたよー」
星井美希「春香、それはだめ」
DSC04308

晩ご飯はピザですね。
春香さん「うわー、これだけ大きかったら、ひと切れ食べてもわからないよね?」
星井美希「分かると思うよ」
DSC04311

キューポッシュ夜散歩編はここまでです。
とはいえ、もちろんキューポッシュについては今後もどんどん採り上げていくつもりです。
例えば丸の内に出撃するとか、どうでしょうか。
え?やめとけ??
まあ、そのうちそのうち(笑)

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m



















今回の
撮影備品













このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/03/21 Fri 13:00 マイクロフォーサーズ
今回はオールキューポッシュネタで行きますよ!
キューポッシュとは、コトブキヤから発売されている可動式デフォルメフィギュアシリーズで、
2014年3月現在、9種類が発売されています。
昨年4月にひとりめの「アイドルマスター 天海春香さん」が登場し、私はその魅力にイチコロ、
ママとむしゅめの視線に耐えながらコツコツと買い揃えていき現在に至ります。

コトブキヤ キューポッシュ特設サイト←イベント告知もあるでよ

最近は「まどか☆マギカ」シリーズのキャラクターが人気を集めているようですが、
我が家のキューポッシュでは春香さんが堂々のセンターであります。
で、今回はそんな春香さんと、そのお友達の星井美希を連れて、日が暮れた後ちょっと散歩に出掛けてきました。
我が家の近所をひと回りしてきただけなのですが、それなりに収穫があったと思っています。
春香さん「わーい、お外だよー」
星井美希「外だねえ。寒いねえ」
EM140703

灯りが少ないところを歩き、かつ、フラッシュは使わずに雰囲気重視でしたので、
ISO感度を思い切って6400まで上げて、かつ明るいレンズだけを使用して撮ってきました。
ISO6400のノイズ加減はこんな感じです。リサイズによるノイズ低減効果があるとしても、私には実用するに充分です。
春香さん「つぎはどこに行くの?」
EM140705

こちらもISO6400なのですが、上の写真に比べてノイズが多いですね。縮小してもごまかせていないと言うか。
写真では明るく見えていますが実はこの場所は歩くのにも注意が必要なほど暗い場所でした。
この写真の目的を達成しようと思ったら、ノイジー上等でここまで感度を引き上げる必要があるのです。
春香さん「わーい、らくちーん」
星井美希「このまま帰りたい気分だねえ」
EM140751

梅の花を見つけました。二人が近くで見たいと言うのでこのぐらいまで
春香さん「うわー、きれーい」
星井美希「感想が淡白だねえ」
EM140756

こちらは、上の写真よりも明るい状況でしたのでISO感度は1600まで下げました。
明るい、とは言うものの照明の数自体は少ないですので、ということはひとつひとつの照明が強いことを意味します。
光が強いので擬似的ではありますが人物撮影には向いていないのではないか?と思いながら角度を調節していたのですが、
その「強い照明」がサイドから当たるようにしました。
スポットライトを浴びているような印象にしたつもりです。
春香さん「うわー、きれーい」
星井美希「そればっかりだねえ」
EM140704

隅田川の河畔に出ました。首都高のライトなどもありますからちょっとは明るいかな?と思ったら暗くて厳しいですね。
ファインダーを覗いて撮っていましたら、まるでこの子と夜景デートしているような錯覚を一瞬覚えました。
我ながら倒錯してますね(笑)
星井美希「ちょっと良い感じじゃない?」
EM140738

次回後編です。同じ時の夜散歩写真ですので代わり映えしないかもしれませんが、
ネタは分割して長持ちさせる、当ブログの常套手段であります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
春香さん「また見てねっ!」
DSC04272

今回の
撮影備品
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事