ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 2013年08月
2013/08/26 Mon 19:10 マイクロフォーサーズ
前回に続き、「リボルテック ダンボー・ミニ」関連エントリとなります。
ダンボーを携えて自宅近辺を散策です。仕事帰りでしたので日も落ちて暗めですが、
ライトアップを活用することもできて、これはこれで良かったなと思っています。

団地とダンボー。
EP501886

隅田川とダンボー。
EP501885

パソコンとダンボー。
EP501876

会議室とダンボー。
EP501877

キラキラとダンボー。
EP501879

屋外で撮る場合に気付いたのは、風が強いとちょっと苦労するかも、という点でした。
2枚目の「隅田川とダンボー」では、本当はもっと川べりに立たせて撮ろうと思ったのですが河原ですから風が吹いていて
そんなに強い風でもないのにどうしても自立させることができず、やむなくもたれさせて撮りました。
小さいですから仕方ないことです。
あと、かなりフラットな場所でないと立ってくれません。これも仕方がないことではあります。
気付いたのはそれぐらいですね。汚れますからこまめに拭かなくては、とは思いました。

今日知ったのですが、渋谷パルコミュージアムで今週末からよつばと!展をやるんですね。グッドタイミングです。
うちのむしゅめも「ダンボールちゃん」と呼んで気に入ったようですので、行ってみてもいいかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/08/25 Sun 20:17 マイクロフォーサーズ
前々回の記事で「リボルテック ダンボー・ミニ」を買いましたよ~、と書きましたが、それを早速使ってみます。
自宅近辺で仕事帰りに撮り歩いてみました。

団地とダンボー。
EP501893

駅とダンボー。
EP501883

花とダンボー。
EP501881

児童公園とダンボー。
EP501891

ベンチとダンボー。
EP501887

ずいぶん前になりますが、まとめサイトで「ロシア人がダンボーを携えて旅に出る」みたいな記事を読みまして、
ああ面白いなあダンボー可愛いなあ欲しいなあ、とずっと思っていたのですが、
当時はリボルテックダンボーが本当に手に入らなくて、まあ今は無理でもいずれ買えるだろう、と諦めておりました。

私はネット通販に淡白でしてアマゾンなどもあまり見ませんから、ダンボーがいつのまにか潤沢な供給量を確保していたことに気付きませんでした。
今回晴れて手に入れることができまして、うきうきしながらカメラとダンボーを持ち出して撮ってきたわけです。
「ダンボー・ミニ」は本当に小さいですので、巾着袋に入れて通勤カバンに入れていても負担が増えません。
常時携行できるサイズですから必然的にシャッターチャンスが増えます。

風景の中にダンボー。ネタとしては二番煎じどころではない、さんざん手垢のつけられたものです。
まったくの私見ですが、写真趣味の人でダンボー所有者は全員これ目的でしょ。
ですからパクリだろうが何だろうが、大手を振って堂々と記事にしてやりますぜい(笑)

普段なら見飽きたようなシーンも、ダンボーが良い調味料となって風景が別の顔を持ち始めます。
これは良い買い物でした。
私は基本的に単細胞で「趣味のマルチタスク」が苦手で、いくつもの趣味に手を出してもおろそかになる趣味が出てきます。
最近「艦これ」というPCブラウザゲームにハマっていてそちらに気持ちが向きがちだったのですが、
そんな私の首根っこを掴んでカメラ趣味に引きずり戻すぐらいのパンチ力が、私にとってのダンボーにはありましたw

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/08/22 Thu 16:00 ソニーα
我が家、と言いますか当ブログの看板娘は言うまでもなく天海春香さんなんですけれども、
その天海春香さんのリアルバージョンが家族に加わりました。
大きなフィギュアは久しぶりです。
DSC06830

我が家の天海春香さんとツーショットです。
身長に差がありすぎますね。
気持ちが通じるのでしょうか、我が家の天海春香さんも撮影ノリノリです。
DSC06834

前身をおさめたものも撮らねば思ったのですが写真として微妙な気がしたので適度なところで膝下をカットしています。
DSC06827

後ろ姿です。こちらの天海春香さんはスタイルが良いですね。
DSC06832

天海春香というキャラクター(に限らず、アイドルマスター登場人物全般に言えることなのでしょうが)は、
ゲーム版とアニメ版で顔立ちが違うらしいのです。
らしい、というのは、私はそのどちらも見たことがないからで、ぶっちゃけ「本当の顔」を知りません。
今回の天海春香さんはどちらかと言えばゲーム寄り、だけどオリジナルな表情なんだよー、とアマゾンのレビューに書かれていました。
キューポッシュと比べただけでも確かに顔立ちは違います。同じ人物だということは髪型からしか伝わってこないですね。
この天海春香さんも良く出来ていると思います。
フォトラを片方消灯して、右半分の明かりだけで撮りました。
DSC06838

私にとっての天海春香さんは、そういうわけでキューポッシュの印象が強いのです。
君は良い子だよ、と言われて照れているところです。
DSC06836

最後に記念撮影です。良いコンビではありませんか。
大きい方の天海春香さんがどこかで役立つ、例えばカメラと一緒に写るとか、そんなことは身長的な理由で無さそうなのですが、
ちょっとした時には登場してもらうことにいたしましょう。
余談ですが今回の写真、フォトラの蛍光灯を電球色に交換して撮影しています。
ホワイトバランスだけでは表現しきれない色味が肌に出ているような気がします。たぶん。
DSC06829
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/08/21 Wed 21:18 ソニーα
私的な話で恐縮ですが、私は通信販売をあまり利用しません。
カメラでも何でも、基本的には店舗での購入が習慣づいています。
これについて書き始めると記事ひとつまるまるかかってしまいますので割愛しますが、
店舗購入主義?ではありますが通販を利用するケースというのが稀にございます。
今回の買い物のような「ネット通販サイト限定グッズ」であります。こういうのはネット通販を利用するしかありません。

アマゾン限定「リボルテック ダンボー ミニ」です。
即完売することで有名なダンボーの、アマゾン仕様であります。
箱もアマゾン風で、なかなかイかしてます。
ダンボーは「よつばと!」に登場するのですが私は未読ですのでその辺の話は振らないでくださいね。
DSC06839

新しい家族にいち早く反応するのが天海春香さんです。
「わーい、よろしくー」だそうです。
DSC06840

カメラとダンボー。
当ブログ的にはこういう出番が待っているわけですが問題になるのは大きさでありまして、
ダンボーのフィギュアは一回り大きいものが「本来の」ダンボーで、今回のダンボーは「ミニ」、小型版なのです。
大きい方、スタンダードサイズのダンボーをフィギュア店で見ましたが、そちらには食指が動きませんでした。
カメラとの大きさの対比を考えますと「ミニ」にしてよかったなと思っています。
DSC06843

天海春香さんが向こうで気にしているようです。
自分の出番を取られる、と思っているのでしょうか。
心配ご無用、ダンボーには天海春香さんとは別の任務を果たしてもらう予定です。
DSC06844

とまあそんな感じで、ダンボーミニの記事でした。
大きい方のダンボーはちょっと迫力があるのですが、ダンボー・ミニは写真で伝わる通り、かわいらしいです。
持ち運ぶのにもちょうどよく、これは出番が期待できます。
様々なシーンで活躍してもらいたいと考えております。
DSC06845
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/08/20 Tue 00:00 マイクロフォーサーズ
前回に続き丸の内界隈を歩いた時の写真を掲載します。今回は後編です。
以前ここを訪れた時には撮り漏らした和田倉噴水公園の噴水ライトアップが主役となります。

仲通りに並んでいる像のひとつなのですが、このおっちゃんはすっぽんぽんだったもので、ブログ掲載用にティムポを切って撮影しました。
EP531784

和田倉噴水公園に到着~。今回は噴水をやっている時間に間に合いました。
石段にカメラを置いて、シャッター2秒ぐらいで撮りました。
EP531815

反対側に回りこんで丸の内のビル街を背景に噴水がきれいなシーンを撮ろうと思って待っていたのですが、
どうやら噴水タイムは終わったらしく待てど暮らせど噴き上がらなかったため、我慢できなくてこれだけ撮ってきました。
EP531833

噴水待ちの合間に、そこらへんで撮り歩いているお姉ちゃんを激撮しましたw
この日は蒸し暑いものの風があって、最近の中ではマシな気温でした。
EP531843

帰り道、東京駅に向かいます。望遠でたぐり寄せるように撮りました。
EP531855

今週の奇跡の1枚です(笑)
PENやOM-Dのあるあるネタなのですが、液晶がタッチパネルになっていてそれがシャッター代わりになるため、
持ち歩いているだけなのに知らず知らずのうちにシャッターが切れてしまうことがあります。

私は背面液晶のタッチパネル機能を煩わしいと思っていますのでこの機能をオフにしているのですが、
この時はタッチパネル有効だったらしく歩いている間の写真が何十枚と(勝手に)撮れてしまっていました。

当然ながらそうして撮れる写真はピントも合ってないしブレブレでナンノコッチャって感じなのですが、
この写真だけは「ん?これ使えるんじゃね?」と目が止まりました。
電球色で脚が綺麗に照らされ、左のジーンズにも動きがあって良い対比になっています。
EP531864

盗撮じみた写真ではあるのですが、逆にこれを載せないのはもったいないと判断しました。
一風変わった写真を撮るために、「タイマーセットしたカメラを放り投げて撮る」みたいな奇手が紹介されることもありますが、
この写真のような「タッチパネルシャッターのめくら撃ち」はその系譜にあるのかもしれません。
私は写真を撮るときは未熟なりとも意思を込めたいと考えていますのでその撮り方をよしとは思いませんが、
こういう風に「当たり」が撮れた時には「たまにはいいかも?」とか思ってしまいますね(笑)。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/08/19 Mon 00:00 マイクロフォーサーズ
記事タイトルの先頭に機種名をつけているのに肝心のカメラについてあまり語らないブログはこちらです
m(_ _)m

このカメラを使って撮った写真を掲載しますよ、というユルめの意思表示ぐらいに捉えていただけると嬉しいです。
で、今回はPEN E-P5を持って丸の内あたりを歩いた事を書きます。
そう、丸の内です。毎度毎度ここですね。
この日は雲が多く、夕日が突き抜けてこなくて景色が赤紫色に染まっていました。
これはこれで良い色だと思ったのですがなかなかその雰囲気を再現することは難しく、今回もいつものように迷走しておりますw
EP531792

お盆期間中だからでしょうか、ビジネスマンはゼロではないもののかなり少なめです。
EP531782

夢の下町でしたっけか、浅草やスカイツリーあたりを走っているカプセルみたいな都バスです。
EP531775

丸の内オアゾです。丸善本店が入っている施設です。
最近半沢直樹ブームということで、私もドラマを見て面白いと思いましたので池井戸潤作品を追いかけています。
7月にNHKでやっていた「七つの会議」も池井戸潤の小説なのだそうで、そちらも面白かったです。
下請け工場とネジと社内監査が共通項でした。
EP531772

それはともかくオアゾの1階アトリウムで行われている恐竜展を通りがかりに見つけまして、
見学自由とのことでちょっと写真を撮ってきました。
見上げるほど大きい、生きて動いていたら人間なんか踏みつぶされておしまいでしょうね。
EP531765

こちらの恐竜は少し小さめで、視線の高さが人間とほぼ同じぐらいでした。まあ友達にはなれないと思いますがw
EP531768

今回の写真は前後編に分けます。次回後編です。
夜景を撮ることが多くなったことを自分で実感します。暑いから昼間は外を出歩きたくない、というのもあるでしょう。
そろそろ夕方以降は多少は過ごしやすくなってくるものと思われますが、それでもまだまだ汗だくの日々が続きそうですね。
丸の内一帯は、昨年は10月1日からクリスマスイルミネーションを始めました。気の早い話です。
昨年は東京駅丸の内駅舎復原工事完成のイベントも兼ねての早期開催だったのでしょうけれども、
今年もそれぐらい早い時期から始めるかもしれません。丸の内界隈は景気回復も早いでしょうし。(笑)
EP531860
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/08/18 Sun 00:49 マイクロフォーサーズ
新型OM-Dの影もちらつく中、オリンパスE-P5関連エントリまだまだまいります。
今回は仕事で逗子マリーナに行きました。私は初めて行きましたが噂に違わぬリゾートっぷりでありました。
日中はほぼ晴天で、対策が甘かった私は思いっきり焼けてしまいました。この暑さにはザ・ニンジャもびっくりであります。
皆様日焼け止めは忘れずにw

EP570740

逗子マリーナは正式名称を「リビエラ逗子マリーナ」というらしいです。森進一?
ヨットハーバー、レストラン、分譲マンションなどが併設されているのですが、ホテルがないため朝イチの移動にちょっと難儀しました。
まだカフェも開いていないうちから準備に入ります。
EP570747

朝は曇っていたのですが、何となく青空が見えてきました。この後猛烈な暑さになるのですw
私も含めて何人かのカメラマンで分担してこなしていきました。色々と経験値を積ませていただきました。
巨匠はEOS 5D Mark3に24-105mm F4Lを使っていました。また足が長い写真を撮るのでしょうか。
EP581017

プールで撮影です。このプールはリゾート感満点でした。
しかし逗子マリーナ、撮影料金が高くてちょっと驚きました。いや業界的にはまあ相場なんですけど、
基本料金を払っても使っていいのは道端だけで、プールやレストラン等撮りたい場所があればオプションでそれぞれ1時間いくら、
となりますのでトータルでけっこうな支出になります。個人撮影ではちょっと手が出ませんね。
OMD70094

夕方ようやく仕事が終わり、カフェで遅めの食事です。朝イチから撮りっぱなしでした。
チキンカレーは鶏肉も柔らかく、とても美味しかったです。
OMD80117

使ったカメラは「E-P5」と「OM-D」。今回はαはお留守番です。特にE-P5を重点的に使いました。
がっつり使い込んでみようということだったのですが感想としましては、「ボディがものすごく熱くなる」ことが印象に残りました。

E-P5を長時間使用していると、グリップあたりが熱を持ってボディがホカホカになります。
私は当初自分の体温で金属ボディが温まったのかな、などと好意的解釈をしておりましたが、
E-P3などよりずっとホカホカになり、これ大丈夫かいな?というレベルのものなので、
放熱が思うようにいかないのかな、このまま使っていたらオーバーヒートするんじゃないかな、
特にこの日は炎天下の屋外日なたで撮りまくりでしたのでとても心配しておりました。
が、実際にはオーバーヒートすることもなく無事お勤めを果たしてくれました。ボディはカイロみたいになってましたがw

ソニーのNEX-7は、当ブログでも過去に書いてきましたとおり、ボディが熱を持つと警告表示が出て使用できなくなります。
小型のボディにAPS-C2400万画素センサーを搭載したモデルですので、長時間使用時の放熱対策が上手く行っていないのだろうと思われます。
(今秋発表が噂されている「フルサイズNEX」も同じ弱点を持ったままの可能性が高く、私的には購入前に見極めが必要だと思っています)
それに比べるとマイクロフォーサーズのハイエンド機は放熱に関しては不安が少ないようです。
NEX-7に比べてセンサーサイズが小さいことも影響しているのだと思いますが、いずれにせよ頼もしいことではあります。

というわけで今年の夏の良い思い出ができました。
さすがに終日晴天屋外は疲れました。帰りの電車では爆睡してましたww
EP581102
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/08/16 Fri 00:00 マイクロフォーサーズ
私的にはひっさびさに神保町へ行ってきました。
古本屋がひしめく中に三省堂や書泉の本店も鎮座する、文字通り「本の街」。
なんですけど、どうも私にはサブカル街という印象が強いです。

私が最初に思いつく神保町の雰囲気とは、まさにこれであります。
冷房も無い暑いビルの狭くて急な階段、その入口に並べられているサブカル雑誌。
ちょうどこの写真を撮らせてもらっていた時たまたますれ違った若いOL風のお姉さん達が、
「何かあんの?」的に覗き込んで、なんだ何もないじゃん的な感じで去っていったのですが、
まあこのわびさびは分かるまい(笑)
EP521759

私がいちばん神保町へ通ったのはいつごろでしょうか、関東に来た直後の90年代はじめ頃ですかね。
中学や高校時代に読んだ絶版SF文庫本を探しに行ったりしたのを覚えています。
あと、広末ブームの時にはアイドルグッズ専門店にも行ったような気がします。
猫も杓子も広末涼子という時代、うちにも何らかの広末グッズがあったような記憶が。
その頃はまだ秋葉原も電気街で、しかもちょっと高めの電気街。安く買うなら新宿池袋へ行け、なんて言われてた頃で、
秋葉原=サブカルチャー、という認識はまだ無かったと思います。テレビや冷蔵庫や電子部品の街でした。
Windowsは95からブームになるのですが当時はまだ3.1とかで、インターネットなんかテレビで言葉を耳にする程度でした。
その当時、私と友人間で「サブカル専門のデカイ店」と認識していたのはここ、書泉ブックマートであります。
神保町駅と小川町駅の、ちょうど中間あたりにある書店です。
EP521754

入ってみたら漫画とラノベを中心とした品揃えでした。昔はハードなSFやボードゲームなども売られていて、
「ここでしか手に入らないモノ」というものがあったものです。
EP521752

おお懐かしい、と思いながら色々みて回った挙句、結局これを買って帰ってきました。
かねてより興味があったので買ってみました。画集なんて買うのはいつ以来だろうか。
DSC06824

書泉ブックマートを後にして、裏通りをちょっと歩いてみます。
ミロンガ。昔からありますよね。ついぞ入る機会に恵まれませんでしたが、こんどこそ行ってみたいなあ。
神保町を探し回ってようやく見つけて買った本を、ここで一息つきながらめくっていくということをやってみたいです。
EP521761

味わいのある建物が多いです。まだまだ再開発とは無縁の地域ですね。
EP521757

神保町は、隣駅の小川町にオリンパスプラザがあったりして当ブログ的に縁が無いわけではないのですが、記事にする機会は少なめでした。
久々に行って、やはり楽しく過ごせましたので機会を見つけてまた行ってみようと思います。
隣駅は九段下ですし、思えばなかなかにディープなエリアですね。九段会館渋すぎます。
EP521748
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/08/13 Tue 00:57 マイクロフォーサーズ
お盆前ですが、靖国神社にお参りに行ってきました。
昇殿参拝なんて大層なものではありません。手を合わせてきただけなのですけれども。
今年の夏もとても暑いですね。

EP521723
※エントリ公開当初の写真から、ちょっと修正を加えました。おっちゃんをひとり友愛しました。

神社に行く途中の樹木です。日陰はまだマシかな、と思ったのですが全然ダメです暑いです(笑)
EP521711

能楽堂の近くにある灯籠です。
EP521732

それほど混雑していません。てゆうかガラガラという印象です。
おそらくですが、参拝は8/15に集中するのだろうと思います。
EP521736

毎年この時期になりますと、政治家が参拝するのかしないのか、私人か公人か?みたいなニュースを見ますが、
あれ、いつまでやるつもりなんでしょうね。日本は自由の国だったはずなのに。
EP521721

帰り際に気付きました。遊就館で太平洋海戦絵画展というのが行われているんですね。
今回は見逃しましたが8/18までとの事ですので何とか行けないかなあと画策中です。
EP521724
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/08/12 Mon 00:11 マイクロフォーサーズ
この数日間、関東地方は本当に暑い、クソ暑い、ってやつですね。
夕方になって暑さがやわらいだら撮り歩くか、と思いつつ出かけることができません。
夏休み意味ないねー(笑)

ママとむしゅめが夏休みを実家で過ごすということで、羽田空港に見送りに行きました。
私は残留です。仕事もありますし何よりこの時期、飛行機代が高くてねー。
私だけ鉄道?北斗星?とも思ったのですが、主要列車は軒並み予約いっぱいで断念、
青春18きっぷ&大垣夜行で一人旅に出ようかとも思ったのですが、そちらも満席という有様でした。
日本の夏休みおそるべし。
アートフィルター・ジオラマ
EP581613

私自身が飛行機に乗るわけでもないのに、空港に行くとわくわくしますね。そんなことないですか?
EP581617

今回は飛行機が飛ぶまで時間がありましたので、最上階の展望デッキから飛行機を眺めてみようと思いました。
EP581524

上から飛行機を見下ろして撮っています。焦点距離は100mm、換算200mmですね。
ボーイング787、もう普通に飛んでるんだなと思って見回してみると、787がずらりと並んでいました。
換算200mmですと滑走路はちょっと遠かったです。デジタルテレコン2倍を使っても微妙でした。
EP581569

オリンピック誘致絡みの企画が行われていたようです。「Enjoy! Photo Park 2020」だそうです。
内容はまったく分かりませんが、「Photo」と名付けられていると自然に目がそちらに行ってしまいます。
EP581530

無事見送りも終わり、ひとりで帰宅であります。身軽に感じつつも寂しくもあり、複雑な心境です。
EP581567

カメラ的に特に変わった撮り方はしていません。レンズは飛行機の写真はパナ35-100mm、それ以外はパナ25mm F1.4を使用しています。
私の生活パターンですと羽田空港に行く機会は少ないですので、混雑の中でも新線な気持ちでカメラをかまえることができました。
羽田空港は大混雑でした。私もどこか出かけたいなあ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事