ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 2013年01月
2013/01/31 Thu 23:53 マイクロフォーサーズ
前回に続き、アンダリゾート編となります。
アンダリゾートに行く時、私の場合、ほぼ100%「宿から出ずに」過ごします。
何だよそれつまんねぇじゃん、と思われる方も多いかと思いますが、
アンダリゾート、意外に盛りだくさんで外に遊びに出る暇がありません。
貸切風呂や夕食やカラオケ、深夜のバータイムと、スケジュールに追われるひとときとなります(笑



右を向いても左を向いてもカエルであります。


むしゅめはハンモックで遊ぶのが好きなのですが、飽きても自力で降りることができません。
もがいている様子ですw


バドミントンやらパターゴルフやら足湯やら、屋外にも色々あって遊ぶのに忙しいです。
伊豆だからでしょうか、真冬のはずなのですがぽかぽか陽気な気がします。


バリの木像です。インテリアや雑貨類はバリに買い付けに行くのだそうです。
向こう側にカエルがいますね(笑


夕食で出てきたカエルパンです。色々塗って食べます。


今回は見事に失敗;夕食名物ローストポークにワインで火をつけるパフォーマンスです。
ボワっと炎が上がる瞬間を撮ろうと思うのですが、予告なくいきなり来ますのでなかなか撮れません。
余談ですが、と言いますか少しはカメラの話もしなくてはならないのですが、今回の伊豆旅行、
ボディは「OM-D E-M5」レンズはパナソニック「12-35mm F2.8」を付けっ放しでした。
唯一の例外がこの写真で、この時だけ「35-100mm F2.8」に付け替えたのですが、
焦っていたこともありレンズを外した瞬間OM-Dを落としてしまいました(ToT)
が、拾い上げると何事も無かったかのように動きます。さすがマグネシウムボディ。
バランスの良い性能と優れた堅牢性からくる卓越した使い心地、OM-D最高です。


アンダリゾートのマスコットキャラクターというわけではありませんが、ピクルスシリーズがいっぱいです。
このカエルたちは「すももちゃんとみどりくん」ですかね、名前がついておりました。


別館にあるギャラリーです。バリの絵画が飾られていて、販売もされているようです。
さすがに買ってカエルには大きくて重いです(^^;


朝食はバイキングで、このようなパンケーキも用意されています。
ここまで徹底してもらえると清々しい気持ちになります。
何をするにせよ、中途半端はダメだということでありましょう。


今回のエントリタイトルを「小物中心に」としてみたのですが、まったく小物が出てきませんね。
このブログのファビコンや私のtwitterなどで使用している画像など、
私個人のロゴのように使っている写真が実はアンダで撮影した猫の木彫り写真でして、
今回その第二弾というか、似たイメージでカエルを撮りたいなと思っていくつか挑戦したのですが、
まあこれが一番私が思い描いたものに近いかなと。
別段テクニカルな写真ではありません。1:1フォーマットでアートフィルター・トイフォトです。


というわけでアンダリゾート編でした。
肝心の宿の雰囲気が全く伝わらない記事になってしまいました。
同じホテルネタでも、ラビスタ函館ベイの時などはワイドな写真も撮って全体的な雰囲気を押さえたものですが、
アンダではなぜかそうならないのが不思議です。
次回こそ「もっと宿の雰囲気が伝わる写真を撮るぞ!」というわけで、また行こうと思います(笑
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/01/31 Thu 23:11 マイクロフォーサーズ
先日のことですが、伊豆高原の名物ホテル「アンダリゾート」に行ってきました。
このホテル、ご存知「パセラ」というカラオケ屋さんの姉妹施設であります。
同じくグループ施設である「ホテルバリアンリゾート」などと並び、バリ風づくしとなっておりまして、
私自身はバリ島に行ったことは無いのですが、バリ好きの知人に「本場もこんな感じなの?」と訊ねたところ、
「観光客向けは、まあ、こんな感じじゃないかな?」とのことでした。

このネタはつごう2回に分けて書きます。
前半となる本エントリでは「アンダリゾートに到着するまで」を書きます。
今回は車ではなく電車で移動しましたので、鉄分多めでございます(笑

往路でお世話になったのは、これ、JR251系「スーパービュー踊り子」号であります。
ちょくちょく見かけますので一度乗ってみたいなあと思っていましたが、ようやく念願叶いました。
デビューは1990年だそうです。新しい電車だと思っていたのですが、もう20年選手なのですね。


全席指定で今回乗ったのは10両編成の10号車、東京方の最後尾車両です。
私の席はかぶりつきスーパービュー座席ではありませんでしたが、海側の座席ゲットでほくほくであります。


2階建て車両で、車内に螺旋階段がありました。


それを降りていき、下の階にはキッズルーム。これは良いですね。
アコーデオンカーテンで仕切られる授乳室も併設されていますので、


こちらがその授乳&おむつ室です。
この列車が全席指定ということもあり、ここで飲んだくれて寝こむような輩はいないようです(笑


車内はこのように窓が広くて開放的な雰囲気です。
土曜日昼間に伊豆方面に向かう列車ですので、満席かつどの車両も宴会状態でした。


そうこう言ううちに伊豆高原駅に到着です。2時間程度の列車の旅でした。
車ですと渋滞に巻き込まれますのでこの所要時間にはかないませんね。
平日行くときはゆっくり車で向かうのが楽しいと思います。


伊豆高原駅は、伊豆急行線の中でも中核的な役割を負っているようで、車庫併設&本社所在地とのことです。
「アルファリゾート21」とありますが、「リゾート21」と違いがあるのでしょうか。


元東急8000系、伊豆急でも8000系。このように至近距離で見るのは東急線時代以来です。
車庫の向こうの方にも止まっていましたので、伊豆急行線の主力なのでしょう。
ステンレス車体ですから、潮風に強いとかあるのかもしれません。


8000系の車内を瞬撮しました。
海側はクロスシートに改造されているのですね。
次に来る機会があれば、特急でなくこれに乗ってまったりするのも良さそうです。


アンダリゾートは伊豆高原駅から徒歩15分程度、駅についたら電話すれば送迎車を出してくれます。
ちょっと早く到着しましたので部屋に入れるようになるまで足湯やらマンガやら。


次回後編です。
よろしければぜひご覧ください。
よろしくお願いいたします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/01/29 Tue 22:54 マイクロフォーサーズ
前回の記事と対になる、と言いますか、同じ日に撮リ歩いた写真です。
日本橋から銀座まで、中央通りをまったり歩きました。
東京駅近辺はここ数ヶ月間丸の内側がとても盛り上がっておりますが、日本橋も負けてはおりません。
丸の内には無いものでも、日本橋にはいくつもあったりします。
その代表的な存在がこれ、デパートであります。


三越近辺です。右を向いても左を向いても上を向いても三井三井といった趣のエリアですね。
1900年台初頭のニューヨークの写真、なんてものをネットで時折見かけますが、その雰囲気に近い印象です。


日本橋駅直結の丸善、銀座線改札から至近の距離にある、私としては利用しやすい本屋さんです。
以前にここで見かけた荒木経惟の写真集、大きくて荷物になるからとその時購入しなかったのですが、
ずっと気になっていて次の機会に探しに行ったらもう残っていませんでした。
後ろ髪を引かれるような時にはゲットしておくべきなのですね。


日本橋にて。
頭上を高速道路が走っていますが、それでも観光する人は絶えません。もちろん私もそのうちの一人です。


京橋の明治屋ビルです。渋い。渋すぎます。
戦火をくぐり抜けてよくぞ残ってくれました。ここまで残ったらもうずっと残されるのではないでしょうか。


中央通りのうち、この部分がいわゆるひとつの「銀座通り」として知られているエリアであります。
思えば秋葉原の歩行者天国も中央通りですよね、これは偶然か?と思いぐぐってみたら、
昔は上野から銀座まで、ずっと休日歩行者天国だったのだそうです。
このような写真を撮る際の秋葉原との最大の違いは、看板のアニメ度合いではなく、車線の数であります。
銀座は片側2車線、秋葉原は片側3車線ですね。ざっくり1.5倍も差があります。
この差は意外に大きいようで、秋葉原の歩行者天国は開放的な印象で撮れますが、銀座は両側にビルがそびえ立つ印象の写真が撮れます。
望遠で撮りますと、圧縮効果の良い勉強になります。


パナソニック35-100mmの最大の売りは、「気楽に街角スナップできる70-200レンズ」という点にあるという持論を持っているのですが、
写真の出来はともかく、楽しく撮り歩けることが分かりました。
このレンズを使った「短期集中エントリ集」はまだもう少し続くかもしれません。続かないかもしれません。
よろしくお願いいたします。m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/01/28 Mon 21:55 マイクロフォーサーズ
昨日(1月27日)、日本橋~銀座と散歩していた時のことです。
JRに乗ろうと銀座通りから有楽町側に出た時、この風景に出くわしました。
「オスプレイ反対デモ」と、「オスプレイ反対デモを糾弾するデモ」との頂上決戦であります。

政治ネタはほどほどにしておこうとも思うのですが、
ちょくちょくこのような場面に出くわしますので、当たり障りの無い範囲で記事にしています。
私自身のスタンスは、「むしゅめが安全に健やかに生活できる社会」を実現してくれるところ、を支持するといった感じです。

さて、今回テーマになっているらしい「オスプレイ配備の是非」ですが、
私はそんなに深い知識を持っているわけではありませんので軽々に論じることは避けます。
(もちろん、コピペや掲示板等で目にするような文章ならばある程度は読んでいるつもりです)
本当に必要なら配備すべきだし、本当に危険なら配備すべきではないですね。
でも「危険、だけど必要」とか「不要、だけど安全」いう場合もありますからね。


反対派のデモ行進です。数十人のグループに分かれて、断続的に行進が通り過ぎていきます。


反対派デモを糾弾するデモ隊です。プランタン側の歩道に並んでいます。


なかなか騒々しい迫力があるシーンでしたので、動画でも撮っておきました。
雰囲気が伝わればいいのですが。


感想としましては、この対決に限って言えば「引き分け」という印象を持ちました。
反対派のノボリはオスプレイと関係ないようなものも多く正直胡散臭く思えましたし、
賛成派の拡声器からあがる怒声は過激でちょっと品がないように感じました。
どちらも一般国民にアピールすることを目的としているはずなのに、
その努力にもかかわらず結果として周囲には「何この騒々しい連中は」ぐらいにしか捉えられていません。
初夏の反原発デモもそうでしたが、こういう運動で世間の支持を獲得するのは大変なのでしょうね。
サイレント・マジョリティたる私としては、これらを踏まえた上で投票行動に活かしていこうと思います。

余談ですが、「銀座」と「有楽町」の境界線は、写真にある東京高速道路および西銀座デパート、という認識が一般的なのだそうです。へえ。
まあ、そんなことはここではどうでもよろしい。当ブログは写真ブログです。写真で勝負であります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/01/21 Mon 20:38 マイクロフォーサーズ
パナソニックのマイクロフォーサーズ用大口径望遠ズームレンズ「35-100mm F2.8」関連エントリです。
現在我が家のOM-Dは、ほぼこのレンズが付けっ放しの状態となっています。
必ずしも全てのシチュエーションに適したレンズではない、のはもちろんなのですが、
70mmスタートというのは、意外に出番がありまして、
例えばAPS-Cのカメラに焦点距離50mmのレンズを取り付けたら換算75mmとか80mmですよね。
それと同類、と書くと語弊もあるのですが、あえて極論するならまあそういうことです。
換算70-200mmのレンズと聞くと、あのバズーカ砲のようなレンズが思い浮かび、
「そりゃ常用にはならんわな」と日頃持ち歩くことを端から放棄するわけですが、それが手のひらサイズとなると話は変わってきます。
サイズが使用法を変える、良き一例になることと思います。

で、今回は秋葉原です。
ちょっと買い物もあり、久しぶりに日曜日の秋葉原に出掛けました。
都内有数の観光拠点、やはり大混雑であります。


何かのイベントが行われていて、そこで展示されていたオノデン坊やです。
余談ですがそのイベントが「ベルサール」というビルで行われていたのですが、
そのビルが建つ前、そこに何があったのか、どうしても思い出せません。


パチンコ屋の脇にあるコインロッカーだったと思います。
秋葉原がすべてこんな感じというわけではないのですが、他のエリアでは見られないものではあります。


歩行者天国もかなりの人出がありました。
似たような「週末開催の歩行者天国」として有名な場所に銀座がありますが、
秋葉原の歩行者天国は銀座の歩行者天国より人が多いです。


なんだかんだ言って、私は結局ヨドバシで買い物をすることが多いように思います。
別に回し者ってわけではありませんが、欲しいと思った品物をたいてい在庫として持っている点が大きいです。
格安メモリーカードなどはそれこそ秋葉原の裏通りなどに行きますので、そこは利用法しだいということですね。
ヨドバシへ行く機会が多い理由としては、JR・日比谷線・TXのどれに乗るにも便利という点があります。


もう、しばらくアニメとかじっくり見ていませんので、タイトルとか分かりません。
私が毎週欠かさず見ているアニメというと、プリキュアとジュエルペットぐらいですかね。


ポップも派手で良いですね。
この作品についてタイトルも含めて知識ゼロですので、これ以上何も書けません。
テレビでやってるなら、縁があれば見てみようと思います。
このようなアニメのポップやフィギュアばかり撮り歩くのも楽しそうです。
機会があれば別エントリで試してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/01/18 Fri 23:21 マイクロフォーサーズ
パナソニックのマイクロフォーサーズ用大口径望遠ズームレンズ「35-100mm F2.8」関連エントリです。
今回は東京駅です。
もう、うちのブログはカメラやレンズを買ったら「スカイツリー、浅草寺、銀座、東京駅」ばっかりですね。
すみません。
基本的に出不精なのでしょうね、ちょっと離れたところに行くのに、とても気合が要るのです。
これをご覧くださっている皆様も、そんな感覚を持ったことがありませんか?

というわけで東京駅にこのレンズを持って出掛けたのですが、
行った時刻が22時ちょい前、
東京駅の丸の内駅舎のライトアップが終わっていました(^^;


東京中央郵便局は、まだライトアップされていました。
上の写真では明るく撮れているようですが、実は駅舎側はけっこう暗いです。
JPタワー側は明るく、好対照をなしていました。


ドームの中に入ってみます。
このレンズはさすがの換算70-200、ドーム全体を捉えることはできません。
しかし、遠くのものが近くにどどん、という臨場感というか迫力がある点はフルサイズ版に負けていません。


天井にぐるりと並ぶ鳥のレリーフです。精巧な像ですね。
何の鳥なんだろう?と思ってぐぐったところ、鷲(わし)だそうです。


先日も記事にした寝台特急サンライズエクスプレスが、まもなく発車のようです。
上野駅の時も思いましたが、長距離夜行列車に旅情を感じる、パブロフの犬状態になっております。


この時間からどこかに旅立つのでしょうか。
…と思ってみたのですが、旅行かばんでも何でもない、普通に会社帰り道っぽいですね;


これで50mm(換算100mm)ぐらい、F2.8です。
ボケの大きさは、まあこんなものでしょう。背景のイルミネーションとは距離をとったつもりなのですが、それほど大きくはボケませんでした。
ただ、状況が分かる程度のボケ味ですので、これはこれでアリですね。


というわけで、東京駅近辺でした。
ライトアップ無しの、ちょっと暗めの雰囲気も「祭りのあと」的な魅力がありますね。
暗い、だけど真っ暗ではない、という微妙感が良いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/01/14 Mon 17:27 マイクロフォーサーズ
本日は1月14日、大寒波の襲来により、首都圏にもまとまった量の雪が降りました。
いや、降っています。
私が住んでいる東京都東部地域にも、午後になりずっと雪が降っています。
風も強く、雪慣れしていない私からしたら立派に「吹雪」と言っていい状態です。

で、せっかくだから都内中心部の雪景色を撮ろう!と思い、
風が弱まるのを見計らって自宅を出たまではよかったのですが、想像していたよりも雪が深く積もっており、
歩くのも大変な上にこれでは帰宅もままならない状況になる可能性が高く断念、
自宅近辺の雪景色を撮るだけになってしまいました。

くるぶしまで雪に埋もれてしまいました。都内なのに!?


さすがにこれだけ降ると自転車での移動も無謀だなあ。


葉っぱの上に雪が積もっています。これだけ降るのは、南関東では本当に珍しいです。


いわゆるひとつの「枯れ木残らず花が咲く」状態であります。
雪を白く撮ろうと思うと、露出をちょいとプラスにしてやる必要があります。
放っておくと何となくくすんだ色に写ってしまいますね。


おお、本格的な雪だるま!


この雪は今夜ひとばん降るようで、正直明日の朝、出勤時が怖いです。
皆様お互いに怪我とか気をつけてまいりましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/01/13 Sun 22:38 マイクロフォーサーズ
先日入手したパナソニックの大口径望遠ズームレンズ「35-100mm F2.8」を、引き続きメインで使用しています。
今回は浅草寺です。

浅草寺、に限らず、多くの寺社はそうなのでしょうけれども、
まだまだ普段に比べて参拝する人も多く、お正月の雰囲気がむんむんします。


この日は晴れていました。夕日を浴びるスカイツリーです。
もっと鮮やかにオレンジ色をしていたような記憶なのですが、それを表現できませんでした。
ちょっといじると印象的な仕上がりになるのかもしれません。


出店(でみせ)も並んでいて、まだまだ初詣ムードなのだなと感じます。


平日夕方の浅草寺ですが、若い人や家族連れもけっこう多いですね。


さすがに見上げてしまいます。大きいぞうりですね。


このエントリは「パナソニック35-100mm F2.8」の第四弾となるわけですが、
ここまででボケ味については前回のエントリ以外ほとんど触れていません。
そのボケ味を活かすような撮り方をほとんどしていない、というのが理由なのですが、
やはりボケる写真になりづらい、という実情もあります。
背景などを綺麗にボカしたい、と思う時には「オリンパス 75mm F1.8」を使った方がいいですね。
「100mmでF2.8ならある程度ボカせるだろ」と思って手を出すとがっかりすると思います。
もちろん承知の上でゲットしておりますので、その点で文句を言おうというわけではありません。


解像力の高さを書くために、わかりやすく示す写真が撮れないかと色々撮っているのですが、
今回はこんな感じでお願いしますm(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/01/11 Fri 23:49 マイクロフォーサーズ
パナソニックのマイクロフォーサーズ用大口径望遠ズーム「35-100mm F2.8」の感想を書いています。
楽しく撮影できるレンズ、退屈しないレンズを選んでゲットしているつもりですが、
このレンズもその意味で「当たり」のレンズでした。

今回は毎度おなじみスカイツリーであります。
広角レンズで、てっぺんまで写真に収めようという試みは何度かやってきましたが、
望遠で勝負!となると、どんな感じにまとまるのでしょうか。

まあ、私の場合はこのような撮り方しか思いつきませんでした。
ソラマチはまだイルミネーションが続いています。1月末までだそうです。


この階段がものすごくインパクトがあります。私的にはソラマチイルミの目玉だと思います。


まあ私は基本的にひとりで歩き、喉が渇けばペットのお茶ですので、
ひとりでカフェに入るのはちょっと贅沢に思えて気が引けています。


それはそうと、望遠で手前のボケを意識した写真なのですが、けっこう綺麗にボケていますね。


平日の19時頃に行ったのですが、かなり人出は落ち着いています。
ちょっとした買い物にも、身構えることなく行ける雰囲気になりました。
スカイツリー展望台も、行列にはなっていませんでした。


一番上の写真と同じような構図ですが、ボケをもっと重視してみます。


実はもっと色々撮ってはいたのですが、それらは掲載には至りませんでした。
理由は手ブレです。手ブレがひどくてこれはちょっと…という写真がとても多かったです。
ボディはOM-D、現行モデル最強の手ブレ補正機能を持ったカメラですが、
さすがに焦点距離100mmで屋外手持ち1/3秒は無理でしたね(笑)
それでも充分楽しく撮影できました。悔いなしであります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/01/08 Tue 22:34 マイクロフォーサーズ
前回に続き、パナソニックの大口径ズームレンズ「35-100mm F2.8」についてです。
このレンズ、35mm判換算で70-200mm相当となるわけですが、
この場合「望遠ズームレンズ」と称して良いものなのかどうなのか。
まあ、あまり考えずに以後当ブログでは「望遠ズームレンズ」と呼ぶことにします。

このレンズ、使っていて感じるのは、とにかく便利だということです。
せっかくのF2.8通しということもあり、今のところは絞り開放でぶん回している状態です。
今回は上野駅近辺です。
最近鉄道ネタが続いているように見えますが、たぶん気のせいだと思います。

何となく広角的に使用することもできますね。
上野駅中央改札、戦前から存在するコンコース、北の玄関口の威容に言い表せない旅情を感じたりもします。


E653系、フレッシュひたちですね。
今年で引退というのは本当なのでしょうか。まだまだ新しいように見えますが。


こちらはE657系ですね。「フレッシュひたち」「スーパーひたち」の新型車両なのですが、
いつ見ても迫力があります。ちょっと怖いぐらいです。悪役顔ですよねw
車内はE259系成田エクスプレスに近い印象です。そういえばWifiが使える点も共通しています。


この時上野駅に行った時間帯が16時台。
もしや!?と思い、急いで13番線に行ってみたら、いました。カシオペアです。


機関車も撮りたい!と思い、客車を部分的に撮りながら前方に向かいます。
時間的に発車直前のはずなのですが、乗客が少ないですね。空きが多いようです。てゆうかガラガラです。
カシオペアの場合、主観ながら途中駅で乗車してくるケースは少ないと思われますので、
実際にガラガラのまま札幌に向かうのでしょう。
プラチナと言われるカシオペアのチケットも、シーズンオフの平日出発なら意外に取れるのかもしれません。


カシオペアは、同じルートを走る北斗星同様、震災直後何ヶ月間か運行できなかったように記憶しています。
被災各県を駆け抜けていく列車ですので、この思いは大きいのかもしれません。


機関車はEF81ではないんですね。これはEF510って言うんですか。
てゆうか、EF81にはカシオペアカラーがあったように思うのですが、たまたま青いのでしょうか。
…と、ここでWikipedia見て納得。EF510にもカシオペアカラーと北斗星カラーがあるのですね。
私が北斗星に最後に乗ったのは2009年、その時の北斗星機関車は赤いEF81でした。


星マーク、良いですね。また寝台列車に乗って北海道に行きたいです。
こんどは大阪からトワイライトエクスプレスに乗って…なんて夢想しているのですが、実現するのはいつになるやら。


というわけで、35-100mmF2.8というタイトルの割にまったくそれに触れていないエントリを書いてしまいました。すみません。
m(_ _)m
何にでも使える、便利なんだよ、ということが伝わればいいのですが。
次回から真面目にやります!いや今回も真面目にやってるつもりなのですが!(^^;
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事