ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 2011年08月
2011/08/30 Tue 00:33 マイクロフォーサーズ
先のエントリ
オリンパス PEN E-P3@銀座「ペコちゃんミュージアム ミルキータウン2011
の続きとなります。

ペコちゃんミュージアム、それほど大きい会場とは言えないのですが、
内容は盛りだくさん。
歴代ペコちゃんやグッズ、アメニティ等の怒涛の展示が行われています。
こちらはミニチュアの展示。
アートフィルター「ジオラマ」
P8275442_20110829232334.jpg

ペコちゃんをアップで、ちょっとボカしてみました。
P8275448.jpg

昭和テイスト溢れるホーロー看板です。
P8275481.jpg

通り一遍の可愛いペコちゃんだけでなく、
ちょっと古めのこういったグッズも展示するあたり、
企業博物館としての見どころも満載、という印象です。
P8275839.jpg

こういう写真もいくつか展示されていました。
一つ一つの展示に釘付けであります。
P8275848.jpg

フロア変わってステージイベントフロア。
私が行った時にはペコちゃんと一緒に写真を撮ろう!というイベントが行われました。
ママ「ペコちゃんのボーイフレンドの名前知ってる?」
私「ダニエルじゃね?」
節子それハローキティや;
ボーイフレンドはポコちゃんでした。失敬;
P8275977.jpg

手を振られちゃいました。いやん;
P8276004.jpg

とまあ、そんな感じでペコちゃんミュージアムは堪能できるイベントでした。
9月4日まで開催、さあ君も銀座へ走れっ!
P8276062.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/08/29 Mon 23:32 マイクロフォーサーズ
銀座6丁目に不二家のビルがあり、そこで行われているイベントです。
私は今回初めて行きましたが、
最初は
「数寄屋橋交差点の不二家が入居しているビルの上階」
で行われているのだと勘違いしていました。
別の場所に不二家ビルなるものがあり、そちらで開催されている、と。
しかもダロワイヨのビルだったとわ。
てゆうか、ダロワイヨが不二家グループだったとわ。
そういえばサーティーワンアイスクリームも不二家系列だと聞いたことがあります。
どうでもいい話ですが、TBSはじめ大手マスメディアによる不二家バッシングが盛んになったのは、
某大手大陸系菓子メーカーが漁夫の利を得るためだ、という噂は本当なのでしょうか。
まあそんなことは、ここではどうでもよろしい。
当サイトは写真ブログです。写真で勝負です。

不二家ビルの脇の歩道にずらりと行列です。
が、この行列はあくまでも「エレベーターに乗るための行列」であって、
入場制限がかかっているかのような状態ではありません。
フル稼働の2基のエレベーターがそれぞれ5~6人ぐらいしか載せられないのが理由です。
つまり、意外にさっくり捌ける行列です。
P8276067.jpg

ここでの不二家の仕切りは非常に良く出来ていて、
気配りも徹底されていてストレスを感じませんでした。
先述のバッシング報道も影響して、顧客対応に力を入れているのかもしれません。
P8275402.jpg

ペコちゃんミュージアムは不二家ビルの6・7・8階を会場としています。
6階は物販、7階はイベントホール、8階は資料館という構成で、
エレベーターでまず8階に上がり、7階→6階と階段で下りていく順路となっています。
P8275408.jpg

入ってすぐのところに展示されている、初代?ペコちゃんであります。
昭和25年初出だそうです。60歳のキャラクターというわけです。
思えばこれが本エントリで最も貴重な写真なのかもしれません。
P8275427.jpg

次に並んでいるのが、ミルキー製造過程の展示です。
こういうのはとても興味深いですね。
写真はミルキーの生地です。
うーん、かぶりつきたいw
P8275568.jpg

ミルキーの包み紙の、ロール状態のものです。
P8275604.jpg

ミルキーの袋の、ロール状態のものです。
欲しい。
P8275648.jpg

新旧ペコちゃんの展示が多数あり、絶版品や海外版も多数。
ペコちゃんマニアにはたまらないイベントなのでしょう。
P8275708.jpg

P8275659.jpg

どうでもいい話ですが、CMで森高千里が歌っているペコちゃんの歌って、
久石譲が作曲していたんですね。
で、作詞がナウシカのサントラで「らん、らんらららんらんらん♪」と歌っていた、
久石譲の娘さんによる、と。知りませんでした。

ペコちゃんミュージアム関連は次のエントリに続きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/08/29 Mon 00:01 マイクロフォーサーズ
娘孝行に、池袋サンシャインシティで開催されているイベント「スイートプリキュア♪キラキラハーモニー」へ行ってきました。
個人的には隣で行われていた「Happiness is SNOOPY展」にも惹かれましたが、その日の目的はプリキュアでありました。
入場料が大人1000円、3歳800円という価格設定に「取れるところからはとことん取る」という意思を感じましたw

入口からいきなり記念撮影。
これのためだけに大行列であります。
P8264892.jpg

歴代作品の紹介パネルひとつひとつの前で記念撮影です。
こちらが初代「ふたりはプリキュア」だそうです。
眉毛の太さに時代を感じます。
P8264976.jpg

こちらがみんな大好き、パパも一押しのハートキャッチプリキュアであります。
今思えば可愛らしいキャラクターだったんですね。
闘いはハードな殴り合いでしたが。
P8265020.jpg

主人公キュアメロディこと響ちゃんの部屋だそうです。
もうね、子供がいっぱいで大変なことに。
P8265125.jpg

着せ替え遊びやパズル、塗り絵、リズムゲーム、主題歌カラオケなど、
子供心を鷲掴みにするコンテンツが続きます。
いずれも大行列となっていて、場所によっては身動きもとれないほどだったのですが、
ステージイベントでまたひとつ大きな人だかりとなります。
プリキュアショーの始まりであります。
パナソニック LUMIX G VARIO 45-200mm F4.0-5.6/MEGA O.I.S.
P8265263.jpg

プリキュア3人が登場し、悪者と戦うのか…と思いきや、
エンディング曲に合わせてみんなで踊ろう!という内容でした。
これが子供たちに大受け、
総立ちで踊っております。
すいーーーとぷりっきゅあー、っふっふっふー、っふっふっふー。
望遠便利。超便利。
でくのぼうだったパナ45-200がレギュラー獲得であります。
パナソニック LUMIX G VARIO 45-200mm F4.0-5.6/MEGA O.I.S.
P8265274_20110828234102.jpg

イベントの熱気も醒めないままに次のメインイベント、
「プリキュアなりきり写真館」の列に並びます。
プリキュアの衣装を着て記念撮影するというアトラクションでしたが、
1時間以上という今回最大の待ち時間を体験しました。
私が行列に並び、ママと娘はその間に他のアトラクションを堪能するという作戦で、
私が「そろそろ順番がくるよ~」という電話をした時にはDSのゲームでカップケーキを作っていたそうですw
で、その撮影ブースですが、
P8265289_20110828234712.jpg
という感じで、三脚立ててニコンD60を使い、撮影結果を即座に脇のPCで表示、保護者に写真を選ばせてそれを印刷販売するという趣向です。
昨今、子供向け写真スタジオビジネスは好調のようで、最初は数千円のつもりで出掛けても、枚数は増やすわ大判で印刷するわ衣装は取っ換え引っ換えとオプションをどんどん積み上げて行って気がついたら数万円かかっていた、というようなぼったくり記念日を大切にする親心を尊重する仕様になっております。
このアトラクションでもその類の写真スタジオさんが出張しているのかもしれません。
うちの場合、子供写真は機材や技術的には私で撮れなくもないのでしょうが、
子供写真にはセットや衣装の方が重要で、結局はやはり専門店に頼む方が良いということになります。

こんな感じの衣装で撮ってもらいます。
この衣装は市販のものだそうです。モデルはうちの娘ですのでノークレームでw
P8265298_20110828234711.jpg

そんなこんなでプリキュアイベントを堪能し、帰ってきました。
私たちがサンシャインシティを出た頃、雨がぱらついていたのですが、
ニュースを見るとその後の池袋はゲリラ豪雨で大変になことになっていたようです。

おまけ。
往路は成田エクスプレスに乗車したのですが、
品川から池袋まで、アートフィルター動画「ジオラマ」で撮影しました。
トンネル内では反射して私が映り込んでいますね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/08/22 Mon 00:12 日記・時事・業界
dropboxの設定方法。

http://www.dropbox.com/
へ行き、
「Dropboxのダウンロード」
ボタンを押す。

あとはそこに書かれている手順でインストール作業。
IDとパスワードは別途メールに書いたものを入力。

フォルダは「My Dropbox 」というフォルダが作られるはず。
あるいは、画面のすみっこにDropboxアイコンができるので、
それを右クリック→Dropboxフォルダを開く、で開けます。

フォルダの中のファイルは「見るだけ」にしてください。
消さないでほしいなあ。

以上です。
ガチで私信です。他に伝える手段が浮かばなかったので。
クリックしてくださった方には申し訳ありません。



お詫びを兼ねて1枚。昔の写真です。
2007年9月16日、自民党総裁選、麻生太郎秋葉原街頭演説にて。
コニカミノルタ α-7 Digital + Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA
トリミング済み。
とっさに手持ちのレンズの中でいちばん望遠だったレンズをくっつけて撮影、
充分狙ってみるのだが会場の熱気にあてられて持つ手が震え、ブレブレに。
何枚撮ってもブレていました、これでもいちばんマシな写真ですw
ものすごい人気でしたよ。
PICT7481.jpg

この時の演説内容がYouTubeに上がってた。
このどこかに私もいたわけですw


このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/08/14 Sun 23:38 マイクロフォーサーズ
JR有楽町駅を出てすぐのところ、銀座側=ビックカメラや東京国際フォーラムとは反対側に、
東京交通会館というビルがあります。

古くからある商業施設で有楽町のランドマーク的な建物でもあり、
週末などは政党が街頭演説会を行う名所ともなっています。
建物は昭和テイスト溢れる造りになっていて、
都道府県のアンテナショップが多数入居していたり、
昔ながらの衣料品や香水店などがひしめく、
見方によってはレトロ感満載のカオスゾーンとなっています。
P8133364.jpg

で、このビルの3階に「コリーヌ」と名付けられた庭園?があり、
そこが新幹線撮影の名所というか定番スポットとなっております。
都心部で気軽に新幹線を眺めることができるところ、として
鉄道ファンにはよく知られた場所ですが、
一般には馴染みが薄い場所でもあります。

眺めはこんな感じです。
線路と同じ高さですので、見上げたり見下ろしたりすることなく、
走る新幹線を眺めることができます。
P8133343.jpg

300系新幹線です。
ちょうどテラスに立ったときに目の前を走っていたので、
「おっ!?」とすかさず走り去っていくところだけ撮ることができました。
P8133223.jpg

700系新幹線です。置きピン失敗;
見れば見るほどカモノハシ、というイメージで、
個人的に好きだった300系や500系にくらべてユニークなデザインに見えます。
この場所はビルの立地上、新幹線を正面から捉えることは難しいですので、
むしろ流し撮りの練習にいいのでしょうね。
P8133327.jpg

N700系新幹線です。
現在での主力車両、と言っていいと思います。
公衆無線LANできるらしいんですが、
私が東海道新幹線に乗る機会が少ないこともあり、なかなか試せません。
通信速度とか、どうなんでしょうかね。
P8133336.jpg

コリーヌから有楽町駅前広場を見下ろして、
アートフィルター「ジオラマ」。
P8133360.jpg

今の時期は猛暑ということもあり、屋外のテラスはさすがに人気がないらしく、
人はまばらでした。
新幹線撮影や、流し撮りの練習に良いですね。
他の利用者を気にしたり新幹線の運行を妨害することもありません。
こんどはE-P3の動画試し撮りで訪れてみることにします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/08/13 Sat 22:15 マイクロフォーサーズ
オリンパスが社運を賭けた新型デジタルカメラ、
「PEN E-P3」を携えて街撮りをした、そのエントリです。
今回は私の定番お散歩コース、銀座~有楽町界隈の写真です。

銀座Apple Store。
アートフィルター「ドラマチックトーン」。
MacBook Airが欲しいなあ、と何となく思って、触らせてもらってきました。
私はMacを使ったことがありませんでしたので、やはり使い勝手が違うものですね。
Macで何が出来るか、私のしたいことがMacで出来るのか、がよく分かりませんでしたので、
α77貯金温存のために今回購入は保留しました。
P8062611.jpg

銀座四丁目交差点、和光ビルです。
真下から見上げています。
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
P8062583.jpg

銀座は小さいビルが密集していて、窓を開けると隣のビルの窓が、という状態です。
防犯のために鍵をかけて!みたいな張り紙も見かけます。
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
P8062627.jpg

有名な天賞堂の天使です。
ブラタモリでも放送されていましたね。
余談ですがブラタモリ、今秋から第3シリーズが放送されるそうですね。
もう今では「ちい散歩」「TVタックル」「タモリ倶楽部」しか地上波を見ていませんが、
ブラタモリは見たいですね。
P8062630.jpg

数寄屋橋交差点の方向を見ながら、
アートフィルター「ドラマチックトーン」。
交差点の向こうで何やらデモ行進が行われていました。
時期的に最近話題のフジテレビ関連のデモなのかな?と思って近づいてみたら違いまして、
P8062641.jpg

反原発デモでした。
私ひとりが生活するなら原発廃止の必要無し、フランス人みたいに腹を括って生きる覚悟はありますが、
やはり娘のことを考えると怖い気もします。
私が福島の海沿いに住んでいたら、やはり娘のことを考えて疎開させたでしょうね。
現時点で私は原発については思考放棄してます。
どっちでもいいからうまくやって頂戴、という感じです。
いささか無責任な気もしますがまあいいでしょう、
ここは写真ブログです。写真で勝負であります。
あ、某通信大手の社長が仰っているような、
自然エネルギーに「頼り切る」ことには、私は反対です。
ですので我が家のiPadも全部Wifiモデルでございます(笑
パナソニック LUMIX G VARIO 45-200mm F4.0-5.6/MEGA O.I.S.
P8062669.jpg

アートフィルター「クロスプロセス」。
こういう色合いでパトカー、という風景は、
昭和の日本映画に記憶がありますね。
「太陽を盗んだ男」にもこんな雰囲気のシーンがありました。
パナソニック LUMIX G VARIO 45-200mm F4.0-5.6/MEGA O.I.S.
P8062741.jpg

有楽町駅近辺です。
アートフィルター「ドラマチックトーン」。
左半分が青いトーンで、右半分が緑色のトーン、
照明や天候の影響で、特にカメラの設定をどうこうしなくてもこんな写真が撮れます。
余談ですが真ん中にある果物屋さん「百果園」、
アメ横や新宿アルタの近所にもありますよね。チェーン店だったとは。
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
P8062779.jpg

今回はこの辺で。
ソニービルに行こうかと思ったのですが、
α77待ちの私としては今の時期に行っても得られる情報は無いですので、
24日以降に、
おそらくその週の週末から展示されるであろうα77実機を見るために行こうとは思っています。

次回も有楽町近辺でエントリを書くかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/08/13 Sat 01:21 マイクロフォーサーズ
オリンパス入魂の新型デジタルカメラ「PEN E-P3」を使用して、
試し撮りをしてきた、というエントリです。
前回のエントリ
オリンパス PEN E-P3@浅草寺
の関連エントリ、というか拾遺編となります。

思えば当ブログでスカイツリーの写真を掲載する機会がついぞありませんでした。
業平橋に降り立って下から見上げるのもよかったかもしれませんが、
もはや完成目前、乗り遅れたバスを見送るキツネの心境であります。
うんこビルが今更このようなかたちで脚光を浴びることになろうとは。
P8062472.jpg

デンキブランで有名な浅草駅前の老舗「神谷バー」入口です。
いつ行っても大混雑で入れません。
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
P8062395.jpg

隅田川を眺めます。
アートフィルター「ドラマチックトーン」
P8062441.jpg

銀座線浅草駅に至る地下街です。
昭和テイスト満載です。
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
アートフィルター「ポップアート」
P8062528.jpg

時にはこんなお店で呑みたくなります。
アートフィルター「ポップアート」
P8062540.jpg

ごちゃごちゃした写真ばかりになってしまいましたが、
レンズの解像力を楽しむ感じで(?)楽しめましたので良かったです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/08/12 Fri 00:06 マイクロフォーサーズ
オリンパスの新型デジタルカメラ「PEN E-P3」の試し撮り、
というわけで浅草へ行ってきました。
レンズをしこたま同伴させてもカメラバッグに尚余裕あり。
マイクロフォーサーズ最大の強み、可搬性の良さを堪能してきました。

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
アートフィルター「ドラマチックトーン」
P8062021.jpg

先のエントリでも触れましたが、パナソニックの望遠ズーム
「パナソニック LUMIX G VARIO 45-200mm F4.0-5.6/MEGA O.I.S.」
が、E-P1時代との組み合わせですと非常にAFがもっさりしていて、
MFだとE-P1の荒い液晶モニターではピントが合わせづらく、
非常に使い勝手の悪いレンズ、という認識でいたのですが、
・AF速度向上
・背面ディスプレイの高画質化
という要素が絡まって見事に問題解決。
非常に快適に使用できるようになりました。
この「快適に」という部分が私にはとても重要で、
α900と70-200mmF2.8Gといった組み合わせは脳汁が出まくる快感状態なのですが、
それには及ばないものの充分「快適」な状態になりました。

というわけで望遠ならではの写真、
ドラマチックトーンをもういっちょ。
パナソニック LUMIX G VARIO 45-200mm F4.0-5.6/MEGA O.I.S.
P8061937.jpg

これでだいたい150mm、換算300mm程度で撮っています。F5ぐらいですかね。
パナソニック LUMIX G VARIO 45-200mm F4.0-5.6/MEGA O.I.S.
P8062102.jpg

仲見世です。
パナソニック LUMIX G VARIO 45-200mm F4.0-5.6/MEGA O.I.S.
アートフィルター「ポップアート」
お寺や神社は赤を印象的に出せる設定だと楽しい写真が撮れますね。
P8062323.jpg


雷門です。
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
P8062370.jpg

雷門を少し離れた場所から。
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
アートフィルター「ジェントルセピア」
P8062392.jpg

電球の照明があたっているようにも見えます。
パナソニック LUMIX G VARIO 45-200mm F4.0-5.6/MEGA O.I.S.
アートフィルター「クロスプロセス」
P8062355.jpg

ドラマチックトーン、要するにHDRでコントラストを思いっきり上げたような効果が、
私としては目新しいのでよく使っていますが、
クロスプロセスの色合いも癖になりそうです。
あれだけ使いまくっていた「トイフォト」の出番が減ってます(笑
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/08/08 Mon 23:33 マイクロフォーサーズ
オリンパスが満を持して発表した新型デジタルカメラ、
「PEN E-P3」についてのエントリです。

過去の関連記事です。
オリンパス「PEN E-P3」
オリンパス「PEN E-P3」その2
オリンパス「PEN E-P3」その3

購入して1週間以上経ちました。
シャッター数約1500になります。
私としては多いほうです。
使い込んだとはまだまだ言えないレベルですが、
感想をいくつか書いていきます。

●アートフィルターは「ドラマチックトーン」を多く使っています
目新しさもあり、「ドラマチックトーン」をよく使っています。
クロスプロセスもよく使いますが、今はドラマチックトーンがマイブーム。
撮り方で色々な仕上がりが楽しめるのが魅力です。

函館で夕景を撮影したら、日本画のような仕上がりになりました。
P7280523_20110808231630.jpg

飛行機の機内から撮影したらこんな感じになりました。
P7301533.jpg


●タッチパネルはこれからの熟成に期待
正直、タッチパネル機能は使っていません。
画面をタッチしたらシャッターが切れる、というのも試してみましたが、まだしっくり来ません。
再生画面でiphoneみたいに指でピッと次の写真に横すべり、みたいなこともできますが、
スマートフォンほどぬるぬる動きません。
ライブビュー画面上で各種設定を呼び出せるので、それをタッチで何とかできるのかと思いきや、
その辺の操作は今まで通りボタン操作であります。
現時点ではAFとシャッターと再生時の操作だけ?
私はオートフォーカスは原則的に中央一点しか使っていません。
それ以外にAFポイントを移動させることはほぼ無いのですが、
知らずのうちにタッチパネルに触れてしまい、AFポイントが移動してしまう。
非常にわずらわしかったので、誤操作防止のためOFFにしました。
ほんと主観で恐縮ですが、タッチパネルは現時点で使っていません。
どうせ採用するなら、もっと何でもできないとね。

●AFは確かに速い、実用度も上がった。
以前に「AF速度向上はどうでもよろしい」という趣旨の記事を書きましたが、
ちょっと撤回しようかなと思います。
と言いますのは、
E-P1ではイライラするほど遅くてものの役に立たなかった
「パナソニック LUMIX G VARIO 45-200mm F4.0-5.6/MEGA O.I.S.」のAFが、
実用レベルの速度に達していたのです。
正直お蔵入りと思っていたパナソニック45-200mmですが、
今は主力レンズの仲間入りしそうな勢いで使っています。
パナソニックのGシリーズボディを使っている方は、
こんな不満を感じたことはなかったのかもしれませんね。
オリンパスボディもようやく追いついたのか、という印象です。

●動画を初めてアップします。

お粗末極まる動画で申し訳ございません。
手持ち撮影でアートフィルター「ジオラマ」動画です。
このアートフィルターでの動画は、1秒の動画を作るためにに5秒ほど撮影します。
手持ちで撮影したために画面も動きまくって見づらいですが、
ちょっと思いついたら即座にこんな動画を撮ることができます。
お気軽アートフィルター動画の可能性を探ることが、
当ブログでも今後あるかもしれませんが、ないかもしれません。
あくまでも写真で勝負であります。

●謎の中国製バッテリーは、持ちは良いがやはり怖い
以前から興味があった「非純正バッテリー」というのをいくつか買ってみました。
通販で別のところから別の容量のものを購入したのですが、
製造は同じ所のようです。
made in Chinaね。
左が1500mAhで1400円程度、
右が1800mAhで1600円程度であります。
ちなみに、純正はBLS-1、BLS-5ともに1150mAhです。
P8051813.jpg

1500mAhの方を使ってみての印象ですが、
初回充電時間は1時間20分程度で充電完了、
5時間で300シャッター、1100画像を生成しても画面上の電池残目盛りは満タンのままでした。
自宅に帰り充電器に挿し込むと、1時間かからずに充電完了。
これだけ書くと「ん?使えるってこと?」と思われるかもしれませんが、
普段の保管時はその電池はボディから抜いて、しっかり純正を挿してます(笑
どうもね、偏見かもしれませんが、中国製って爆発しそうじゃないですか。
非純正バッテリーが原因の故障が起きたとき、保証はされませんよね。
実用上今のところ問題ありませんが、
ちょっと臆病風に吹かれながら使っている状態です。


当分の間、少なくともα77が発売されるまでの間は、
我が家ではE-P3がメイン機になりそうです。
画質的にも使い勝手も「E-P1は一眼レフのサブ機」という認識でおりましたが、
E-P3と、新規購入した2本の単焦点レンズによって、
我が家のマイクロフォーサーズも「なんちゃって一眼」から卒業できそうであります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/08/07 Sun 22:09 マイクロフォーサーズ
先日購入した「オリンパス PEN E-P3」を携えて函館旅行に出掛け、
その時撮りまくった写真を作例として掲載することを趣旨とした記事です。
今回は、SL函館大沼号に乗車した際の写真を掲載します。

最終日、飛行機が出るまでの時間を利用して、大沼公園へ往復してきました。
函館→大沼公園は、特急スーパー北斗。超満員でした。
青森からやって来て函館に到着した「スーパー白鳥」から乗り継ぐ人が大多数、
これも東北新幹線効果でしょうか。
で、大沼公園ですが、あいにくの曇り空。
あの綺麗で雄大な駒ケ岳は残念ながらお預けになりました。
P7300967.jpg

まあ仕方がない、また来る機会もあろうということで、
今回の主役、SL大沼公園号であります。
大沼公園駅に到着したところを撮影しました。
私が乗車したのは「森→函館」という、
1日1往復のSL函館大沼号にとっては「復路」にあたる走行時で、
しかも大沼公園駅入線時はSLは先頭で引っ張るのではなく、
最後尾にくっついてくる状態でした。
P7301084.jpg

ここで進路が逆になりますので(複雑ですね)、あらためてSLが引っ張っていく、
というわけなんですが…
私は知りませんでした、SLって後ろ向きでも普通に走れるんですね。
大沼公園から函館まで、先頭はこんな感じです。
P7301103.jpg

客車はこんな感じです。
満席ですかね?とても混雑していました。
着席している人が少ないようにも見えますが、
みんな席を立って車内の探索に出かけているのです(笑
P7301107.jpg

売店付き車両はこんな感じです。
売店ではオリジナルグッズや地元の特産品、お弁当などが売られていました。
P7301109.jpg

客車の最前部へ行くと、
SLのお尻が見えます。
今回はSL自身は逆向きで列車を引っ張っていますので、
お尻とは言っても、顔を見ることができました。
P7301164.jpg

余談ですがこの写真は「渡島大野駅」にて、
(理由はわかりませんが)停車していたときに撮ったものです。
渡島大野駅、5年後には「新函館駅」となって華々しく新幹線デビューする予定の場所ですが、
今は駅周辺はのどかな風景が広がっていました。
駅名票に貼られた「H70」というステッカーが、
とってつけた感満点で寂しくもあり、
新幹線がやって来るのをひとりで待っているようでもあり。
P7301188.jpg

客車の窓から車外をのぞむ。
アートフィルター「ドラマチックトーン」。
P7301155.jpg

そんなこんなで無事函館駅に到着。
最後尾にくっついていたディーゼル機関車です。
ごく僅かな区間ではありますが、
列車を逆さ向きに動かすために牽引する必要があり連結されていたわけです。
もしかして、後ろからちょちょっと押していたのだろうか?
P7301300.jpg

客車はこんな色をしていました。
14系客車です。銀河の色違い、何もかもみな懐かしい(ToT)
P7301312.jpg

私はSLが引っ張る列車に乗ったのが、今回が初めてでした。
もっと煙でモクモクになるのかと思ったら、それほどでもないんですね。
今の石炭はベトナム産だったか忘れましたが、煙の少ない石炭でしたっけ。
それでも堪能することができました。
北海道ではJRの列車、すなわち長距離列車、を「汽車」と呼ぶそうです。
対義語で函館市電は「電車」なのだそうで、
まさに私は汽車気分を味わうことができたなと、満足している次第です。

あ、E-P3の試し撮り日記の体をなしていない気がしてきましたので補足しますが、
パースの効いた写真は、たぶん12mmF2.0で撮ってます(笑

昭和のひとコマのような写真は、
アートフィルター「ラフモノクローム」。
P7301385.jpg

最後に。もっと寄れたかな。
アートフィルター「トイフォト」。
P7301442.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事