ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 2010年03月
2010/03/28 Sun 01:02 マイクロフォーサーズ
もう少し前の話ですが、浜離宮恩賜庭園へ行ってきました。
2~3月は、梅と菜の花のコラボレーションが楽しめます。
2回にわたってエントリを書きますが、今回は梅です。

背景に汐留ビル群と菜の花畑です。浜離宮の春の定番風景と言えます。
P0030497.jpg

3月初旬でしたが、この時は梅も満開ではありませんでした。肌寒かったしね。
こうやって見てみると、E-P1+キットズームレンズ、接近して撮りましたが背景が微妙です。
P0030508.jpg

逆光で撮るのがマイブーム(笑
P0030500.jpg

菜の花で背景を黄色く染めてます。
P0030522.jpg

梅園は浜離宮のメイン入口からそれほど遠くありません。水上バスの船着場近辺にあり、浅草などと組み合わせて観光するのもいいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/03/24 Wed 01:59 動画・画像処理
先日少しtwitterでもつぶやいてしまった「白黒2階調」への興味。
これが「カメラ内処理」で行えるデジタルカメラを発売しているのは、私の知るところリコーのみ。
新聞などの「文字を読み取る」のに適したモード、として用意しているモードで普通に撮ると、
何とも味のある写真に仕上がる、というわけです。

我が家の「オリンパス ペン E-P1」にも、シーンモードとして「文字」なるモードは存在しますが、
2階調ではないどころか、白黒ですらない、単なる(?)コントラストを上げて文字を認識しやすくしたモード、
であるようで、私のわがままな期待に応えてくれるものではありませんでした。

CP+でも、このモードをいじり倒したいばかりにリコーブースに立ち寄ったほどでしたが、
実際に触ってみればみるほど、CX3が欲しくて仕方がない。
で、購入を決断する前に、現有戦力で似たことができないかと、フォトショップを使って処理してみました。
私は仕事でフォトショップを使用していますが、その技術は素人さんには負けないつもりですが、
本格的なプロのレタッチャーには当然ながら遠く及びません。
今回は「色調補正→2階調化」の作業にとどめます。
この手の作業は手をつけだすとキリがない、さくっと直すに越したことはありません。

元画像です。某ショッピングセンターで撮ったマネキンです。
00.jpg

フォトショップでは、「ここまでが白、ここからが黒」という境界を自由に変更できます。
この境界を「しきい値」と呼ぶのですが、これをいじくると、以下のように雰囲気が変わります。

普通に2階調化するとこんな感じ。
02.jpg

明るく。瞳を強調。萌えチック(笑)
01.jpg

暗く。ジョニ・ミッチェルのジャケットを思い出しました(笑)
03.jpg

もちろん、もっと極端に白く、もしくは黒くもできるのですが、
それは被写体との相談で、雰囲気を追っていきたいところです。
リコーCX3でもしきい値を変えることはできるようですが、強中弱の3段階のようです。
現場で仕上がり画像をその場で確認しながら撮れるのが圧倒的な強みだと思っていますが、
帰宅後にレタッチという手法もそれなりに使えるので、もう少し今回の方法で試してみたいと思います。
味のある画像ができたら、またエントリにいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/03/19 Fri 23:32 日記・時事・業界
テストです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/03/12 Fri 01:12 日記・時事・業界
前回に続き、「CP+2010」見学エントリです。
今回はソニーブースの感想を書きます。

P0110576_20100312004557.jpg
ソニーは、PMA以降ミラーレスシステムの開発発表と一眼レフ機新機種の年内発売アナウンスを行ってきていますが、
それがようやく見ることができるわけで、楽しみに出かけてきました。

DSC00514.jpg
ステージではミラーレス機の告知を行っていました。
DSC00521.jpg

DSC00517.jpg
ミラーレス機のモックは、来場者にも手に取れるようになっているものもありました。寸法と重さは私が持参した「オリンパス ペン E-P1」とほぼ同じでした。
DSC00518.jpg
まったくの私見ですが、このミラーレス機、ソニーが本気で売りたい、シェアを取りに行きたい、と考えているならば、必ず搭載しなければならない仕様がひとつあるように思います。
おそらくαマウント互換よりも重要だと思うのですが。
「SDカードスロット」できればSDXC対応で。
小型機種なのでメモリースティックとのデュアルスロットがもし実現不可能ならば、メモリースティックを捨ててでもSDにすべきかと。
もしメモリースティックスロットを固持するなら、マイクロSD→メモリースティックデュオアダプタを同梱するとか。かつてのα100が「メモリースティックデュオ→CFアダプタ」を同梱したように。

P0110556.jpg
中級機のモックアップ。いわゆる「α700後継機」ですが、こんどは動画撮影機能搭載のようですね。私としては購入確定の機種なだけに、α700のデザインが好きな私としては個人的には「なで肩」が今は安っぽく見えてちょいと気になりますが、楽しみに待つことにします。

P0110558.jpg
メインストリーム機、要はα3xxシリーズの後継、ということでしょうか。こちらも動画撮影機能搭載のようです。

P0110557.jpg
カールツァイスディスタゴン24mmF2.0SSM ようやく発売のカールツァイス6本目、単焦点としては3本目。これも購入確定。予算は18~20万を見込んでます、どうかそれ以上にはなりませんように
m(_ _)m

P0110560.jpg
500mmF4G。SSMは搭載しないのかな?いずれにしてもたぶん私には縁のないレンズです。価格も用途も。
てゆうか、今回もシルバーなんですね;

DSC00554.jpg
ソニーブースは今年もサッカーにこだわっていて、檻の中でフットサルをしているアイドルをサイバーショットやハンディカムで撮ってね、という企画を行っていました。
私はα900で横から撮っていましたが、いまさらですが、αは動体には滅法弱いですね。これって宣伝としては逆効果ではないでしょうか;

ソニーブースはこんな感じでした。
「CP+2010」関連エントリは、もしかしたらもう少し続くかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/03/11 Thu 23:55 日記・時事・業界
本日開幕の「CP+」、いそいそと出かけてきました。
私としても、昨年までの「フォトイメージングエキスポ」同様、1年間で最も大きなカメラ関連のお出かけ行事であります。

P0110549.jpg

今年からは会場をビッグサイトからパシフィコ横浜に移し、イベント名も変えて(運営体制も変わり)心機一転、といったところなのでしょう。
実際見どころは多く、例年に劣らず楽しめるイベントでした。
何回かに分けてエントリを書きますが、1回目は大手カメラメーカーを中心にざっと回ってきた写真と感想です。

P0110592.jpg
パナソニックブースでは、マイクロフォーサーズ新機種「DMC-G2」の実機を見てきました。タッチパネルになって動画撮影機能がついた以外はあまり「G1」と変わらないのかな?まあ大きな違いなんですけど;
P0110590.jpg

P0110593.jpg
富士フイルムブースでは、「FinePix REAL 3D W1」やフォトブックなどを見てきました。3Dのお試し撮影用のモデルさんは今年もバイクに乗っていました。

DSC00528.jpg
昨年は早いうちから場所取りをして(笑)見ていたケンコーブースですが、今年は後方から眺めるだけ。まあしっかり撮ってはいるんですけど。

P0110595.jpg
ペンタックスブースは、例年たいして興味もなくスルー気味なのですが、今年は「645D」が発表されたので立ち寄ってきました。トークショーも見てきましたが、田中希美男さんは話が上手ですね。関西人の血でしょうか。
デジタル中判カメラ「645D」の解像力はたいしたものです。ノイズがどの程度のものかが今回は不明確ですが、おそらくディテール優先で耐ノイズ性能は改良の余地あり、ぐらいなのではないかと。トークショーでも解像力の話ばかりでしたし。
P0110562.jpg

P0110572.jpg
ニコンブースです。今年は華麗にスルー;ミラーレスシステムに手を出し始めたかも、みたいな噂もネットでは見かけますが、その手の発表はありませんでした。報道写真トークショーみたいなのをやってたみたいです。奥の方では女子カメラ的なイベントをやっていたようで、女性来場者が多かったように思います。

P0110574.jpg
キヤノンブース。「X4」にも搭載された動画撮影機能を前面に押し出すあたりは昨年来の傾向でしょうか。ブースのイメージは昨年と同じ、回転するひな壇のモデルさんを動画で追いかけてね、という趣向です。

P0110594.jpg
リコーブースではユニット交換式カメラ「GXR」…ではなく、コンパクト機「CX3」を見てきました。ちょっと本気で購入を検討中なので、じっくり触らせてもらいました。

P0110602.jpg
オリンパスブースでは、「PEN」シリーズばかりがでかでかと紹介されていました、一眼「レフ」Eシリーズは実機展示はあったのでしょうか?(笑)
オリンパスのセミナーは、PENシリーズを前面に出しているせいでしょうか、散歩カメラや街角スナップ等の脱力系(?)写真術が多く、また、私の活動場所もそこですので楽しく見学できました。
最後に講師の皆さんのトークショーがあったのですが、トークショーは楽しかったのですが、キーワードをネタにして話す流れで実際に講師の方が撮った写真で語るものではなかったのがちょっと残念でした。2日目以降に期待したいです。

と、このエントリはここまでです。
ソニーブースについては次のエントリでまとめます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/03/11 Thu 00:27 マイクロフォーサーズ
2日目の宿は、「アンダリゾート伊豆高原」です。
ここは、カエルをイメージキャラクターにしたバリ風ホテルです。
建物に入った瞬間からお香が焚かれていて、バリ気分を味わえます。バリへは行ったことがありませんが。
首都圏ではカラオケ店「パセラ」やホテル「バリアン」などを経営している会社のグループです。
パセラの入口にこのホテルのパンフレットが置かれていますので、
ご存知の方も多いことでしょう。

P0180375.jpg

この宿は、「いったん入館してしまえば、宿泊代以外は基本的に何をやっても無料」というのが特徴、というかウリでして、ダーツやパターゴルフに始まり、本格的なカラオケや夕食時のアルコール数十種類飲み放題に至るまですべて無料という、とても素敵な料金システムを採用しています。
実際、さんざん遊びまくったにもかかわらず、精算の際にはきっちり宿泊料だけ取られただけでした。

P0180412.jpg

従業員さんのホスピタリティもとても優れていて、夕食時に娘がぐずった時なども、駆けつけてくれてカエルのぬいぐるみを娘が飽きるまで貸してくれました。
その夕食時にひとりひと包みずつ振舞われたクッキーの口留めが何気なくハート型をしているのに私たちは感心することしきりでした。

P0180406.jpg

温泉も大浴場のほか、いくつもの貸切風呂があり、まさしく風呂三昧。私が泊まった部屋は個室半露天風呂だったので、それもあわせて都合7回お風呂を堪能させていただきました。

P0190423.jpg

ここはよかったです。また機会があったらぜひ行きたいと思います。
てゆうか、伊豆へ行く時にはもうこの宿しか候補に入らん;
未泊の方はぜひ一度行ってみてください。

伊豆旅行編はここまでです。
ご覧いただきありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/03/07 Sun 16:00 ソニーα
伊豆半島をずっと南に下り、河津町へとたどり着きました。
ここは早咲きの桜で有名な「カワヅザクラ」の語源となった町で、
原木も現存しているそうなのですが今回は見学する機会はありませんでした。

DSC03878.jpg

「河津桜まつり」は、河津川沿いの桜並木で大々的に行われており、
観光客も(2月という時節を考えると)かなりの数でした。
3月にもなると河津方面の道路は大渋滞するそうです。

DSC03922.jpg

川沿いにずっと歩いていると、沿道に延々と出店が続いています。
まんじゅう、たこ焼き、だんごなどの他に、地元でとれたみかんの量り売りなど。
私はさつまいもスティックを食べながら撮り歩く感じでした。

DSC03880.jpg

DSC03883.jpg

DSC03916_20100307155929.jpg

町営の足湯があり、そこで少し温まった後、車に引き返しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/03/06 Sat 04:42 ソニーα
1日目の宿は、伊東のはずれにあるホテル「ウェルネスの森」です。
こちらは、かの共立メンテナンスが経営しているホテルということでのチョイスです。
函館へ行けば必ず「ラビスタ函館ベイ」に泊まる私にうってつけのホテルです。

ホテル、というよりはコンドミニアム、と言った方が適切かもしれません。
部屋はよくあるような1Kではなくマンションのように複数部屋がありキッチンもある、
というより、マンションそのものの構造をしています。
部屋は広大で、居場所に悩むぐらいでした。
専有面積120平米だと言いますから、団体さんが夜通しゲームに興じてもOKでしょう。
実際、私たちの他には学生さんの団体もいたようですし、親戚一同で来た、というようなグループも見られました。

P0170361.jpg

大浴場の他に温水プールもあり、食事のバイキングも充実していて、かなり遊べる施設でした。
伊東へ行く機会があるなら、またぜひ利用したいです。

DSC03857.jpg

翌朝、窓を開けると雪が積もっていました。
そんな中出発です。一路南へ向かいます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/03/06 Sat 04:16 ソニーα
2月の話になりますが、2泊3日で伊豆方面へ旅行に行ってきました。
まあ、シーズンオフと言ってもいい時期でして、
それほど見所満載、というわけでもなかったわけですが、
そんな中、いくつかのポイントは回ってきましたので、
エントリにいたします。

まずは初日。
宿泊地は伊東だったのですが、その手前、熱海に立ち寄ります。
熱海の梅園では「梅まつり」が開かれているという。
それを見ようというわけです。
私自身、今年の「初梅」となります。

DSC03787.jpg

熱海梅園は、熱海市街から少し外れの山中にあります。
ただ、市内の道路では「梅園→」みたいな看板が至る所にあり、
観光客もそれなりに多いように思いました。

DSC03771.jpg

梅園のいちばん奥には韓国庭園があり、その隣(?)に足湯がある、とのことで、そこを目的地にして一回り歩いてきました。
いや、目的地は足湯ですよ(笑
かなり寒かったですが、足湯は快適。ぽかぽかと全身が温まりますね。

DSC03836.jpg

蒸したおまんじゅうや甘酒など口にしながら、まったりと梅を見てきました。

DSC03770.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事