ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 2009年04月
2009/04/26 Sun 21:35 ソニーα
今日は天気も良く、川越まで行ってきました。
自宅は千葉なので、片道約2時間のちょっとした旅行です。

RFNDMDg0MDngBQ_enlargement.jpg

川越に行ってみようと思い立ったのは、昨日のことでした。
完全なる思いつきで、下調べもろくすっぽ行わずに出撃。
今やっているNHK朝の連続テレビ小説が川越を舞台にしているということは、現地に着いて初めて知った次第ですお恥ずかしい;

RFNDMDg0NjbjDg_enlargement.jpg

小江戸、とはよく言ったもので、風情のある建物があちらこちらに点在しています。
被写体にも事欠かず、テンション上げて撮らせてもらいました。
菓子屋横町は文字通り「お菓子屋さん」がずらりと並んだ通りになっていて、
ちょっと歩けばぬれ煎餅、
ちょっと歩けば串きゅうり、
ちょっと歩けばみそだんご、
芋ビール片手に食べ歩いておりました。
七味唐辛子をその場で調合してくれたのは良かったですね。
思わず激辛を購入してしまいました。

RFNDMDg0MzXfBw_enlargement.jpg

RFNDMDg0MzDaAg_enlargement.jpg

RFNDMDg0MTnhBw_enlargement.jpg

で。
何やかんやと堪能させていただいたのですが、
蔵づくりのまちなみって、歩行者天国にならないものでしょうか。
せっかくの観光名所が、歩道は狭いし車の交通量は多いしで危ない上に、その歩道を歩く人の数も多いため、ちょっと「おっ?」と思ったお店や建物を見かけても状況次第では立ち止まることも困難です。

一本裏通りに入ったところにある「菓子屋横町」は自動車が通っておらず、通り全体が歩行者で賑わっていました。
「蔵づくりのまちなみ」はれっきとした県道で、幹線道路らしいのですが、惜しい気がします。

今回は「川越城」「東照宮」はじめ神社などを回れませんでしたが、機会があればまた訪れてみたいと思っています。

往路は東武東上線で「川越市」駅まで、
帰路は「本川越」駅から西武新宿線を利用しました。

RFNDMDg0ODfmEw_enlargement.jpg

西武の特急「小江戸号」に乗ったのですが、
車両が「つばさ」ラッピング車両となっていました。
ドアの隣に多部未華子。

RFNDMDg0OTPjEQ_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/04/20 Mon 21:44 ソニーα
大宮にある、鉄道博物館へ行ってきました。初めて行きました。
いつか行こうと思っていたので、念願叶った形になります。
オープン以来連日大盛況とのことだったのでちょっと気後れしていたのですが、
私が行った時間帯は夕方近くだったこともあり、日曜日なのに人出は少なかったように思います。

RFNDMDg0MDPa_g_enlargement.jpg

で、内容ですが。
いやあ、すごかったです。噂どおり。
私は世間的にはいい歳をしたおぢさんですが、展示されていた車両では、リアルタイムで乗った車両が「新幹線0系」と「東北新幹線200系」しかありません。すべてそれと同時期かそれ以前の車両でした。
実際に車両の中に入ることもできて、しかもシートに腰掛けることもできるのが非常にポイント高かったです。
「とき」のシートに腰掛けた時には、車両まわりが「新潟駅」を想定したようなセットになっていたこともあり、
そこに本来あるはずもない旅情を感じてしまいました。
やはり旅は鉄道に限ります(笑

RFNDMDgzNTHcBA_enlargement.jpg

鉄道博物館で旅情を感じた、というか、ノスタルジーを感じるのは、車両自体の懐かしさはもちろんのこと、その「ライティング」にも大きな要因があるように思います。
何と言うか、とても「情感のあるライティング」になるよう、工夫されているのです。
車両に乗り込むためのプラットホームに立ったとき、車両に写りこむ電球の色が、まるでその車両が生きているかのような輝きを放ちます。
私的にはそれに最大の感動を呼び起こされました。
その雰囲気を何とか写しこもうと頑張ったのですが、伝わっているでしょうか。

RFNDMDgzNTDbAw_enlargement.jpg

RFNDMDgyNjLdBA_enlargement.jpg

レンズはほぼ「16-35mm F2.8 ZA」で通しました。
望遠域が足りないなと思ったときに若干「24-70mm F2.8 ZA」を使いましたが、ワンポイントリリーフ程度です。
全て手持ち、露出を掴めた後はほぼマニュアルモードで露出を固定しました。

RFNDMDgyNzbiCg_enlargement.jpg

RFNDMDgzNzThCw_enlargement.jpg

帰りは宇都宮線で上野に出たのですが、
尾久の車両基地で、「北斗星」を見かけました。
出発準備に入っていた様子で、客車の室内灯が点灯されていました。
また、上野に到着した時には北斗星進入直前だったこともあり、13番線がとても賑わっていました。
入線してくるのを見届けようかとも思ったのですが、ゴールデンウィーク明けに乗る予定なので、
その時の感動が薄れないように、今回は待たずに上野駅を出ました。
来月が楽しみです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/04/07 Tue 19:37 ソニーα
我が家の近所に、亥鼻公園(いのはなこうえん)というところがあります。
千葉大学医学部に隣接した公園で、亥鼻城(千葉城)というお城の跡地だとのこと。
現在この公園には小柄ながら白く美しい天守が「でん、」と構えられており、夜にはライトアップもされています。
我が家からもそれが見えます。、というか「お城が見えるマンション」って、ちょっと良くないですか?物件を選んだ決め手のひとつでした。

RFNDMDM0OTfiAQ_enlargement.jpg

それはさておき、亥鼻公園は千葉氏という豪族の居館があった場所だとのことなのですが、
千葉氏が活躍したのは鎌倉時代前後ですので、肝心の天守はあろうはずもありません。
現在の千葉城天守は、過去に存在したものの復元ではなく、その意味では「なんちゃって天守」であります。
が、まあ細かいことはいいじゃあありませんか。森田健作もきっとそう言うはずです(笑

RFNDMDM1MDfa8Q_enlargement.jpg

RFNDMDM1MTjc9A_enlargement.jpg

さて、そんな亥鼻公園で、現在「千葉城さくら祭り」が行われています。
亥鼻城は千葉市有数の桜の名所でして、露店も軒を連ね、花見が催され、たいそう賑やかになります。
せっかくなので仕事帰りに行ってきました。
今回のカメラはα700、PIE以外では久々の出陣です。
レンズは「KonicaMinolta 50mm F1.7」「Sony 16-80mm F3.5-4.5 ZA」の2本です。
とっかえひっかえ試してきました。
α700は、α900に比べてファインダーが狭いですが、使っているうちに慣れることでもあり、
その他の使い心地に差が無く、あらためて良いカメラだなあと愛着が湧きました。

RFNDMDM1Mzje-A_enlargement.jpg

RFNDMDM1MjTZ8g_enlargement.jpg

最近は、以前は封じ手としていたISO1600を解禁しています。
その代わり、Dレンジオプティマイザー(DRO)を封印しました。
ノイズの多さに対する許容度が、主観で恐縮ですが
ISO1600+DROオフ > ISO400+DROオン
なのです。

RFNDMDM0ODPd-g_enlargement.jpg

写真の出来は、「てんでダメ」です。
夜桜とは何か、それが掴みきれていない写真です。
色の設定に相当悩みながら撮りました。
RAWでも少し撮ってきたのですが、現像はまだ試していません。
というか、私は現地の「光・色」に直接触れて、その場でカメラと格闘するのが楽くてやってるわけですから、
「とりあえず撮って、色は後で考えよう」というRAW現像の思想は、私には性に合わないように思います。
仕事では最近じゃんじゃん使ってますが;
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/04/05 Sun 19:32 ソニーα
今日も今日とて浜離宮。
浜離宮の桜は、本数がそれほど多くないので他の名所に比べて迫力には欠けますが、
汐入の池とのコラボが魅力で、毎年見に行っています。
去年は雨が降ったっけね。それはそれでいい思い出です。

RFNDMDgwMzTa-Q_enlargement.jpg

RFNDMDgwMTjc-Q_enlargement.jpg

RFNDMDgwMDHU8A_enlargement.jpg

RFNDMDgxODPfBg_enlargement.jpg

今回は夜桜まで粘ってみました。
光が当たる部分をクローズアップして撮ろうと思うのですが、
他の人もそれを狙っていて、まあ何とも難しい。
皇居のお堀沿いのライトアップのほうがお手軽だったかも…と思っていたら、
魅力的な被写体(?)がいくつか。

RFNDMDgxOTThCQ_enlargement.jpg

RFNDMDgwMTba9w_enlargement.jpg

RFNDMDgxNzTfBQ_enlargement.jpg

RFNDMDgxNzbhBw_enlargement.jpg

RFNDMDgxNjbgBQ_enlargement.jpg

RFNDMDgxODbiCQ_enlargement.jpg

カップルや和服の女の子が私の前にかわるがわる現われる(笑
写真の神様の気まぐれでしょうか、撮らせていただきましたm(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/04/05 Sun 19:26 ソニーα
靖国神社を離れ、千鳥ヶ淵を目指したのですが…
人出が凄まじすぎです;
日本人は、どこまで桜が好きなんでしょうか。

RFNDMDc5MDnkEA_enlargement.jpg

思えば、そういった「名所」に限らず、
毎日朝夕通り過ぎる近所の道端に一本だけ立っている桜の樹が花を咲かせていても、
人はしばし足をとめたりします。
そういえば、かつて「そうだ、京都、行こう」というCMシリーズで、
「桜の開花がニュースになる国って、素敵じゃないですか。」
というフレーズがありました(記憶に残っていたので、Wikipediaで調べたらやっぱりあった)。
私も素敵だと思います。
機関士を養成せず、ブルートレインを見殺しにしたJR東海はいまひとつ素敵ではないですけれども;

RFNDMDc5MjXiEA_enlargement.jpg

さて、今回のエントリは「千鳥ヶ淵」と「北の丸公園」を統合しています。
理由は、上に書いた「人出多すぎ」という点にあって、
肝心の千鳥ヶ淵まで到達せずに引き返したのです。

RFNDMDc5MTjkEQ_enlargement.jpg

「桜を見に行こう」と決めていて、
新宿御苑や上野、隅田川等をスルーし、六本木の新名所を探索することもとりやめて
今年はここに行く、と決めていたのですが、覚悟不徹底でした。
うつが再発気味で、人ごみに対する拒絶反応が出始めているからかもしれません。

RFNDMDc5MznnFg_enlargement.jpg

この後、北の丸公園~皇居東御苑と抜けていき、大手町に出ます。
毎度ながら思うのは、定番コースとはいえ、移動距離としては結構ありますね。
見知らぬおばちゃんがリタイヤ寸前でした(笑

RFNDMDc5NDLhEQ_enlargement.jpg

RFNDMDc5NTDgEQ_enlargement.jpg

RFNDMDc5NDjnFw_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/04/05 Sun 19:21 ソニーα
今週は桜を見に行くと決めていました。
休みの日の前々日まで、予報は「雨」。
どうなるかと思っていましたが、何だかんだで雨は降らず。
写真の神様が降りてきた一日、というべきか。

RFNDMDc4NznqGw_enlargement.jpg

RFNDMDc5MDDbBw_enlargement.jpg

都内のソメイヨシノはほぼ満開という状況です。
もちろん、場所や個体差でバラつきがありますので、
あと一週間ぐらいは楽しめるかと思います。

RFNDMDc4NjHhEQ_enlargement.jpg

靖国では、α900+24-70ZAを持ったご婦人を見かけました。
α900オーナーを(PIE会場以外で)見かけたのは、これで二度目です。
ソニーαを持った人は結構見かけました。α200~α350、売れているのですね。

RFNDMDc4NzfoGQ_enlargement.jpg

RFNDMDc4ODXnGQ_enlargement.jpg

しかし、靖国の人出はすごかった。
露店は多いし、参道は人で埋め尽くされてる。
マスコミが何を言おうが、世間は靖国を「いかがわしいもの」とは捉えていない証拠です。
RFNDMDc4NzbnGA_enlargement.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事