ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 2008年11月
2008/11/30 Sun 07:28 日記・時事・業界
キングジム「ポメラ」を持ってお出かけします。
行く先々でポメラを使って、何かしら書き留めます。
帰宅後にPCを使って記事として掲載します。
文章は、当サイトで使用している敬体ではなく、常体とします。
掲載にあたっては、明らかな事実誤認や誤字脱字、行過ぎた表現は見直しますが、
基本的にはそのまま掲載を行います。

2008/11/30 10:53

自宅にて。
これから出発…って、もう11時かよ
持っていくものは、
α900
24ー70ZA
85mmF1.4ZA
50mmF1.4
15mmFisheye
LUMIX LX3
そしてポメラ。
行く先々でメモ帳代わりにあれこれ書くという試み。
ウェブ上ではよく見かけることを私もやってみようと思う。

2008/11/30 11:41

千葉駅から総武快速線に乗車。
ちょっと贅沢をしてグリーン車に乗ってみる。
混んでるなあ、
不景気だとか、嘘じゃないの?
ダブルデッカーの上階に久々に乗ったが、眺めがいいね。

UDEwMTA0Mjew6g_enlargement.jpg

2008/11/30 11:46

稲毛を出た。
ポメラを膝の上に置いて使っているのだが、
窮屈ではあるが不便ではない。
まったくこれって幸福なことだ。
ネットにつながらないからダメだ、なんていったい誰が言ったんだ?
私はブログを開設しているし、記事も頻繁にとは言えないが書いているつもりだが、
分を争う速報性を意識したことはないし、
読み手もそんなことを期待してはいないだろう。
私の使い道としては、母艦にデータを落として、そちらからUPすればいいだけだ。
速報性にこだわる方にはポメラは向かないと思うよ。

2008/11/30 11:51

津田沼を出た。
隣のホームからも、総武線各駅停車が発車していった。
秋葉原とか、新宿とか、中野とかへいくやつだ。
…と書いている間に船橋かよ、早っ;

UDEwMTA0MzCq5Q_enlargement.jpg

2008/11/30 11:56

船橋を出た。
グリーン車はかなり混雑しているが、
不思議なことに私の隣にはだれも座ろうとしない。
臭いのか?(笑
津田沼の先で追い抜いた総武線各駅停車が併走している。
と書いていたら、青い帯の列車が目に付き始めた。
東西線の車両ですね。
千葉駅から都内へ出るには総武線の他には西船橋から東西線、という手段もある。
快速線に慣れると各駅停車のまったり感がストレスになると思って乗っていないが、
今度試してみよう。
と書いている間に市川に到着するらしい。
「列車が左右に揺れますので」ってアナウンスが必ず入るのだが、あえてそんなアナウンスが必要なほどは揺れないような気がする。

2008/11/30 12:01

市川を出た。
いやに停車時間が長いなと思っていたら、成田エクスプレスの通過待ちだった。
総武線各駅停車が入線してきたから「追いつかれたか」?と思ったが、さすがに別の列車みたいだ。

2008/11/30 12:09

新小岩に到着。
駅ごとに何か書こうという試みもいいかげんネタ切れの気配がする。
都内に入ったら急に車窓風景が都会チックになったな、と思ったら、何のことはない、首都高が視界にはいるからだ。
首都高は都会の高速道路、という先入観が下町を都会に見せるわけだ。いやはや。

2008/11/30 12:15

錦糸町を出た。
車窓には高層ビルが目立ち、さすがに東京は都会だなあと思う、って、私も田舎者だな(笑
現在両国を通過中。この先総武快速線は地下に潜る。と書いている間に潜った。
しかしポメラはストレスが無いね。ぱちぱち打ち込める。

2008/11/30 12:18

馬喰町に到着。昔は「日本一深いところにあるJR駅」とか言われていたものだが、今でもそうなのだろうか。

2008/11/30 12:19

新日本橋に到着。
駅間距離が縮まり、各駅ごとに打ち込むのもつらくなってきた。
後ろに座った若い女性2人組がアテンダントから「鎌倉まで」とグリーン券を購入した。
鎌倉か、いいなあ。
来週晴れたら行ってみるかな。

2008/11/30 12:21

東京に着く。
降りますよー。

UDEwMTA0MzOt6A_enlargement.jpg

2008/11/30 13:32

秋葉原で買い物の後、総武線で飯田橋へ向かっているところ。
座席が空いていたので着席して書いている。
片膝にポメラをのせて打ち込むが、変換確定のエンターキーを押す時以外は快適に入力できている。
ちょっとバランスは悪いが(笑

2008/11/30 13:44

飯田橋のあおもり北彩館にて。
飯田橋に来た理由はここ。
「スタミナ源たれ」を購入。
先月かな?テレビでやっていたのを見て知って、それ以来リピーターになった(笑
青森県民では知らぬ者のない県内シェア一位の焼肉のたれで、焼肉以外にも様々な用途に使える。私は豆腐にかけている。
おいしいですよ。

UDEwMTA0MzSu6Q_enlargement.jpg

2008/11/30 13:59

飯田橋駅の有楽町線ホームにて。
立ったまま、左手でポメラを持ち、右手の指二本で打っている。
不便だが一応使える。

2008/11/30 14:01

有楽町線に乗車。
空いていたので着席して打っている。
対面のサラリーマンが興味深げにこちらを見ている。確かに物珍しいもんね。
新木場行きに乗る。カメラバッグを膝の上に載せてその上でポメラを使っているのだが、腕の位置が上すぎてちょっと辛い。
カメラバッグを床におろし、やっぱり膝の上にポメラを置く。
高さはこれで申し分ないが、膝が内股になり格好悪いので足を組んでその上で使う。これをやると通路に足を放り出すことになるので混雑しているときには使えない手だ。電車で打ち込む機会がそれほど多いとは思わないが、電車での入力姿勢はちょいと工夫が必要かもしれない。

UDEwMTA0NDKt6Q_enlargement.jpg

2008/11/30 14:09

桜田門を出る。
桜田門とは何の関係もないが、私がポメラを使うと「A」のキーがなかなか入らない。
「景色がきれい」と打とうとすると「景色gきれい」ってなってしまう。
私の癖のようなものだな。

2008/11/30 14:11

有楽町駅で下車。
上の「私の癖のようなものだな。」の一段落は、列車が駅に到着して停車し、ドアが開ききる短い間に打ち込んだ。
それからポメラを片づけても十分下車に間に合う。これぞポータブル機の醍醐味(笑

2008/11/30 14:42

有楽町から銀座へ移動し、銀座線で新橋へ。
新橋の富士そばにて打ち込み中。
カレーカツ丼を注文、食べたら移動。当たり前か。

UDEwMTA0NTKu6w_enlargement.jpg

2008/11/30 14:53

汐留シオサイトの入口、旧新橋停車場にて。
ベンチを見つけては座り込んでポメラ、という感じになりそうだ。
ここまではLUMIX LX3を使って撮っていたが、ここからはα900の登場となる。
もう3時になるのか。ゆっくりできないなあ。
出発時間が遅すぎた。反省。

UDEwMTA0NTWx7g_enlargement.jpg

2008/11/30 15:26

浜離宮恩賜庭園にて。
紅葉が見頃、という情報をネットで見たので今週は浜離宮、と決めていた。
思い返せば年がら年中来ている浜離宮、梅や桜、菜の花は見に来たが紅葉目当ては初めてか。
というか、紅葉を撮影するという明確な目的を持って出かけているのは思えば今年が初めてだ。
浜離宮庭園は良い。新宿御苑や六義園、先日の昭和記念公園などへ行ってしみじみここの良さが分かった。
人が少なくて落ち着くし(笑
適度な広さで都会から隔絶され、
適度な狭さで疲れない。
海も見えるし、森林気分も味わえる。
都市のど真ん中にある庭園の理想と言うべきか。

2008/11/30 15:42

カレッタで買ったおにぎりで間食。
ついさっきカレーカツ丼を食べたような気もするが昔のことは忘れた。
浜離宮へはおにぎり持参。これ最強。
レンズを70ー200Gに交換し、おにぎりを食す。
おにぎりは高菜玄米と鶏マヨネーズ。
こういうチョイスをあらためて見ると、自分は客観的に濃い味が好きなのだなと再認識する。まあいいけどね。
ダイエットは成功し、ここ5年ほどの激太りからはおさらばした。
ズボンのウェストも3段細くなったし。
そういえば今日は泳ぎに行けないな。
やはり早起きは重要ということだ。

UDEwMTA0NTez8A_enlargement.jpg

2008/11/30 16:27

カレッタ汐留にて。
通路に様々なデザイナーズチェアが並んでいて、ベンチとして使えるようになっている。
そこに腰掛けて打っている。周囲は若い女性やカップルばかりなので男一人の私は浮いている気がしなくもないがたぶん気のせいだろう。
文房具店のショーウィンドウでもクリスマスイルミネーションが施されている。
そういう季節になったのだな。11月も終わりかと思いを馳せる。
そういえば、カメラを持つ手が心なしかかじかんできたようにも思う。
冬の到来ということか。
ADMTでは「雑誌広告大賞展」らしきものをやっているらしい。超見たいが日曜日は休館日。月曜日は企画展の準備で休みになることも多いのだから、日曜日は開館して、月曜日だけ休館日にすればいいのに…とは日曜日だけが休みの私のエゴな意見。
日暮れまではまだ若干の時間がある。
今年もカレッタのクリスマスイルミネーションは東儀秀樹のブルーオーシャンらしい。
あれはいいものだ。見て帰ろう。
それまでの一時、たまにはCDでも見に行こうか。
最近音楽聴いてないものな。

2008/11/30 17:45

東儀秀樹のブルーオーシャン、鑑賞終了。
とても綺麗で感動的なんだけど、寒い。

UDEwMTA0NTi08Q_enlargement.jpg

2008/11/30 18:21

汐留シティセンター。
2本のツリーが立っていて、それぞれに用意されているスイッチを入れるとツリーが点灯されるという仕組み。
同時に2つのスイッチを入れなければ点灯しないため、カップルの使用を想定しているわけだが、
あえて言おう。糞仕様だそんなのは。
おひとり様お断りってことだな。
カップルが幸せそうに点灯してくださるのを指をくわえて待ってろってことだ。
これほどまでに人を愚弄したイルミネーションがあっただろうか
…と、ここまで書いて気がついた。
そもそもクリスマスイルミネーションなんて、カップルのためのものなんだ。
写真趣味の独り者に撮影機会を提供することが目的なわけではない。
カップル向けのイベントにパラサイトして「撮らせていただいている」立場であることを私は再認識しなくてはならない。
てゆうか、いやなら撮らなければいいだけの話だし。

と、ポメラによる日記はここまでです。
推敲も何もしていない文章ですが、現地で書いているというライブ感が書いた自分が後で見返して伝わってきています(笑
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/11/30 Sun 07:22 ソニーα
先週の話になりますが、
立川の国営昭和記念公園に行ってきました。
週末としては久々の晴天で、
マラソン大会なども開催されていたようでものすごい人出でした。
冬もののハーフコートを着て行ったのですが、ちょっと汗ばみましたね。

RFNDMDEzOTbe9A_enlargement.jpg

紅葉がいい色合いになってきたとの情報をネットで確認して出掛けました。
イチョウやモミジがいい色合いで、黄色や紅く色づいた写真をたくさん撮ってきました。

RFNDMDEzODjf9A_enlargement.jpg

RFNDMDEzNjne8Q_enlargement.jpg

しかし、ここで問題が。
全部で500枚ほど撮影したのですが、終わってから見返すと半分近くの写真が「画像を表示できません」と表示されてカメラで再生できないのです;

RFNDMDEzNjfc7w_enlargement.jpg

RFNDMDEzMjTV5A_enlargement.jpg

「まあ、カメラで見られないだけでPCなら大丈夫だろ」とたかをくくっていたところ、自宅に戻ってPCで開こうとしてもダメ。
どうやら書き込みに失敗しているようです。
思い起こせば、連写したときの2枚目以降がアウトのようです。
4GBのSDHCをCF型アダプを使って挿しているので、その組み合わせのどこかに問題があるのでしょう。
今後はこの組み合わせは封印いたします(笑

RFNDMDE0MjPV5g_enlargement.jpg

RFNDMDEzMDHQ3Q_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/11/30 Sun 07:20 日記・時事・業界
ポメラ。pomera。
テキストファイルの作成に特化した「メモ帳」マシンですが、これがとても良い感じです。
ぱっと起動でき、
ぱっと片付けられる。これ最強。
巷では5万円PCなどが流行していますが、
あえてこちらに手を出したのは、私的には正解でした。
で、この文章はポメラで書いてます(笑

このポメラ、発売以来大人気らしく、大手家電店やネットショップでは軒並み品切れという状況になっています。ヨドバシカメラも「大変人気の商品になっておりまして、入荷は年明けになる見込みです」と言っていました。
が、私はネットショップで即納のお店を見つけ、納期2日でゲットしました。
「ポメラ難民」の皆さん、今狙うなら家電量販店ではなく「文具店」へ行ってみましょう。
発売元はキングジム。文具専業のメーカーです。流通も文具問屋主体かと推察します。実際私はたまたまそれで手に入れることができました。値段も普通でしたし、色も選べましたよ。

そんなわけで使い倒しているわけなのですが、気づいた点を、いくつか。

●入力は噂通りの軽快さ
 →キーボードは必要十分なサイズです。
  バックスペースキーが小さいからどうかな、
  とも思ったのですが、慣れれば何のことはない、
  サクサク使えます。

●ちょっと分厚いかな
 →背広の裏ポケットに入れるのはビミョウかも。
  ただ、私の使い方ではこの外形寸法で何の不満もありません。

●ネットにつながらないのが惜しい、の指摘はナンセンス
 →使っていて思うのですが、ネットにつながらないのが×、とは思えません。
 そういう人はスマートフォンとか使えばいいわけで。
 快適な入力環境と可搬性との両立、がこの機械の意図するところなわけですから。
メーラー搭載して打ち込んだテキストを直接送信・・・いらないと思います。
ウェブを閲覧して文章を参照・引用・・・最初からパソコン使えばいいじゃないですか(笑
真面目に言うと、他人の文章を引っ張ってばかりの文章を作ろう、と考える人がこのツールを欲しがるとは思えません。
あくまでも創作意欲を刺激するツールであると思います。つくづく。

●バックスペース長押し時のカーソル移動(文字消去)がちょい遅い
 →これは主観だからなあ。ちょうどいい、って人もいるかもしれないしなあ。

●タイムスタンプ機能は秀逸
 →「F2」を押したら「2008/11/28 16:46」てな具合に挿入してくれる機能です。
これは便利です。

●暗所では使えない
 →バックライト非装備、というのは惜しいと思いました。
 電池の寿命を長く取るため、というのは分からないでもないですが、オンオフできればすむ話のような気もします。

ここまでで1100文字。
ポメラではひとつのテキストファイルの文字数が8000文字と制約があります。
もちろん分割して書けばいいだけの話なので不満点でも何でもないのですが、意外にあっけなく8000文字に到達しそうです。
(と、これで1220文字)

さて、こいつはどんな時に役に立ってくれるのか。
旅先でちょっと休憩にカフェとかに入り、紅茶を注文しておもむろにこいつを取り出し、その時々の考えごとを文章に残しておく、というような用途が浮かびました。
巷のユーザーブログをあたってみても、そのような使い方をしている方が多いようです。
カフェのテーブルにコーヒーと開いたポメラ、という写真をいったい何度見たことか。
やっぱりそうするよね。私もそうするつもり(笑

いやこれ、本当にいいですよ。
理想のツールに出会えた気持ちです。

RFNDMDE2NjTc9Q_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/11/13 Thu 07:10 ソニーα
新宿西口~南口の広大なエリアで行われるイルミネーションイベントです。
西口の「小田急エリア」は12月25日まで、
南口の「JR・高島屋エリア」は2月15日まで行われます。
エリアが広く、それぞれに特徴がありますが、
今回は後者、南口の写真を掲載します。

RFNDMDA5Mzfe9w_enlargement.jpg

RFNDMDA5NTDZ9A_enlargement.jpg

今年も青白LEDが主流でした。
JR東日本本社前名物のペンギンも、昨年はグリーンでしたが、今年はブルーに彩られています。
高島屋の方は変わらずですね。
オブジェも昨年と同じだと思います。

RFNDMDA5NDXd9w_enlargement.jpg

RFNDMDA5NDnh-w_enlargement_20100224071514.jpg

双方とも大変な人出でした。
今週から首都圏は急激に冷え込んでいますので、
それなりに雰囲気も出てきています。
いよいよ本番!といった感じです。

RFNDMDA5NTbf-g_enlargement.jpg

RFNDMDA5NTXe-Q_enlargement.jpg

余談ですが、ソニーのデジイチを持っている人を見かけません。
テキトーに数えてもニコンが半数、キヤノンはそれより少ない。
ペンタックス・オリンパス・ソニーはほんとに見かけません。
あと、コンパクトデジカメもあまり見かけませんね。
昨年まではもっと多かったように思いますが、今年は携帯が圧倒的に多い。
携帯電話カメラの素子が高画素化して、コンパクトデジカメとの境界線が曖昧になりつつあるとは聞いていましたが、
生粋の「カメラ」が減っているように見えるのは、なんだか寂しいですね。

RFNDMDA5NTni_Q_enlargement.jpg

RFNDMDA5NTjh_A_enlargement_20100224071513.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/11/12 Wed 07:08 日記・時事・業界
今回は写真無しです。

pomeraというツールが、発売されていました。
ヨドバシへ行って初めて見ました。
11月10日に発売されたそうです。
発売元はキングジム、そう、あの「テプラ」でおなじみの会社です。

キングジムのホームページ

この「pomera」とはどういったものか。
平たく言えば、テキストエディタです。
機能といえば、テキストファイルを打てる。ただ、それだけ。
ネットにもつながりませんし、画像や音楽、動画再生も不可能。完全に「.txt」に特化。

しかし、私はこれが無性に欲しいのです。
ヨドバシ価格で2万5千円程度。
私は今月「α900不況」に見舞われていますので、給料日待ちでゲットしたいところです。

今時文字を打つだけのツールが何故そんなに欲しいのか。
この「pomera」、相当私の物欲を刺激してくれるスペックなのです。

●乾電池で駆動
 →旅先でも不自由しません。DSやPSPはACアダプターが必要ですが、これには不要。
●小さい
 →ポケットに入る小ささ。370gは伊達じゃありません。
●キーボードがノートPC並み
 →両手親指だけでちまちま打ち込むようなマシンでは、役に立ちません。
  pomeraのキーボードは、ブラインドタッチが可能です。
  思考の速さでキーが打てるのは、この上ない強みですね。


私の「ポータブルマシン」歴は、まさに「快適に入力できる小型テキストエディタ」探しの歴史でもありました。
古くはリブレットやウルトラマンPCに始まり、vaioC1、LINUXザウルス等々渡り歩き、
PSPで何とかならぬものかとフリーソフトをあさったり、
DSで何とかならぬものかとヨドバシ詣でをしたりしましたが、
ついにでました。我が理想のツールです。

さて、どうしてこれが「写真ブログ」の記事になり得るのか。
もちろん、用途が「ブログの記事を書く」ことに使えるからです。
旅先で写真を撮りまくり、ちょっと休憩で腰掛ける。
そんな合間合間に、その時の感動を「思考の速さで」文章にしておけるというのは、
私の長年(?)の夢であったのです。

というわけで、これを買ったらもう少しブログの文章も長めに作れるかなと思っている今日この頃。
給料日が待ち遠しく思うしだいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/11/11 Tue 23:00 日記・時事・業界
α900で撮りまくっている私ですが、
LX3も実は常に持ち歩いております。
望遠はα900、広角はLX3。
じっくりはα900、さくさくはLX3。
使い分けがしっかりくっきりできている感じです。
前エントリ「α900@新宿御苑」最後のα900自体の写真は、LX3で撮りました。

UDEwMTAzMDas4g_enlargement.jpg

UDEwMTAyOTe18g_enlargement.jpg

で、新宿御苑を出て、新宿駅まで歩いた時の写真が今回のエントリです。
α900ではレンズを向けるのに気後れするような局面でも、LX3ならさくさく撮れます。
先日のエントリ「スナップショットとは」で触れたくて触れられなかった一言ですが、
どう考えても、コンパクト機の方が向いているような気がするのです;
まあ、好き好きなのですが。

UDEwMTAzNDmz7Q_enlargement.jpg

UDEwMTAzNDSu6A_enlargement.jpg

今回ちょっと掲載した新宿のクリスマスイルミネーションについては、
α900でも撮っていますので、
後々別エントリにまとめることにいたします。

UDEwMTAzMzOs5Q_enlargement.jpg

UDEwMTAzMzKr5A_enlargement.jpg

UDEwMTAzMTGo3w_enlargement.jpg

UDEwMTAzMjOr4w_enlargement.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/11/11 Tue 22:31 ソニーα
私は、新宿御苑があまり好きではありませんでした。
理由は簡単、いつ行っても混雑しているからです。
ひどい(?)時など、芝生は足の踏み場も無いぐらい混雑しています。
立地からして仕方がないことではあるのですが。

RFNDMDEwNjPV4g_enlargement.jpg

RFNDMDEwNTbX4w_enlargement.jpg

UDEwMTAyOTGv7A_enlargement.jpg

とはいえ、
私は新宿御苑に「日曜祝日」にしか行ったことがありませんでした。
混雑はそれ故のことだったのか、それとも曜日を問わぬのか。それも知りたいと思っていましたが、
今回はじめて「平日」に出掛けてみて、考え方が変わりました。
前言は撤回することになります。
新宿御苑、いいですね。
今更もいいとこですがw

RFNDMDExMTDO2A_enlargement.jpg

RFNDMDExNDbX5A_enlargement.jpg

RFNDMDEwNjja5w_enlargement.jpg

新宿御苑では今、菊の展示会が行われていて、それ目当ての観光客も多いようでした。
ここに行くなら平日ですね。つくづく思い知りました。

RFNDMDExMzDQ3A_enlargement.jpg

RFNDMDExMTPR2w_enlargement.jpg

RFNDMDExMjjX4g_enlargement.jpg

RFNDMDExMTbU3g_enlargement.jpg

RFNDMDEwNznc6g_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/11/09 Sun 22:28 ソニーα
今日も「αセミナー」を受講してきました。
スナップ撮影の講義です。

RFNDMDA5OTbjAw_enlargement.jpg

RFNDMDEwMjfV3g_enlargement.jpg

私はスナップ撮影とは街角をてくてく歩きながらふと目に留まったものを撮っていくものだ、という認識でいます。
今日の講義によるとその大意に誤りはありませんでしたが、さらに別の意図も含まれ得る、とのことでした。
とりわけ、
「技術はさておき、視点が大事」
「今は面白く感じられなくても、5年後・10年後に見ると面白味が出る」
前者は被写体を選ばないスナップショットの本質を、
後者は時代を切り取るスナップショットの使命を、
それぞれ象徴しているように思えました。

RFNDMDEwNDXV4A_enlargement.jpg

RFNDMDEwNDfX4g_enlargement.jpg

私のスナップショットは人を撮るのに気後れしているので総じて面白味に欠けたものが多いですが、
5年後か10年後には再評価されるに違いありません(笑

RFNDMDEwMzbV3w_enlargement.jpg

毎度思うのですが、
ソニーのαセミナー、もう少し踏み込んだところまで講義があってもいいように思います。
絞りとは何ぞや?みたいな内容ももちろん重要なのですが、
「素人にとっては数少ないプロカメラマンと接することが出来る機会」なのですから、
プロのノウハウを吸収できるようなセミナーが良いように思うのですが。
今回の講師は坂口恵さん、女性のプロカメラマンと話す機会を得たのは貴重でした。
参加者がもう少し踏み込んで講師の先生と話が出来る環境があればいいなあと思いました。

RFNDMDEwMzXU3g_enlargement.jpg

RFNDMDEwMzTT3Q_enlargement.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/11/09 Sun 22:10 ソニーα
ハイホー、ハイホー♪
月並みですけど見渡す景色最高でしょ♪
意外とお手軽にLaLa空中散歩♪

末永華子さんによるとても印象的なCMが頻繁に流れたのは、昨年のことでしたか。

RFNDMDA4NTTc9Q_enlargement.jpg

東京タワーは、私を含めた「非東京人」の多くにとって、
「最初に訪れた、東京の観光地」であったはずです。
私が初めて東京タワーに上ったのは20年以上前になると思うのですが、
当時は都営大江戸線など無論存在せず、
駅からとにかく遠く、延々と歩いた記憶があります。
都心中心部にあり、東京第一の観光地でありながら、最寄り駅に恵まれなかった陸の孤島、
それが私の「東京タワー」のイメージです。

RFNDMDA4Nzji_Q_enlargement.jpg

で、そんな東京タワーのクリスマスイルミネーション。
東京タワーの足元で行われている名物イルミネーションです。
タワー自身のライトアップをあわせると、
派手さは相当なものです。
写真でも、東京タワーのオレンジ色をどこかに写しこもうと試みています。

RFNDMDA4Njni_A_enlargement.jpg

RFNDMDA4NjPc9g_enlargement.jpg

毎度おなじみせっせと写真を撮っていた私に、
「すみません、写真撮ってもらえますか」と学生さんらしき女の子2人が声を掛けてきました。

私はひとりで写真を撮りに行くことを常としていますし、それはクリスマスイルミネーションでも変わりません。
当然といいますか、現地ではさまざまな人たちに「ちょっとシャッター押してくれ」と頼まれます。
そんな時、ケースバイケースではありますが、ちょっと戯れてみたりします。
以前に遭遇したケースとしては、

カップルと思しき若い2人連れに声を掛けられ、カメラを構えることになった。
2人はベンチに座り、カメラに向かってしゃきっと背筋を伸ばすのだけれども、
何だかぎこちない。
私にはすぐ理由が分かった。2人の間に微妙な隙間があるのだ。くっついて座ろうとしない。
その理由もすぐ察しがついた。
2人の関係は、「お付き合いを始めて間もない」か、「お付き合いに至る以前の友達段階」なのだろう。傍から見ても他人行儀なのだ。
だから、私はそ知らぬふりをして「もっとくっついて」と、両手でジェスチャーをする。
二人ははにかみながら、でも意を決したかのごとくぴったり密着する。
そこで、はい、ソニー。
写真の出来はともかく、まあ、感謝はされる立ち回りですw

RFNDMDA4NTnh-g_enlargement.jpg

で、今回は、学生さん、もしくは社会人になりたてぐらいの女の子2人組でした。
持っていたカメラは、LUMIXとFinePIX。
2人のカメラをかわるがわる受け取ってシャッターを押してあげました。
カメラで写真を確認してうれしがっている2人。
とても喜んでくれて、性格の良さがこちらにも伝わってきました。
なので、こちらから提案してみました。
「もう少し雰囲気の違う写真をとってみませんか?」
ちょうど手元で持っていた機材が、α900とPlanar85mmZA。
クリスマスイルミネーションのポートレート撮影には贅沢とも言える組み合わせ。
一眼レフはプチブームを迎えているとはいえ、まだまだ高級機材のイメージが高く、
女の子2人は「そんな本格的なカメラで」と喜んでくれています。
2人のカメラからSDカードを借り、CFアダプターを使ってα900に取り付ける。
2人並んで、はい、ソニー。
コンパクト機とフルサイズの、この場合の最大の違いは「ボケ加減」です。
背景を綺麗にぼかして、出来上がり。
2人にSDカードを返して、「ありがとうございました」と言って別れました。
正直、急な思いつきでやったことなので、構図もデタラメだったし手ブレもしていたかもしれません。
が、これは面白いですね。良い経験でした。
自分から言い出したこととはいえ、急にポートレートを撮らなくてはならない状況に自分を立たせる。
撮影ポイント探しから初対面のモデルの表情をほぐすための気遣いまで、いい練習です。
相手のメモリーカードを借り受けてそれで写真を撮るのですから、私の手元にデータは残りません。
が、これは今年のイルミネーション撮影で、機会があったらまた試してみたいです。

RFNDMDA4NzPd-A_enlargement.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/11/08 Sat 22:04 ソニーα
今日はお台場へ行ってきました。
ソニーのαセミナー「夕景から夜景の街を撮る!」というのに参加してきました。
昨年は「クリスマスの街並み撮影セミナー」というのに参加し、とても楽しい思いをできましたので、
今回のセミナーも楽しみにしていました。

RFNDMDA2NzDY7w_enlargement.jpg

RFNDMDA2ODDZ8Q_enlargement.jpg

参加者は私を含めて7名。
若い夫婦が2組、
若い女性が1名、
30代の男性が2名(私を含む)
という構成で、
α900、700、350(or300)、200、100(!)と、
ソニー機が一通り勢揃いしておりました。

RFNDMDA3MTfa7Q_enlargement.jpg

藤城一朗さんが講師だったのですが、
とても気さくな方で、お話をゆっくりうかがうことができました。
印象に残っている言葉は
「デジタル時代の写真は、後で(加工という意味で)利用するためのデータを作る作業と言える」というものでした。

RFNDMDA3MTXY6w_enlargement.jpg

確かに、色合いや明るさなど、後で加工できるのがデジタルの強みです。
が、だからこそ、構図や被写体、ボケ具合などは写真を撮る時にしっかり決めるべきことだと思います。
余談ですが、当サイトに掲載している写真(というか私が撮った写真)は、ほとんど全てがJPEG撮って出しのものです。
後で色合いを調整するなどということも皆無です。すべて現場で決めてます。
ですから、結果として失敗写真を大量生産することにもなっています。
でも、それが写真の難しさであり、楽しさなのだと思っています。
いずれRAW現像などにも手を出すのかもしれませんが、私はまだその手前の段階にいます。

RFNDMDA3OTTf-g_enlargement.jpg

今回は残念なことがひとつ。
参加者がめいめいに撮った写真をみんなで見て、講師の先生に講評していただくというのが
ありませんでした。
私がセミナーに参加した目的に、「同じ環境を与えられたもの同士でありながら切り口が異なる」のを見たい、というものがあったのですが、
今回それは叶えられませんでした。
会場でアンケートにも書きましたが、
これはソニーに是非改善していただきたいと思います。

RFNDMDA3NjHZ8Q_enlargement_20100222220647.jpg

RFNDMDA3NTTb8g_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事