ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「M_ZUIKO_DIGITAL_45mm_F1.8」
2013/11/02 Sat 15:00 マイクロフォーサーズ
前回に続き、スカイツリーのクリスマスイルミネーション初日に行ってきたことを書きます。
持ち出したカメラは「PEN E-P5」、レンズは「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」の2本という、
私としてはきわめて軽い装備でしたが、この組み合わせは悪くないですね。戦えました。
通常時は17mmで撮り歩き、スポット的に45mmに入れ替えるような使い方でしたが、これは現場の状況次第で逆になることもあるでしょう。
前回は17mmで撮り歩いた写真を掲載しました。今回は45mmで掲載した写真を載せてまいります。

スカイツリータウンと言えばやはりこれ、スカイツリーであります。当たり前か。
緑色のライトアップはクリスマスツリーをイメージしたものらしく、日時によっては赤などの色にも変わるようです。
スカイツリーにピントを合わせ、手前のイルミネーションをボケさせる手法で撮った写真をここから3連続で載せます。
この写真は「小」と名づけてみます。
EP510509

この写真は「中」と名づけてみます。
EP510516

この写真は「大」と名づけてみます。
EP510515

前ボケの大きさで「小」「中」「大」としてみたわけですが、比べてみるといかがでしょうか。
イルミネーションの光源の大きさは同じですので、カメラからの距離でボケの大きさをコントロールするわけですが、
ボケが小さいと地味ですし、大きいと「やりすぎ」に思えます。
色々動いて最適なポジションを見つける、ああでもないこうでもないと考えながら撮るのも楽しいものです。
私は時々独り言をつぶやきながら撮る癖がありまして、
例えば1/2秒などをぶらさないようにジッと構えて撮る時に「頑張れ」とつぶやき自分を鼓舞しながらシャッターを切ったりしますw
撮影の現場では懇意にしてくださっているカメラマンの方から「お前α使ってる時よく呻き声や悲鳴あげてるよな」と言われまして、
そうなんだよなあ、αは本番途中でカメラエラー起こすからプロは安心して使えないのよなあ、と思ったりしました。
まあ、αの話は(経験談ですが)余談です。
書きたかったことは「自分で動いて活路を見出す」ということですね。今更ですがw

カメラ女子。キヤノンかニコンか、まあとにかく一眼レフです。
一般論として女性がカメラで写真を撮るには(光学・電子の別なく)ファインダーを使用していては苦労が多いようです。
化粧がどうこう、という話ですね。うちのママも「ああ、それは気にするかもね」だそうです。
私はOM-Dを使っていても背面液晶で撮ることが多い(というかプライベートではファインダーはほとんど使わない)のですが、
これはOM-Dユーザーからしたらかなり異端なのではないでしょうか。
まあ少数派な俺カコイイ!アピールなんですけれども(笑)
もっと言いますと「OM-DでEVF使わないのはダサい、格好悪い」という風潮があるかもしれません。知りませんが。
ミラーレスが女性に馴染んだのは小型軽量安価の他に「背面液晶で撮るのが当たり前」というスタイルも影響しているかもしれません。
その上で一眼レフを構えて撮るカメラ女子さんには素直に敬意を払いましょう。
EP510513

作品名「雪原と樹」と名づけてみます。
状況説明よりも色形を重視して抽象的に撮る、この手の写真を私は撮り慣れておりません。
自分で撮った写真ですから思い入れもありますが、10年後に見返して何を思うか?と考えると微妙ですね。
ただ、この写真自体の出来はともかく「この類の写真を見たい」というニーズはあるようですので機会があれば挑戦してみます。
EP510517

上の写真と同じところで撮ったものです。
この程度の状況説明を入れた写真を、何か感想を交えて紹介する。
これが当ブログの本来の趣旨でありまして、私の撮影スタイルでもあります。これもまた作風ということになるのでしょうか。
EP510518

クリスマスマーケットはこんな雰囲気です。ビールとかホットカルアミルクとかオニオングラタンスープとか。
カメラを高く掲げて撮ったのですが通りがかりの人物に対して露骨にピントが行っていたのでそこだけボカシを入れました。
EP510495

今回はこの辺で。
最近は電車から降りずに通過しがちだったスカイツリーに久しぶりに行けて良かったです。
いちばん上の写真のようなシチュエーションを、赤いライトアップの時に撮ってみたい!
という欲求もありますので、ぜひまた撮りに行きたいと思います。
EP510510

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事