ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「M.ZUIKO_DIGITAL_ED_60mm_F2.8」
2100-1400.jpg

「figma 艦これ 吹雪 Animation ver.」当ブログ初登場!

可動式フィギュアシリーズ「figma」、艦これアニメから主人公「吹雪ちゃん」登場、という記事です。 前回に続き、2回連続、今回までとなります。 世間的には評判があまりよろしくない「アニメ艦これ」ですが私は楽しく見ていたクチでありまして、 その主人公でありますから、これはもう積み上がったfigmaの箱の中から優先開封!となったわけであります。 積読状態になっているfigmaからは、また気分に従って登場してもらいますけど。 しぶりんとか。しぶりん?しぶりんって誰や?
figma 吹雪 Animation ver.

今回の吹雪ちゃんは戦闘モードですぞ

前回の記事での吹雪は、にこにこ笑顔とかそういう表情パーツを使用して「普通の女の子感」を採り上げてみました。 今回は艦娘の本領と言うべきか、戦う姿をフィーチャリングしてみます。 キリッとした表情も凛々しいですなー EM598486 これは設定上の吹雪というよりはfigmaの特徴なのかもしれませんが、スタイルが良いです。 上半身よりも下半身、具体的には膝ですかね。膝で遊ぶ、ぐらいの感覚でポーズをつけていきます。 EM598491 艤装(艦船の装備。軍艦なら兵装も指す)を取り付けてみました。ランドセルのように背負わせます。 艦娘の本分は戦闘ですからこれを背負わせるのがデフォルト、なのかもしれません。 個人的には無い方がいいかな。艦これの意味無いですね。すみません(笑 EM598485 アニメ艦これでは艦娘は出撃の際、海の上を滑るように進んでいました。スケートみたいな感じかな。 その雰囲気をあらわしたいと思ったのですが、おぼろげなイメージだけで再現するのはなかなか難しいものですね。 EM598493 冒頭の「文字を入れて見出し画像にする」という目的のために撮った、 だけど採用しなかった、ボツテイクです。 文字を入れる予定のところは大きく空けておく、広告あるあるネタですよね。 余談ながら記事トップの画像の話になりますけれども、 前回の吹雪ちゃんのトップ画像と対照にするために、出来はともかく構図なんかは計算しました。 個人的には「前編記事でキリッと表情、後編記事で柔らかい表情」の方がしっくりくる気はしたんですけど、 作り直しが面倒くさい作り始めたものを無碍にもできず、結局「前編で笑顔、後編でキリッと」させてしまいました(笑 EM598488 ずっと「キリッとした表情」ばかり載せてきましたので、最後はこんな感じで。 海軍式の敬礼をポーズとして真似るために、資料を見ながらちょっと苦労しました(笑 EM598490

今回はこの辺で

というわけで全2回シリーズでお送りしました「figma 吹雪」いかがでしたでしょうか。 不評だったアニメ版ベースとはいえ立派に「艦これ」ですから軒並み完売、量販店ではもう手に入らないと思います。 今から手に入れようと思ったら、ちょっと高めのネットショップや中古店を回るしかないんでしょうね。 それで思い出した! figmaやキューポッシュとは違うのですが、「これは欲しい」というフィギュアが(私としては珍しく)あったもので、 また秋葉原を彷徨わなくてはならないのであります。 まあそのことは別の話。 次回はまた別のネタでまいります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
test12.jpg

「figma 艦これ 吹雪 Animation ver.」当ブログ初登場!

久し振りのフィギュア関連記事となります。 figma(フィグマ)という、関節が可動するフィギュアシリーズ、私もぼちぼちコレクションしておりますけれども、 「艦これ」から「吹雪」が登場、しかもアニメーションバージョンだということで、速攻ゲットしたのでありました。 5月末だったかな?少し前に手に入れていましたが、開封は遅れに遅れてこの時期までずれ込んだという(笑
figma 吹雪 Animation ver.

艦これアニメを擁護する

「艦これ」はもともとPC用ブラウザゲームで、そこから派生する形でテレビアニメーション化され、2015年1月から放映されました。 私自身はすでにゲームをプレイしなくなって数年経ちますが、興味を失ったわけではなく、 艦これアニメも縁あって全話見ました。 現役のプレイヤーからは艦これアニメはあんまり評判がよろしくないのです。 二次創作におもねり過ぎる、とか色々あるみたいです。 ですが、私個人的には楽しみに見ていましたよ。 確かにちょっとお話が「?」ということもありましたけど、その点私は「良くも悪くも思い入れが少ない状態で」見ましたので、 許容範囲でした。 この記事を書く際、下調べしていて初めて知ったのですが、艦これアニメ、映画にもなるんですね。 「艦これアニメオフィシャルサイト」を見に行って驚きました。てかTV版は無かったことになってるのか?(笑
アニメ「艦隊これくしょん -艦これ-」公式サイト
私はアニメ版のキャラクターも魅力的だなと思って見ていましたので、 今回の「吹雪」も全然OKでございます。 吹雪ちゃん! P1020846

開封してひとまわり撮ってみる

機材の話を少しだけ。 使用したカメラはパナソニック「LUMIX GX8」、レンズはオリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8」です。 細かいものを縦位置で、ファインダーを覗かずに撮る。そういう時にはやっぱりバリアングルモニターが便利ですね。 街撮りではチルト派の私も、その価値は当然認めます。ケースバイケースですわ。 カメラはともかく、照明がちょっと強すぎました。普段人を撮るのに使うやつで、距離を考えずに撮ってしまった。 面倒だと思った自分を反省。撮り直さず掲載して、ネタにしています。 P1020838 figmaシリーズは、とても種類が多い上にリリースペースも速く、追いかけるのが大変です。 ですから私はfigmaをコレクションする際にひとつのルールを課しておりまして。 「学生服を着用したキャラクター」に限定する、ということであります。 決してミニスカートを撮りたいわけじゃないぞ! P1020847 でも、2枚続けると説得力が無いですね(笑 関節のジョイントが露骨なので造型としてはポーズ固定のフィギュアに一歩譲りますが、 そんな中でこのお尻が妙にリアルだったもので。何を撮っているんだ私は P1020848 表情パーツはつごう3つ、あと、艦娘ですので艤装(艦船の装備)パーツも付いてきました。 次回以降で「figma吹雪」を採り上げる際には、それらをもっと活用した写真を掲載できればと思っています。 今回は、サラリとね。 28850550025_4bcf018245_o

今回はこの辺で

figmaに限らず、キューポッシュでも思っていたことなんですけれども、 艦これは他の作品のキャラクターに比べて、価格設定が強気な気がします。 艤装パーツが大きいからその分高価なのかな?と思っていましたがどうもそれだけではないような。 ああでも、直近で手に入れたアイドルマスターのfigmaもいい値段しましたから、必ずしも艦これがボッタクリというわけではないか。 次回はこの続きになると思います。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事