ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「M.ZUIKO_DIGITAL_17mm_F1.8」
3月の記事の蔵出し、浜離宮編の後編ですよ(笑)
前回はオリンパス「OM-D E-M1」を使用して、私が撮った写真を掲載しました。
後編となる今回は、むしゅめが撮った写真を掲載します。

浜離宮に行きたいと思っていたのは私ですが、せっかくの機会だからこれを持たせてみよう!
と考えて手渡したのがパナソニックGM1。レンズはオリンパスの17mm F1.8をつけました。
普段出掛ける時は私が片時も手放さないカメラに、子供心に興味を持っているのは知っておりました。
ですので、「好きなもの撮ってごらん」とやったわけです。
EM181767

Aモード、ISOオート、AFは中央一点に固定して手渡し、使い方を簡単に説明しました。

撮りたいものを真ん中にしてシャッターボタンを軽く押す
『ぴぴ』と言って真ん中の四角(AFポイントです)が緑色になったらボタンを奥まで押す
あまり近すぎると緑色にならない(合焦しない)から、うまくいかないと思ったらちょっと離れてやり直す

それだけです。あとは好きに使ってごらん、と。
そしたら、やはり最初は花に行くんですね。私がそうしているのを見ているから、かもしれませんが。
P1310653

興味が向くまま、撮りたいものを撮ればいい。
構図やら明るさやら色やら、そんなことは後からでいい。楽しむのが最優先です。
P1310533

使い方に慣れてきたら自分なりにアレンジを考えるのですね。趣味を深める第2ステップというのでしょうか。
「斜め撮り教えてあげる!」だそうです。
ここまで思い切って斜めにされるとかえって斬新ですね(笑
P1310598

こういうのを咄嗟に作ろうというのが、やはり子供ならではの感覚なのでしょうね。
私には新鮮です。
迷惑をかけない範囲で「そこにあるものをちょっとアレンジする」というのはしばしば使われる手法です。
公園のベンチに落ち葉を1枚置く、とか。
P1310624

これは綺麗にピントが合ってる!
1つのシーンでバシャバシャシャッターを切っていますので、その中から当たりを探し出しました。
同じ所で何枚も撮る、というのもセオリーであります。
慣れてくれば徐々にその枚数が減っていき、納得の行く写真を少ない枚数の中に見つけることも可能になります。
P1310691

浜離宮を離れて移動します。カメラは渡したままでした。
カメラを人に向けないように、とだけは伝えておいたのですが(私にそれを言う資格があるかは微妙ですが)、
いろいろ撮ってましたね。
ただ、子供にGM1はちょっと操作が難しいのかな、と感じました。むしろPENやOM-Dの方がいい。
「大きさから考えたらGM1の方が子供が使うのに適している」とも思えますし私も当初そう考えたのですが、
1日試してみてちょっとその考え方を変えました。
GM1はタッチパネルが曲者なのです。
いろいろな操作がタッチパネルに割り振られているため、不要なところで触ってしまい、誤操作が頻発しました。
大人なら「パネルに触れないように」とか「触れてしまったら、元に戻す」とか出来ますが、いきなり子供がそれは無理。
1ボタン1機能の操作方式が良いです。実際後日PENを渡したら誤操作も無く使っている様子でした。
P1310741

今回はこの辺で。
初めてカメラを持った、ぐらいのウルトラビギナーを相手に下手なウンチクなど不要、
楽しいのだ、ということを身をもって体験してもらうことが何より大事なのであります。

第一の趣味、とまでは言わないまでも、カメラに慣れてくれればいいなあ。
周囲に引っ張られる形で興味を持つ、ということもあるような気がします。
言い換えれば、一緒に取り組むという雰囲気が後押しするという事が、カメラに限らずどんな事にも言えるのでしょうね。
大人に置き換えれば、同好の士を探すとか、発表する場を作るとか。
承認欲求を満たす、という言い方が適切かは分かりませんが、
どこかで「手応え」を感じる、というのが、より深くのめり込んでいくための条件なのではないでしょうか。

次回は別のネタでまいります。
またぜひお越しください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
みんなー!動画のじっかんっだよー!
ハギヤ整形!ピューーーーピューーピューピューーーーチャンチャンチャン
泉の広場上ル!ハギヤ整形!ハギヤ整形!

というわけで動画の時間の時間がやってまいりました。
またまたしばらく日数があいてしまいまして動画ネタはこのままフェードアウトしていくのかと思いきや!
またちゃっかりしっかり週イチペースで?いやそれが追いつかなくても地道に更新を目指していきます。

今回は街角動画シリーズです。上野駅に隣接する巨大歩道橋の上から撮ったものをつなぎ合わせています。
製作時間はまさかの20分(笑)まあ、選曲もすんなりいって映像の調整も必要なく(後述)、細やかな技術も使っていません。
ぶった切って、つなぎあわせただけの動画。
ともかくまずは動画からご覧いただきたく思います。
PCでの閲覧の際には、よろしければ画質を「1080p」にしてみてください。

街角動画 #15 OM-D E-M1 version 2.0 (スマートフォンの方はこちらの文字リンクからもご覧いただけます)


●封印してきたアートフィルター動画

ここ数回書いてきた「OM-D E-M1 ファームウェア2.0」では、実に多くの新機能。操作改善が取り入れられました。
そんな中でオリンパス自慢の「アートフィルター」も新たに2種追加されました。
すなわち「ヴィンテージ」「パートカラー」でして、その概要については前々回・前回と触れてきた通りです。

アートフィルターは写真だけではなく動画にも適用させることができますので、
さっそく試した結果「これはけっこう相性が良いのではないか」と思うに至りました。

これまでは「アートフィルター動画」を作る作ると言っておきながら手を付けなかったのですが、
今後は「ヴィンテージ」「パートカラー」を中心に、アートフィルター動画の出番がありそうです。
従来のアートフィルターの中にも、もちろん動画と相性が良いと思われる効果がいくつもありますが、
今回のふたつはそれらと比較しても「動画との相性が良い」と感じました。
EP570384

●「アートフィルター・ヴィンテージ」でグレーディング要らず

前々回の記事で「ヴィンテージについては使いドコロに迷っている」というようなことを書きました。
写真については今でもそう思っています。シチュエーションを選びそう。
ですが、動画では使い道がありますね。上の動画でもセピア調のカットに「こういう映像よく見るよな」と思われませんでしたか?
古い映画のようにコマを抜き取ってカクカク気味にさせた映像も味があって良いなあと思いました。
また「ヴィンテージ部分」には、アートフィルターを適用しただけでなく、「オールドフィルム」というエフェクトも加えました。
この「オールドフィルム」という効果は、左右端の光量が落ち、ノイズが乗っかるというものでして、
アートフィルター等を使用するのと同時に映像に掛け合わせることができます。
これが「ヴィンテージ」との相性が超絶良いのです。
この手の映像を作る際、もはやパソコンで重たい処理をせずに済みます。
え?カメラお仕着せの効果ではオリジナリティが無いって?
PCでもこの手の作業はプラグインで一発処理してるんだから、やってることは一緒です(笑
P9160309

●「アートフィルター・パートカラー」は、ぼかして撮るのも、ええで(文枝師匠調で)


今回の動画の冒頭部分は、上野駅、マルイ前の横断歩道を見下ろして撮ったものです。
「パートカラー」で色は赤を指定、MFで思いっきりピントをずらし、ボケ量を大きくして撮りました。
もっと大きくボカすことも可能ではありましたが、何が映っているか何となく分かる、ぐらいの大きさに留めたつもりです。
以前に「高層ビルのてっぺんの赤いライト(名前知らない)」を狙ってパートカラーで撮った時に、
赤いライトが小さくて、「モノクロで、高層ビルのてっぺんだけ赤くポツポツと光る」を期待したはずが微妙な出来だったことがあります。
後日似た状況で試した時に「これ、ボカしたら(=小さな点光源の色を、大きく広げる)いいのでは?」と思い、
以後パートカラーでは事あるごとに試すようにはしていました。
が、写真では全体が丸いボケだけで構成されるわけで、これは抽象的すぎるなあ、とも思っていて、解決策を模索していたのです。
そして今回初めて試してみたのが動画です。私としては期待通りの映像になりました。丸いボケが動くこと動くこと(笑
カラーでは時折見かける映像でもありますが、モノクロベースで2色のボケがヌルヌル動く様子が、
シンプルな分動きに目が行くものですから、私にとっては新鮮でした。
この効果は別の機会でも使ってみることにします。
P9160319

今回はこの辺で。
頑張って掲載していきますので、動画もぜひご覧いただければと思います。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EP560379

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/04/11 Fri 17:00 マイクロフォーサーズ
久々のマイクロフォーサーズ関連記事となります。
島風以来かな?2週間経っていないんですね。
例のプールや結婚式と、ここ半月ほどのネタですべてαを使用していましたので久しぶりに思えますが、
一方で自宅ではバリバリ使っていたりします。
そのあたりのネタもまた近いうちに掲載していければいいなあと思っていますが今回はとりあえず。
仕事の合間に、浅草寺まで行ってみました。ええ、とてもいい天気でしたので、思わず。
この1枚だけ「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」です。
EM101309

ここから下の写真はすべて「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2」を使用しています。
今年はソメイヨシノの見頃が少なかったですね。
週末まで持つだろう、と思われていた矢先に冷たい雨と強い風があり、南関東のソメイヨシノは勢いを失いました。
まあいいや、それもまた風流であります。また来年を楽しみに。
で、代わって八重桜がピークを迎えようとしています。
八重桜とは品種名ではなく「ところどころに固まって咲く桜の総称」なのだそうですね。
例えばこんな感じで咲いている桜です。
EM101280

私が行った時間帯は例によって夕方、浅草寺の周囲は高層ビルが少ないですので西日が綺麗に当たります。
EM101310

逆に西日を背にして明るく撮ってみます。
コントラストを上げて塔の赤色を派手にします(笑)
何となく春っぽい印象に見えませんか?まあ春なんですけど。
EM101320

この日の浅草寺は、いつにも増して外国人が多いように思いました。てゆうか、外国人のほうが多いですね。
英語の人って、キレイな景色を見たら本当に「Oh! Fantastic!」って言うんですね。
EM101347

上で掲載した塔の写真が私としてはけっこう気に入っているもので、
同じ構図でこんどは宝蔵門を撮ってみました。
EM101330

上の写真で、もっと全体をピンクにできないか?
というわけで、さらに一歩花に近づいて撮りました。
EM101335

私が想定した写真とは違う雰囲気に撮れたのですが、せっかくなので晒しておきます。
強い西日が「ノボリ・ポスト・自転車」にスポットライトのように当たる、と想定したのですが、
向こう側が思いの外明るかった、結果裏通りの「うっそうとしたイメージ」ではなくなっている、という。
モノクロで撮れば、あるいはPCを使ってモノクロ変換すればよかったのかもしれませんが、当ブログではそれをしません。
あくまでも現場で試行錯誤したものをそのまま掲載するということです。
EM101327

周囲が商業ビルやマンションですので、こういう写真で雰囲気を出そうと思うと構図でちょっと考える必要がありますね。
ボケ量と構図で向こう側に建っているビルの自己主張を抑えこんでいるわけです。
EM101352

今回はこの辺で。今回の浅草寺編は前後編に分けません(笑)
自分が好きでやっていることですので愚痴でも何でもないのですが、毎日更新って大変ですね。
せっかく日課にしていることですので、可能な限り続けていこうと思っています。
EM101345

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/11/11 Mon 22:32 マイクロフォーサーズ
11月も中旬に入り、都内各地でクリスマスイルミネーションが本格的に始まりました。

ところで余談から初めて恐縮ですが、ここ数日で「Facebookやってますか」と「Google+やってますか」と尋ねられる機会が何度かありました。
すみません、やっておりません。やる予定もありませんm(_ _)m
ネット上で私個人宛てのやりとりはTwitter主体でお願いできればと思います。

それはともかく。
クリスマスイルミネーション、ここ数年は気合を入れて11月中には都内の主要ポイントを網羅する状況でした。
が、今年はスロースタートです。ゆっくり廻ろうと思っています。
11月に全部見てしまうと、肝心の12月に雰囲気もへったくれもなくなってしまうのです。
ちょっとはクリスマスの雰囲気を味わいたいですよね。クリスマスソングは12月に聴きたいです。
というわけで今回は丸の内ですw
当ブログとしては手垢のついた定番ポイント丸の内、既に10月初頭からイルミネーションが始まっているのですが、
11月に入って「獅童感動」に替わるクリスマスイベントが追加されました。
これがなんとディズニーとのコラボレーションという何ともブログにしづらいものでして(笑)
さて、目をつけられない程度に写真撮影して記事にするにはどうすればいいか。試練の冬であります。

EP590679

使用した機材は「PEN E-P5」と「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」との組み合わせです。
とこかのウェブ記事で「機材はシンプルに、写真のことを考えろ」というのがありましたが、私は基本的に全面的に賛成の立場です。
が、だからと言って機材トークを下賎の行為と見なすような言行は、私は避けようと思います。
現場で「いやーホワイトバランスが上手く行かなくてさー」とか掛け合いながら撮るのは楽しいものですよ。
ケン・ロックウェルもまさかその楽しみまで否定するわけではありますまい。読む側が恣意的に解釈しているのかもしれませんね。
EP590695

丸の内ブリックスクエアに、くまのプーさんをモチーフにしたクリスマスツリーが設置されています。
てっぺんは星型の飾りではなく、ハチミツの壺なんですよね。プーさんファンなら大喜びなのかもしれません。
で、ここでパンパン撮っていますと若い女性グループが次から次へとやってきてキャー綺麗、とやっています。
EP590693

ただ、ブリックスクエアは東京駅からちょっと離れていますのでそれほど混雑しません。平日はスカスカと言ってもいいかも。
ですので私のような撮影目的、ショバ代にちょっとは買い物なり何なりしていこうか~みたいな輩には過ごしやすい場所でもあります。
EP590685

自分の恥を晒すようですが、ここでこの写真を掲載します。TOKIAのド派手な入口の、何のこたぁない平凡な写真です。
が、相変わらず水平が取れていません。この写真も「よしこれで万全!」と思って撮ったものだった、はずでした。
今年の目標に「水平を取れるようになる」と挙げていたのですが今なお道険しであります。
このままですと来年の目標も「水平を取れるようになる」になるのではないかと(ToT)
EP590702

結局こういう写真ばかり撮っているから水平が苦手になるのかもしれません。が、めげずに頑張ります。
EP590705

そういえば昨年ぐらいからこの手のイルミネーションスポットへ行っても、観光客やアベックから
「すみません、ちょっと撮ってください」と頼まれることが激減しました。
数年前ならどこかに行くたびに少なくとも一回は声を掛けられていたのですが、去年も今年もそれがほとんどありません。

私の見解になりますが、従来コンパクトデジカメで撮っていた人たちが一気にスマホに移行したのが影響している、と思っています。
スマホなら自分撮りも簡単にできますから他人に頼る必要がない。これは大きいですね。
せいぜい腕の長さ、という至近距離から撮られるわけですから写真にも迫力がありますよね。
ましてその距離にカメラがあるということは、フレームに収まるためにはふたりはくっつく必要がある。
これ以上のシチュエーションがありますでしょうか!いや、ない!
私がその立場なら他人に撮ってくれとは頼まないね。スマホで自分たちを撮る。おもいっきりほっぺたを寄せてね。
最近はミラーレスでも液晶がパタンとひっくり返って自分撮りできる機種が登場してきていますが、
まだまだ自分撮りミラーレスは普及しているとは言えませんね。ミラーレスでそんな撮り方してるの見たことないw

また、撮影スポットでコンデジを持つ人を見かけることが本当に少なくなりました。
一方であからさまに「写真を撮っている」と分かる人は増えているような感触です。
コンデジ所持は減っている、だけど撮る人は増えている。この差分はミラーレスとスマホで二分している、
いや、スマホの方が多いのではないでしょうか。

スマートフォンは、ケータイ(ガラケー)の時以上に写真を撮るという行為の敷居を下げている。これは間違いない。
その最大の要因は冒頭でちょっと触れた「SNS」の影響でしょう。誰もがアップしているのだと思います。
写真を撮り終えた後、その場でスマホを何やら操作しているのをよく見かけます。Facebookなどに投稿しているのでしょう。
全員が発信者、という世の中なのはどうやら本当のようだ、と実感もしました。

話はさらにずれていきますが、そんな中で私達のような写真をアップするブロガーはどこに居場所を求めるか。
これは難しいですね。中途半端な写真を上げていては「そんな写真スマホでも撮れらぁべらんめえ」
と言われてしまいます。
「スマホのカメラ機能」に対するカメラの優位性とは何なのか、「高画質」と「ボケ表現」か

…と考えるうちは発信力をカメラ頼みにしているのでしょう。
(以下長文を書いていたのですが通して読み返すと更に支離滅裂になっていくことに気付いたため削除)
まあ、この手の話題はまた機会を見てあらためてまとめてみます。

次回も丸の内で記事を書くかもしれません。書かないかもしれません。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/10/31 Thu 22:40 マイクロフォーサーズ
オリンパスから発売中の人気新型デジタルカメラ「OM-D E-M1」関連エントリとなります。
ちょっとお高めの衝動買いではありましたがこれがなかなか良い買い物でして、日夜使い倒しております。
元を取るのに必死だな!w

今回はオリンパスの単焦点「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」で新宿御苑へ出かけた時の写真を掲載します。
台風一過の日曜の昼下がり、と言いますか最近はめっきり日が沈むのが早くなりました。
ちょっと西日を意識してみましたがなにぶん昼間の撮影が苦手なもので、ええ。
じゃあ夜は得意なのかよ!?なんてガチな質問は堪忍していただきたい気分でおります。
EM170367

御苑からも眺めることができる、いわゆるひとつのドコモタワー。
横から日が当たっていますね。午後3時頃だったかと思います。
EM170388

長い影を落としている公園の一角であります。
左端の4本の樹が主役っちゃあ主役でしょうか。
EM170380

枯れ葉の中にカメラを置いて撮りました。
一応液晶で写り具合は確認しながらだったのですが、ピント位置はもう少し良い回答がありますね絶対。
私としては枯れ葉と西日が表現できていれば満足です。
EM170393

この景色を17mm(換算34mm)で構えたところ、ちょっと画角が狭いことに気付きました。
後ろに下がると池の柵が写り込んでしまい雰囲気を損ないます。
ここはプライドを捨てて12mm(我が家のマイクロフォーサーズ最広角)に交換しようとして、自宅に忘れたことに気付きましたw
EM170384

新宿御苑内の温室も見学してきました。
色々興味深い熱帯植物がありましたが、まあここで掲載すべきはやっぱりこれではないかとw
EM170695

とまあ、ざっと見て回ってきました。
新宿御苑にはバラ園もありますよね、そちらにももちろん行ったのですがバラは別のレンズで撮りましたので、
あらためて別エントリで載せていこうと思います。
DSC06925

この17mmが現状では、我が家のマイクロフォーサーズ陣営で使用頻度が最も高いレンズであるような気がします。
趣味で街撮り&夜景・仕事でポートレートと撮っておりますが、ざっくり使用頻度で順位をつけてみますと、

1位:M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
2位:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
3位:LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8
4位:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4

この4本でほとんどの被写体をやっつけているように思います。
使用頻度基準では5位以下は順位をつけられません。同じぐらいだと思います。
それぞれのレンズにそれぞれの思い入れを持って使っておりますので、愛情の注ぎ具合は(ダントツの1位を除いて)平等であります。

ちなみに我が家のαレンズで最も使用頻度の高い(ような気がする)レンズは少し前まではシグマ50でした。
現在は50プラナーが一番頻度が高く、シグマ50は2位になっています。って50mmばっかりやん。
αのレンズにはマイクロフォーサーズとはまた違った思い入れを持っていますので、こちらも愛情を注いでいるつもり。
ボーっとしていて扱いが雑になる時もあり、「お前その置き方は危ないぞ」と注意されることもしばしば(^^;
カメラとレンズは我が身も同様、大切にせねば。と自戒を込めてここで書き残しておきます。

余談ですが稀に「α7はどうすんのよ」と聞かれることがありますが、現状ではスルーの予定です。
来年Aマウントモデルが出そうだ、という噂が流れてきた時点で私はそちらを待つ気満々であります。
私にとってのαとは、やっぱりAマウントなんだと思います。どんなにダメボディを連発しようともw

OM-D E-M1関連エントリについてはまだ続く予定です。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事