ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「LUMIX_G_X_VARIO_12-35mm_F2.8」

夏休みの思い出を写真に残す

P1020033 既に新学期が始まったおうちも多いことと思います。うちもそろそろ秋モードに入らねば。 というわけで夏休み編は今回まで、のつもりです。 あまり外出しなかった中で写真に残していたものをいくつかピックアップして記事にしています。 今回は「イケア」に出掛けた時の写真を掲載してまいります。
イケア・ジャパン 株式会社 - IKEA

ソファダイニングを探してます

ダイニングセットよりちょっと低めの、ソファー感覚で座れるんだけどダイニングにも使える、みたいなのを探しておりまして。 最有力候補は無印良品の「リビングでもダイニングでもつかえるシリーズ」なんですけれども、 他に私の手に届く価格帯で良い物がないか、探しておりました。
リビングでもダイニングでもつかえるシリーズ|無印良品
IKEAでもちょっと丁寧に探したつもりでしたが、私が思っているようなものは無かったですね。見落としたのかもしれませんが。 まあそれでも良いのです、家具のテーマパーク、見て回るだけでも楽しいですよね。 P1020038 テーブルフォト、にはちょっと程遠いですね(笑)すみません 展示はとても綺麗ですので、この写真はともかく切り取り方次第では魅力的に写せるのではないでしょうか。 P1020034 使用したカメラは「GX7mk2」と「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8」です。 そもそもボケは期待できない組み合わせですけれども、頑張ればこれぐらいまでは出来ますね。 P1020041 こちらはボケ度外視、正面から平面を捉える、ということも試しています。 ポイントは「カメラをきちんと正面向けて構える」ということ。私はこれがものすごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーく苦手です。 いつも「被写体を斜めから捉える」クセがついてしまっているのです。どげんかせんといかん。 ですから、この写真も「何となく壁を正面から撮っただけ」と思いきや、私は靴の位置から肩の向きまですべて見回しながら、 目を血走らせて撮ったのであります。 P1020060 そんなこんなで、ホットドッグを食べながら一休みであります。 オニオンフレークとピクルスマシマシ!これが楽しいのであります。 P1020028

今回はこの辺で

結局ソファーダイニングセットは別のところで見つけました。 ただ、大きな家具だけでなくて消耗品や小さな家電、雑貨などもありますから、いろんな目的をもって行けますよね。 肝心の家具が、組み立てが大変なのが残念賞な気もしますが気にしないことにします(笑 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1020025
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

池袋西武百貨店の屋上フードコートでバーベキュー飲み会に行ってきました

先日土曜日、友人同士の飲み会で、バーベキューに行ってきました。 以前にも少し書きました、TCGつながりがキッカケで今は普通に飲み友達。 定例って言っていいのかな?この時期と年末には集まろうというイベントがありまして。 個人的には季節ごと、ぐらいあってもいいのになと思いつつ言い出しっぺにならない姑息な私なのでした(笑 P1010928 行ったところは「また」池袋西武百貨店の屋上です(笑 昨年リニューアルオープンしたシャレオツ屋上庭園、何度でも書きますが私個人的にはおすすめです。 P1010937
西武池袋本店 9階屋上 食と緑の空中庭園|西武・そごう
前の週にも「プチオフ会」として声掛けをさせていただき、行ってきました。 その時はバーベキューではなくてフードコート利用でしたが、それでも充分以上に楽しむことができます。
池袋西武「食と緑の空中庭園」でプチオフ会 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ

バーベキューも楽しかった

本格的なフードコートが売りの池袋西武屋上庭園ですが、季節限定バーベキューも良いものですね。 私はどちらかと言えば「静かな雰囲気でなくなるから、良し悪しですなあ」というような微妙なコメントを書いたことがありますが、 自分が当事者になればあっさり変節するのであります。 シーズンに1回ぐらい、こういう機会があるのも良いなあと思いました。 話題は多岐に渡ります。ゲームの話アニメの話はもちろんですが、時節柄、選挙の話なども。 P1010926 おつまみセットとバーベキューの具が運ばれてきて、あとは勝手にやってね、みたいなシステムです。 勝手にやってね、というのは、飲み物も自分で取りに行くことになっておりまして、 ビールもサーバーを使って自分で注ぐのであります。 写真のバドワイザーの他に、ラガーや一番搾りなど。キリンを入れているんですね。 P1010933

盛り上がったので二次会へ

今回も盛り上がりまくりまして、二次会に行くことになりました。 西口を(今回も西口だ!)少しさまよった後に入ったお店が「HUB」。 HUB&ディズニー好きの友人に引っ張ってもらっていった感じです。 以前に行った時にはフィッシュアンドチップスを食べたような思い出があるなあ。 P1010945 で、二次会楽しいね、ということを書こうと思ったのですが、実はほとんど記憶がありません。 バーベキューで飲み過ぎたもので、私は大変なことになっておりました(笑 年に一度ぐらい、限界を超えて飲む機会がある。この日がそうだったみたいです。 P1010946

今回はこの辺で。

毎回楽しい思いをさせていただき、友人同士の飲み会なのに他人行儀な言い方ですがやはり感謝の思いが大きいです。 調子こいて飲み過ぎたもので、友人と別れて帰りの電車を降りたあと、駅でうめき苦しんでおりました(笑 充分な対策を立てていたから翌日に響くことはなかったし何より楽しかったから飲み過ぎたわけで後悔はありませんが、 自分の飲み方というか限界をあらためて思い知ったような気がしました。 「大人になるということは、自分の酒量をわきまえるということさ」 ヤン・ウェンリーの名言であります。私もちょっと考えよう。 「食ネタ」シリーズはこの辺まで。次回はまた別のネタになると思います。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1010947
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

池袋西武百貨店の屋上フードコートでプチオフ会を行いました

6月24日の金曜日夜、プチオフ会を行いました。 もともと友人ひでとさんとの呑み話の最中に「チャンスがあったらまた呑みに行きたいねえ」みたいな話で盛り上がっていて、 先週、そろそろ行きましょうかとTwitterのDM(他人には見ることができない形でやり取りできるメッセージ)で相談していたのですが、 「よく考えたら『コソコソ相談してこっそり行くような事ではない』のでは?」と気付き(笑 前々日あたりから急遽「プチオフ会やります!」と告知するという有様でした。 結果私を含めて5名になりました。急なお知らせの中お集まりくださりありがとうございましたm(_ _)m 行ったところは池袋西武百貨店の屋上です。 以前にも何度か訪れたことがあり、今のところ私にとって「池袋といえば!」ここ、ぐらいの感覚を持っている場所であります。 P1010889 私が抱いていた昭和風デパートの屋上、という感覚とは程遠いシャレオツスポットであります。 お近くにいらした際には立ち寄る価値あり!ですぞ!
西武池袋本店 9階屋上 食と緑の空中庭園|西武・そごう
発起人の友人ひでとさんのブログです。 オリンパス機 x ポートレートの記事が特にオススメです。
ひでと日記

フードコートでオフ会の是非

世間的には「フードコートに集まるオフ会」というのはよく行われることです。 最近ブームの「オクトーバーフェスト」だって広義のフードコートであり、そのようなイベントに集まることだってあるわけで。 しかし私個人的には初めてでしたし、それだけにちょっとリスキーだったかな?という思いもありました。 場所は新しくて人気のあるスポットである。しかし予約も何もしていない。ましてや金曜の夜です。花金ですよ花金。 下手したらみんなで地べたに座ってビール飲む、そんな可能性だって充分あり得ました。 P1010876

天候に救われた

しかし、実際にはそうならず。 席にゆったり座れて、屋外の開放感あるスペースで堪能できました。行って良かったです。 理由は「雨」これでしょうね。 この日の天気予報は「夕方からは局地的に雷雨にも注意」みたいな、もう降りますってば!みたいなものでした。 実際雨は降りました。私も傘持参で行きました。 が、現地に到着した時には止んでくれたのであります。これは本当に運が良かった。 予報が予報でしたから、ここへ行こう!と狙っていた人がこの日に関しては少なかったのでしょう。 ガラガラと言っていい混雑度でした。 P1010888

ビールとポテトで

最初に現地入りしたのは私です。一応開始時間を決めた立場ですので遅刻しないようにと。 程なくひでとさんも合流、場所取りも首尾よく完了し、まずはふたりで乾杯。 おつまみは「ポムケ」のポテトです。ベルギーフライドポテト。 P1010878 表参道/池袋 ベルギーフライドポテト ポムケ
ポムケ | 本場のベルギーフライドポテト専門店

涼しい風が吹く中、ビールが進む

一人増え二人増え、場もかなり賑やかになりました。 カメラの話題、写真の話題が中心ですがもうちょっと色々な内容で盛り上がるのは多分に漏れず飲み会の常ですね。 私もビールおかわり。 P1010886

盛り上がったので二次会へ

フードコートは22時までの営業です。 本当はそこまで過ごすつもりはなかったのですが、場も盛り上がり私も飲み足りない気がしたので二次会動議を発案、 西口の居酒屋さんに移動しました。 打って変わって地下深い隠れ家のような場所。大騒ぎするような面々でもないのでしっぽりと行かせていただきました。 P1010892

今回はこの辺で。

フードコートでオフ会、悪くないですね。特にこの池袋西武はとても良いです。 夏場はちょっと暑いかな?まあ夜行くなら大丈夫か。また行きたいなあと思いました。 てか、次の土曜日もここへ行くことになるらしいんですけど!それはまた別の話。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1010877
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

横浜そごう10階の和カフェ「林屋茶園」へ行きました

今回までで記事の「GX7mk2」ナンバリングタイトルをいったん終わらせます。 決して語りきったつもりはないんですけど、もうちょっと柔軟に記事を作りたい。 今回はGX7mk2が主役、と言うよりは、カフェの記事となります。 行ったところは横浜そごう「林屋茶園」であります。 P1010811

GX7mk2の使い心地

その前にGX7mk2の感想を簡単にまとめます。 あらためて総括する機会がるかもしれませんが現在までの印象は、 「いいねいいねー」であります。

操作性など

レスポンスは良いし、ボタン数の割に操作性もまずまず(まあこれは私が操作する部分が少ないことにも起因しますが)、 そして何より「初期不良無し、信頼に応えてくれた」ということで、すっかりこのカメラばかりになってしまいました。

画質

このご時世、ある程度以上の画質はある意味保証されていると言っていいのではないでしょうか。 私が求めるものは実現していると思います。 動画については別途記事にする予定です。

外観・質感

これは正直しょぼいです。少なくとも私は魅力を感じていません。GX8の方が良いと思うぐらいです(笑 「チルト液晶搭載」である点と「パナソニック機としてはボディ内手ぶれ補正が強力である」という点で相殺している、 という認識です。 電源スイッチがちっぽけなプラスチックの突起だったり、ダイヤルを回した時の感覚などもチープ、 直接のライバル機種になるのかな?「OM-D E-M5mk2」の方が、そういうのは格段に上です。 が、GX7mk2はとにかく「箱を開けても壊れたものが入っていなかった」。それだけでも充分こっちの方が良いです。 こんな「イロハのイ」以前の部分にすら幸せを感じる身体に開発してくれてありがとうオリンパス。しみじみ。 え?パナソニックだって初期不良はある?オリンパスだってマトモな個体を出荷してる?そりゃそうでしょ 他人の評価なんか知ったことではない、うちは実際に経験したことに基づいた「私の」感想を書いています。 何度でも書きますが、こんなネット辺境の過疎ブログ、気に入らなきゃ読まなければいいんだから。

期待に応えてくれたか

私はGX7mk2に「動画機」としての役割を期待しており、それについては上々の感触を得ています。特に画質。素晴らしい。 ただ、「動画手ぶれ補正」についてはオリンパスの方が上だなあと感じました。パナソニック頑張れ! この事についてもいずれ記事にしたいと思います。 アンチオリンパスに転向したに等しい私が「オリンパスが上」って書いてるんだから、 そりゃあフェアに「見比べた(検証した、って書くとまた変なのが来ますからね)」アピールはさせていただいていいでしょう、この際。 今後もGX7mk2を使ってみての感想は、随時採り上げてまいります。

本題「林屋茶園」ですが

さて本題。 横浜駅東口、横浜そごうの10階レストランフロアの一角にあるカフェへ行ってきました。 「京はやしや」さんの「林屋茶園」であります。私は初めて行きました。
横浜そごう10F店 - 京はやしや
私のお目当て「抹茶パフェ」をいただきます。 決してスイーツ事情に詳しいわけではない、てかトーシロの私がいただいても美味しいパフェでした。 写真で伝わるかどうか。 P1010808 パフェのどの部分が美味しかったか。 私は「抹茶ゼリー」がいちばん良かったです。濃厚で素晴らしかった。 ゼリーだけ黒蜜かけて…みたいなメニューがもしあったら、それだけでも良いぐらいです。 P1010809 セットとして注文した「抹茶ミルク」。こちらも濃厚で美味しかったです。 控えめな甘さも私にはちょうどよかった。パフェと一緒にいただいていたので甘くなくてもよかったかも? 斜めにして撮ったのはスケベ心です。咄嗟に撮り方を悩んでしまいました。 P1010795 それほどの頻度ではないものの、カフェに行く機会はそこそこあるのかもしれません。月1回ぐらい。 今はもう無いお店ですがカレッタ汐留の「都路里」を記事にさせていただいたこともありましたね。
浜離宮恩賜庭園 2013年八重桜編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ

今回はこの辺で。

前半はカメラ談義、後半はカフェのお話という構成でした。 最近はブラックなテイストの記事が多くなっています。中には筆が滑った記事もありますがある程度は想定してやっていることです。 以前は性善説に基づいて「誠実に書いていれば平和に運営できる」と思っていたのですがどうやらそうでもないらしい、ということで、 舌触りの良い書き方が「ケチのつけやすさ」につながっているとするならばむしろ本性を出していってそういうのを減らしていけないかな、と。 本性とは「開き直り」と「下ネタ」なんですけど(笑) 次回もたぶんGX7mk2ネタになる予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

パナソニック「LUMIX GX7mk2」と「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8」の組み合わせ

マイクロフォーサーズ規格の一眼カメラ「パナソニック LUMIX GX7mk2」関連エントリとなります。 パナソニックの「F2.8通しレンズ」、LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8を使用して撮った写真を掲載します。今回は後編です。 毎度おなじみコトブキヤ秋葉原館、出歩くことが極端に減っているもので撮り貯めたフィギュア写真の蔵出し大放出。 最近こればっかりになってきました。もう少し「お人形さん記事」が続きそうな勢いであります。 P1010578 アキバ行くならコトブキヤ!フィギュア買うならコトブキヤ!(フィギュア撮影代として勝手連CM)
秋葉原館 | KOTOBUKIYA

フィギュア撮るならコトブキヤ

最近ちょくちょく撮らせていただいています。それだけ何かを買いに行く機会が多いってことかな。 ですので、同じフィギュアをもう一度撮らせていただく、ということもあります。 以前に「顔かお尻か、どちらにピントを合わせるか」という主題で採り上げさせていただいたフィギュアですけれども、 今回はその両方にピントを合わせに行ったものを撮らせていただきました。ある意味リベンジみたいなもので。 P1010579 「コトブキヤ秋葉原館」で撮影させていただいたフィギュア写真を掲載た記事のうち、最近のものはこちらです。
パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その3 続・コトブキヤ秋葉原館でフィギュア撮り 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その4 続々・コトブキヤ秋葉原館でフィギュア撮り 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ

艦これ

私はゲーム自体は何年もやっていません。でも嫌いになったわけではないのであります。 トラック泊地とか言ったっけか、1年ぐらい遊んで、その後は放置してしまっています。スミマセン ですが周辺の事物はチェックしているのでありますよ! 評判がいまひとつ良くないTVアニメや、当ブログでもお馴染みキューポッシュなど。 そして、このようにフィギュアが展示されていたら、やはり避けて通らず撮らせていただくのでした。 こちらは人気キャラクター、島風ですね。 P1010570 こちらは雪風です。 キューポッシュで出ないかな(熱望 P1010571

その他

私はオタクではありません。オタク趣味に理解のある一般人、であります。 ですからその知識も一般人並であり、私自身それを恥じてもおりませんし知識取得頑張らなくては!という気もありません。 あくまでも被写体、という付き合い方なのでしょうかね。 もちろん「これは良くできてるなあ」というようなリスペクトはございます。 とらぶるダークネスのキャラクターですね。 金色の闇でしたっけか。 P1010572 こちらはセイバーさんですね。 先日友人と飲んでいて「セイバーとは」という話をたくさんしてもらった記憶があるのですがもう忘れたよ P1010573

今回はこの辺で。

機材の話をしなかったなあ。まあいいや、いつものことです(笑 皆様には「こういう感じに撮れるものなのか」ぐらいにご覧いただければと思います。 キューポッシュも含めて、フィギュアの記事ばかりになってきましたね。そろそろ別の記事も書かねば。 次回もGX7mk2で街撮りネタになる予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

パナソニック「LUMIX GX7mk2」と「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8」の組み合わせ

マイクロフォーサーズ規格の一眼カメラ「パナソニック LUMIX GX7mk2」関連エントリとなります。 パナソニックの「F2.8通しレンズ」、LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8を使用して撮った写真を掲載します。前後編の2本立てです。 行ったところはコトブキヤ秋葉原館、最近こちらで撮らせていただいた写真を掲載する機会が増えているような気がします。 27527556866_0d70761e0d_o.jpg アキバ行くならコトブキヤ!フィギュア買うならコトブキヤ!(フィギュア撮影代として勝手連CM)
秋葉原館 | KOTOBUKIYA

見てほしいところは「背景のボケ具合」

…というような見出しで始めますとまた色々言われそうですね(笑 性能の「検証」や「分析」を行おうというわけではありません。 実際に自分で使用した上で、その時に得た「印象を、主観で」書きます。 「撮影情報も分析もないのは写真ブログの機材記事として認めない(キリッ」 みたいなのはいらないです。 今回もいつも通り、実際に撮った写真をご覧いただいた上で、 「このカメラはこんな風に撮れるものなのか」とか「ブログ主、楽しそうだな」という程度にゆるっと見てください。 それがうちのブログの方向性です。気に入らないなら(以下略 P1010580 先日、こちらの記事でも「コトブキヤ秋葉原館」で撮影させていただいたフィギュア写真を掲載しました。
パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その3 続・コトブキヤ秋葉原館でフィギュア撮り 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その4 続々・コトブキヤ秋葉原館でフィギュア撮り 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ

マイクロフォーサーズのF2.8は、これぐらいのボケ方です

マイクロフォーサーズのボケ方はざっくり言って、画角で揃えた場合にフルサイズに対して「F値で言うと1/2」なのだそうです。 この説明ではよく分かりませんねすみません。 フルサイズにおけるF2.8相当のボケを得るためには、マイクロフォーサーズではF1.4のレンズを使わなくてはならない、 ぐらいの差があるのだそうです。 これはマイクロフォーサーズにとって弱点である一方で、強みでもある、と私は考えています。 その感覚は自分で使ってみたら分かる。自分の手で使いもしないうちに口だけで批判するのではなくてね。 で、ボケなんですけれども。 フルサイズ機に比べて、ボケません。これは明白。フルサイズ並みにボカしたきゃ素直にフルサイズ使え この記事では「頑張ってボカす」ことには挑戦していません。撮れるように撮る。それだけです。 その結果がこちらです。F2.8開放です。 ボケ量は少ないと思う。その一方で、被写体をある程度拾えている。ここらへんのバランスを「撮り手の主観でどう思うか」でしょうね。 余談ながら「ピントはカメラに近い方の眼に」これはこの記事の写真で一貫しています。 そうすると、被写界深度が浅い機材ですと「眼以外はボッケボケ」ということにもなり得ます、 が、マイクロフォーサーズでは(良くも悪くも)そうなりにくいのです。 その辺のお気楽極楽っぷりが、機材の小型軽量っぷりも合わせて「マイクロフォーサーズの特徴」なのでしょうね。知らんけど P1010566

縦か、横か

フィギュア撮り、と言いますか人物撮影、ひいてはポートレートにフィードバックできる話になるかならないか。 人物(架空であっても)を撮る時のセオリーとしてはやっぱり「縦位置」ですよね。 しかしそこで敢えて、同じ状況下で「横位置」も試してみる。 デジタルのメリットですね。無駄を覚悟で試し撃ちできるのは良いことです。 この記事を書いているのは6/20、私のお給料日は6/24ですが、 今月はお小遣いがキビシクて、そこまでの間を1300円で生活しなくてはなりません。 もし私がフィルムカメラしか持っていなかったら、この4日間はカメラは「おあずけ」ですよね。 しかしデジタルですと、お金がなくても写真を撮ることができます。私はそれに救われた。 少なくともお金の話だけさせていただくと、デジタルは庶民の味方。私はそう思っています。 まあそんな話はよろしい。当ブログはフィルムを敵視しているわけではありません。そのうち記事にします。 縦か、横か。その話でしたね。 通常の撮り方、と言いますか、縦位置です。 P1010575 同じ被写体を、横位置で押さえました。 写真は引き算、という言葉があります。 それが真理かどうかはさておき、そう言われてみれば何となく印象的に見えなくもないですね。 P1010574 結局「立ち姿の人間」を横位置で押さえようとしたら、上半身を重点的に押さえるか、斜め構図にして何とかするか、パーツ取りと割り切るか、それぐらいしか選択肢が無いのかもしれません。 お付き合いのあるカメラマンさんも「横位置で」と言うとまず第一に「モデルさんをソファーに横に寝かせる」のであります。 「それしかないのだろうな」と思う一方で「もっとないのかよ」とも思いますね。 もちろん私自身にも跳ね返ってくる課題なんですけどね(笑)がんばるぞう

今回はこの辺で。

フィギュア撮りの記事が増えていることを自覚します。 これはすなわち「街撮りを全然していない」という裏返しでもあるわけで。 次回もGX7mk2でのフィギュア撮りネタです。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1010568
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

パナソニック「LUMIX GX7mk2」でスタジオロケでキューポッシュ星井美希の登場です

マイクロフォーサーズ規格の一眼カメラ「パナソニック LUMIX GX7mk2」関連エントリとなります。 前回は「キューポッシュ春香さんがスタジオロケで活躍!」という記事でした。 今回はその相棒、星井美希の登場です。同じくスタジオで張り切ってくれました。 27435276012_5ed829d08e_o.jpg 前回記事はこちらからもご覧いただけます。
パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その12 スタジオロケで春香さん #キューポッシュ 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ

外部ロケは楽しいね

私の仕事のひとつに「撮影の企画立案と実施」というものがあります。 ヘアメイク・カメラマン・スタジオの手配から業者・コーディネーターとの打ち合わせ、 当日のタイムスケジュール管理から送り迎えの算段、野次馬を追い払ったり女の子のご機嫌取りや荷物持ちに至るまで。 水汲み飯炊き馬の世話、それらをこなしながら自らも動画撮影カメラマン。おお、書き出すとハードですな 以前は「撮影に集中できればどんなに幸せな事か」と思ったりもしましたが最近は「トータルで見ること」の喜びを知ってしまいました。 ですから嫌々やっているはずもないのですが、遠隔地でロケ1回やったらその疲れで一週間ぐらいは腑抜けになってしまうという(笑 最近は自社企画がなくなって外部業者の持ち込みばかりになっていますが、それでも負担は変わらない。 そこに加えてレタッチも自分でやるようになってしまっており、まさしく撮影業務の1から10までやるという経験を積んでいます。 何だかんだで現場の最前線に居ることになってしまうのです。人の上に立つ力量を持たない自分の本質を嫌でも認識しますね。 サラリーマンの悲しいところでもありますが、頼りにされるうちは頑張ろうと決意を新たにするのでした。 私のことをもっと頼ってもいいんだからね! 話がすっ飛んでしまいました。すみません。 何が言いたかったか。 そんなわけで時間が思うようにとれなかったもので、今回の星井美希は「アメリカンバー」での写真のみになってしまいました。 なるべくバリエーションを豊富にしようと考えて撮ったつもりです。それが伝わっていればいいなあ。 P1010558

星井美希はかわいいね

私は「アイドルマスター」原作に対してほとんど興味がありません。 あくまでも「キューポッシュ」のフォロワーであり、星井美希を手にしたのはその系譜から、以上のものではなく、 当ブログに登場するようになったのも「春香さんとコンビにしよう」という思いつき以上のものではありませんでした。 しかし、これだけ撮影していると愛着が湧いてきますね。かわいいですよこの子。 キューポッシュシリーズも3周年、星井美希はその初期に登場した子ですが、 当ブログでは後続の人気キャラを差し置いて現在もなお健在、バリバリ活躍してくれているのであります。 P1010557 設定では中学生だか高校生だかとにかく未成年、 お酒との組み合わせはどうなのよ、と思いつつも雰囲気に負けて撮ってしまいました(笑 P1010556 前回同様、シルエットにして撮ってみました。 何となく「キューポッシュだね」ということが伝わればいいなあと。 プロダクト的にも、シルエットだけで「ああ、キューポッシュを撮ってるんですね」と言われるぐらいになれれば大成功なわけで。 P1010553 アップで撮ってみました。 使用した機材は「GX7mk2」と「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8」の組み合わせです。 正直ズームレンズに多くを期待していなかったのですが、このアルデンテ感は嬉しいなあ。 P1010550

今回はこの辺で。

というわけで、キューポッシュ星井美希のスタジオ撮りをお送りしました。 GX7mk2のことをほとんど書かなかったですね、すみません。 期待はずれだったかもしれませんがうちは元々こういうブログですので気に入らなければ(以下略 キューポッシュについてはまた随時採り上げてまいります。星井美希・春香さん以外の子たちも掲載しなくては。 次回もGX7mk2ネタの予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

「CP+2016」参戦記・完結編です

大盛況のうちに閉幕したカメラの祭典「CP+2016」関連エントリです。 今年は滞在時間が短く、それに比例するかのようにお姉さん撮りの量も少なかったのです。 が、私としては今年も充実した時間を過ごすことができました。大満足です。

セミナー・トークショーが楽しみなのです

で、少し前の記事でも書きましたが、私はCP+に「右も左もカメラ・写真」という状況を第一に求めて、参加しています。 そんな異空間、他で味わうことはできませんものね。 で、それに加えて「有名写真家のトークセミナーを聴き放題」というのも私としてはものすごーーーく楽しみにしておりまして。 さすがに写真趣味を始めてからある程度年数を経過してきますと耳も肥えてくるのでしょうかね、セミナーも選り好みするようにはなってきます。 しかしその上で先に挙げました「CP+の雰囲気自体を楽しむ」という大目的に合致するようないわば「この人の声は聴きたい」という方もいるわけです。 先の記事で中井精也氏はじめ何人かの方に言及しましたが、ここでは更に何人かの方のセミナーを挙げてみます。

中野耕志氏の飛行機動画

中野耕志さんは、野鳥や飛行機といった動きモノで知られる写真家さんです。 ソニーブースでも押すな押すなの大人気で、飛行機撮影のセミナーをしておられました。 ところで私の主な被写体は、プライベートにおいては夜の街撮りであります。 ですので、飛行機に対しては完全に門外漢、興味も無いのですけれども、中野耕志さんの撮られた飛行機動画はすごかった。 ソニーブースの大画面に旅客機が大映しになり着陸していく、正直心が震えました。あんな動画を撮ってみたい! 25239233191_0c4446f19e_c.jpg

桃井一至氏のフレンドリーなレンズ解説

メーカーとしてのオリンパスに対しては不信感満点の私ですけれども、セミナー講師陣にはもちろんその責任は無いわけで。 私は中でも桃井一至さんのトークを毎年座って聴かせていただいています。 毎年単焦点ネタでボケのお話なんですけれども気にしない。 写真も綺麗ですし「そうですよねそうですよねー」と過ごす時間も楽しいものです。これも桃井さんの人柄によるものです。 私にとっては「オリンパス版馬場先生」といったところであります。ちょっと違うか。 P1010809

田中希美男氏のペンタックスセミナーで思ったこと

こちらも私が毎年楽しみにしているトークセミナーの写真家のおひとり、田中希美男さんです。 この方のトークは人を集めます。ですので私は可能な時は早めに乗り込んで座って聴く、という風に心がけています。 新型機材のネタが多いですので(以前はそうでもなかったはずですが)そういう意味でも人が集まるのですね。 今年はオリンパス300mmと、このペンタックスK-1がメインだったようです。 ところで私はペンタックスユーザーではありません。 ペンタックスに限らずマウントを増やすつもりがありませんので、今後もユーザーになる可能性は低い。 で、その立場でセミナーを聴いていますと、これは今更なんですけれども、ペンタックスに限らずCP+のセミナーって、結局は自社ユーザー向けなんですね。 いや、分かっているつもりではいました。いたんですけれども、それをあらためて感じたということです。 その上で、田中希美男さんのトークはサービスたっぷりで部外者の私でも楽しく聴かせていただくことができました。 P1010796

今回はこの辺で。

上で「CP+のセミナーって、結局は自社ユーザー向け」と書きました。 が、ここまで進めてきて思い直しました。私がその機材に興味を持っていないだけだな(笑 以前の記事で「私は『自分が使う予定のない機材』には興味が無い」という趣旨のことを書きました。それだけの話でしたね。すみません。 セミナー自体はそれでも充分楽しんでいるのです。そこが何と言いますか、説明しづらいところよねー。 というわけでCP+2016については今回でおしまいです。来年も参加するぞ! 次回は別のネタになります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1010790
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

「CP+2016」閉場後にオフ会を開催、わいわいやってきました

2月27日の土曜日、CP+2016会期中最も人出が多いであろう日ですけれども、 カメラファンの多くが集まることだろう、ということを想定して、その日に横浜でオフ会を開催しました。 CP+に行く方が多いだろう、だから負担は少ないだろう、と思っていましたが、皆さん遠いところですし、中にはCP+に行っておらずわざわざ集合してくれた方も。 皆様に支えていただいております。ありがとうございますm(_ _)m

パシフィコから桜木町まで50分近くかけて撮り歩き

この時の写真は後日別の記事にまとめますが、この日はパシフィコで集合→桜木町駅前のお店まで撮影しながら移動、ということを行いました。 実際のところは撮影よりもカメラ談義、まったりモードで移動という(笑 25214224002_a2f1bc50a1_c.jpg

クロスゲート桜木町 横浜鳥ぎん

今回のお店は「横浜鳥ぎん」、クロスゲート(ワシントンホテル)3階にある、夜景の美しいシャレオツな居酒屋さんです。
相州鳥ぎん公式ウェブサイト
もちろん私が知っていたはずもなく、よしよしさんに連れて行ってもらって、それで知ったのでありました。 その時もCP+の閉場後でしたね。あの時も楽しかったな。サシ飲みにはサシ飲みの楽しさというのがありますね。
CP+2015 その5 中井精也氏のトークショーとプチオフ会 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ

とても美味しいお店です

鳥料理、あとちょっぴり牡蠣料理。私にはストライクなお店です。 ですから何かの機会で再訪するチャンスを伺っておりました。 今回のオフ会は「集合するまで予約せず、出たとこ勝負でイッテミヨー、そんなにいっぱい来ないだろ」というスタンスでした。 が、事前の把握で8名、それ以上増えると席の確保も困難に違いない!と思い、急遽予約したのでした。 結局それ以上増える事は無かったので、その点では滞りなく進行できました。 P1310381

やっぱりカメラを集めて記念撮影ですよね

カメラクラスタのお約束、カメラを集めて記念撮影であります(笑 ピントが合っていなくてすみません。 8名のメインカメラ内訳は、ソニー3名、オリンパス2名、パナソニック1名に加えましてキヤノン1名、ニコン1名という感じです。 キヤノンニコンが少ないな!とお思いかもしれませんが、そのお二人はガチ機材の方ですので、実はバランスはとれてます(笑 P1010826

ご参加くださった皆様ご紹介

今回もご参加くださった皆様をご紹介します。ハンドルネームの読みを五十音順でまいります。 お名前がリンクになっています。それぞれTwitterアカウントに移動します。 ブログ・ウェブサイトを運営しておられる方には、そのリンク先も掲載いたしました。ぜひご訪問いただければと思います。

うに さん

カメラ抜きでの友人だったのが、いつの間にやらガチニコン。 呑んだ勢いでヨドバシ行って大三元を現金払いする豪傑であります。 オートサロンに行って、ポーズをとってくれるお姉さんに「車を撮るのに邪魔だからどいてくれ」と、硬派なんだか軟派なんだか(笑

ザキさん

広角マスター、当ブログの最古参ご来訪者様のおひとりです。いや、そんな他人行儀な書き方は良くないな。友達です。 ガンダムネタでも意気投合、けっこう年齢差あったはずなのに!? Twitterアカウントの「900」は、α900から取ったものだという伝説が。
BluePhotoLife

456 さん

ここでは「しごろくさん」ということで(笑)オリンパス・マイスターでございます。 マイクロフォーサーズユーザーならご覧になったことがある方も多い有名サイト「43デジカメ*ラボ」のオーナーさんです。 初対面ではありましたがDMでガンガンお話している間柄でもあります。
43デジカメ*ラボ

taka さん

この集まりに格と重みを与えてくださっている最年長、私も学ばせていただいています。 本当ならいちばんの上座なんですけど、いつもお気使いさせてしまって申し訳ないと思いつつ甘えてしまっています。すみません。 ガチのキヤノンユーザーです。

ひでと さん

この集まりでは唯一のタメ年(18歳童貞)ということもあり何かと話が盛り上がる間柄、 これまでは席の兼ね合いでゆっくり話せなかったのですが今回はじっくり話せましたね。 生え抜きのオリンパスユーザーです。
ひでと日記

ふぁんとむ さん

レンズの構造とか機械的な知識は圧倒的、α愛にあふれていてしかも愛嬌がある良き提督です。 時々年齢を忘れますが、この集まりではいちばん若いという。まじか 生え抜きの、いや、現役のミノルタユーザーです。
ブログ|PHANTOM ROOM

よしよし さん

この記事の上の方でもご紹介させていただいた、当ブログ主催オフ会の陰の黒幕であります。 E-M1のストラップ金具脱落というありえない故障で、一発でパナソニックメインに衣替え。聞いてるかオリンパス。 一次会場への誘導、二次会手配、告知宣伝、私よりよほど仕切り力があります。もうよしよしさん主催でいいのではないだろうかと
よしよし四方山話。
このご紹介で「私が主催ということで僭越ながらヤン・ウェンリーとさせていただいた時に、どのキャラクターに当てはまるか」というネタを書いていたのですが、銀英伝ネタに脱線しすぎて記事の量が1.5倍ぐらい長くなってしまった上に自分をヤンにしている時点でなんとも上から目線だと思ったので全部削除、オーソドックスにまとめてしまいました。銀英伝ネタは別の機会に。 皆さん次回こそツイキャスしますので!よろしくお願いしますm(_ _)m

今回はこの辺で。

ここでおひとりずつご紹介させていただいていますが、常連重視で一見さん排除、みたいな雰囲気でもありませんので、 もし「次があるなら行ってみようかな」とお考えの方がいらっしゃいましたら、その時にはぜひご検討ください。 次回までCP+2016の記事になると思います。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

「CP+2016」で、新製品を少しだけ見てきました

大好評のうちに閉幕したカメラの祭典「CP+2016」関連エントリです。 CP+と言えば新製品!ということなんですかね、今年は特に「CP+で初お目見え」というものも多かったようで、盛況でした。 私も自分が興味があるものや、行列に並ばなくても触らせてもらえる機材などを見せていただいてきました。

ソニー「G MASTER」

ソニーブース、気さくに対応してくれました。盛況で、私も楽しく過ごさせていただきました。 「85mm F1.4GM」というレンズを触らせてもらったのですが、Aマウントの「Planar 85mm F1.4ZA」との違いなど説明してくださいました。 サイズもプラナーよりひとまわり大きい、存在感があります。 P1010817 85mmGMは高画素時代に合わせた設計で、あと、開放でプラナーよりシャープですよ、と。 プラナーはミノルタの85mmF1.4G Limitedをモデルにしていると聞いたことがあるが、85mmGMにはそのような存在があるのですか? とお伺いしましたら、「結果として似ているかもね」だそうで。 P1010814 私のα7II+Batisも並べて記念撮影。 こうして見ますと、プラナーって小さかったんですね(笑 P1010815 24-70GMも、触らせてもらいました。 ズームするとレンズは伸びます。これも迫力ありますね。 P1010812

パナソニック「LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm / F4.0-6.3」

パナソニックブースに再訪、説明員さんも丁寧に対応してくれて、楽しく過ごさせていただきました。 エルマーといえば、エルマーとりゅう。はい関係ないですね、すみません。 パナソニックのライカブランドレンズ、画角が200-800mm相当という、私にはちょっと縁がないものでしたのでスルーかなと思っていましたが、 お試しゾーンが比較的空いていたので、並んで触らせてもらってきました。 これは良いなあ、街撮りで何を撮るに使うのか想像できないけれども! P1010805 残念ながら撮影データ持ち帰りは禁止、ならば外観だけでもと。 説明員さんも笑顔で「良いでしょう!」と言わんばかりに説明してくださいました。良いなあと思いましたよ。 発売は3月10日って言ってたかな?値段は「頑張って20万を切りました!ライカですけど!」とのことでした。 鳥や飛行機やスーパーマンを撮る方はぜひご検討されてはいかがでしょうか。 P1010803

ペンタックスK-1

購入することは無いんですけどちょっと見てみたいと思いましたのでリコーペンタックスブースにも立ち寄りました。 スケルトンモデルだけ撮影させていただきました。 ペンタックスKマウントのユーザーの方には待望のフルサイズ機ということになるんでしょうか。めでたい。 背面液晶が動くのがスゴイなあと思いました。 P1010799

オリンパス「PEN-F」

少し触らせてもらってきました。 P1010801

今回はこの辺で。

この他、フォトブックのブースでちょっと説明をしていただいたり、ベルボンブースで動画雲台についてお話を伺ったり、プロ動画コーナーでちょっぴり機材を触らせてもらったりしたりしました。 やっぱり直接お話を伺える機会って大切ですね、しみじみ思います。 メーカーの方が親切に対応してくれるかどうか、というのも私個人的には購入動機になり得ますので、やっぱり雰囲気って大切ですね。 説明員さんが素っ気なかったりシカトこいたりするところの品物は、買おうかなという気が起こらなくなるものです。 もうちょっとCP+2016関連が続きそうです。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事