ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「LUMIX_G_X_35-100mm_F2.8」

久々の旅行で三浦海岸、最終回です。


前々回・前回と続いて「マホロバマインズ三浦」というホテルの記事を書いてきました。
我が家としては久々の泊まりがけのお出掛け、まあ旅行と言うと賛否あるのかもしれませんが、久々の旅行でした。
海外に行かないと旅行した気にならない…というのがTumblrで回ってきまして、納得する部分もるものの私は命が惜しいので国内でいいです。
P1010865.jpg

今回は宿で撮影したものをいくつかと、宿についての感想について書いていきます。


昭和の名残ある良き温泉宿


このマホロバマインズ三浦は、けっして高級感を売りにした洒落たホテルではありません。
我が家も今回、交通費込みでトータル5万円以内で収まるというリーズナブルな旅行が実現できました。
伊豆へ行ったら10万仕事ですからね、それに比べたら安いどころではないですよ。

雰囲気としては温泉地にある大型ホテル、しかも現代風のナウいものではなく、昭和の雰囲気が色濃く残るものです。
夕食後にはレストランで演歌歌手の歌謡ショー、まるでダウンタウンの笑ってはいけない温泉宿のような感覚です。
フロント脇には売店、それも温泉宿にありがちな、実にベタな品揃えで私達の来訪を待っているのであります。
もちろん私はこういうのを嫌いではありません。いやむしろ「これからもずっとこんな雰囲気でやってくれ」と思います。
その代表格と言ってもいいのではないでしょうか、温泉ホテルには必携(!)の、フエキのハンドクリームであります。
P9990879

ホテル内にあるカフェです。
カフェ、というよりは、もはやこの雰囲気はレストランですね。
ソファーやテーブルが無駄に高級で年季が入っており、虜になってしまいました。
P9990912

そこでいただいたのが、スイーツの数々です。
ママが注文したのがこちら、イチゴづくし!春であることを今更のように思い出します。
P9990919

私はこちら、パフェであります。
ママはイチゴを注文しました、私は桜をモチーフにしたパフェです。
パフェに桜餅が乗っかっているという、ゴージャスな作りになっています。
P9990923

高度成長期の週末の過ごし方というのは、さながらにここで味わったような心地だったのだろうな、
と、団塊ジュニアの私は思ってしまいました。
とにかく、懐かしさを感じるホテルでした。


ワークショップもありました


フロント脇で、綺麗な紙を貼り付けてアクセサリーを作るというワークショップが行われていました。
写真はガラス瓶の小物いれを作っているところです。
こういうアトラクションが用意されている点も魅力ですね。隙間をきちんと埋めてくる。
P9990891


マホロバマインズ三浦の魅力と、ちょっと微妙に感じた点


最後に、今回利用した「マホロバマインズ三浦」について、感想を総括します。
他の多くの宿同様、「良かった」と思う点と「これは微妙」と思った点があります。
それを列記し、利用検討されている方への参考の一助となればとおもっています。

良かった点


もちろん、夕食&朝食バイキングですね。
都心部の小洒落たバイキング、じゃなくてビュッフェって言うんでしょうか、まあ呼び名はともかく。
料理がベタなのです。とにかく「ごちそう、ごちそう、ごちそう」という感じなのです。
寿司、刺身、カニ、ステーキ、グラタン、天ぷら、スイーツ、とにかく合わせ技一本という感じです。幸せでした。
ちょっと洒落たお店ですと「野菜ばっかり」とか「スイーツばっかり」とか「自然食ばっかり」とか、ちょっと体面に気を使ってるんですけど、
このマホロバマインズ三浦は違います。とにかく人間の欲求に忠実です。
ファッション?カロリー?それが何!?みたいな、とにかく「こういうのを食べたいんでしょ!?」みたいなラインナップなのでございます。
この「欲求に忠実」というのがすなわち「昭和の本質」なのではないか、とすら思ったりしたのですがこの話はあらためて。

また、併設の温泉施設「クアパーク」が良かった。てか、我が家はこれをお目当てにしていました。
湧き出る温泉を利用したゾーンと、冬でも快適・温水プール。うちのむしゅめも大喜びです。
場所柄写真は撮りませんでしたが、楽しかったですよ。

微妙だと思った点


これは「私には言う資格が無い」ことを承知の上で書きます。
利用者の大半がファミリーです。これは、宿が騒々しいことを意味します。
リゾートの落ち着いた雰囲気、というものを望む方にはオススメできません。
逆にファミリーでの利用であれば周囲に気を使わなくていいので、嬉しいんじゃないですかね。
私はファミリー利用である一方で個人的には「ゆったりまったり過ごしたい」という気持ちもありまして、後者については不完全燃焼気味でした。
部屋は広いですが、その外ではゆったり感は味わえません。
後で知ったことですが、ここは学生の合宿なんかでも利用されているそうで、まあそういう「賑やかな」宿泊施設ということになりますね。
その点を事前に分かっていて行くのであれば、問題点とは言えないのだろうと思います。

あと、ネットで流れている情報の補足をさせていただきますと。
夕食バイキングでのアルコール飲み放題は、1500円+消費税です。ただし、テーブル全員分申し込む必要があります。
アルコール類はドリンクバー形式ではなく、オーダーです。ただしホールには従業員の方は多いですので「なかなか出てこない」ことにはならないと思います。
ネットの一部で「バイキングでも寿司はひとり3かん」という情報が出てきますが、私が行った時には食べ放題でした。
マグロ、イカ、サーモン、エビの4種類でした。子供にはド定番、充分ですね。

今回はこの辺で。


というわけでマホロバマインズ三浦を堪能させていただいてきました。
ファミリーとして、チャンスがあればまた利用したい、と思ったのでした。
ちょっと書き足りないこともあるのですが、それはまた時期を見て。

次回は別のネタとなります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
P9990914
















今回の
撮影機材






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/04/01 Fri 23:50 マイクロフォーサーズ

久々の家族旅行は三浦海岸、続きです。



P9990873


マンションのような部屋


部屋は広かったです。部屋数で2LDってんですかね、マンションのような言い方になってしまいましたが。
いや実際マンションのような間取りです。てかマンションそのものです。
滞在型を志向していたのでしょうか、ホテルというより居住空間ですね。
P1010861

このようなホテルは多いのでしょうね。当ブログ的には以前に利用した「ウェルネスの森伊東」もそのような施設でした。
当時の記事ですけど、文章量が少ない!これで「充実したブログ」然としていた自分がおかしいったらありゃしない(笑
伊豆旅行その2「ウェルネスの森伊東」 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ


和室の他にベッドルームも用意されています。
私は我が家で「イビキがうるさい」という不当な差別を受けており、
「嘘だ!私はそんなの聞いたこと無い!」「そりゃそうだろバーカ」というやり取りの挙句隔離されてしまい現在に至っています。
「それはヘイトスピーチだ●●●●の皆さん助けてくださーい!」という気持ちを押し殺し、私だけ別室で就寝となるのであります。
眠っているむしゅめのすべすべほっぺにすりすりばぶばぶしようと思っていたのに(以下略
P1010859

さながらマンションのような、というのは部屋の中だけではありません。
部屋を出たところ、廊下も何だかフツーです(笑
海外の、特に南国のリゾートホテルでは廊下が吹きっさらしのところは(けっこうな高級ホテルでも)ありますので良いとして、
真冬とか雨の日はちょっと大変かもしれませんね。
P9990880


眺めがとても良いですね


ホテルは周辺の建物に比べてひときわ高層になっています。我が家は10階に泊まりました。
お約束、ベランダから眺めます。いやーいい景色だねー。
海の向こうは房総半島です。木更津の先、鋸山あたりなんじゃないかな?
P1010863

この旅行最大の目的、夕食バイキング


今回我が家が「マホロバマインズ三浦」を選んだ理由、まあ色々ありますけれども、
最大の動機が「夕食バイキングがイケテルらしい」というものでした。
三浦半島でまぐろ食べ放題!と聞かされれば、そりゃあ気持ちが動くってもんですよ。
実際、マグロのお刺身が満載された皿にはとろけるようなマグロが大量に並べられていました。
それをツマミに、ビールでございます。
P9990874

刺身・肉・天ぷら。
この「三種の神器」が揃うと私はテンションがべらぼうに上がります。孫悟空がスーパーサイヤ人になるところを想像してください。
私の生活ではこれらが卓上に揃うことはなかなか無いんですけれども、ここでは堪能させていただきました。
そして何より、この「まぐろ茶漬け」。
これがおかわり自由とは、もう射精しっ放しみたいなもんですわ。
ベロベロになりながらも料理撮影の大原則、半逆光を意識している私って偉くなーい?(自慢か?とかって真に受けるなよ
P9990862


今回はこの辺で。


今回持参したカメラは、「GX8」「GM1」の2台。レンズは「12-35mm」「35-100mm」の2本でした。
全てパナソニックで揃えた、パナソニックオールスターズです。
パナボディを使う以上、手ぶれ補正を考えたらレンズの選択は上記のようにならざるを得ない、
それを踏まえて「今回は記録に徹するということでOK」ということで、あるものをあるがままに撮ってきたのでありました。
私が使っていて感じるパナソニック機のメリットのひとつに「超解像」というのがあります。
今回の写真をスマートフォンや8インチ程度かそれ以下のサイズのタブレットでご覧いただきますと伝わると思うのですが、
パナ機で撮った写真、パッキパキですよね。これ、シャープネスはいじっていません。すべて超解像のおかげによるものです。
もちろんピントも一生懸命合わせてますよ?
それに加えて超解像、この組み合わせが心地よくてしょうがないのであります。
まあ、その事はまたあらためて書くことにします。

次回はさらに、この続きとなります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

















今回の
撮影機材






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

久々の家族旅行は、三浦海岸


先週末、家族サービスをしてまいりました。
我が家では泊まりがけで出掛けるのは昨年夏以来です。
どこへ行こうか色々候補を挙げていく中で、たまたま知った今回のお泊り先。
神奈川県・三浦海岸であります。
P1010845.jpg


快特で快適移動


三浦海岸へは、京急線で向かいます。
乗り込んだのは快特三崎口行き。
三浦海岸は、終点三崎口のいっこ手前の駅であります。
都営浅草線、あと京成で青砥高砂あたりから乗り込む方には「名前は知ってるけどどんなとこなのよ」というエリアですよね。

快特三崎口行きの「京急線での主要駅(停車駅じゃないぞ)」を見ていきますと、
品川、京急蒲田、京急川崎、横浜、上大岡、金沢八景、横須賀中央、堀ノ内と続いていきます。
元川崎市民の私としては京急線の混雑度を知らないわけではありませんので、せっかくの旅行だからゆったり座って行きたかった。
ですから横須賀線で久里浜まで座って行って、そこで京急に乗り換えて三浦海岸…
という奇手も考えたのですがやっぱり小細工はやめて正攻法で行こう、と。
結果、横浜までは大混雑だったものの上大岡でガラガラになり、金沢文庫で四人掛けボックスを独占してなお余裕があるほどになりました。
乗車時間は長かったですが、意外に何とかなるものですね。
P1010844


到着しました三浦海岸駅


京急に揺られて到着しました、三浦海岸駅です。
夏場は海水浴客で混雑するのでしょうね、支線のローカル駅のはずなのにホームもコンコースも広く作られています。
今回目指す宿は記事タイトルにあります通り「マホロバマインズ三浦」、この駅が最寄りでありまして、
駅から徒歩でも行ける距離ではありますが、私たちは送迎バスに乗せてもらいました。
三浦海岸駅とホテルをピストン輸送、時間帯によって頻度に幅はありますがそれほど待ちません。
駅側の乗降場は京急ストア前であります。ご参考までに。
P1010847


到着しましたマホロバマインズ三浦


そして宿に到着いたしました。マホロバマインズ三浦です。
まほろばまいんず?ちょっと変わった名前やね!と思いませんか?私は思いました。
この類の「ちょっと変なネーミングの施設」に対して私は常に「宗教絡みか?」と疑り深くなってしまうんですが、
こちらのホテルはそうではないようです。
元々は会員制宿泊施設、それが今は一般客も受けるようになったということのようですが詳しいことは分かりません。
企業・団体の保養所みたいな売り方をしていたのかもしれませんね。今は普通の観光ホテルです。
大人一泊二食付きで17000円ぐらいだったかと。お金のことはこの先で書きますが、妥当な価格設定だと思いました。
P1010854


we are 七福神


入口にいきなりどどん!といらっしゃいました。大黒さんとえべっさんです。
しかも金ピカ!このB級度合いが惚れ惚れしますわ~。大好きです。
余談ですが私達のチェックアウト時に入れ替わりにキャッキャ入ってきた子どもたちが、
この像の前で立ち止まり、正面向いて手を合わせて行ったんですよ。
ああ、良い子だなあ、健やかに育ってほしいものだ…と思ったのでした。日本も捨てたもんじゃない。
この旅行で(家族で過ごした時間以外で)いちばん印象に残った光景だったかもしれません。
P1010855


まぐろで有名なだけあって


その隣に並んでいたのが、巨大まぐろ像、名づけて「まぐろば君」であります。
デカい、デカいよまぐろば君。顔だけ比べてもむしゅめより大きい。
マグロに関する豆知識も獲得しながら、いざチェックインとなるのでありました。
P1010856


今回はこの辺で。


余談になりますが写真の話になりますけれども、このシリーズの写真は全て「Photoshopで加工」しました。
具体的には、コントラストを少し下げて彩度を少し上げています。
カメラ内加工でも出来ることですからPhotoshopの意味は無いんでけれども、
今回についてはパソコンを使いましたので、その点フェアに申し添えておきます。
次回はこの続きとなります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

















今回の
撮影機材






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事