ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「LEICA_DG_SUMMILUX_25mm_F1.4_ASPH.」
先日横浜に行きました時に、昼食で私としては極めて珍しい「カフェ」に入りました。
あまりに珍しかったので、これは写真に撮らせてもらおう、と。
で、ネタにするためにここは目先を変えて「トイフォト」で撮ってみよう、と考えました。
料理はとても美味しかったです。提供もスムーズで「当たり」のお店でした。

飲み物もついてくるとの事で思わずスパークリングワインを頼んでしまいました。真っ昼間からいかんねー
PB160008

使用したボディは「OM-D E-M1」、レンズはパナソニックの「25mm F1.4」です。
実は最近持ち出すレンズはオリンパスよりもパナソニックに偏りつつあります。
理由はただひとつ、明るさです。

ソニーαを持ち出す時にも言えるのですが、私のお出かけレンズは「広角」「標準」「中望遠」と、3本の組み合わせを基本にしています。

敢えてメーカーを揃えて言いますと、
オリンパスの場合、
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
・M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
・M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
というような組み合わせになるかと思います。
12mmは17mmと入れ替える可能性があり、45mmは75mmと入れ替える可能性があるものの考え方はあまり変わりません。

一方のパナソニックの場合、
・LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7
・LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4
・LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
という組み合わせになります。上のオリンパスの組み合わせよりわずかに明るいのです。

オリンパスのレンズを忌避しているつもりはなく、むしろ信頼して好んで使っているつもりです。
が、気がつけばパナソニックのレンズをカバンに詰めてしまう癖がつきつつあるように感じます。
25mmを、という時に2本見比べて、思わず「明るい方」を選んでしまう事が多いのです。

そんなわけで今回もF1.4開放でブン回しています。開放バカと呼びたければ呼ぶがいいさ(笑
パンが運ばれてきました。ホカホカで美味しい、むしゅめと奪い合いで食べていました。
この流れで行くとパンが主役のはずなのに、ピント外してますね。
写真を撮った時には「ワインが主役」と思っていたのです。それを無理矢理記事で「パンが来たよ~」という文章と組み合わせました。
ブログ掲載の写真を撮るときには基本的に「こんな文章をあてがう」ということを念頭に置くものなのですが、
このように「撮影当初想定していた展開にならない」というケースもある、ということなのであります。
PB160011

料理が運ばれてくるのを待っている間に、目についた小物を思わず撮ってしまっていました。
これは25mmじゃないなあ。ノクチクロンかオリ75mmを使ったと思います。
PB160018

運ばれてきました。むしゅめが頼んだパンケーキ、美味しそうです。
むしゅめはまだまだばぶですので、食べきれませんでした。
PB160014

ママが頼んだフレンチトースト、これも美味しそうです。
りんごの煮込んだやつも美味しそう、いちごがワクワク感を煽りますね。
PB160017

私が注文した料理も来ました。グラタンです(笑
グラタン、とは言うものの、私が想像していたアレとは違って、トルティーヤのミートソースかけ、みたいな料理でした。
まあ、美味しかったので全然OKです。一気に完食であります。
PB160012

カフェというのは私にはお洒落でどうも敷居が高いような気がしています。
スレッガーがミライさんにかける「俺にとっちゃあ眩しすぎるんだ…」という言葉を思い出します。
でも良い経験をしましたので、また機会があったらイッテミヨー!と思いました。
PB160020

今回はこの辺で。次回は別のネタでまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/03/12 Wed 16:00 マイクロフォーサーズ
オリンパスから新発売された標準画角レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」関連エントリとなります。
小型軽量安価というエントリーユーザーに対して用意されたレンズだとは思うのですが、
画質にも妥協なし、なかなかいい写りしてんじゃーん、的な評価が定まりつつあります。
それもそのはずオリンパスm43単焦点の名品、M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8と同等の光学性能(メーカーサイトより)との触れ込みがありまして、
前評判がドえらく高くなった、という経緯もありました。
私としても街撮りスナップ用新戦力として重宝しています。
また、E-P5と組み合わせると良い感じに持ち歩けると思っています。こんな感じです。
DSC04301

今回は、オリンパス25mmの使い方を相対的に研究するために、似たスペックのレンズと使い比べてみました。
比較対象はこちら、パナソニックの「LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.」です。
今回は「オリ25」「パナ25」と表記します。
春香さん「はーい、かたづけてきまーす」
DSC04302

オリ25とパナ25。この2本の運用上の大きな違いは(私にとって)次の2点に集約されます。

●開放絞り値。
 オリ25はF1.8、パナ25はF1.4。
 1/2段、パナ25の方が「明るい」
●最短撮影距離。
 オリ25は25cm、パナ25は30cm。
 5cm、オリ25の方が「寄れる」

今回はテーブル上の小さいものを近寄って撮る、という状況で比較したのですが、結論は、
記事タイトルにも書いたとおり「寄れるは正義」つまり私の主観でオリ25に軍配を上げました。
本当は「明るいは正義」という記事タイトルを用意していて、
「どうです半段しか違わないのにこんなにボケに差がつくでしょ?」と、オリ25に不利な記事を書こうと思ったのですが、
フタを開けてみると逆転、というか「明るさの差」以上に「最短撮影距離の差」が物を言いまして、
結局記事コンセプトを全面的に変更したのでありました。

さっそく比較していきましょう。
パナ25で、半押しをトライアンドエラーしつつ最短撮影距離を探り撮ったものです。
pana01

続けて同じシーンをオリ25で、半押しをトライアンドエラーしつつ最短撮影距離を探り撮ったものです。
oly01

皆様はどのようにご覧になったでしょうか。
私の主観を申しますと、オリ25の方が明らかに写真に迫力がある。寄ってるんだから当然っちゃあ当然なのですが。
しかし5cmしか違わないのに、ここまで違うものなのかと思いました。

もう一度、ちょっぴりアングルを変えて撮ってみます。
パナ25で、半押しをトライアンドエラーしつつ最短撮影距離を探り撮ったものです。
pana02

続けて同じシーンをオリ25で、半押しをトライアンドエラーしつつ最短撮影距離を探り撮ったものです。
oly02

うむ。やはり写真として伝わるものがまったく違いますね。たった5cmでここまで違うのか。
もちろん実際にはこんなに近寄って撮るばかりではありませんので(むしろ少ない)、
この比較で「オリ25の方が良い」と単純に結論づけるわけではありません。
が、光学性能云々という比較は他の優れたサイトさんが行うのでしょうから、このような比較もニッチな需要があるのではなかろうか、
と思って記事にしてみた次第です。

お仕事が終わり、ワラワラと集まってきました。
春香さん「かっこいいねえ。私にもつかえるかなー」
星井美希「無理だと思うよ」
まどか「思うよ」
DSC04306

春香さん「ここ回るんだよー。しってた?」
星井美希「みんな知ってると思うよ」
まどか「思うよ」
DSC04304

機会があれば屋外で、街撮りなどで比較してみたいですね。
とは言うものの、正直あまり差がつかないような気がします。
今回の比較は「露骨に」違いが出る方法だったのだろうだと思います。
特性を知り、使い分けられるほどに熟達したいものです。

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回登場した
撮影備品
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/10/25 Fri 00:00 マイクロフォーサーズ
オリンパス注目の新型デジタルカメラ「OM-D E-M1」関連エントリとなります。
前回「パナソニック12-35mm F2.8」との組み合わせという趣旨で記事にしましたが、今回は続けてパナソニックのレンズを採り上げてみます。
「LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4」、パナライカと揶揄されることもありますが私的にはお出かけ時には必携のレンズとなっています。
今回は仕事帰りに銀座に立ち寄りました。
平日の18時頃に行ったのですがこの時間の銀座は家路を急ぐサラリーマンやOL、買い物を急ぐおばちゃんや中国人が入り交じり、
正直街撮りしていいものなのかここで?などとも思うのですがまあ気にしないことにします。いつものことですw

今回の裏の主役は「カラークリエーター」であります。
この記事でカラークリエーターを使用した写真には、それが分かるよう記載しますので見比べてください。
色が変わりすぎるから使いづらい、という意見をWEBで見ましたが確かにごもっとも。
それには同意しますが、その上で楽しい機能だと思って私は今のところ使いまくっています。
カラークリエーターは「色相」と「彩度」をグラフィカルに操作できるというのが魅力なのですが、
その中で「彩度を最低値」にすると、彩度ゼロ、すなわちモノクロということになります。
EM140126

この樹を撮ろうと思って歩道でカメラバッグをごそごそしていたら道路の向こうにフーターズがありまして、
いやいかん、ここでカメラを取り出したらいかにもフーターズを覗き撮りしようとしているみたいじゃないか、
というわけで周囲の眼に怯えながら撮った写真ですw
EM140110

以前にも似たような趣旨の写真をここで撮ったことがあるような?
まあいいでしょう、同じ場所で同じ方向を向いて同じようなものを被写体にすれば同じような写真になるのは仕方がないですねw
たまたま信号待ちしている車の車体カラーが格好良かったので撮らせていただきました。
一応機材の話もしておきますと、車体の塗装の色つやがライカブランドの底力を感じさせます(適当)
EM140128

カラークリエーターを使用しました。思いっきり緑に振って、彩度を最大にしました。
「マトリックス」的な世界観をイメージしたのですがどうですか。
ちなみにカラークリエーターを青に振って彩度を若干マイナスにすると「相棒」的な世界観を再現できます。
EM140134

カラークリエーターを使用しました。緑のまま、彩度は普通ぐらいでしたかね。
三越は「イタリアウィーク」らしいです。イタリアということで緑、というわけではないのですが。
EM140137

上の写真は三越のショーウィンドウを写したものですが、ここでスイッチが入りました。
私はここでもう少し頑張れるんじゃなかろうか?と思ったんですね。
ぶらぶら撮り歩いていて、ふと立ち止まったところで何故か狂ったように設定を変えながら猛然と撮り始めるなんてことありませんか?
この写真は残念賞です。ハイアールが下品に目立ち過ぎ、右下におっちゃんも入り込んでしまいました(^^;
EM140146

おっちゃんがいなくなった!チャ~ンス!
ショーウィンドウ越しに写り込んだ景色にピントを合わせてマネキンをボカす。
マネキンを何らかの形で印象的に撮ることを、機会があるたびに挑戦しています。
いつの日か、作品レベルにまとめあげたものを撮りたいと思っています。
EM140152

今回はこの辺で。
余談になりますが、当ブログ宛にお寄せくださるメッセージ(主に『拍手コメント』)の中には、
「記事を見てカメラを買いました」というご感想も結構ありまして、
それは私にとっても光栄なことで大変嬉しく思っていて、こちらこそ感謝したい気持ちでおります。

が、これだけ載せまくっているのにもかかわらず「天海春香さん可愛いですね!買っちゃいました!」というご意見が、
ものの見事にひとつもありません(´・ω・`)
てゆうかキューポッシュ記事の反響がまったく無い…いや、まだまだ私の努力とセンスが足りないのだ!
ムーヴメントが起こるまで春香さんにはこれからも頑張ってもらいますとも(`・ω・´)
DSC06921

OM-D E-M1についてはまだ(断続的にでも)続く予定です。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/02/13 Mon 04:12 マイクロフォーサーズ
大盛況のうちに閉幕となった「CP+2012」、
私も会場に行き、イベントを堪能してまいりました。
本エントリでは、イベントコンパニオンさんを撮らせていただいたものを掲載します。

使用カメラは「オリンパス ペン E-P3」、
レンズは「LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.8」
を使用しました。

ニコンのお姉さん。
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
25mmP2111353.jpg

キヤノンのお姉さん。
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
25mmP2111337.jpg

パナソニックのお姉さん。
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
25mmP2111363.jpg

ニコンのお姉さん。
M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.8
45mmP2111403.jpg

シグマのお姉さん。
M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.8
45mmP2111382.jpg

ニコンの舞台上のパフォーマンス。
表情が演技していない気がします。
M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.8
45mmP2111407.jpg

ベンロセミナーのモデルさん。ものすごい人だかり。芸能人だったんでしょうか?
M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.8
45mmP2111436.jpg

こうやって見ていると気付かされることがいくつかありまして、
カメラを新型に換えるとかそんな話ではなく、私の腕前に問題があると、
今更ながら凹むものです。
具体的にはピント合わせですね。ピシッと決まってません。
くそう、来年リベンジじゃぁ;
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/12/31 Sat 23:24 マイクロフォーサーズ
子供に大人気のこびとづかん、
DVD「こびと観察入門」は、大人も楽しめる作品です。
と言いますか、笑いどころが随所に散りばめられている、大人向けというべきものですね。


その中でも人気のこびと「カクレモモジリ」の積みフィギュアが発売されています。
PC311117.jpg

他の積み系フィギュアもそうであるように、
こちらも大変出来が良く、見ているだけで和めます。
ちょっとアクが強いキャラクターデザインですが、これが味があってよろしい。
PC311118.jpg

この、おっさんみたいな顔だちが、こびとづかんの特徴ですが、
これが見慣れてくると可愛らしく見えてくるのだから不思議です。
PC311119.jpg

揃って記念撮影であります。
PC311121.jpg

これは秋葉原のヨドバシカメラへ買いに行ったのですが、
今日は大晦日、ちょっと人出は少なめでした。
明日はもの凄く混雑するのでしょうね。
おもちゃ売り場をぐるりと見て回っていたのですが、
プリキュアコーナーはとりわけ人がまばらでした。
2月になったら新シリーズがスタート、今は現在放映中の作品が末期という時期ですので、
おもちゃはあまり動かないようです。親は賞味期限切れ間近ということで避けるでしょうね。
4月の新学期には軌道に乗っていて子供たちの話題の中心になるように、
という理由での2月のシリーズ切り替えと聞いたことがありますが、
年末年始の商戦を捨ててまですることなのか、と、素人考えで思ってしまいます。
正月が明けますとプリキュアグッズは投げ売り状態になりますので、
どうしても欲しいという方はそれを待つのも良いかもしれません。
PC311098.jpg

たまもりしーるの特大版なんかが発売されていました。
でか!と思わず声に出してしまうほど(笑
PC311104.jpg

むしゅめが欲しがるリカちゃんの服を買い足して帰ってきました。
PC311100.jpg

アンパンマン売場で足を止めます。
スマートフォンを模したおもちゃが売られていて、
それにはiPhoneなどにあるホームボタンまでついています。
iPadでApple慣れしていることもあり、
むしゅめはアンパンマンスマートフォンの操作に迷うとホームボタンをぐりぐり押しています(笑
スマホはともかくiPadは子供も躊躇なく慣れることができますので、
それを真似たおもちゃはもはや子供だましでしかない、というのが皮肉ですね。
PC311103.jpg

年内の更新はこれが最後になります。
今年は色々なことがあった年でした。
来年は皆様にとっても素敵な年でありますように。
どうぞよい年をお迎えください。




このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/08/01 Mon 23:01 マイクロフォーサーズ
奇しくも?オリンパス「E-P3」と同じ日に発売された、パナソニック製の大口径単焦点レンズです。
今回は外観や質感について。

換算50mmでF1.4という、古典的な標準レンズがようやくにしてマイクロフォーサーズにも登場しました。
が、ライカ銘で値段はお高め、実売5~6万円であります。

同じくパナソニックの「LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.」と並べてみました。
焦点距離を示す数字「25」と「20」、微妙にフォントが違います。
25mmの方はさすがにライカの字体ですね。
DSC03992.jpg

単焦点ながらズームレンズ並の長い鏡筒を持っています。
プラスチック鏡筒にゴム製のピントリング、こう書くといかにも安っぽいイメージですが、
実物はそんなことはありません。そこそこです。
ゴムリングのせいもあって写真では埃を取り除ききれていませんね。すみません。
ナノコーティング採用、これはちょっと楽しみです。
私はソニーとオリンパスのボディのユーザーで、
この2メーカーのレンズはナノコーティング技術を持っていません。
何がどう違うのか、すごいのか、これから頑張って試していこうと思います。
DSC03986.jpg

ところで、こうやってE=P3に取り付けてあらためて思うことは、
オリンパスのレンズはオリンパスのボディに似合い、
パナソニックのレンズはパナソニックのボディに似合う、ということです。
当たり前ですかそうですか
DSC03989.jpg

正面から見たらこんな感じです。
ライカの名がつく交換レンズというのを初めて持ちましたので、ちょっと感慨深いです。
ツァイスはそこらへんに転がってるわー見飽きたわー(ミサワ調で)
DSC03988.jpg

フードはレンズに付属していました。プラスチック製の、特に気合が入ったというものではないようです。
キャップは他のパナソニックレンズと共通のデザインです。
レンズポーチも同梱されていて、良心的なパッケージです。
DSC03990_20110801223935.jpg

全体的に安っぽい作り?ということなんでしょうか。
実物はずっしり重量感があります。
プラ鏡筒でこの重さは、中にはガラスが詰まってるよ、ということなのでしょう。
次回以降のエントリで私なりの実写レポートをしていこうと考えています。
よろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事