FC2ブログ
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「LEICA_DG_SUMMILUX_25mm_F1.4」

●銀座とその周辺のクリスマスものを撮り歩きました、続編です

前回に続き、銀座とその周辺をクリスマスモノを求めて撮り歩いた、という記事を書きます。 2015年度クリスマス記事も今回で20弾、今年はほぼこのネタで通す予定でおります。 「イルミネーションかよウンザリだぜ」と思われる方は年明けにお越しいただければと思います(笑 冗談はともかく、クリスマスをモチーフにしてはおりますが、その上でしっかりちゃっかり街スナップを撮っている、そこも見どころだということで。 写真の見方というのは人それぞれ、多面的であるべきだ。まあ余談ですけれども。 EM546170

・今回は京橋「東京スクエアガーデン」

東京スクエアガーデンという複合施設が京橋にできたのは2013年でしたか。もう2年経つのですね。 銀座から東京駅八重洲口に至る私の散歩コースのひとつ「京橋ルート」では必ずここを経由します。 狙って目指すわけではないのです。何の気なしに歩いていたら知らず知らずにたどり着くという。 つまりはそれだけ東京スクエアガーデンの立地がツボを押さえたものなのだ、ということになるのであります。 EM546173 京橋駅直上、銀座と東京駅前エリアの中間にある施設です。 見方によっては中途半端、しかし実際は空白を埋めるかのようにできたというべきなのでしょう。 明治屋近辺の再開発など、京橋地区はこれからどんどん変わっていくようですので目が離せません。 そして東京スクエアガーデンといえばこちら、獺祭バーであります。 私は日本酒は飲まないタチですが、ここはチャンスがあったら行ってみたいなあ。 EM546175 ここまでクリスマス関連記事を書いてきて、チェックしてくださった方にはもしかしたら伝わっているかもしれません。 私はイルミネーションは「基本的に単色」なのが好みです。丸の内然り、恵比寿然り。 それ以外の要素があるスポットは「若い人向けですね」で片づけてしまっている傾向があります。 その価値観で申しますと、東京スクエアガーデンのイルミネーションは好みではない、ということになるでしょうね。 これをご覧の方がどう思われるか、「華やか」と見るか「やり過ぎ」と見るか。いかがでしょうか。 EM546178 ここまでの写真はちょっと電飾のつぶつぶが目立ち過ぎ、というものでした。 ここから気を取り直して他の要素に目を向けてみます。 東京スクエアガーデンのビルの入り口です。 ここの雰囲気はどちらかと言うと丸の内の施設に通じるものがありますね。 EM546181 1階にあるテラス席を擁するレストランです。 フレンチビストロ「レ ロジェ ビストロ ド ロア」だそうです。覚えた!(嘘 フレンチなんですか。予約なしでふらりと行くには敷居が高そうですが、機会があったら入ってみたいお店ではあります。 EM546182 そのテラス席を撮らせてもらっています。 お客さんが座ってないので(この季節ですからみんな屋内席に座る)、このように写真にできるのです。 EM546183 MFにしてピントリングを思いっきり回して撮りました。今年よくやっている撮り方です。 要素を色にしてしまって、そのスポットの特徴を表現しようという試み。うまくいっているかと言えば、まあ微妙でしょうね(笑 EM546167

・今回はこの辺で。

京橋は大人の街なのです。 銀座は中国人の団体とかで騒々しい印象になってしまいましたが、その波は押し寄せていない印象です。 だからかな、飲食店などの混雑度もそれなり、まだ余裕があるようです。 ゆったり過ごしたい私には、銀座よりこっちの方がいいかもしれんね。 街の夜撮りをした後はバーとかで写真談義、洒落てると思いませんか?どうですこれを見ているカメラ女子! 次回はこの続きで近隣の地域のネタとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m EM546176
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

●銀座周辺のクリスマス関連モノを撮影してきました

クリスマス編も中盤に入ってきました。まだ中盤かよ(笑 今回から何回かに分けて、銀座周辺の風景を撮った写真を掲載します。 前編たる今回は「銀座ヒカリミチ」銀座通りのイルミネーションを衷心に、そのあたりの諸々を載せてみます。 EM546149

・イルミネーションとしてはそれほどですが

銀座ヒカリミチ、大層な名前ではありますが実際には歩道沿いにクリスマスツリーを延々並べるという、 実は規模は大きいのですが、でもそれだけ、と言えなくもない内容です。 しかしそこはそれ、銀座です。 ツリー以外にもクリスマスネタに苦労しない!はず! 代表格がこちら、銀座四丁目交差点近くの銀座コアのショーウィンドウ。 毎年趣向を凝らしていますが今年はこのようなサンタクロースでした。 EM546141 キリスト教系の書店、教文館のショーウィンドウ展示です。 児童書が充実、むしゅめの絵本を買う時はここに行くことが多かった。最近は縁遠くなっていますけれども。 あ、中平卓馬の「なぜ、植物図鑑か」はここで買いましたっけね。懐かしい。 EM546151 ブルガリビル恒例、R-TYPEことヘビの電飾です。 この交差点はブルガリの他にルイ・ヴィトン、シャネル、後なんだっけ、とにかく大物ブランドが集うことで知られており、 私などは「ココに居ていいのか?」みたいな場違い感すら感じる文字通り銀座の高級な方の中枢と言えます。 おばちゃんがずらりと並んでカメラを構えているのも印象的ですね。 EM546160 ダンヒルの看板を、何となく撮ってみました。 ここを通るたびにいつも思うんですけど、ダンヒル、上、伸びすぎじゃね? EM546163 銀座に限らないんですけど、「おしゃれな街」の定義というのが何となくありまして。 帽子専門店がやっていける街というのがおしゃれなのかなあと思うのですね。銀座の他では、横浜ぐらいしか知らないんですけど。 EM546164

・今回はこの辺で。

銀座は散々行ってるんですけど、 (金持ちアピールしたいのではないですよ、買い物するわけではないから) その度に新しい「何か」を、被写体として見つけることができるような気がします。 都心部なんだから当たり前、という気もしますが、いやそれだけではないな、 この街特有の、常に変わり続ける、一方でずっと変わらないものがある、その摩擦が生み出す空気みたいなもの。 これは丸の内や東京駅近辺には無いものです。新橋にも無いな。 それぞれの味、みたいなものを感じることができたらいいなあと思っています。 写真にする力量が無いのが残念無念 次回はこの続きとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m EM546147
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

前回に続き、休日のみなとみらい編となります。
先週末横浜市は「横浜開港祭」だったそうで、江戸末期、開国の時に横浜の港を開いたのが現在の暦で6月2日なのだそうです。
なるほど、だから開港祭自体が6月2日の月曜日まで開催だったのですね。
様々なイベントが行われていたようですが、その一環としてタイミングを合わせたのでしょうね、
日本丸が帆を広げていました。
EM110935

すべての帆を広げて、帆船がもっとも美しい状態を展示するという。
この帆を広げることを「総帆展帆」と言うそうです。そうはんてんぱん、と読むらしいです。アンドレカンドレ。
日本丸の総帆展帆は、その技術を持つ人達がボランティアで行っているそうです。年に20回ぐらいあるようですね。
私は初めて見ました。主に日曜日に行われるようで、サービス業歴が長かった私は、日曜日に休み且つ横浜に行く機会が無かったのです。
EM110940

私は船舶についての知識は皆無ですが、日本丸は好きでみなとみらいに行く時には必ず至近距離まで近寄ります。
なぜ日本丸が好きなのか?それはもちろん、船名でしょうね。名前も姿も美しい。
EM110918

誇らしく日の丸がはためいています。
そうです。堂々としていればいいんですよ。
EM110907

暑いからでしょうか、日本丸の足元ではクラゲが大量発生していました。
見てしまったうちのむしゅめも大騒ぎです。ゆらゆらゆれて可愛らしくも思えるのですがこれだけ集まると私はダメですわ(笑
EM110928

入場料を払えば中に入ることができる(これは帆の状態に関係なく日常行われています)のですが、
今回は時間がなかったので泣く泣く断念。見上げて撮りたかったです。まあまた機会があるでしょう。
EM110899

日本丸の周囲をぐるりと一周して、帆を後ろからも撮っています。
EM110916

日本丸絡みでマンホールも掲載しておきましょう。ご当地マンホール。
私的にはこれを撮り歩くことは普段していませんので、かえって新鮮に感じます。
EM110964

普段は帆が張られていない日本丸ばかり見ていて、上で書いたとおり帆を広げた日本丸を初めて見たものですから、
そのうつくしさに感動しました。
写真を取りながらちょっとウルウルしたのは内緒です。
EM110962

今回はこの辺で。
日本丸の美しさに見とれる一方で、それを撮って回っている人たちにも目が向いたのですが、
α99を持った方と、α900を持った方を見かけました。
どちらの方もバリオゾナーをつけていたように見えましたが、あれは16-35の方だったのかなあ。
ここしばらくパナソニック15mmを付けっ放しにして撮り歩いていたのですがここではさすがに対応しきれないだろうと思い、
オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」
パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4」
パナソニック「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2」
の3本をとっかえひっかえ使っていました。
どの写真をどのレンズで撮ったかは伏せておきます(特に理由はありません)、まあ見たら分かるでしょうし(笑

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m










今回登場した
撮影機材






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事