ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「LEICA_DG_NOCTICRON_42.5m_F1.2」

●2015年度クリスマスイルミネーション新宿編、西口モザイク通りです。

クリスマスイルミネーション編も今回で第24弾です。毎回カウントしてる気がするな 前回記事の最後に予告しましたように今回は新宿ミロード・モザイク坂集中掲載の予定でしたが、 すみません私嘘をつきました。モザイク坂は半分ぐらいでした。 記事用の写真は早めにFlickrにアップ、数日おいて記事作成というプロセスで、その間写真を見返すこともしませんから、 どの写真を記事用に選んだか忘れることもあるのであります。あるあるネタですよね。 というわけで誤魔化しながらモザイク通りネタ、張り切ってまいりましょう! EM566354

・モザイク坂

モザイク通り北端の坂が「モザイク坂」です。 坂とは言っても建物の中に作られたスロープであくまでも人工的なもの、 その脇にはずらりとお店が並んでいます。 クリスマスの装いをしたモザイク坂を往来する人達を眺めるサンタと雪だるま、という図ですよね。 その意図を勝手に汲みとって撮っています。 EM566330 モザイク坂の天井からぶら下がるイルミネーション、それを見上げて撮っている人達、という写真があったはずなのに、無い! ブレたり傾いたりしたのかなあ、まあいいや後日追記するかもしれません。 ここでは「坂をくだっていく人達」をモチーフにさせていただいた写真を載せます。 EM566347

・モザイク通り

モザイク坂の写真は以上!んなあほな; もっと粘りに粘ってじっくり撮っていたはずなのです!あれだけ撮った写真たちはどこへ!? まあいいや、この先はモザイク通りに話を戻します。 もちろんモザイク坂に負けず劣らずキラキラしていましたよ。 EM566366 カフェの点等で点灯していたクリスマスツリーです。 使用したレンズはたぶんノクチクロンだったと思います。たぶん。 EM566372 例によってマネキンを撮らせてもらいました。 襟のポワポワにピントを合わせています。 EM566361 カフェの看板を撮って向こう側をぼかし、周辺状況を取り込むことをしています。 ここまでの3枚に共通しているのが「日の丸構図」中央一点でピントを合わせシャッターを切るという撮り方であります。 一見安直?いや実際安直な撮り方ではあるんですけれども、街スナップというのは基本的にヒットアンドアウェイですから、 私の場合ですけれども、最近は「中央一点で日の丸」か「MFで置きピンしてチャンネー待ち」というのが多くなっています。 EM566371

・今回はこの辺で。

新宿テラスシティ、楽しませていただきました。 そして帰りには柿安ダイニングで牛めし…と思って立ち寄ったところ何と売り切れ、 代わりにすき焼き重を買って帰りましたとさ。 次回は別のところのネタを掲載します。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

●新宿テラスシティのクリスマスイルミネーション撮影をしてきました。続編です。

2015年度クリスマスイルミネーション撮影編、第23弾となります。 新宿駅西口の小田急エリアを中心に、てゆうか新宿ではそこしか回っていませんが、 それだけでもかなりのボリュームがあります。 新宿ですから当然、カフェにもお店にも事欠きませんから、イルミネーションデートという位置付けでも楽しめるのではないでしょうか。 今回は「南口サザンテラス」の写真と「西口ミロード・モザイク通り」の写真を半分ずつ掲載します。 それはともかく、これだけツブツブしているとさすがにうっとおしいですね(笑 イルミネーションが嫌いだ、という意見を稀に見ますが、その気持ちが分かる気がします。 EM566313

・サザンテラス

テラスシティは小田急グループの商業施設です。サザンテラスもそれに含まれます。 が、サザンテラスには同業者たるJR東日本の本社も面しておりまして、 ちゃっかりサザンテラスのイルミネーションに便乗しているという。 Suicaのペンギンであります。 EM566278 「ただ単に向こう側をボカしただけ」の写真を撮りたい!という衝動に従って撮ったものです(笑 まあだから何やねん、みたいな写真ではありますが、写真手習い始めの頃はこういう写真ばかり撮っていたっけね。 たとえ後ろ姿であれ、他人にカメラを向けることに躊躇がありましたので。今もありますけどね(弁解 EM566298 まあでもやはりこういう風に「個人が特定されない範囲で人物を主題にする」のであります。 最近のマイブームですね。特に都心部のような人の多いところでは。 EM566273

・モザイク通り

とまあ、それぐらいにして歩道橋を渡り、新宿西口に進みます。 小田急ミロードという商業施設の中にある「モザイク通り」というエリアが、最もイルミネーションが密集している。 という私なりの判断がありまして、ここ数年は(サザンテラスを除いては)モザイク通りにしか行っていないなあ。 こういう飾り付けになっているのです。記事冒頭の写真もここで撮ったものです。 EM566304 ステージのように一段高くなっているところに電飾が飾られており、 通行人はめいめいそれを背景にして記念撮影しているんですけれども、 中にはこのようにステージに上って写真を撮っている猛者もいるのですね(笑 いいのかダメなのかは知りませんが、私が行った時には他にやってる人はいませんでしたね。 EM566312 そのモザイク通りの北端が坂道になっておりまして、「モザイク坂」という名前がついています。 ここ数年の私の新宿イルミ撮りでは、このモザイク坂がメインになっています。 明るくて電飾も鮮やかで、若い子も多く(笑)それはともかく、とにかく写真映えのする場所なのです。 EM566325

・今回はこの辺で。

最後の写真のところで「モザイク坂がメイン」と書きました。 その割に1枚だけかよとツッコまれたい部分ですがご安心めされよ、 次回はまるまるモザイク坂でございます。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

●クリスマスイルミネーション撮影・新宿シリーズです

いよいよ中盤戦も盛り上がってまいりましたクリスマス編です。 まだ中盤かよ、と。ざっと記事掲載予定を再確認しましたらトータル怒涛の40本予定という、 実はクリスマスネタについては昨年ほどこだわりが無いかな、と思っていたものの、 フタを開けたら当ブログ過去最大のシリーズとなりそうです。 理由としましては、昨年までなら「前・後編」で終わらせていたところを「前・中・後編」と3本セットにした、というようなことが考えられます。 まあ、ネタが豊富なことは良いことです。 というわけで今回から前三回、新宿駅前小田急村の「テラスシティ」イルミネーションをお届けします。 新宿テラスシティ イルミネーション'15-'16 EM566236

・サザンテラスは広くて華やか

新宿南口サザンテラス。私にとってはイルミネーション撮りの原点のひとつと言っていい場所です。 以前は「サザンライツ」というイベント名で大々的に宣伝していましたが、 今は「テラスシティイルミネーションの一部」という位置付けを強調しているように思います。 年々内容が少しずつ変わっていますがそのボリュームは健在です。 南口を出ますと甲州街道を渡り、ここから入っていきます。 EM566220 サザンテラス中央部にあり、ひときわ目立ち立ち寄る人も多い、こんもり盛り上がったr遊歩道です。 歩道を見上げて撮る人もいれば、歩道で光に包まれる人も。さまざまです。 EM566226 サザンテラスはいくつかのお店やカフェ、あとは広い歩道スペースで出来ています。 私が行ったのは日曜日の17時台でしたがかなりの人出でしたね。さすがは新宿。 EM566221 サザンテラスといえばこちら、クリスピー・クリーム・ドーナツ日本一号店です。 今でこそあちこちで見かけるドーナツ屋さんですが当時は他にお店がなく、しばらくこの一店舗だけで営業していましたよね。 当時の行列はすごかったなあ。横目で行列を眺めながら通り過ぎる日々だったのを思い出します(笑 EM566258 例によってまた「ボカして、色でその場所を表現する」というやつです。 これはその意図で撮ったものではありませんが、まあ状況説明ぐらいにはなるかな? EM566262

・今回はこの辺で。

ずっとソニーα主体で撮ってきたクリスマスイルミネーション撮影ですが、この新宿編はマイクロフォーサーズで出撃しました。 これを撮りに行ったのが先日の忘年会の翌日でして、かばんの中身がまるっとそのまま、αに入れ替えなかったのであります。 というわけで、他の記事に比べてちょっと硬いといいますかボケが少ないといいますか、そんな印象にうつるかもしれません。 そういう部分も含めてご覧いただければと思います。 次回は新宿の続きです。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m EM566261
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

●銀座とその周辺のクリスマスものを撮り歩きました、続編です

前回に続き、銀座とその周辺をクリスマスモノを求めて撮り歩いた、という記事を書きます。 2015年度クリスマス記事も今回で20弾、今年はほぼこのネタで通す予定でおります。 「イルミネーションかよウンザリだぜ」と思われる方は年明けにお越しいただければと思います(笑 冗談はともかく、クリスマスをモチーフにしてはおりますが、その上でしっかりちゃっかり街スナップを撮っている、そこも見どころだということで。 写真の見方というのは人それぞれ、多面的であるべきだ。まあ余談ですけれども。 EM546170

・今回は京橋「東京スクエアガーデン」

東京スクエアガーデンという複合施設が京橋にできたのは2013年でしたか。もう2年経つのですね。 銀座から東京駅八重洲口に至る私の散歩コースのひとつ「京橋ルート」では必ずここを経由します。 狙って目指すわけではないのです。何の気なしに歩いていたら知らず知らずにたどり着くという。 つまりはそれだけ東京スクエアガーデンの立地がツボを押さえたものなのだ、ということになるのであります。 EM546173 京橋駅直上、銀座と東京駅前エリアの中間にある施設です。 見方によっては中途半端、しかし実際は空白を埋めるかのようにできたというべきなのでしょう。 明治屋近辺の再開発など、京橋地区はこれからどんどん変わっていくようですので目が離せません。 そして東京スクエアガーデンといえばこちら、獺祭バーであります。 私は日本酒は飲まないタチですが、ここはチャンスがあったら行ってみたいなあ。 EM546175 ここまでクリスマス関連記事を書いてきて、チェックしてくださった方にはもしかしたら伝わっているかもしれません。 私はイルミネーションは「基本的に単色」なのが好みです。丸の内然り、恵比寿然り。 それ以外の要素があるスポットは「若い人向けですね」で片づけてしまっている傾向があります。 その価値観で申しますと、東京スクエアガーデンのイルミネーションは好みではない、ということになるでしょうね。 これをご覧の方がどう思われるか、「華やか」と見るか「やり過ぎ」と見るか。いかがでしょうか。 EM546178 ここまでの写真はちょっと電飾のつぶつぶが目立ち過ぎ、というものでした。 ここから気を取り直して他の要素に目を向けてみます。 東京スクエアガーデンのビルの入り口です。 ここの雰囲気はどちらかと言うと丸の内の施設に通じるものがありますね。 EM546181 1階にあるテラス席を擁するレストランです。 フレンチビストロ「レ ロジェ ビストロ ド ロア」だそうです。覚えた!(嘘 フレンチなんですか。予約なしでふらりと行くには敷居が高そうですが、機会があったら入ってみたいお店ではあります。 EM546182 そのテラス席を撮らせてもらっています。 お客さんが座ってないので(この季節ですからみんな屋内席に座る)、このように写真にできるのです。 EM546183 MFにしてピントリングを思いっきり回して撮りました。今年よくやっている撮り方です。 要素を色にしてしまって、そのスポットの特徴を表現しようという試み。うまくいっているかと言えば、まあ微妙でしょうね(笑 EM546167

・今回はこの辺で。

京橋は大人の街なのです。 銀座は中国人の団体とかで騒々しい印象になってしまいましたが、その波は押し寄せていない印象です。 だからかな、飲食店などの混雑度もそれなり、まだ余裕があるようです。 ゆったり過ごしたい私には、銀座よりこっちの方がいいかもしれんね。 街の夜撮りをした後はバーとかで写真談義、洒落てると思いませんか?どうですこれを見ているカメラ女子! 次回はこの続きで近隣の地域のネタとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m EM546176
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

●銀座周辺のクリスマス関連モノを撮影してきました

クリスマス編も中盤に入ってきました。まだ中盤かよ(笑 今回から何回かに分けて、銀座周辺の風景を撮った写真を掲載します。 前編たる今回は「銀座ヒカリミチ」銀座通りのイルミネーションを衷心に、そのあたりの諸々を載せてみます。 EM546149

・イルミネーションとしてはそれほどですが

銀座ヒカリミチ、大層な名前ではありますが実際には歩道沿いにクリスマスツリーを延々並べるという、 実は規模は大きいのですが、でもそれだけ、と言えなくもない内容です。 しかしそこはそれ、銀座です。 ツリー以外にもクリスマスネタに苦労しない!はず! 代表格がこちら、銀座四丁目交差点近くの銀座コアのショーウィンドウ。 毎年趣向を凝らしていますが今年はこのようなサンタクロースでした。 EM546141 キリスト教系の書店、教文館のショーウィンドウ展示です。 児童書が充実、むしゅめの絵本を買う時はここに行くことが多かった。最近は縁遠くなっていますけれども。 あ、中平卓馬の「なぜ、植物図鑑か」はここで買いましたっけね。懐かしい。 EM546151 ブルガリビル恒例、R-TYPEことヘビの電飾です。 この交差点はブルガリの他にルイ・ヴィトン、シャネル、後なんだっけ、とにかく大物ブランドが集うことで知られており、 私などは「ココに居ていいのか?」みたいな場違い感すら感じる文字通り銀座の高級な方の中枢と言えます。 おばちゃんがずらりと並んでカメラを構えているのも印象的ですね。 EM546160 ダンヒルの看板を、何となく撮ってみました。 ここを通るたびにいつも思うんですけど、ダンヒル、上、伸びすぎじゃね? EM546163 銀座に限らないんですけど、「おしゃれな街」の定義というのが何となくありまして。 帽子専門店がやっていける街というのがおしゃれなのかなあと思うのですね。銀座の他では、横浜ぐらいしか知らないんですけど。 EM546164

・今回はこの辺で。

銀座は散々行ってるんですけど、 (金持ちアピールしたいのではないですよ、買い物するわけではないから) その度に新しい「何か」を、被写体として見つけることができるような気がします。 都心部なんだから当たり前、という気もしますが、いやそれだけではないな、 この街特有の、常に変わり続ける、一方でずっと変わらないものがある、その摩擦が生み出す空気みたいなもの。 これは丸の内や東京駅近辺には無いものです。新橋にも無いな。 それぞれの味、みたいなものを感じることができたらいいなあと思っています。 写真にする力量が無いのが残念無念 次回はこの続きとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m EM546147
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事