ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「Instagram」
2016/10/16 Sun 02:30 ブログ | ブログ | 当サイトについて

写真SNS「Instagram」とFC2ブログの連携を私なりに考えてみます


前回に続き、「FC2ブログの『Instagram(インスタグラム)連携』という機能を試してみる」という記事となります。
insta2_201610160116355ca.jpg
FC2ブログのInstagram連携機能を試してみた 前編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ

いつの間にかFC2ブログに「Instagram連携」機能が追加されてた!

Instagramとブログの連携というと「Instagram投稿の埋め込み」ぐらいしか思いつかないが違うのか?

Instagramに掲載した「写真だけ」取り出して掲載できるらしい!
というのが前回までの流れです。
今回は「実際に掲載に至るまでのフロー」を追ってみて、それが「私のブログ執筆する感覚で」実用に耐えうるか否か、
それを見ていこうという内容になります。

まあ「FC2なんてエロサイトの犯罪者企業じゃねーか」と思われる方も多いのかもしれませんが、
私個人的には別に気にしておらず、使いやすいサービスだと思っていますので引き続き利用していきます。
開設してもう7年近くになりますので、生活に根付きましたし。


当ブログなりの「連携機能」利用方針


さて。当ブログなり、てゆうか私なりのInstagram連携利用ですが、
やはり「Flickrに代わる、写真置き場」という方法に落ち着くような気がします。
SNSからのデータ貼り付けとなりますと、このような形態が真っ先に思いつきますよね。

#バラ

てーあいさん(@tilandmark)が投稿した写真 -



もちろん上のような投稿貼り付けも、活用したいと考えています。
ただ、今回の主役はそれとは違います。このようなものであります。
DSC05616

実際の掲載までの流れ


さて、写真データをブログに載せるまで、実際にどのような手順を踏むことになるか。


FC2の「ファイルアップロード」機能を利用する


FC2の場合単純で、「ブログ標準搭載である『画像アップロード機能』を利用する」という方法が真っ先に浮かびます。
こちらがそうです。
私には画質が元画像に比べてちょっと「もやっと」して見えます。
DSC04538.jpg


Flickrの「Embed(貼り付け)機能を利用する」


私は現在、この方法を主要な「ブログへの写真掲載手段」として利用しています。
FC2標準の写真アップロード機能は、他のサービスの多くがそうしているように当然にファイルサイズを圧縮していると考えられますが、
それが画質劣化と言いますか、私のような「正直あまり気にしない」部類の人間でも気になるレベルなもので、
他の写真共有サービスでブログ掲載が可能なものを検討した結果、Flickrに落ち着いたのでした。
その前は「Picasa web album」現在のGoogle Photoですけれども、そちらはちょっと色が変わってしまった&使いづらかったのでやめましたね。
こちらがFlickrからの画像の掲載です。
上のFC2ファイルに対して、特に男性の衣服のシワで差をつけているように思います。
DSC04538


Instagram連携機能を利用する


さて、今回の主役「FC2ブログによる、Instagram連携機能」によって貼り付けた画像です。
ブログ投稿画面からInstagramに掲載している写真を呼び出し、それを貼り付けるというものです。
実際の手順としては「写真をFlickrに掲載 → それをInstagramに投稿 → それをブログ投稿画面で引っ張ってくる」
となりますが、正直これはボツですね。
こうやって上の画像と見比べて思いました。ちょっと画質に差がありすぎます。
Instagramは写真専門のSNSサービスですから投稿数が増えるごとにデータ量はガンガン膨らんでいくことは想像できます。
ですから投稿される画像はそれなりにデータ量を圧縮するであろうとも想像していました。
が、それが「実際の見た目に影響が出るほどに」行われているのであれば、
PCで長辺800pxの掲載を行っている当ブログとしては、メインストリームには使えませんね。残念



結局どうするのよ


やっぱり「Flickr」に掲載した写真を掲載する従来のスタイルで行くことにしました。
が、「やっぱりInstagramやーめた」ということにはいたしません。
せっかく再開したInstagramですから、どこかでフィーチャーしていくことは模索していきたい。
ですから、Flickrを基本にしつつも目玉の写真についてはこういう形でも掲載し、
イイネゲットに勤しむ方向でどうですかねお客さん。

#横浜

てーあいさん(@tilandmark)が投稿した写真 -





想定している利用シーン


当然のことではありますが、今後掲載する記事すべてで「Instagramの投稿を貼り付ける」と自分に課すつもりはありません。
気分次第で活用したい。面倒くさくなったら撤回する、ぐらいの気持ちで。そのスタイルは他のコンテンツと同じです。
ですが前回少し触れました通り、Instagramにはどうやら「お得意さん層」というのがあるそうで、要するに「若い女性」だそうですが、
その層へのアプローチを兼ねて、ちょっと取り組んでみようかと思っています。
当ブログは実は女性向けのコンテンツが多いのですが、どうもそこらへんがあまり評価されておりません。
ですのでInstagramへの同時掲載と、そこからのフィードバックを通じて相乗効果を狙い、
ひいては女性ファン獲得への道筋としたい(笑

よく分からんな、どういうことよ?と思われたでしょうね。
実は当ブログは毎年恒例で「首都圏、主に東京都心部のクリスマスイルミネーションを集中的に掲載する」ということをしています。
ここでInstagramを活用します。
クリスマスイルミネーションの投稿をInstagramでガンガン行い、それをこのような形で掲載するのです。
当ブログはクリスマスイルミネーション記事をアホほど掲載しますので、相性が良いように思います。
何だか女性好みのサイトに生まれ変わるような気がしませんか?
てか毎年11月~12月のうちのブログは女性向けにシフトするんですけどね(笑

#恵比寿ガーデンプレイス

てーあいさん(@tilandmark)が投稿した写真 -





今回はこの辺で


というわけで、FC2ブログのInstagram連携機能については「画質が微妙なのでボツ」ですが、
それとは別の方向?いや、本来あるべき連携の姿で何となく「Instagram」の活用方針が見えてきました。
結局「ブログ記事にInstagram投稿を貼り付ける」というものですが、その内容については吟味する、と。
クリスマス時期にうちのブログでInstagramの貼り付けが増えてきましたら、この記事で示した方針の結果ということです(笑

次回は別のネタになります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/10/12 Wed 23:20 ブログ | ブログ | 当サイトについて

FC2ブログにInstagram連携機能なんてものがあるのか!


昨日、友人2人とFC2ブログの仕様について色々と話していた時に、管理画面を見て初めて気づきました。
いつの間にか「Instagram連携 ON/OFF」なんて設定項目が増えているではないか!
insta.jpg

私は現在はブログの設定などはほとんど変更することなく、記事だけを積み重ねる感じで使用しています。
有料プランにしてスマホ広告も完全非表示にしていますので、新着記事の閲覧だけであればスマホから見た方が便利かも。
FC2ブログ長年の課題である「スマホ版でユーザータグの使用(検索・絞り込み等)が不可能」という問題がありますから、
サイトを掘り進むにはPC版からの方が圧倒的に便利、ではあります。これは余談。

そんなわけでとにかく最近は「ブログ設定」をいじらなかったものですから、
Instagram連携なる機能が増えていることにまったく気付きませんでした。


「Instagram」とは何か


Instagram(インスタグラム)とは、写真投稿を主体としたSNSです。
「SNSとは何か」は端折ります(笑)一言で表しますと「写真版Twitter」とでも言うべきか。
もちろんTwitterとも色々な面で異なる部分があります。
Instagram


私は今までInstagramを全く活用してこなかった


このInstagram、私はずいぶん前に登録して、当初はちょぼちょぼ使いましたが、現在はほとんどさっぱり活用できていません。
登録最初期に投稿した写真です。むしゅめが銀座を歩く様子。まだばぶばぶ言ってますやん
2010年12月ですって。6年前か!

ひとりで銀ブラ。

てーあいさん(@tilandmark)が投稿した写真 -



活用しなかった理由は要するに「私にInstagramの良さを理解する力が無かった」からであります。
その上で思ったことを率直に書きますと、
・画像の表示が遅い…これはTwitter上でInstagramの投稿を開くたびに感じます。
・よっぽど積極性を持っていないと、フォロー・フォロワーが広がらない…私は基本的に「後ろ向きな使い方」しかしませんので。
あと、Twitterで言うところの「リツイート」に相当する機能が無いのだそうですね。
だから「拡散性はTwitterに劣る」と。なるほど。
その穴を埋めるが如く、ハッシュタグ文化が発達したそうです。
自分の投稿の存在を知ってもらうために、とにかく何でもかんでもハッシュタグを付けまくる、というのがセオリーらしい。
そのあたりの感覚はTwitterとはちょっと違うように思いますね。
Twitterは文字数の兼ね合いで、併記できるハッシュタグの量にも限りがありますから。

今後はInstagramをどしどし活用しよう!


そんな折、こういう記事を読ませていただく機会がありました。
主要SNSのユーザー数推移です。
【最新版】2016年7月更新。11のソーシャルメディア最新動向データまとめ

この記事によりますと、Instagramの国内アクティブユーザー数が2016年9月の段階で約1200万人とな。
Twitterが約3500万人とありますので、1/3程度の規模ということになります。
が、この一文に目が止まりました。

「10代20代を中心とした女性の日常生活の一部と化している!」




「10代20代を中心とした女性の日常生活の一部と化している!」






「10代20代を中心とした女性の日常生活の一部と化している!」

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!
俺の70-200もガチピン写真館

というわけで、私も遅まきながら投稿を充実させていきコミュニケーションを図り、
以てInstagramの、ひいては日本の写真文化の深化と発展にささやかながらも貢献させていただくべく、
準備を始めようと決心したのでありました。


FC2ブログにおける「Instagram連携」とは


さて、そんな風にニワカにマイブームになるかもしれないInstagramですが、
正直申しまして「FC2ブログとの連携」ということを知らなければ、そのまま放ったらかしにしていたであろうことは疑いありません。
せっかく(今更ながら)見つけた連携機能ですので、活用するとしたらどのような形になるのか。

咄嗟に思いついたのは、「Instagramの投稿という形で、そのまま引っ張ってきて掲載する」ということ。
上に載せたむしゅめのばぶばぶ銀ブラ写真がその典型ですよね。
比較対象にするために、ええい、もうひとつ載っけておけ!

test2

てーあいさん(@tilandmark)が投稿した写真 -




しかし、上のフクロウツイート、じゃないや、フクロウインスタは「FC2ブログによるInstagram連携機能」ではありません。
Instagram側の「ウェブサイトへの埋め込みタグ」生成機能を用いて貼り付けたものであります。
FC2ブログの「Instagram連携機能」とは、具体的にはこういう見た目になります。


記事投稿画面に「Instagramから画像を引っ張ってくるボタン」があり、それを押すと、紐付けたInstagramアカウントの画像がずらりと表示され「さあどれを選ぶ?」となる。
選んだ画像はサイズをカスタマイズでき、当ブログで言えばこのように表示させることができる。
それが「FC2ブログにおけるInstagram連携機能」であります。
こういった感じですね。
印象としましては「ブログ掲載写真の置き場所」として使えるのではないか、という感じです。
insta2.jpg
分かりやすいっちゃあ分かりやすいですし、使いやすいな、とも思いました。

現在当ブログの写真の多くは「Flickr」からの埋め込みという形で掲載しています。
それをInstagramに切り替えることができる!というほどの価値があるか。
私個人的な興味は、そこですね。
Flickrのインターフェイスに慣れたということもありますし、それをやめてまでInstagramに入れ込む価値があるかどうか。

今回はこの辺で


Instargramネタというわけですが、まあ、今更ですよね。
世間ではとっくに流行っていて、私はジェットコースターに乗り遅れたモッサリ一般大衆であるに過ぎない。
今どきの若い女の子は、ラーメン屋を探すにもGoogleではなくInstagramの検索機能を使うとかいうではありませんか。
んなアホな、と思いつつ横目でにらんではいましたが、このような形で記事にすることになるとは思わなかった(笑
まあ、ロートルなおっさんの戯言と思ってご笑覧いただければ幸いです。

次回は後編です。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事