ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「FE_28-70mm_F3.5-5.6_OSS」
2017/05/12 Fri 23:50 カメラ散歩 | 写真 | ソニーα

ソニー「α7SII」にキットズームをつけて撮り歩く・後編です

ここ3回続けてまいりました「α7SIIにキットズームをつけて写真散歩」編、今回は延長戦です。 「番外編」と称しまして、秋葉原へ行った時の写真を掲載いたします。 これからもこのような「番外編」がいっぱい出てくるかもしれません。 と申しますのは、この「FE28-70mm F3.5-5.6」がα7SIIと相性が良すぎてコンボ発動、 我が家ではほぼ「ボディキャップ代わり」状態となっておりまして、 どこへ行くにもこのレンズ、という生活になっているわけなのです(笑 というわけで、別件で赴いた秋葉原、当然のように28-70がついて来たのであります。 軽い、寄れる、その上値段の割に(と、等倍比較機材スペックオタ向けにエクスキューズを混ぜておく)よく写る、 広角単がもうちょっとあればよかったのに、と私も個人的には思っていますが、それは言っても詮無き事。 私個人的には満足して使っておりますよ。これで3万円! DSC00628 以前にも特集したことがございます。 よろしければご参照ください。

コトブキヤ秋葉原館

当ブログ的に秋葉原と言えばヨォドバァシィ カァメラァ! ドゥンドゥンドゥン ドゥンドゥンドゥドゥン に並んでコトブキヤ秋葉原館であります。 主にキューポッシュの新製品購入のために出撃しています。今回もそれでした。 てか我が家のキューポッシュ、未開封が山積みになってるな。いつ記事にできるのやら(笑 DSC00630 コトブキヤ秋葉原館は、店内撮影OKとの事です。 今もそうなのかな?撮影禁止貼り紙は見かけないのでたぶんそうなのでしょう。 私はそれに甘えて撮影をさせていただいています。 その代わりと言っては何ですが、ここで宣伝。 フィギュア買うならコトブキヤ! そんなわけでキューポッシュ買い物ついでにフィギュアを撮らせていただきました。 今回はサクッと撮って、あっさり撤退です。 てか、最近のコトブキヤ秋葉原館、商品を探すのに私程度の知識ではちょいと苦労します。 作品別?なんですよね。 アイドルマスターとかラブライブとか、そういうメジャー作品の物を探すには良いのかもしれませんが、 それ以外のものへのアクセス性が下がっている気がします。 もっともこれは「私がオタクではない」すなわち知識がないから、なのでしょうから、文句を言う筋合いにはないのかもしれません。 私個人的には、figmaの新作を見たかったのですがどこにあるか結局分かりませんでした。 私は「コトブキヤが想定している客層」とは異なっているのだと思います。 これは皮肉に聞こえるかもしれませんが本音です。ブログやTwitterで放言している割に、私自身はピースフルな人間です(笑 さて、そんなコトブキヤで今回目に留まったのは「艦これ」。 DMMのブラウザゲームとして4年ぐらい経つのかな?そこはテキトーですが私はゲームをしなくなってもう随分経ちます。 ゲームからは離れましたがフィギュアには目が行くもので(笑 こちらは島風ですね。ぜっかましぃ! DSC00631 こちらは吹雪ちゃんです。 うちのむしゅめもアニメを見て応援していたのは懐かしい思い出です。 ヘーイブッキー、スカートが短いのがデストロイヤーネー! DSC00627 こちらは泣く子も黙る戦艦金剛デース ヘーイ提督ゥ、買って帰らなきゃ半殺しネー DSC00632

今回はこの辺で

とまあそんな感じでコトブキヤ秋葉原館を後にしました。 フィギュア撮影楽しいですね。女の子(というアイコン)を撮影するのが楽しいのかな? そこらの考察は今後に回すとして、また撮りに行こうっと。 次回のネタは未定ですが、少しの間集中的に記事を掲載することになるかもしれません。 最近「可能な限り毎日掲載」の原則が崩れていますが、これは私のブログに対する情熱が薄れているからです。 持ち直したらペースも戻るんじゃないでしょうかね。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC00633
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/05/07 Sun 22:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

ソニー「α7SII」にキットズームをつけて撮り歩く・後編です

前々回・前回と続けてまいりました「α7SIIにキットズームをつけて写真散歩」編、今回で一応の完結となります。 今回のシリーズの趣旨は「キットズームと馬鹿にすることなかれ、これはこれで戦えるものですよ。そう、α7SIIならね」 ということであります。 機材は良いに越したことはない。それが撮影時のテンションを高めることもある。 その上で「そうではない道もあるのだ」ということを、当ブログでは時々記事にしています。 機材のチョイスなんて人それぞれ、てめーの勝手です。 自分の目的に合致する機材を、自分のお財布の許す中で適切に使い他人にちょっかいを出さなければ、 戦争も起こらないんじゃないんでしょうかね。 そんなわけで今回は銀座です。 DSC00582 以前にも特集したことがございます。 よろしければご参照ください。

有楽町駅から歩きます

私が銀座へ行く時は、有楽町駅で降りて歩くことが多いです。 マリオンのあたりを通って数寄屋橋交差点の方に出るのです。 ルートが決まっているものですから、撮れる写真も自ずと同じようなものになってきます。 しかしめげません。マンネリ上等(笑 ところでこの写真は思いっきり斜めになってしまいました。 高架の緑色の鉄骨を強調したいばかりに、若気の至りであります。       r ‐、       | ○ |        r‐‐、      _,;ト - イ、      ∧l☆│∧ 良い子の諸君!     (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l     |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒) 斜め写真は記事中1枚が限度だ!    │ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /| それ以上は目障りなだけだな。    │  〉    |│  |`ー^ー― r' |     │ /───| |  |/ |  l  ト、 |    |  irー-、 ー ,} |    /     i    | /   `X´ ヽ    /   入  | DSC00560 数寄屋橋交差点で信号待ちしている間に撮りました。ソニービルです。 ここから取り壊して建て替えるのだそうです。2018年にリニューアルオープンするのだそうで。 さらばソニービル!ありがとう! DSC00565

銀座通りの華々しさに挑む

銀座、というか東京駅~有楽町近辺は、現在急激に街の風景が変わっているエリアです。 東京駅前を筆頭に日本橋、京橋、大手町、丸の内、有楽町。そして銀座も。 銀座四丁目交差点のこの場所、日産のショールームがあることで知られています。 今回初めて知ったんですが、ここ、サッポロ系列だったんですね。私は日産の持ち物だとずっと思っていました。 なるほど、それで銀座ライオンがあったのか。納得だ! 2017年現在はソニーのショールームもあるのですが、私は実はまだ行ったことがありません。 不勉強だな!そのうち気が向いたら行ってみることにします(笑 DSC00578 一方で「変わらないもの」もありますね。 銀座四丁目交差点と言えばこちら、和光ビルであります。 シン・ゴジラでも派手にぶっ壊されていた銀座のランドマーク。 もはや無いとは思いますが万が一ここが建て替えという話が出た時には、私は市民運動に身を投じるかもしれません(笑 DSC00575 こちらは銀座の新たなランドマーク、元松坂屋・GINZA SIXであります。 この日はオープン2日目ぐらいだったと思いますが、ちょっと立ち寄ろうと思いここまでは来たんですけれど、 歩道の人が動いていない!壮絶な混雑の様子が伺えましたのでこの写真1枚撮って遠巻きに眺めつつ撤退しました。 ゴールデンウィークが終わって、落ち着いたら行ってみることにしますかね。 DSC00579 きびすを返して銀座通りを北へ。帰路につきます。 途中ちょこちょこスナップをしながらですが、必ずどこかでマネキンを撮ってしまうのは性でしょうか。 こちらは銀座松屋の向かい、シャネルだったと思います。 私個人的には縁のないお店ではありますが、ここのショーウィンドウはひとひねりしていて目がとまるのです。 DSC00583

今回はこの辺で

そんな感じで撮り終えて帰ってきました。銀座楽しいですね。 日々新たな発見がある!と偉そうに言えるような銀座通では断じてありませんが、見栄えがするのは事実でありまして。 カメラを持った観光客も多いですから、意外に初心者スナッパーにも優しい街なのです。 キットズームの話?ああ、まあ写真を見てご判断ください(笑 次回のネタは未定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/05/05 Fri 23:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

ソニー「α7SII」にキットズームをつけて撮り歩く・続編です

前回に続き「α7SIIにFE28-70mm F3.5-5.6」をつけて撮り歩きました、というシリーズとなります。 私は基本的に単焦点を使うことの方が多いです。 夜撮り故の明るさ優先、ボケたくさん欲しいという嗜好、 そして何よりポジションを自分で決めることが写真の出来を直接左右するという楽しさ。 そういった諸々の私の嗜好にはやっぱり単焦点だね!みたいな思いがあるわけですが、 じゃあズームは要らん子なのか?と問われますとさにあらず。 単焦点の出撃頻度には及びませんが、使ってます。 例えばマイクロフォーサーズであれば、 パナソニックの「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8」という換算24-70mm/F2.8というレンズがあり、 それが私の人生で最も多用したズームレンズ、なんですけれども、 今回取り上げます「FE28-70 F3.5-5.6」は、今やそれに次ぐ使用頻度になるんじゃないかなあ。 仕事では大三元だろ?というわけでもないですね、私の場合。仕事こそ単焦点の独壇場です。まあそれは置いといて。 F値が変動するズームって使いづらいよね!という意見があり私も同意見ですが、 そのネガティブファクターを、α7SIIの高感度耐性はひっくり返したのではないか、という気もいたします。 F5.6通しと思えば、ねえ(笑 DSC00539 以前にも特集したことがございます。 よろしければご参照ください。

大手町を歩く

さて、そんなレンズを使って撮り歩くシリーズ、今回は谷中銀座の先にある大手町であります。 ん?関連性が無いよな?とお思いのあなた、実はそうでもないんですよ。 谷中銀座を撮り歩いたあと、日暮里駅に戻らずそのまま不忍通りに出て、千駄木駅から千代田線に乗るのです。 そしたら大手町駅まで4駅。10分もかかりません。 谷根千から大手町方面というのはルートに組み込んでもいいんじゃないでしょうかね。知らんけど DSC00534 さっきまで下町谷中を歩いていたのに、10分もしたらこのような別世界が広がっている。 それに何らかの心が動くこともあるかもしれず、写真散歩にも何か影響があるのかもしれません。人それぞれですがね。 DSC00533 当ブログにはこの大手町をはじめ、東京駅近辺の写真を掲載した記事が多数ありますが、 もちろん私はそんなところに勤められるような上級ビジネスマンではありません。 好きで撮り歩いているだけです。 DSC00532 カメラの話も少ししておかねば(笑 この写真はISO25600、もちろん撮って出しです。カメラの設定で暗部を落としています。 私の目には少々ノイズが目立ちます。 この写真を自宅で見返して「今後はISO12800を上限にしようかな…」と思い、現在もそうしています。 どうもα7SIIは写真よりも動画の方が得意なのではないか。そんな気すらしてきます(笑 DSC00537 まあでも、そんなの使い方ひとつですよね。 同じくISO25600ですが、上の写真ほど粗が目立たないですね。 私は色やコントラストの設定をしただけで、あとはカメラの力です(キリッ DSC00544 そんな感じで歩き、最後は東京駅から電車で帰りました。 結局ここの写真かよ(笑)都道404号皇居前東京停車場線、通称行幸通りです。 この道の正面、柵は取り外して馬車を通すことが可能というインペリアル仕様であります。 DSC00547

今回はこの辺で

日暮里を出て谷中を通り、いつの間にやら大手町。 そんなお散歩をしましたよ、という記事でございました。 皆様もそれぞれ「心の定番ルート」のようなものがあるのではないかと推察いたします。 勝手知ったる道、自分にとっては飽きてもいるような風景でも、それを写真に残すことから生まれるコミュニケーションもある。 …そんな高い志など微塵も持ってはおりませんが、お互い楽しく撮り歩ければ良いですね。 と、これで終わりではないのだ! 次回まではこの流れでいきます。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/05/04 Thu 23:15 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

ソニー「α7SII」にキットズームをつけて撮り歩く

巷は「α9」に沸きかえる中、粛々と「α7SII」関連エントリです(笑 このカメラ、本当に良いですね。今までリミッターがかかっていた部分が取っ払われたような感覚すら覚えます。 たかだか3段程度融通がきくようになっただけでここまで心が解放されるものなのか(笑 というわけで、当分の間はこのカメラを使うことになるかと思います。 今回はそのα7SIIにフルサイズEマウントのズームレンズ「FE 28-70mm F3.5-5.6」をくっつけて撮り歩いた、 その様子を掲載してまいります。 FE28-70と言えばいわゆる無印、しかもズーム。 「安かろう悪かろう」の筆頭という存在なのでありますが、はたしてそうかなヌルフフフ というスタンスでまいりましょう。どうせ記事にするなら不敵な方がよろしい。 結果は知らんよ。これをご覧の方それぞれの「主観」に委ねます。 DSC00526

無印キットズーム

世間的にはどうか分かりませんが少なくとも機材スペックオタ(笑)には小馬鹿にされがちなキットズーム。 そりゃあGマスターやらツァイスには及ばないのでしょうけれども、 そんな等倍に拡大してルーペで写真を見るような人が(いること自体は否定しませんが)多数派とは私にはどうしても思えず、 故にこのキットズームも出番は充分にあるのだ、というのが私の基本的なスタンスです。 DSC00530 以前にも特集したことがございます。 よろしければご参照ください。

谷中銀座

さて、今回行ったところは谷中銀座です。 最寄駅は山手線日暮里駅、我らが常磐線の起点でもありますが、とにかく東側のターミナルのひとつであります。 そこから駅を出て5分も歩けばこの風景に出会います。 俗に「夕焼けだんだん」と呼ばれる、谷中銀座商店街の入り口であります。 DSC00522 下町感あふれる情景と、猫で有名なこの谷中銀座ですが、 私は正直(機会はアホほどあるにもかかわらず)あまり立ち寄りません。 この商店街は有名ですけれども基本的には「観光地」ではなく「地元密着」の商店街です。 その排他的な雰囲気が、そこに食い込む度量のない私には性に合いません。 決して嫌いなわけではないのです。嫌ってたら記事にはしないよ。 DSC00523 今回私が行った時刻は、ちょうど日が暮れていく時間でありまして、 私個人的には珍しい、グラデーションがきれいに出る時間帯ということでありました。 これは季節によって異なりますので、谷中銀座に限らずスナップで出掛ける際には日没時刻のチェックも忘れずに(笑 DSC00527

今回はこの辺で

テキトーですみません。ほぼ「通り抜け」で終わってしまいました(笑 この先歩いて行ってメトロ千代田線に乗ることになるんですが、そのことはまた次回に。 というわけでこの記事には続きがあります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/07/21 Mon 22:58 ソニーα
私事で恐縮ですが、久々に東京駅から外に出ました。最近は乗り換えばかりで、駅から出る機会は実は少ないのです(笑
そういう人は多いのではないでしょうか。新宿池袋渋谷のように私鉄のターミナルや駅前の巨大な繁華街があるならともかく、
東京駅にはそのどちらもありません。あくまでもJR内で完結した乗り換え用の駅、と言えます。
ですから駅の外は意外に人が少ないのです。山手線の西側に慣れた方ですと「閑散としているな」とすら思うのではないでしょうか。
私としてはそのゆったり感、帝都の玄関口に相応しい気品が感じられる点がこの上なく好きなんですけれども。

それはともかく。
私としては久々に東京駅から出ました。いつ以来だろうか。丸の内アートフィルター編以来かな?
週末の夜に行きましたのでオフィスビルの明かりは少なめです。写真目的で行くなら平日を断固オススメします。
DSC07938

丸の内口の中央部分、行幸通りから皇室用入口まで駅前広場として再整備されるようです。
JR東日本の広報資料PDF
現在は車道を可動式のガードレールで塞いで「ただの空き地」としています。
皇室方が東京駅を利用される際にはガードレールを取り除いて馬車を通すわけですけれども、
こんどからはその場所を「通常は一般歩行者用公開スペース、然るべき時には馬車道として」使用するわけですね。
DSC07946

元東京中央郵便局・KITTEを眺めます。
東京中央郵便局は現在もこの地にあるのですが正確を期するならばこの写真に写っていない右側部分、JPタワーの低層部にありまして、
写真に写っている部分は現在は郵便局としての機能はなく、ショッピングセンター「KITTE」となっています。
DSC07948

東京駅の中に入ります。
東海道線のホームでは信号が増設されているようです。
見ると「東北」とありますね。東北縦貫線=上野東京ラインが開通した暁には使用されることになるのでしょう。
DSC07934

今回はこの辺で。
このエリアには、機会があればぜひ直接ご覧いただきたい、と思っています。
私の拙い写真では到底伝えきれない景色があります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC07952

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/07/14 Mon 15:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
前回に続き池袋編となります。池袋編はひとまず今回までです。
α7Rを持ち出し、カメラの設定で「クリエイティブスタイル=クリア」「コントラスト+3」「彩度-3」「シャープネス+3」にして、
明るい部分を擬似的にシルバーもしくはグレーのように見せて「ブリーチバイパス調(あくまでも『調』ですが)」を実現する、
というのを主眼に置いて撮り歩いてきました。
やはり私はハイコントラストな写真が好きなのだなとあらためて自覚します。
この写真にしても、サンシャイン60は潰れてもいいから空との明暗差を主役にしてしっかり描写したいと思うのです。
DSC07829

「高コントラスト・低彩度でブリーチバイパスを模す」と言いつつも、前回はそれっぽい写真をぜんぜん載せませんでした。
この写真はどうでしょうか。ウルトラマンです。シルバーボディが見事に映えている!はず!
DSC07826

サンシャイン60と同じ区画の中に「東池袋中央公園」という公園があります。
サンシャインシティの賑いとは打って変わって立ち寄る人もそれほど多くない場所ではありますが、思わず立ち寄ってしまいます。
こういう「都心に唐突に存在する公園」という面持ちが好きなもので。
DSC07830

この公園はある意味特別な場所でもありまして、
サンシャインシティ全体が「巣鴨プリズン跡地の再開発事業」によって誕生したのは有名な話ですが、
私は今回、この平和祈念の石碑が「かつて処刑台があった場所に置かれている」という事を初めて知りました。
DSC07834

石碑の向こう側に回りこむことができるので行ってみましたら、碑文が刻まれていました。
写真では読みづらいですので本文を引用掲載します。
「第二次世界大戦後、
東京市谷において極東国際軍事裁判所が課した刑及び他の連合国戦争犯罪法廷が課した一部の刑が、この地で執行された。
戦争による悲劇を再びくりかえさないため、この地を前述の遺跡とし、この碑を建立する。」
名作ドラマ「私は貝になりたい」の処刑台シーンなどは、この地がモデルということになるのでしょうか。
ともあれ、私も手を合わせずにはいられませんでした。
DSC07836

というわけで帰り道です。ガルパンの劇場版?もう公開されていたのですか。と思ったけどこれは総集編かな?
いずれにせよ私はもう熱が冷めていますのでこれを見ようとは思いませんが、
さっき平和に思いを馳せていたのに戦車アニメかよ!?とか思う事なかれ。この作品には戦争のセの字も出てきません。
「ガールズアンドパンツァー」は、戦車を題材にしてはいますが美少女スポ根学園アニメなのであります。
DSC07850

それにしても暑いですね。
本格的に夏到来!ということですね。
それはそうと写真を見返していて思ったのですが、焼肉食べ放題2850円は安いですね。
DSC07848

帰り道にて。
ゴディバのチョコソフトクリームを買って食べてました。
この写真だけ設定を「スタンダード」に戻して撮ったものです。
キットレンズとはいえ望遠端で撮ればこの程度にはボケてくれます。私には充分です。
FE28-70mm、良いじゃーん。
DSC07855

今回はこの辺で。
先日ちょっと触れた「ボーナスでたらカメラ買いまっせ」について、その後どうなった?とお問い合わせをいただきました。
ええい!ボーナスまだ出テナイヨーヤバイヨヤバイヨ
何だかもう貰えないような気がしてきたなあ。というわけであの記事は妄想となりそうです。残念
まあそれも良しだ!思えば昨年末にE-M1とα7Rをほぼ同時に手に入れてからまだせいぜい半年ちょっと、
ここでまたカメラを買い足そうなんて、贅沢以外の何者でもありませんね(笑)
というわけでISO409600も4K動画もいったんおあずけであります。
ようし!気分を変えて年末のα99IIを狙うぞ!(核爆
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC07842

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/07/13 Sun 23:50 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
ちょっと用事がありまして、池袋まで出掛けてきました。
サンシャインシティに行ってきたのですが、これまた結構久しぶりでした。
個人的に山手線の西側、池袋新宿渋谷に行く機会が激減しており、特に渋谷なんていつ以来だろう、
最近は通りがかることすら無いなあ。
決して嫌いだとか避けているとかではないのです。単なる習慣とはいえ、恐ろしいものですね。

さて。今回はα7Rを使用して撮ってきた写真を掲載してまいります。
使用したレンズは「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」なのですが今回はレンズの話ではありません。
少し前に記事を連投した「堀切編」後半で使用した設定が殊の外自分で気に入ってしまったもので、
その設定をα7Rに適用して撮り歩いてきました。
堀切編で使用したカメラはα99、同じソニーでしたので設定内容を真似るのは簡単です。
DSC07774

サンシャインシティの入口、東急ハンズの建物前で撮りました。
台風一過、この日はとても暑い上にJR池袋駅からここまで意外に距離がありますので既に汗だくであります。
DSC07779

ちょっと早めに着いたので、飲食店街が混雑しないうちに昼ごはんに行きました。
動く歩道の終点にあるクアアイナです。ハンバーガー久しぶり~
DSC07785

ハンバーガーが来るのを待っている風景です。
うちのむしゅめも「お子様ランチ卒業宣言」していました。
そんなにいっぱい食べたいというわけではないのですが。背伸びしたいということなのかな。
もう赤ちゃんじゃないということなのでしょうね。チューしたら怒るし(笑
DSC07801

今回のカメラ設定は「高コントラスト・低彩度」というものです。具体的には、

「クリエイティブスタイルで『クリア』を選択し、詳細設定で「コントラスト+3」「彩度-3」「シャープネス+3」にします。

ポイントは「シャープネス+3」ですかね。これによって光が当たった髪の毛などを擬似的にギラギラさせることができます。
この方法で被写体や光を選んで撮ると「ブリーチバイパス的な効果」を狙うことができます。
ただ今回の写真がブリーチバイパスかというと実はそうでもない、あくまでも「高コントラスト・低彩度の写真」なのですが。

以前にちょっとブリーチバイパスについて勉強した時に、Photoshopではなくカメラで何とかならないか、と考えたことがありまして、
「高コントラスト・低彩度」かつ白い部分がシルバーもしくはライトグレーっぽく見える設定を、と色々いじった際、
お、クリアがちょうどいい、使えるじゃーんということで以降愛用しています。
フォトショでできるだろそんなこと、とお思いかもしれませんが、うちは「可能な限りカメラと現場で何とかする」ブログであります。
第一、フォトショでブリーチバイパス調処理なんて手垢がつきまくっていて今更ネタにもなりますまい(笑

なお、オリンパス機でこれに近い設定をするなら「ハイライト&シャドーコントロール」を「HiLight+3/Shadow-3」ぐらいにして、
ピクチャーモードを「フラット」、メニューから「コントラスト+2」「彩度-2」「シャープネス+2」すれば近いテイストになります。
ニーズがあるかは分かりませんが、とりあえず載せてみました。
記事タイトルに「ブリーチバイパス」って書きたかっただけ、とも言いますが(笑
DSC07796

というわけで、ハンバーガーもこんな風に撮れます。
スポット光が強いのを利用したつもりでしたが、強調されすぎて美味しそうに見えないですね(笑
DSC07803

クアアイナのポテトは細身でサクサク、好みです。
余談ですがα7Rはの手ぶれ補正はレンズ側に頼っていて、やはり効きがイマイチです。このポテトもブレてます。
オリンパスの五軸補正が無敵だということを痛感する瞬間です。
動画撮影など、α7Rよりα99の方が良好な結果を得られますので(動画に3600万画素は関係ありませんので)、
動画であれ写真であれ、やはり手ぶれ補正は私にとっては「無くてはならぬ機能」なのだと思い知っている今日この頃。
DSC07806

今回はこの辺で。
ちょっと出掛けただけ、1~2時間ですぐに撤収した池袋編ですが、次回まさかの後編となります。
この色設定のままもう少し撮り続けてきたものを掲載するつもりでおります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC07811

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/03/28 Fri 15:00 ソニーα
前回に続き横浜昼散歩の巻、今回は後編となります。
関内から県庁あたりを通って海沿いに出て赤レンガ倉庫にたどり着きました。
みなとみらい自体には来る機会が多いのですが、赤レンガは久しぶりだったような気がします。
花壇を整備していて「これは何かのイベントの準備かな?」と思い調べましたら、「フラワーガーデン」というイベントのようです。
まだまだ設営中だったのですがそれでも立ち寄っていく人が多数いる様子でした。
DSC05312

建物の裏側に回りこみました。
レンガ感が欲しかったので思い切って近づいて見上げて撮ったのですが(今回はこの撮り方をいくつかの場所で試みています)、
ホワイトバランスはそのままだったため上の写真と色合いがちょっと異なっています。
まあこれはこれでアリかな!?というわけで採用です。
DSC05313

海側をぷらぷら歩いていたら、向こうの方に巨大艦が!
いや巨大艦ではないですね。海上保安庁ですから巨大巡視船!
思わず駆け寄ったら、私のような船舶音痴でも名前ぐらいは知っている「しきしま」でした。
DSC05314

敷地の外でいちばん近づいたらこんな感じです。
さすがは世界最大の巡視船、これは頼もしい!こちらもテンションが上がるというものです。
DSC05329

先日は夜に立ち寄ったこの撮影スポットですが、昼間に来るとまた違った雰囲気です。
DSC05338

汽車道を歩いて桜木町駅に向かったのですが、その途中で日本丸の方を撮りました。
こちら側からだと帆船の「帆」の部分しか見ることができませんが、船がいるというのはよく分かります。
DSC05357

桜木町駅から東京方面に戻ったわけですが、ホームに停まっていたのが横浜線E233系。
今年になって配備が始まり、たまに見かけると「おっ!?」と思っていたのですが、
停まっているのを見るのは初めてで、写真に収めてしまいました。
ピカピカの新車です。
DSC05361

側面から撮りました。まだ真新しいですから綺麗なのはわかりますが、何となくハイカラですよね。
「YOKOHAMA LINE」なんてロゴが入っていますが、他の路線ではロゴなんて見たことがないですから印象が違って見えます。
このE233系にしても山手線や総武線で見るE231系もそうなのですが、幅広車体ってあれ、乗客が片側に寄ったら横転しないですかね。
DSC05360

今回はこの辺で。この横浜昼散歩編はここまでです。
当ブログは私の生活パターンが理由で夜の街撮りが多いですので、
このような昼の街撮りは(世間的には珍しくも何ともないのですが)私にはとても新鮮な気持ちで臨むことができました。
戸惑ったのは露出関係ですね。真夏ほどではありませんが日差しがそれなりに強かったため日陰との明暗差が大きく、
「ここはどうやって撮ればいいのやら?」と悩むこともしばしば。
日中の晴天屋外は、正直言って夜よりも難しいように思います。慣れの問題なのかな?

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/03/27 Thu 22:14 ソニーα
先日、ちょっと時間があり、横浜市内をすこし散歩してきました。
関内エリアなのですけれども、繁華街寄りではなく海寄りの官公庁街の方を歩いたのですが、
私の場合このあたりに来るのは夜であることが多く、とても新鮮な印象で歩くことができました。
伊勢佐木モールからスタートです。とてもよく晴れた、気持ちのよい日でした。
DSC05218

ちょっとコントラストを高めにして、ごちゃごちゃ感を出そうと意識しています。
街灯の雰囲気からしても、写真的にはここはやはり夜に来るべき場所だったかもしれません。
DSC05231

横浜スタジアムです。この公園は横浜公園だそうで。横浜づくしですね。
綺麗に咲いている桜がありましたので、それを絡めてこんな感じです。現地の雰囲気そのままだと思います。
DSC05099

それ、マンホール!歩いているうちに観光旅行気分が出てきて、思わず撮ってしまいました。
しかしこの写真をご覧いただくとお分かりいただける通り、マンホール撮りは簡単なようで難しいですね。この写真自体は微妙です。
真上から撮ること、向きを正面に捉えること、周囲の往来に気配りをすること、色々考えることはあります。
DSC05230

横浜三塔が立ち並ぶエリアに入ってきました。
こちらは横浜市開港記念会館、通称ジャックです(正式名称を覚えてないのでググりながら書いてる)。
信号待ちの際に、ド逆光の中見上げて撮ったのですが、えらくイキった写真になってしまいました(笑)
この建物を色々な角度から何枚も撮った中で、青のグラデーションがきれいだったので採用です。
コントラスト最大、ちょっと暗め
DSC05270

こちらは神奈川県庁本庁舎、通称キングです(正式名称を覚えてないので以下略)。
別に尻込みする理由もないのでしょうが敷地内に入るのがはばかられ、ジャックのように真下から見上げるようには撮れず。
何枚も撮った中で、日の丸がいちばんよく見えるので採用です。
DSC05278

こちらは横浜税関、通称クイーンです。どんどんぱん、どんどんぱん。
フレアやゴーストがあまり綺麗ではないという印象ですが、無印キットレンズだから仕方がない、のかな?
こういう状況ではアラが目立つ気がします。
DSC05296

と、こんな感じで赤レンガ方面に抜けて行きました。
しかし暑い日だったなあ。海沿いなのに風も弱くて、ちょっと汗ばむほどでした。
上でも書いたのですが、途中から不思議なことに旅行気分が出てきました。
不思議なものですね。これも横浜という街の力なのでしょうか。
DSC05299

ダラダラ歩いただけの記事なのですが次回後編です。
ネタは分割して記事数を稼ぐ、当ブログの常套手段であります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/01/30 Thu 19:00 ソニーα
前回に続き、ソニーのフルサイズ対応Eマウントレンズ「FE 28-70mm F3.5-5.6」関連エントリとなります。
ソニーのフルサイズ対応Eマウントレンズロードマップが公表されていますが、
多少なりとも具体的に「こんなレンズの予定だよん」と紹介されているもの8本のうち、
このレンズだけがツァイス銘でもなければGを冠してもいないいわゆる「無印」レンズです。

私の感覚ではツァイスやらGやらという肩書のついたレンズの方がラインナップとしては少ないのが普通、のような気がするのですが、
思うに消費者がレンズに「箔」を求める、結果そちらの方が高くても売れる、だからツァイスとGばかりになるんだ…
というような現象が起こっているのかもしれません。
仮にそのような消費傾向が現実にあるとするならば、もちろん私もその一翼を担っているわけですけれども(大爆笑)
私程度のユーザーですと「このレンズは良いレンズなんだよ」というお墨付きがあると安心できる、ということもあるかもしれません。

さて、今回は丸の内の夕景なのですが。
お正月休みの時刻が17時前後でした。日が暮れるか暮れないかというタイミングでして、
この時期会社帰りにはなかなか撮れない色でもあります。
DSC02093

上の写真では、樹木に取り付けられたイルミネーションが点灯されていません。
これが17時になると同時にいっせいに明かりが灯ります。
ブリックスクエアの窓に、まだ暮れきっていない青い空が写り込んでいます。
丸の内仲通りの夜はシャンパンゴールドと電球色に染まりますので、こちらの方が明るい印象に結びついています。
DSC02136

ピントが甘いのですが全体的な色合いが好きなので掲載します。
普段は空が真っ黒な時間帯に行っていますので、私には新鮮な状況ではあります。
DSC02124

ブリックスクエアのお店あたりを撮りました。
あまり頭を使わずサクサクと撮り進んでいます。
DSC02150

同じくブリックスクエアのお店を主題にしているのですが、
私の悪い癖が出ています。ちょっと気を抜くとすぐに構図が似たり寄ったりになってしまいます(^^;
DSC02145

これもブリックスクエアのお店です。
全体的に写真が黄色いな、ホワイトバランスとか失敗してるんじゃないか?と思われるかもしれませんが、
そのまんまとは言わないまでも、この場所は実際こんな雰囲気です(笑)
DSC02089

今回はこの辺で。
私は周辺が多少流れていても「流れてるねえ」、歪んでいても「歪んでるねえ」、光量が落ちていても「落ちてるねえ」という感想を持つ程度で、
実用上はそれほど気にしません。
しかし中央一点でピントを合わせた時にそこがカリッと写ってくれないと、これは悲しい気持ちになります。
このレンズを使っていて思ったのは、ピントが合った部分の切れ味が今ひとつ、ということでして、
同時期に購入したふたつのEマウント単焦点レンズ「55mmFEゾナー」と「24mmEゾナー」に、この点では劣っているように思います。
それは私の腕前が問題なのだろう、使いこなせていないのだろう、ということが大きいと思いますので、
引き続き機会を見て鋭意使用していこうと考えています。

このレンズについてもまた記事を掲載してまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC02128
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事