ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「E-P3」
2013/03/07 Thu 00:01 マイクロフォーサーズ
今回は自宅近辺の話題です。決してネタ切れになったわけではありません。
我が家は隅田川に程近い団地にありまして、あたりは江戸の下町の雰囲気とはちょっと違った場所なのですが、
15分も歩きますと、都下有数のディープエリアがいくつもテーマパークのように広がっています。
泪橋、という交差点を渡って台東区に入っていきますと、街の雰囲気がちょっと変わります。
いわゆるひとつの「山谷(さんや)」と呼ばれる地域であります。

山谷、と聞いても、ちょっと離れた場所にお住まいですとピンと来ないかもしれません。
日雇い労働者の人たちのための安価な宿泊施設が集積している地域、いわゆるドヤ街です。
東の山谷、西の釜ヶ崎と言われるほど有名な場所なのですが、
治安が不安視されていたのは10年も昔の話で、最近はそんなに危険な街ではないと感じます。
朝通りがかった時にはおっちゃんが酔いつぶれて歩道で寝ていたり、おまわりさんも平然とスルーしていたりします。
外国人の旅行者が多かったり、そんな外国人向けであろう英語の案内板があったり、
おしゃれなカフェがオープンしていたり、そのカフェの数軒となりに街頭テレビ設置の一杯立ち飲み屋があったりしますが、
まあ平和な雰囲気だろうと思います。

山谷はカメラを持って歩けるような場所ではない、という話も聞きますが、
現代の山谷はそんな印象でもないですね。撮る側が勝手に気後れしているだけなのかもしれません。
もっとも、ドヤ街の簡易宿泊施設がずらりと並ぶ風景を大阪DEEP案内さんのように撮れればよかったのですが、
ただでさえ街灯も少なめの上に仕事終わりですっかり日も暮れてしまい断念。またの機会にします。
今日は通りがかった商店街「いろは会商店街」のいくつかのオブジェを掲載します。

露出に失敗?というわけでもありません。
昼なお暗き杉の並木、こんな雰囲気だったと思います。


山谷と言えばあしたのジョー、という連想には至らなかったのでこの「街おこし」は意外に感じられました。
台東区は今でも商店街がとても多い場所ですね。まさに下町。
横綱級メジャースポットで言えばアメ横、浅草寺の仲見世。
大関クラスの浅草六区や合羽橋。
その他今でも地元の買い物客で賑わう商店街がひしめき合っています。
このいろは会商店街も、そのなかのひとつです。ちょっと寂しいですけれども。


パン屋さんの看板です。開いている店が少ないですので、ぱっと華やいだ印象です。


芸術的な落書きに足が止まりました。クリムト的と言いますか天野喜孝的と言いますか、顔だけ加藤直之的と言うべきか。


基本的にはシャッター街なのですが、そのシャッターにあしたのジョーポスターがいっぱい貼られています。
そう言えば商店街のどこかにジョー像があると聞いたのですが、今回は見つけられませんでした。
けっこう広い商店街ですので、ふらっと行ってみただけではすべてを見て回るのも難しいことではあります。


この商店街の周囲はドヤ街になっていて、その雰囲気を撮ろうというのが目的だったのですが、
そちらはちょっと暗くて断念。今思えば無理して撮ってきてもよかったのかもしれません。
また近いうちに行ってみることにします。
一応書いておきますが、山谷を茶化したような内容に見えるかもしれませんが、私は本気で他人事だとは思っておらず、
当然ながらそこで生活する人たちを見下してもおりません。明日をも知れぬ身なのはお互い様であります。
アベノミクス?何やそれ美味いんか、梅田駅のミックスジュースなら知っとるで?てなもんです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/08/27 Mon 22:15 マイクロフォーサーズ
最近更新ペースを上げていたので、10日も空くとものすごく久しぶりに更新しているような錯覚を覚えますw
ここ半年の私生活上最大のイベント「引越し」が無事終わり、新居での生活が始まりました。
賃貸を渡り歩く人生の私にとっても今回の物件自体は掘り出し物だと思っていますが、
引越し経費を極限まで切り詰めて予算を余らせることに成功、
以前から漠然と思い描いていた「おうちカフェ」を実現すべく、様々なインテリアを物色中です。
予算が余った、とはいえごく平均的な一般大衆の我が家でありますので、モノの質にまでこだわることは不可能、
リーズナブルに、それでいて雰囲気を出そうという試みを続けているところです。
で、この話も写真につながっていくのですが、
インテリアというのは、色々考えていて感じたのですが、照明が重要なファクターですね。
そこらへんが写真に近い気がしました。てきとーな感想を書いているようですみません。

というわけで本題に入ります。
大手コンビニチェーン「サークルKサンクス」の夏のキャンペーン、
「夏のこびとづかんフェア」であります。
このエントリを書いているのが8月27日。
残念ながらこのキャンペーンは本日で終了ですので、何かの参考にはならないと思います(笑

このキャンペーン、サークルKサンクスの店舗にて対象商品をひとつ購入するごとに1ポイントゲット、
30ポイントゲットで特製マグカップと交換できるというルールになってます。
この「ひとつ購入で1ポイント」というのが意外にミソでして、
105円のおにぎりでも1ポイント、284円の一番搾りでも1ポイントですので、
ポイントが付く対象商品が非常に限られている中、マグカップ狙いの私としてはこの暑い最中、
「ひたすら『おーいお茶』を買い続ける」という立ち回りを余儀なくされました。
この半月ほど、立ち寄るコンビニを「サークルK」か「サンクス」に限定することを徹底し、
購入するものはとにかくキャンペーン対象商品。
筋金入りの爽健美茶派の私ですがこの半月間はひたすら「おーいお茶」。
その結果、キャンペーン最終日の本日、何とか60ポイントをクリア、マグカップを2個ゲットいたしました。
交換できる特製マグカップには3種類あったので、コンプリートというわけには行かず。


Bタイプのものを開封します。
シンプルなデザインが良いですね。これに淹れた飲み物は美味しそうに見えることでしょう。


続けてCタイプの開封です。
こびとがずらりと大きく描かれています。子供は嬉しいでしょうね。


ふたつ並べるとこんな感じでなかなか見栄えがよろしいです。
ポッド式のコーヒーメーカーを買いましたので、これでゆったり飲ませてもらうことにします。


余談といいますか、このキャンペーン中、限定販売として
「カクレモモジリのぷるりんピーチ」という飲み物が売られていました。
限定販売の名の通り、数も少なかったですし売り切れている店も多かったので見かけた方は少ないかもしれません。
桃つながりでピーチジュース、ということでタイアップなのでしょうが、
よく見たらドールのジュースの中で「ピーチ」だけがキャンペーン対象商品という粋な計らいもありましたw
桃づくし、といったところでしょうか。

で、この「カクレモモジリのぷるりんピーチ」、ネクターほどではありませんがなかなか濃厚なピーチジュースで、
美味しくいただきました。。
中に入っているナタデココも、子供でも飲めるようにとても細かく刻まれていました。


容器もなかなか見栄えが良いのでむしゅめも喜ぶであろうと思い、
私はこの「カクレモモジリのぷるりんピーチ」を、サークルKサンクスで見かけるたびに買っていたのですが、
人気商品だったらしくあまり手に入れることはできませんでした。


こびとづかんばかりに手を出している、つもりはないのですが、
ブログを見返してみるとこびとづかんネタがちょくちょく出てくることに気付かされます。
むしゅめのマイブームに付き合うのも悪くないような気がします。
まあその過程で一生ぶんの「おーいお茶」を飲んだことになるわけですがw
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/03/12 Mon 05:52 マイクロフォーサーズ
震災から1年、ご冥福をお祈りいたします。


さて。
前回前々回前々々回前々々々回前々々々々回に続き、
シグマによるマイクロフォーサーズ参入初の商品、「30mm F2.8 EX DN」関連記事です。
いい加減くどいってか!?(笑
近日、19mmF2.8 EX DNが発売されるとのことですが、
そちらの購入予定はございませんw

このレンズについてのまとめです。
「ピシッとカリッと撮れるレンズ、さすがはシグマ印」
「ボケ味はイマイチ、まあ30mmF2.8だしな」
「ヨドバシ価格で2万弱、これはマイクロフォーサーズビギナーでも少ないリスクで入手できる貴重なレンズだ」
というわけで、今回は久々の東京国際フォーラムであります。

何やら設営してますね。
このスペースは、受付に使われることが多いようです。
P3101738.jpg

ホワイトバランスがおかしいのかな?
上の写真に比べてちょっと色が赤みがかっています。
E-P3で電球や蛍光灯を撮ると、稀にこのようにホワイトバランスが乱れるようです。
「乱れる」というよりは「迷う」という印象です。許容範囲内です。
P3101736.jpg

もともと東京国際フォーラムはライトアップが盛んな施設でした。
しかし震災以後、そのライトアップは影を潜めて、歩行に支障をきたさない程度の明るさになってしまい、
その艶やかさは失われてしまった印象です。
不謹慎だと思われるかもしれませんが、私はその風潮を残念に思っています。
P3101739.jpg

蛍光灯の床も消灯されています。
LEDに変更してでも復活しないでしょうかね。
P3101741.jpg

東京国際フォーラムは15周年なんですね。
意外に新しい施設ということですね。
ここはもともと東京都庁があった場所です。
P3101740.jpg

石段の上にカメラを置いて、絞り込んで撮ってみます。
P3101742.jpg

ホールの入口へ誘導する標識が随所に用意されています。
照明を兼ねているんでしょうね。地上はこのサインだけが煌々と点灯されている状態です。
P3101734.jpg

換算60mmという使いやすい画角ということもあり、
何だかんだと使う機会が多いレンズです。
ただ、今回のような夜間撮影となりますと、やはりF2.8という暗さ(笑)がネックとなり、
近い画角でより明るく使いやすい「LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.」などに手を伸ばしてしまいます。
そのような(暗い)撮影環境でない限り、このレンズの出番はじゅうぶんある、と思います。
特にレンズキットだけ持っていて2本目のレンズは何にしようかな、と考えておられる方に、
安価な選択肢のひとつとしてオススメしたい、
というところで結論とさせていただきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/03/01 Thu 04:50 マイクロフォーサーズ
前回前々回前々々回前々々々回に続き、
シグマによるマイクロフォーサーズ参入初の商品、「30mm F2.8 EX DN」関連記事です。
当サイトではこのレンズを、
「ボケ味は度外視、カリッとピシッと撮りたい時に使え」
というレンズであると位置づけております。
今回は夜景編です。夜中の国道を、少しですが撮ってきました。
昼間の雪の傷跡はまったくなく、路面も乾いてきています。
さすがは千葉、常春の地であります。

ピシッと撮れていますかね。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P3011626.jpg

上の写真にある歩道橋にのぼってみました。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P3011630.jpg

夜の校庭です。
撮っても良かったのかな?いいよね公道から撮ってるし誰も写ってないし;
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P3011631.jpg

夜のコンビニです。
余談ですが夜中のコンビニはおでんが販売停止していることが多く、
ちょっとがっかり、ということもありますね。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P3011632.jpg

昼間、特に女子学生が多く通る道では絶対にできない撮影方法、
地べたにカメラを置いて撮る、であります。
まあ、そうやって撮ったからといって必ずしも面白い写真になるわけではない、ということです;
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P3011635.jpg

シグマ30mm F2.8 EX DN、当初はF2.8という暗さ(笑)に、買って失敗したかな、とも思いましたが、
だんだん愛着が湧いてきました。


まったくの余談ですが、タモリさんの愛機、従来はGRだったかGX100だったか、とにかくリコーだったのですが、
先日のブラタモリではEVF付きのPENに変わっていましたね。
E-P3のシルバーだと思うのですが、もしそうならば私も同じです(笑
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/02/29 Wed 16:25 マイクロフォーサーズ
前回前々回前々々回に続き、シグマ初のマイクロフォーサーズ専用単焦点レンズ
30mm F2.8 EX DN」関連記事です。
たまたま今日は首都圏一帯も大雪となった日でしたので、
記念(?)に少しだけ撮ってきました。

オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2291609.jpg

千葉は温暖な気候で知られており、
他の南関東2県(東京・神奈川)が大雪だと慌てている時でも雨だったりするのですが、
今日ばかりは降ってくれました。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2291623.jpg

オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2291611.jpg

もっと大口径かつ望遠のレンズを使えば、雪がふんわり大きくボケたのでしょうね。
まあ今回は30mm F2.8の試し撮りが目的でしたので言っても仕方のないことではあります。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2291612.jpg

雪だるまを作ることができるほどの雪は、南関東ではそうそう降りません。
今日もこのまま積もることなく雨に変わっていくのでしょう。
と書いている間に止んでるし;
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2291621.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/02/28 Tue 06:36 マイクロフォーサーズ
前々回前回に続き、シグマ初のマイクロフォーサーズ専用単焦点レンズ
「30mm F2.8 EX DN」関連エントリであります。
今回は小物撮りです。

とにかくこのレンズはボケ味はイマイチ、解像力勝負でカリッカリの写真を撮れ、
というコンセプトである、と私は理解しています。
被写界深度の深いマイクロフォーサーズには相性の良いコンセプトであるとも思えます。

瞳にピントを合わせて撮ってみます。
適度に使いやすい被写界深度に助けられています。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2271597.jpg

髪のくるくるがボケていますね。
形を失わないボケ味は、使い道がありそうです。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2271599.jpg

フィギュアというか、小物を撮るのには使えそうです。
もちろん、より明るいレンズが存在しますが、
2万円弱という価格が、返す返すも購入動機になり得ますね。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2271600.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/02/28 Tue 06:24 マイクロフォーサーズ
前回に引き続き、シグマ初のマイクロフォーサーズ専用単焦点レンズ「30mm F2.8 EX DN」のレポートであります。
いや、驚きました。この1日半のアクセス数が驚異的な伸びを示しております。
皆さん待っておられたのですね。

今回は、買った直後に封を開け、早速PEN E-P3に取り付けて試し撮りしたものを掲載します。
とは言うものの、専門的な解説ができるわけでもなく。
こんな感じで撮れましたよ、という、光学的には非常にぬるい記事になりますが、
その点はどうかご容赦ください。

ボケ味はこんな感じです。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2251564.jpg

髪の毛で分かる解像力(笑
私としては、ボケの汚さばかりが目に付く写真となりました。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2251580_20120228055910.jpg

たまごっち期待の新キャラ「ひめスペっち」だそうです。
最近の売り出しっぷり、フィーチャーっぷりが尋常ではないとのこと。
ひめスペっち、ワンピース、武井咲、芦田愛菜、A●Bという感じでしょうか。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2251558.jpg

スマイルプリキュアグッズも安定して供給されています。
我が家ではスマイルパクトが「い・ち・ご!い・ち・ご!」とうるさいです(笑
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2251560.jpg

両隣のと比べると、売れ行きは今ひとつ、というか全く動きが無いようです。
ブランド委員会のご威光もガチャ機にまでは及ばないようですね。
子供は正直であります。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2251563.jpg

こんな玩具もあるんですね。フードがリアルです。
ペンタックスあたりが製品化しそうな雰囲気です。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2251562.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/02/27 Mon 05:07 マイクロフォーサーズ
シグマからいつの間にか発売されていた、
マイクロフォーサーズ用交換レンズ第一弾であります。
先日、ヨドバシカメラにOM-D E-M5を予約しに行った時に、
たまたま見かけて衝動的に購入しました。
P0271422.jpg

レンズのデザインはシンプルそのもの、ザ・シグマ!という雰囲気です。
味も素っ気もないデザインだとは思いますが、シグマが下手にクラシックレンズを真似るより好感が持てます。
というよりも、レンズを見ただけで「シグマ製だな」と思わせることが大事なのでしょうね。
P0271420.jpg

ここ数年のシグマの単焦点は、とても評価が高いものが出てきています。
50mmF1.4然り、85mmF1.4然り。
私も50mmF1.4を所有しており、純正レンズに混ざって堂々我が軍の主力を成しておりますが、
ボケ味にも配慮された、私のような素人にもその良さが分かるレンズだと思います。
が、シグマの魅力は「カリッとした解像力」にあったように思います。
今回のマイクロフォーサーズ用レンズはF2.8と、ボケ味を重視する、というよりは、
解像力重視であるような印象を受けました。
以下作例であります。

パリッと写ってくれる印象です。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2251582.jpg

被写界深度は割と浅めですね。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2251568.jpg

左の方の「ローズ梅酒」の文字ですが、ボケがあまり美しくありません。
収差も出ているようです。性能的には「それなり」ということなのでしょうか。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2251595.jpg

我が家のマイクロフォーサーズ単焦点レンズは、
単焦点レンズにはまず第一に「明るさ」を求める傾向があるようで、
12mmF2.0(オリンパス)
17mmF2.8(オリンパス)
20mmF1.7(パナソニック)
25mmF1.4(パナソニック)
45mmF1.8(オリンパス)
という面々を使っております。
うちオリンパスの17mmF2.8は早々と出番を失い、
その結果、F2以下のレンズを常用している状態です。
このラインナップに、この「30mmF2.8」が食い込む余地があるか。
買ってから言うのも変ですが、正直出番は少ないように思います。
今日ではF2.8という絞り値は凡庸ですし、
せめて寄ることができればマクロ的に使えるかも、とも思ったのですが、
最短撮影距離は30cm、これはパナソニックの25mmF1.4と同じで、寄れない部類です。

ただ、ミラーレスカメラを初めて購入して、
レンズキットのレンズに飽きた、2本目は何にしようかな、
という方には良いかもしれません。
理由は価格です。ヨドバシ価格で19700円ならお財布のダメージも少なめです。
ボケ味がちょいとアレですが、
開放F2.8でぶん回すとそれなりに単焦点気分も味わえるでしょう。
最近のマイクロフォーサーズカメラは「パンケーキキット」という商品が少ないようですので、
低価格お散歩レンズとして買い足す選択肢にするのもアリかと思います。
個人的には「さんざん待たせておいてこれかよ」とも思うのですが(笑
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/02/24 Fri 16:53 マイクロフォーサーズ
年に一度のカメラの祭典、CP+へ行った帰り道、
横浜ランドマークタワーの展望台に上って夜景撮影をしました。
前回はα77を使用して撮った写真を、
今回はオリンパス PEN E-P3で撮った写真を掲載します。
同じ所から同じ方向を向いて撮っていますので、風景は似たり寄ったりですが、
α77とPEN E-P3の違いというか似たところというか、
ともあれ比較にはなるだろう、ということです。

みなとみらい地区を見下ろしています。
本格的に開発するぞ、というところでバブルがはじけたんでしたか。
まだまだ開発途中の空き地が目立つエリアでもあります。
小さな子供は「アンパンマンがいるところ」という認識ですねきっと。
オリンパス PEN E-P3
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
P2101303_20120224163714.jpg

パシフィコ・観覧車方向です。
こうして見ると、実に様々な色で構成されていることがあらためて分かります。
CP+楽しかったなあ。来年が楽しみです。
オリンパス PEN E-P3
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
P2101301.jpg

上の2枚の写真はそれぞれリサイズしたものです。
元画像を等倍で鑑賞すると、ものすごいノイズで驚きます。
ISO感度はどちらも800、このように画像を小さくするとノイズは目立たなくなります。
ところで、私は趣味分野で撮った写真を現在、このような形でウェブサイトで公開する以外に、
自分以外の方に見ていただく機会があまりありません。
それを考えますと、α77であれマイクロフォーサーズであれ、
ノイズが多いという点は、実は無視できるのではなかろうか、という気になってきました。
ウェブに掲載=どうせ縮小する=ノイズが減る、ですものね。
そのあたりは考え方ということなのでしょうが、
高画素化の目的も、実はこのような点にあるのかもしれませんね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/02/13 Mon 04:12 マイクロフォーサーズ
大盛況のうちに閉幕となった「CP+2012」、
私も会場に行き、イベントを堪能してまいりました。
本エントリでは、イベントコンパニオンさんを撮らせていただいたものを掲載します。

使用カメラは「オリンパス ペン E-P3」、
レンズは「LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.8」
を使用しました。

ニコンのお姉さん。
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
25mmP2111353.jpg

キヤノンのお姉さん。
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
25mmP2111337.jpg

パナソニックのお姉さん。
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
25mmP2111363.jpg

ニコンのお姉さん。
M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.8
45mmP2111403.jpg

シグマのお姉さん。
M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.8
45mmP2111382.jpg

ニコンの舞台上のパフォーマンス。
表情が演技していない気がします。
M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.8
45mmP2111407.jpg

ベンロセミナーのモデルさん。ものすごい人だかり。芸能人だったんでしょうか?
M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.8
45mmP2111436.jpg

こうやって見ていると気付かされることがいくつかありまして、
カメラを新型に換えるとかそんな話ではなく、私の腕前に問題があると、
今更ながら凹むものです。
具体的にはピント合わせですね。ピシッと決まってません。
くそう、来年リベンジじゃぁ;
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事