ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「Carl_Zeiss_Vario-Sonnar_T*_16-35mm_F2.8ZA」
2015/04/03 Fri 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
秋葉原から神田方向に少し歩いたところにある万世橋、かつて「万世橋駅」があった場所でもあります。
神田・秋葉原・御茶ノ水、いずれの方角に行くにも便利で、お散歩コースの定番ともなっている場所です。
古くから交通の要衝として開けていた場所だだというのもうなずける話です。

なもので私としても、秋葉原あたりに出掛けた時には、しばしば立ち寄る場所にもなっています。
そういえばあまり記事にしていませんね。
万世橋方面に行く時というのは私はたいていラジ館探索を絡めますし、ラジ館に行って何を見てくるかはムフフな感じですから。
この写真も実は2月に行った時のものです。SDカードから未整理のフォルダが出てきた万を持して記事にいたします。
DSC02158

神田川にかかる橋、万世橋、駅名の由来にもなりましたし、近隣のステーキ店の名称の由来でもあります。
川の南側が千代田区神田、北側が外神田という町名で、その外神田というのが秋葉原という呼ばれ方をしています。
千代田区の大半は「神田川の南側」なんですけれども、秋葉原の部分だけピョコンと川の北側に千代田区がはみ出している、
みたいな感じです。という書き方だと外神田の方に失礼か(^^;ともかく地理的にはそんな感じです。
DSC02150

さてその万世橋駅ですが、もちろん現在は廃止されており、遺構だけが残されている状態です。いや、状態でした。
万世橋駅あらため「マーチエキュート神田万世橋」としてモダンに生まれ変わりました。
可能な限り駅の構造を残しつつ大幅な改装を施していますが、歴史的遺産として見るべき部分も残されています。
以前に書いた記事ですがよろしければご覧ください。
「マーチ エキュート 神田万世橋」前編 1階部分
「マーチ エキュート 神田万世橋」後編 階上部分
DSC02167

辰野金吾設計の豪華な駅舎は現存していませんが、高架下のレンガなどでその雰囲気だけは味わうことができそうです。
今はそれもライトアップと合わせて洒落た雰囲気を出すのに一役買っています。
DSC02174

私が今回の写真を撮りに行った時期はちょっと曖昧なんですがバレンタインデーあたりだったと思います。
ライトアップ、というかキャンドルが並んでいてレンガ壁と合わせて写真目当ての私としては嬉しかったです。
DSC02169

ボディはα7II、持参したレンズは
「Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8ZA」
「Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4ZA」
「Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4ZA」
の3本でした。それはよく覚えています(笑
この頃は超広角で撮ることがマイブームだったもので16-35ばかり使っていましたが、ここはさすがにボカすためにプラナーで。
DSC02168

この頃はフルサイズEマウントの16-35mm/F4が欲しいなあどうしようかなあと思っていた時期でして、
超広角ズームを常時持ち歩くことで自分の立ち回りがどのように変わるかを事あるごとに試していました。
結局私の用途ですと「F4通しでは暗すぎる」ということで購入は見送った、という経緯を経て、今なお手に入れていません。
DSC02181

今回はこの辺で。
この記事は単発となります。α関連でもしっかり書いていきたいのですが最近はm43が私的にはマイブーム周期ということで。
それで思い出した、私は英語ができないものでマイクロフォーサーズの略称として「m43」がいいのか「m34」がいいのか、
判断がつきかねている中で慣例として「m43」を使っておりました。本当なら「m4/3」なのかな?まあスラッシュのことはいいや。
が、この記事が掲載されるのが4月3日、この日を指してTwitterのマイクロフォーサーズ公式アカウントが「マイクロフォーサーズの日!」
としている上によく見たらハッシュタグでも「#m43」とありますので、
英語下手な私も大手を振って「m43」と書くことにいたします。
この記事はαの記事ですが、本日はマイクロフォーサーズの日ですよ!知らんけど!
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC02173

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/01/22 Thu 18:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
ソニーα7II関連エントリ、第20弾となります。
ある程度手に馴染んできました。この記事が掲載される頃は私はロケ撮影で出張の真っ只中だと思いますが、
一応持ち出す予定です。てかロケで持ち出すために手に入れたようなものか。
ガッツリ使い込んで得た印象をまた記事にしたいと考えています。賞賛するか批判するかは風次第ということでー

で、それはともかく今回は銀座編です。
この交差点からスタート、てな感じで。
余談ですがここから銀座方面、つまり銀座通りはいわゆるひとつの「銀座通り」ですよね。
この道は国道15号ですが別名「第一京浜」とも言いますよね。
もしかしてだけど(もしかしてだけど)、この交差点が国道15号における「銀座通り」と「第一京浜」の境目なんじゃないの。
DSC01507

博品館前の交差点です。ご覧の通り、表通りのお店の多くは既に閉店してしまっています。
となりますと私の狙う被写体は絞られてきますね(笑
余談ですが銀座博品館、大人も楽しいおもちゃ屋さんです。おすすめです。
DSC01509

というわけで私が狙う被写体、マネキンです(笑
お店は閉まってもショーウィンドウはそのまま、少しライトアップ気味で残すところが多いですので、撮りやすいっちゃあ撮りやすいですね。
DSC01517

銀座イルミネーション「ヒカリミチ」まだやっているのですね。
人通りが少ないこともあり、ゆったり見て歩くことができます。ビルが暗めなのがちょっと寂しいですけど。
DSC01514

写真右部分の空間は、ただいま建て替え工事中の銀座松坂屋跡地です。当分の間この風景なのかもしれません。
写真左部分のビルは、イケメンがお出迎えすることで知られるアバクロことアバクロンビー&フィッチであります。
イケメンといえば先日映画館に行った時、私のすぐ後ろに並んでいた女子中高生が「伊勢谷さん!?」と声を上げたもので、
「いえ違いますよ」と言おうと振り返ったところ、何の事はないポスターを見て叫んでいたのだというオチで。
DSC01524

そしてやって来ました銀座4丁目交差点。
暗い!和光ビルがライトアップしてない!
DSC01536

またマネキンです。ちょっとぼかして抽象的なイメージを狙ったつもりです。
マネキン写真は次回も何枚か掲載します、と、ソフトに次回予告。
DSC01549

銀座通りの歩道、三越の前あたりで撮りました。ブリーチバイパスです。
ソニーのエフェクトに「ブリーチバイパス」という項目は無いだろうがこのプータローとお思いのあなた、その通りなのです!
パナソニック「GM1」を購入した際楽しみにしていた要素のひとつが「クリエイティブコントロール・ブリーチバイパス」でした。
当ブログでも購入直後狂ったように使っていましたね(笑
で、ソニー機でもそのブリーチバイパスのテイストを出せないか、と試していて、たどりついた設定がこちら、
「クリエイティブスタイル『Clear』で、コントラスト最大・彩度最少・シャープネス最大」です。
そのあたりのことは以前に「池袋ブリーチバイパス」という記事で書きました。
その少し前に「堀切ブリーチバイパス編」でも触れましたね。
DSC01542

今回はこの辺で。
上でちらりと書きました通り、次回はマネキン写真が登場するこの写真散歩の続編となります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/01/21 Wed 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
ソニーα7II関連エントリですです。
またも夜撮りに逆戻り!三脚を持って今回降りたのは新橋です。
使用した三脚は先日の横浜編同様「ベルボン UT-43Q(クリックするとメーカーページが開きます)」
可搬性に優れたお気に入りの三脚です。
久々の汐留シオサイト、週末でしたのでビルの明かりはほとんど無く、人通りも少ない中、悠々と撮らせていただきました。
DSC01474

ゆりかもめ新橋駅改札下のコンコースから銀座通り方面を撮りました。
ここを撮るならもう少し望遠を使いたかった、てかこの時持ち歩いてはいたのですが、
駅を出た時点で「今日は広角一本勝負」という気持ちになっていたものでそのまま撮りました。
「Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8ZA」です。
DSC01461

ゆりかもめ下のペデストリアンデッキです。自転車が来ないですので、週末であれば子連れでも安心です。
まあ、子連れでシオサイトのどこ行くねん?と聞かれると困る案件ではあります(笑
DSC01465

そのペデストリアンデッキから伸びている歩道です。日本テレビに向かうことができます。
真っ直ぐ行くと有名な「ジブリ時計」がありますがそちらは次回のお楽しみということで。
DSC01467

この記事の写真の多くはシャッタースピード30秒ぐらいで切っていたと思います。木々が風に揺れていますね。
このあたりは私としては写真趣味を始めて以来の思い出が多いお散歩コースであります。
DSC01477

カレッタの方に伸びる歩道です。
シオサイトの商業施設の一つ、カレッタ汐留といえばうちのママお気に入りの「都路里」があったのに惜しくも閉店となってしまい、
今は行く機会が激減してしまいました。
あ、「焼酎オーソリティ」という酒屋さんが楽しいので、時々行くことがありますね。
DSC01476

地上に出ました。
光芒を長く出したい!ということで、今回も最小絞りのF22にして撮っています。
さすがに週末のビジネス街、ビルが暗い!(笑)
平日だと賑やかで良いのでしょうがそれはそれで人通りも多く、三脚を立てるのがはばかられます。難しいところです。
DSC01484

地下通路に降りました。柱が規則的に並ぶだけの空間です。
首都圏外郭放水路、でしたっけ?こんな感じなのでしょうかね。
DSC01486

今回はこの辺で。
汐留シオサイトは2000年以降(ウィキペディアによると2004年)オープンしたエリアですのでビルも現代的な印象です。
ゆりかもめの高架線が近未来的な印象すら持たせます。好きな場所のひとつです。
そのシオサイトでざっと撮った後新橋駅から乗って帰ろうと思っていましたがやめた!更に歩くことにしました。
ということで次回はこの続きで撮った写真を掲載してまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC01489

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/11/25 Tue 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
東京ドームシティイルミネーション編、後編となります。
遊園地部分、ドーム周辺部分と歩いてきて、今回は商業施設「ラクーア」を撮り歩きました。
とは言いますものの、先の記事と比べますとそれほど収穫は無かったかな?
本当に敷地が広くて、ひたすらイルミネーションというところを撮り歩いていましたから、
この辺りまで進んできますとちょっと飽きた別のものも撮ってみたい、という誘惑に駆られたりもするものです。

とは言え、目的はイルミネーションですからこのような写真から始めてまいります。
毎年やっている通路部分のライトアップです。ラクーアイルミの代表と言ってもいいかもしれません。
ひとつ向こう側の柱まで結構距離がありますから、ここの撮り方は難しいのではなかろうかと思います。
DSC09876

雰囲気を捉えようと思い、地上の広場部分を眺めて撮ってみました。
たまたま通りがかった方を主役に撮らせてもらいました。
DSC09898

地上広場におりました。3階ぐらいまでの高さもあろうか、という巨大クリスマスツリーとメリーゴーランドを撮りました。
ツリーをもっと派手に、メリーゴーランドをもっと落ち着かせて取りたいところでしたが私の技量不足でこうなりました。
こういう時は現像やレタッチをすればいいのでしょうね。ここで加工はしませんけれども。
DSC09906

地鶏、いや、自撮りです。
そう言えば今週末のオフ会予定、無事人数も決まりましてお店も選びました。
どうやって発表すればいいんだろう。まあ当日でいいか。
DSC09912

東京ドームシティでは現在、妖怪ウォッチのイベントが行われています。
アトラクションを回ってハンコを押していく、いわゆるひとつのスタンプラリーだと思われますが、
妖怪ウォッチですから週末は大混雑なのです。うぃっす。
DSC09955

仕事帰りなのでしょうか、女性一人で撮り歩いているのを多く見かけました。
声を掛けてみたらよかったかな?いやそんなことはここで書いているだけでその場では考えもしませんが。
DSC09948

で、上の写真の女性が撮っていたのが、こちらです。なんちゃらドーム、みたいな名前だったような?
イベントなどで人を集める場所のようですね。ライトアップも美しく、ラクーアに来たら必ず撮る場所でもあります。
DSC09914

今回はこの辺で。
東京ドームシティイルミネーション編は今回までです。
次回は別のネタでまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC09878

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/11/24 Mon 12:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
前回に続き、東京ドームイルミネーション編となります。
ここはエリアが広いのです。ひと駅間まるまるイルミネーション、ぐらいありますね。
今回は主役というか東京ドームそのものに接近しつつかろやかにかわして(笑)、
また周辺施設のあたりを撮っています。

まずはこちら、ウルトラマンであります。今年の東京ドームシティはウルトラマンとタイアップ?
巨大像であります。台座合わせて10メートル近くあったんじゃないかな?
85mmで上半身をクローズアップし、ティムポを絶妙に回避するというフォトグラファーのウルトラテクニックが炸裂した秀作であります。
DSC09860

ドーム間近に近づいて撮っています。
イルミネーションの光量ももちろんなのですが、ドームの屋根?雨除け?の部分のライトアップも派手ですので、
トータルでかなりの華やかさが演出されています。
余談ですがこの日この時間帯、東京ドーム自体は試合やイベントは行われていませんでした。
ですからこの辺りの人出も少なめなはずなのですが、それでも来場者は多かったです。
DSC09864

東京ドームシティ、てゆうか遊園地部分は実は平べったい建物の屋根部分に作られていまして、
遊園地の床下には商業施設やレストランなどがある、という構造になっています。
アトラクションで遊んでいて雨がぱらついてきたら下層部分の施設に移動すればいい、というわけで、
これはなかなか合理的な仕組みになっているなあと思いました。
で、その部分にも派手なイルミネーションが作られていました。
DSC09853

先述の「ウルトラマンとのタイアップ」の本丸は、どうやらこちらだったようです。
球体のライトは「惑星」をイメージして作られていたようで、まさしく宇宙空間。
DSC09852

上の写真は部分的に切り取ったものですから全体の雰囲気は伝わりませんね。
この場所はこんな感じです。アベックの皆様はデートコースにいかがでしょう。
DSC09846

ホテルと遊園地の間の広いスペースです。野球観戦の人の列はここを通るのかな?
かなり広い場所に、ずーっと星が浮かんでいるようなイメージです。
DSC09838

ウルトラマンとのタイアップイルミ見学もほどほどに、次の場所へ移動していきます。
木々も一本ずつ丁寧にライトアップされている様子が伝わるといいのですが。
DSC09830

今回はこの辺で。
東京ドームシティ編はもう一回続きます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC09856

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/11/23 Sun 23:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
α7IIの興奮も冷めやらぬところではありますが、ひとまずその話は置きます。
今回はクリスマスイルミネーションシリーズとなります。行ったところは東京ドームシティです。

中央・総武線水道橋駅を出て川を渡りますと、そこはもう東京ドームシティです。
入場無料の遊園施設・東京ドームシティアトラクションズが広がっています。
昔は後楽園ゆうえんちと呼ばれていたところです。僕と握手!
DSC09826

東京ドームシティのイルミネーションは、特定の色に偏らず様々な色を駆使していてバラエティ豊かで華やかなのが特徴です。
悪く言えば節操のない、とも言えるのですがそこは好みの問題でしょうね。
家族連れ・中高生が多く訪れる場所ですので、このような賑やかな雰囲気が似合っていると思います。
DSC09770

これは何をかたどったものなんだろう。コンセプトは何でしょうね。
公式サイトでもそのあたりの言及は無いようで、デザイナーさんのアイデアを取り入れたのでしょうかね。
DSC09780

「ルミナストンネル」と名付けられているトンネル状のイルミネーションです。
三角形のパネルとLEDを組み合わせて空間を染めていきます。
様々な色にくるくると変わっていく仕組みですが、私には赤が一番印象に残りました。
DSC09791

ミラーとLEDイルミネーションとの組み合わせで、無限に広がっているように見える、という効果を狙ったのでしょうか。
写真は青ですがここも様々に色が変わっていきます。見どころの一つだと思います。
DSC09817

私が行ったのは平日でした。現地入りした時刻は18時台だったと思います。
街が寝静まるにはまだ早い時間帯ではありますが、家族連れが主な利用者である遊園地は、
ちょっと奥まったところは既に人が少なく、「夜の遊園地」の静けさすら感じました。悪くない。悪くないぞお。
DSC09813

今回使用したレンズは「Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8ZA」でした。
なんだかもう、Eマウントの16-35は先送り、この時期に先送りを決心するのは事実上の購入見送りを意味するのですが、
とにかく今はこちらを使いたい気分なのでした。
DSC09774

今回はこの辺で。
東京ドームシティ編は次回も続きます。
クリスマスネタ~その他のネタ~クリスマスネタ、と、入れ替わり立ち代りに記事を書いています。
前後編というような「連続もの」はひとまとめにいきますので、お付き合いいただければと思います。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC09779

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/11/09 Sun 16:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
前回に続き、新宿西口を歩きました、というエントリです。
使用したボディはα7R、使用したレンズはソニー純正広角ズームレンズ「Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8ZA」であります。
先週後半に発売されたソニーEマウントフルサイズ用レンズ「Vario-Tessar T* 16-35mm F4ZA」を有力な購入候補として考えており、
運用をシミュレートしようと思ってここしばらく使っているという次第です。
が、何だかこちらで充分のような気がしてきました。いやこちらの方が性能が良いのですからそれは当たり前か。
大きいことと重いことに慣れることが出来れば、むしろこちらの方が良い。
いや分かってはいるつもりなのですが、小さいことにとてもメリットを感じていますので、引き続き考えていきます。

それはともかく、今回は新宿でした。
東京都民になって2年経ったかな?でも都庁に行く機会なんてそうそうあるものではありません。
以前は丸の内にあったのがこちらに移転したとの事ですが、都庁跡地には現在東京国際フォーラムがある、と。
当時移転を推進した鈴木俊一都知事が通うのに新宿の方が便利だから、なんて記事をどこかで読みましたが本当かそれ?
DSC09008

都庁前の半円形状の広場、何て名前でしたっけ覚えていませんが、広角だと格好がついて良いですね。
あまり気を使わずこのように撮っても、何となくさまになります。
DSC09042

展望台は行列ができていたのであきらめて、しばらく都庁前の広場で撮った後、駅へ移動となりました。
ちょうど暮れかかる良い頃合いでして、新宿西口の高層ビル街が映えること映えること。
休日でしたのでビルの灯りは少なめですが、私には充分です。
DSC09053

微妙に枯れた地下通路、もとは地下商店街だったのでしょうか。
昭和の香りが漂う一帯ですよね、いや、昭和が思い描いた近現代の街並みと言うべきか。
DSC09071

落書きがあるんですね。実は東側都心部ではあまり見かけません。
あれだけ「浄化」にこだわった都知事がいなくなり、リベラルな空気にあてられているのでしょうか。そうかもしれんね。
DSC09069

新宿駅西口から都庁方面にまっすぐ伸びている地下歩道が、現在リニューアル工事中のようです。
歩道自体は現代的に装うのかもしれませんがそこに接続している建物は高度成長期以来の「年季の入った」ビルが多く、
昭和的な雰囲気は維持されるのだろうと思います。
DSC09075

つらつらと書いてきました、新宿西口に私が感じるものは「昭和」そのものであります。
「涅槃で待つ」で有名な高層ホテル街、ミニカーのセットのような多層型ロータリー、ネオン看板…
レトロフューチャーと言ってもいいぐらい(笑
この雰囲気は私の行動範囲にはありません。強いて言うなら八重洲口ぐらいかな?
DSC09083

今回はこの辺で。
普段は本当に「山の手線の東側」にしか行かないもので、たまに行きますと新鮮に感じられます。
最後になりましたが声をかけてくれたザキさん、急な初対面なのに親切に接してくれたふぁんとむ@MINOLTAの民 さん、ありがとうございました!
新宿西口広角編は以上となりまして、次回は別のネタをご用意しています。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/11/08 Sat 12:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
昨日発売になったらしいソニーの「Vario-Tessar T* 16-35mm F4ZA」を横目で羨みつつ(まだ見たことがないもので)、
似たスペックの他のレンズを使用して欲求不満を満たそうという代償行為エントリです。
少し前からタムロンの「11-18mm F4.5-5.6」というAPS-C専用広角ズームを使用した記事を書いたりしていましたが、
その目的は「FE16-35mm F4を購入したとして、自分に使いこなすことができるか&使う機会があるか」を試すことにありました。
私としては普段あまり使わない超広角域、それを使用して自分の作風を広げることができるものなのか。
そのあたりを現場で検証しよう!と思ったわけです。

が、よく考えたら「今更何言ってんの?」という話であります。
超広角レンズを持っていなくて初購入に尻込みしているならともかく、我が家には既に広角ズームレンズがあるではないか。
タムロン11-18のことではありません、ソニー純正がありました。
泣く子も笑う大三元「Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8ZA」のことであります。
当ブログとしては今年の年初に持ち出して以来約10ヶ月半ぶり、約200記事ぶりに登場ということになります。
何だよそれがあるならFE16-35F4なんかいらねえじゃん、と思われた方!そう、その通りなのです!
ですから今回は財布の紐もなかなか緩みません。オリ40-150と比べてどちらにするか、続けて検討していきます。

今回行ったのは新宿です。久し振り。
東口~新宿三丁目あたりは仕事で行くこともあったのですが、西口に出たのは久し振りです。
この昭和の香りが色濃く残る広場も、いずれ再々開発されるのかもしれませんね。
DSC08964

久々に新宿へ行ったのは、友人ザキさんの誘いがあったからで、待ち合わせ場所がなんとニコンプラザ。
聞いたことはあるが行ったことがない、ソニーのカメラなんてぶら下げて行ったら胸倉掴まれるのではないか、
そのようなある種のドキドキ感はありましたが幸か不幸かそんな揉め事もなく(笑)無事合流できました。
DSC08959

ニコンプラザは高層ビルの28階ですから、ニコンユーザーではない私としてもちょっと楽しい撮影タイムでした。
せっかくですからニコンの話も少しだけしますと、D750に魅力を感じました。液晶が動くということで。
DSC08955

少し雑談した後ヨドバシカメラに移動、機材を見て回ります。
ザキさんのお友達、ふぁんとむ@MINOLTAの民さんとも合流、ご挨拶をしてちょっと撮りに行きますかということになりました。
DSC08970

超広角とはいえズームレンズですので、望遠端35mmにすればちょっとしたスナップも楽しいです。
重たいですけど(笑
それにしても、ヱビスビール半額は良いなあ。
DSC08980

ヨドバシの間を抜けていく、マップカメラの前の通りは、晴れの日の夕方には西日が美しく、
私のような街を撮り歩く者だけでなく、通り掛かるビジネスマンやOLなども立ち止まってスマホなどを構えている姿を見かけます。
この時は不完全燃焼、イマイチでした。また機会があったらチャレンジしてみます。
DSC08983

今回はこの辺で。
都庁方面に歩いて行きました。次回はそのあたりのことを書きます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC09001

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/01/20 Mon 23:45 ソニーα
前回に続き「ネットで知り合いリアルで横浜撮り歩き」シリーズです。
待ち合わせが桜木町駅ということで、どちらかと言うと前回の記事よりもこちらの方が時系列的には先なのですが、
次回への前フリの都合上、こちらの記事を後編にした次第です。と、読んでくださっている方にはどうでもいいような裏話から。

桜木町駅で合流して、動く歩道にまったり乗っておりますと、こんな景色が広がります。
いいですね~、ちょっと動く歩道から下りて撮りましょうか、ということで撮りました。
前々回まで使用した久々登板の「Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8ZA」を使用しました。広角楽しいねえ。
DSC03502

この景色を見ていて、ふと気付きました。観覧車の手前にある派手な建物は何だ?
位置的には向こう側、コスモワールドやワールドポーターズと隣接している一角をずっと工事しているのは知っていましたが、
こんな、ライトアップされているほど出来上がっていたとは。
来月はパシフィコでCP+が開催されます。と同時に横浜では「フォトヨコハマ」と称して写真関連のイベントを集中開催する期間に突入しています。
このフォトヨコハマ、いわゆる町おこしのようなものなのですが、関連イベントが写真展ばかりなのがちょっと微妙感を誘います。
写真は撮ってナンボ、カメラは使ってナンボです。展覧会「ばかり」ではなくワークショップ的なイベントが増えることを期待します。
話がそれました。とにかくこの風景が、なにげなくフォトジェニック度に磨きがかかっているわけです。
ギュッと手前に引き寄せて撮りたかったのでレンズを取り替えました。
「Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4ZA」です。中望遠楽しいねえ。
DSC03520

その話はひとまず置きます。日本丸の隣に行って見上げ気味で撮りました。
土曜の夜なのですがこの場所は人出も閑散としていて、日本丸に限らずじっくり撮るには良い場所だと思います。
DSC03528

日本丸の反対側、芝生の方に出て、例の建物を撮ってみます。
屋形船も出てきて見どころが多いです。
お月様も真ん丸、ちょっと黄色がかっていてそれも押さえたかったのですが、明るさの調節ができませんでした。
こんな時はレタッチで月をそれなりの明るさにすればいいのでしょうが、当ブログではそれをしません。
DSC03534

で、ここを渡ってクイーンズスクエアのイルミネーションを撮りに行ったわけです。
前回の記事の部分ですね。
一眼レフを持った彼氏が、綺麗な風景をバックに彼女を撮る、みたいなことをしている人がいっぱいいて、
それも楽しそうだなあと毒気に当てられつつ見ておりました。
DSC03563

んでまあ、この場所で撮ったり。
ザキさんにSTFをお借りして撮っていたのですがとても良かったです。
DSC03610

結局、例の建物まで行ってきました。
余談ながらこの写真は当ブログとして初めて掲載する「RAW現像」した写真です。
従来の「JPEG撮って出し」と、ちょっとは違いますかね?
DSC03621

というわけで次回はこの例の建物こと「アニヴェルセルみなとみらい横浜」の写真を掲載する予定です。
とても綺麗な、私的には辛抱たまらんような建物でした。そのあたりのことを書ければなと。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/01/18 Sat 16:00 ソニーα
前回に続き、α7RにAマウントレンズ「Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8ZA」を取り付けて歩いてきました、
という記事を掲載いたします。
前回は上野近辺、今回は秋葉原です。要するに同じ日に撮り歩いたものを記事としては2つに分けました。
ネタは分割して長持ちさせる、当ブログの常套手段でございます。

秋葉原駅電気街口広場、私が命名したところの「赤の広場」であります。
赤の広場が赤の広場たる所以は、このAKBショップのネオンにあるわけですが、
いつかこのお店がなくなって赤の広場ではなくなる日が来るのでしょうか。
その時にはこの写真も「おお懐かしいねえ」という風に見られるのかもしれません。時代を切り取るスナップ写真です(笑)
DSC03488

中央通りは完全に「萌えの街」ですね。今更な感想ですが。
私は別段昔の電気街にノスタルジーを感じたりはしませんのでこれはこれで良いとは思っていますが、
歩道でメイド服の方がズラリと並んで客引きをしているのは、何だか歌舞伎町みたいですね。
まあそんな話はどうでもいいんですが、「そにアニ」って、すーぱーそに子のアニメなんですね。
DSC03476

そんなこんなで今回の目的地、コトブキヤに向かいます。
店頭には巨大ダンボーです。砲塔を外した連装砲ちゃんではございません。
これに影響されてこの時も思わず海洋堂のダンボー・ミニを買ってしまったではないですか!
DSC03454

本物の連装砲ちゃんはこっちですね。
えーい島風はいい、雪風を、雪風を映さんか!
DSC03455

と思ってたら雪風!我が家にはちょっと無理っぽいグッズキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
知らない人はいないと思うのですが一応説明いたしますといちばん左の可愛い子が雪風です。君の力で3-2突破だ!
雪風の声がケロロ軍曹に似てる、声は同じ人なのかな?まさかね。
話は変わりますが、ねんどろいど島風が展示されていました。結局予約しなかったんですが今からでも手に入るかな?
DSC03456

コトブキヤへ行った目的はこちら、キューポッシュ「魔法少女まどか☆マギカ 美樹さやか」であります。
この日が発売初日、私的には月に一度のキューポッシュデーであります。
とは言うものの、ブログのネタが切れた時に開封しようと思っているのですがぜんぜんその機会がなく、箱のまま積まれています。
余談ながらキューポッシュは「美樹さやか」で9作目、我が家は一応フルコンプであります。開けてないけど。
DSC03460

この通りに来ると、時々 ウワアアアアン!ヽ(`Д´)ノとマンガとか買い漁りたくなって本屋さんに入ったりすることもあるのですが、
見ているうちに頭がクラクラしてきて退散、結局安いSDカードを1枚買って帰ってきてしまう、みたいな。
DSC03462

盛者必衰の秋葉原にあって、このお店は揺るがないですね。
超一等地ですから、いつ再開発の手が入ってもおかしくないのに。
DSC03480

線路をくぐって、ヨドバシの前に出ます。ここから電車に乗って帰りました。
イルミネーションがあったので試してみました。広角端だけど、ボケる、ボケるぞぉ。こんなに嬉しいことはない。
DSC03495

今回はこの辺で。長くなりました。
16-35バリオゾナー、ちょっと重いけど、かなり重いけど、楽しいですね。
今回は広角なりの撮り方というものをあまり意識せずに普段のスナップ感覚で歩きましたが、
いずれまた広角の世界を楽しませてもらおう!と思いました。

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事