ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「Carl_Zeiss_Distagon_T*_24mm_F2ZA」
2016/03/14 Mon 19:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

昨年末にIKEAに行った時の写真です


IKEA訪問編、今回が最終回です。
クリスマス時期というタイミングもあってディスプレイも私好み、楽しく過ごさせていただき、写真も撮らせていただきました。
私は遅まきながらこの時初めて行ったんですけれども、イケアって広いんですね。とにかく広かった。
まだ先があるのか!?みたいな。

そういった広大なスペースの多くが、家具の展示に割かれています。
それはちょっと洒落た家具屋さんならば見られる風景だとは思いますがそこは外資系。
何となくフォトジェニック(死語?)な気がしましたので、それをまとめてみます。
DSC05814.jpg


ベッドルームはちょっと暗めに?


上の写真はベッドサイドのものでした。本体のベッドはこちらです。
白と黒を基調にしたシンプルモダンなダブルベッド、まあそれはともかく。
展示スペースもちょっと暗めになっていましたので、その雰囲気を活かすべくそのまま撮りました。

話は変わりますが最近カメラを使っていて、写真が以前よりも暗いようなな気がしまして。
以前はもうちょっと明るく撮れていた気がした、だけど最近は暗く撮れる気がするんですよね。
カメラの不具合?いやそんなことはつゆほども思っておりません。
測光機能の使い方?いや撮り方自体を変えたつもりはありません。
あくまでも「私が『そんな気がする』だけ」ですので、私の嗜好が変わったということなのでしょう。
具体的には、以前に比べて、少しばかり明るい写真を好むようになっているのではないか、と。
ですから、夜撮りの写真も数年前のものと比べると今のほうが「明るく撮ろう」という意識が働いているのかな…
写真を見比べると、そんな気がするのであります。
DSC05815


「外資系家具のテーマパーク」ゆえの品揃え


外資系家具チェーン、ことさらに外資系を強調していますがそのことに別段感想はございません。
ただ、展示されているものはやはり一風変わったというか、普段自分の家では見ないような物が多いものですから、
そこに目が行くのであります。
キッズルームのエリアですが、壁にこのような棚が。どこの国の言葉かも分かりません。スウェーデン語なんでしょうかね。
DSC05821

こちらもキッズエリアにあった小物です。アルファベットの早見表ですね。
ちょっと暗く撮れていますが特に後修正はいたしません。
DSC05822

キッチン関連のスペースで撮ったものです。
前後をぼかしつつ、中央の紙袋にスポットライトが当たったかのような演出を。
…と書くと何だか計算して撮ったように聞こえますね。私は「そこにあるもの」をそのまま撮っただけですが。
DSC05809


雰囲気だけ欲しい時には、わざとらしく


この写真は、Photoshopで色を変えています。具体的には色温度を調整して、青みを増やしています。
私は普段写真を撮る時「自身で見た時に受けた印象」をベースに、可能な限り現物ままの雰囲気で撮ろうと心がけています。
この写真の出来の良し悪しは置いといて、撮影現場で行う設定であれPCでの後処理であれ、奇をてらったことはあまりしなくなりました。
写真という表現手段で「何かクリエイティブなこと」をしよう、という意識が低いのであります。

一方で「現実の色味をベースにしてその場の空気を伝える」という経験を積もう、という意識は大いにありますね。
ただ、素の写真だけを見られてしまうと私の腕前なんざ平々凡々並盛り、ということがバレてしまう。
何とかしてそれを糊塗したいという私がとったのが当ブログにおいては、
「後処理でアーティスティックな色使い」ではなく「説明をくっつける」という方法でした。
出掛けた先の写真を掲載して、もしそれを見て興味を持ってくださる方がいらっしゃったとしたら、
同じ場所へ出かけて行き、同じ場所でシャッターを押していただければ、同じような写真を撮ることができますよ。
そこが狙いのひとつですね。影響力、と書くと偉そうですが、私にとって嬉しい反響のかたち、とは言えるかもしれません。
この事は時々記事で書いていますのでご存じの方もいらっしゃるかもしれません。
まあ、余談です。
DSC05795


泣きの前ボケ


以前はそれほど使わなかったのに最近は多用している、私にとってその撮影手法は「前ボケ」であります。
ここ2年ぐらいかな?急激にそういう写真が増えました。
平たく言えば他の方の写真を見て影響を受けた、ということなんですけれども、
どうやら一過性のマイブームではなく、それなりに自分の中に定着したようです。
以前は意識的に避けていた部分もありましたが、今は多用しています。
DSC05797


・今回はこの辺で。


イケアは楽しいお店でした。この日もあれこれ買い物をして帰ったっけね。
ただ、私は車を持っておらず、イケアはいわゆる郊外型の店舗ですから、そうそう縁がありません(笑
チャンスがあったらまたぜひ行ってみたい、そんな気になれるお店でした。

次回は別のネタになります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m


















今回の
撮影機材






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/03/13 Sun 23:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

昨年末にIKEAに行った時の写真です


前回に続き、昨年末にIKEAに行った時の写真を掲載します。
12月当時はイルミネーション写真の掲載で予定が埋まっていたこともあり、
いったんお蔵入りの上でどこかのタイミングでストック放出、と思っていながら気がついたら3ヶ月も経ってしまいました。
時期的にイケアもクリスマス一色だったわけで、当時撮った写真にも必然的にそういったものが多く含まれています。
今回はそんな「クリスマス的な飾り付け」を掲載してまいります。
季節はずれのクリスマス!もっともイケアが季節はずれというわけではないんですけれども(笑
DSC05792.jpg


「家具のテーマパーク」もクリスマスの装い


イケアは家具屋さんで、見本と言うんですかね、実際に家具をレイアウトして購買時のイメージを得やすいように配慮されています。
クリスマスの時期ということで至る所にこのようなクリスマス飾りが用意されていて、そりゃあ綺麗なものでした。
それにしても、こんな写真を掲載していますと本当にクリスマスに戻ったような気分になってしまいます。
DSC05828


日々是勉強


飾りが多ければ、私などは目移りしてしまって「どこから撮ればいいのやら」みたいな状態になります。
結局は手近なところから手当たり次第に撮らせてもらうんですけど、この感覚はあれですね、山手西洋館で過ごす感覚に近い。
ですからここでも、山手西洋館で試みたような「写真の練習」をしてみたいなと思いました。

持ち出したレンズは単焦点3本です。24mm・50mm・85mm。
この日主に使ったのは50mmだったように記憶していますがそれはともかく、
クリスマス飾りということもありますので私は「ボケを活かす」という撮り方により多くの時間を使いました。
手前の赤い玉にピントを合わせて、奥のツリーをボカし、白・緑・金色という色で雰囲気を表現…みたいな。
DSC05804

で、練習ですからこのような撮り方もしています。
奥のツリーにピントを合わせて、手前の赤い玉をボカし、赤という色でクリスマス気分を盛り上げる、と。
上の写真と微妙に撮影位置をずらしているのは、ツリーのどの部分にピントを合わせるかを考えた結果であります。
てっぺんの枝、金色の玉、銀色の玉に対して面でピントを狙った…はず。
DSC05805


色で時節をあらわす


この写真はシャンデリアを切り取ったものです。85mmを使いましたね。それは覚えています。
シャンデリア自体はクリスマス限定のものというわけではなく、おそらく一年を通じてディスプレイされているものだと思いますが、
何となくクリスマス的な撮れかたをしているように見えたのでここで掲載しました。
シャンデリア自体はクリスマス特有のものではありませんが、私にとっては普段目にしない照明器具である非日常性、
それに加えて背景が赤いのでクリスマスチックに見えなくもない。
前後の写真の並びでもって「クリスマス写真」と強弁しようというわけです(笑
DSC05802


そういえばホワイトデーですね


クリスマス小物ということで撮ったこの写真を見ながら、そういや明日はホワイトデーだなと思いました。
もちろん私はママとむしゅめに用意しておりますがその話は置いといて、思うのは「ホワイトデーコーナー」の拡大っぷりであります。
特に今年はすごくホワイトデー推しって言えばいいのかな、至る所に特設売り場があるように思います。
去年はここまでではなかったはず、急激にブームが来ているのか?…と思ってもみたのですが、
2015年のホワイトデーは土曜日だったという事情もあるんですかね。オフィスで配るという需要が少ない、みたいな。
いずれにせよホワイトデーも「仕組まれた慣習」なんでしょうけど、その規模は曜日に左右されることもあるんかね、と思いました。
DSC05807


・今回はこの辺で。


イケアではけっこう撮りまくった記憶がありますが、今回写真を掲載するために当時のフォルダを見返したところ50枚程度でした。
枚数としては決して多くはないですね。ですが「お店の中で撮らせてもらったもの」と思うと過剰にカメラを使った感があります。
次回の記事ではそのあたりの事にも触れることにいたします。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

















今回の
撮影機材






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/03/11 Fri 22:20 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

昨年末にIKEAに行った時の写真です

「可能な限り毎日更新」がモットーの当ブログですがちょっと日が空いてしまいました。ひっさしぶりー! 通常営業に戻りましてバリバリ更新していきますのでよろしくお願いいたします。 んで。 今回はIKEAの記事であります。 IKEA?イケア?あの家具屋さんの?あの組み立てがイチイチ大変なあの家具屋さんの? はい、組み立てがイチイチ大変な、あの家具屋さんのイケアであります。 DSC05833.jpg

そこは家具のテーマパーク

IKEA。昨年末に行った時の写真を今回記事にするんですけれども、正直私はこの時初めて行きました。 イケア童貞だったわけであります。今はイケア非童貞ですけどね。 うちのママはちょくちょく行っていたらしくて、私は手を引かれるように初体験したことになりますが、楽しい思いをさせてもらいました。 DSC05794

外資ですよ、ガ・イ・シ

日本企業のショップではなかなかないですよね、天井まで商品棚っていうお店。 こういうのを見ますと「外資だなあ」と思うのであります。まあ全部が全部そうだってわけではありませんから、これは偏見なんですけどね。 DSC05826 家具屋さんであるにもかかわらず食品コーナーもありまして、しかもけっこう充実していたりします。 しかしそこはやっぱり外資系、このような謎の瓶詰めも売っているのであります。 いったい何なの?本当に食べられるのかこれ!? DSC05836

ホットドッグが美味しいと聞きまして

イケアに行ったらホットドッグを食べよう、と言われていましたもので、そんなに美味しいのかと聞くと「安いんだ」と。 確かに安かったですわ。数百円でドリンクバー付きでしたね。んでもって、後乗せトッピングがどっちゃりOK、 私のような「バイキングへ行ったら元を取ろうとする」平民にとってはパラダイスでありました。 フライドオニオンの使い放題って、けっこうポイント高くないですかね。あれ、買うと意外に高いですもんね。 DSC05835

謎のぬいぐるみ

イケアの店内、いたるところに置かれていたさまざまな「ぬいぐるみ」、 どうやらイケアのオリジナルキャラクターらしいんですけど、微妙に可愛くないものですからうちのむしゅめも食いつきません。 これらのキャラクターが日本に定着するためにはもうちょっと洗脳が必要なのではないか、と思いました。 テレビ局にゴリ押しさせて、ドラマを無理矢理放送して、成田空港に3000人動員して、東京ドームのチケットを完売するぐらいでないと。 抗議デモが起こるぐらいやらないとムーブメントは起こらない、しかもそこまでやっても上手くいくとは限らないという。何の話だっけ。 DSC05803

・今回はこの辺で。

ここからは余談ですがちょっと長くなります。 いや別に深刻なことを書こうというわけじゃあないんです。 うちのブログには「写真とカメラ」のことが書かれている、ということを期待して来られる方が多いだろう、ということは承知しているつもりです。 その上で、そこまで高度に専門的でも教養的でもないうちのようなブログは、「オーナーのパーソナリティ」を出して行かねばならない、 という考えから、時々写真から少し離れたところを書くようにも心がけています。 それが嫌な人は見なくて結構、というスタンスなのは最近の記事を読んでいただければ伝わるかと思います。 当ブログ的は基本的に「可能な限り毎日掲載」を心がけています。空くとしても1日とか。2日も空いてしまうと「やばし;」と自分でも思うという。 義務感?強迫観念?いや、日課ですので。 しかし今回、4日間も空けてしまいました。 40度の熱が一週間も続いたときですら「短文投稿」と称して写真数枚の薄い記事にしてでも載せたというのに。 さて、4日間も空いた理由ですが。 スランプです。この一週間ほど続いています。 実力無き者が自称する「スランプ」などスランプの名に値せぬ、とは掛布雅之の言葉ですけれども、 それを今は横に置かせていただいて、私はまさしく、スランプにありました。 何に対してのスランプか。 「写真を見ること」に対してのスランプです。 見ることに対してのスランプとは読んで字のごとく。どんな写真を見ても心を動かされることが無いという死に至る病であります。 これは私にとってはけっこう深刻で、自分が撮る写真に対しても心が動きませんから写真散歩に出掛けて行っても取れ高がゼロになってしまうんですね。 自分が撮った写真を見ても「ダメダコリャ」と全てボツ、という。 写真の上手下手に関係なく自分で満足出来る写真が撮れたら「見て見て~」と載せたくなるのがブロガー心理でもありますが、 そんな気が起こらないという、恥をかかずに済んだといえばそれまでですが。 写真を見ても心が動かない、だから記事の書きようがない、ということでここしばらく更新が滞っておりました。 再開した今回の記事も昨年12月に撮った写真を利用してのものであり、正直スランプを脱したとは言えない状況ですが、 まあこういうのはバイオリズムというか一過性のものでしょうからまた普通に写真を見ることができるようになるのだろうと思っています。 こういう時に覚せい剤をやればいいってことなんですかね?(笑)いや、やりませんけど。 ASKAの「あなたが泣くことはない」なんて、クスリ打ってなきゃ書けないようなインパクトがあって私は好きですよ。 ダラダラしましたねすみません。 次回もIKEAネタになります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/12/21 Mon 14:00 夜景・夕景 | 写真 | ソニーα

●東京ソラマチのクリスマスイルミネーションを撮影してきました。

2015年度クリスマスイルミネーション撮影編、第33弾となります。 期待して楽しみにしていたソラマチ恒例の階段イルミネーションが、今年は用意されていなかった、 前回の記事では思わず取り乱してしまいました。申し訳ございません。 今回はヤン・ウェンリー並の冷静っぷりで書き進めて参りますのでそこんとこ紅茶 9

・クリスマスマーケット

ソラマチの4階広場ではこの時期、クリスマスマーケットが行われます。 土日やクリスマス直前は大混雑しますが、そうでなければ平日は比較的余裕があります。 撮影の合間にホットワインなど嗜んでみたり。 11 この記事は12月21日に掲載されます。 そろそろ赤白成分もマシマシで行きたいなあというわけで、サンタさんの大写しで。 7 私もそのうち一人ではあるんですが、この場所は意外に仕事帰りに歩いている、という方をよく見かけるのです。 基本的に下町ですから、ご近所さんが買い物に立ち寄っている、ということなのでしょうね。 10 スカイツリー展望台エレベーター方面入口です。 手前にツリーを前ボケさせる今年定番となった構図であります。 8 来場者が思い思いに過ごす風景です。 一応左手前のアベックが主役ですが、向こう側の白クマで記念撮影している人など、群像劇をイメージしたつもり(笑 13 業平橋あらため「とうきょうスカイツリー駅」改札横にあるムーミンカフェの店頭にいる大きなムーミンです。 相変わらず私はミックス光の環境で撮るのが下手くそです。 とまあ、そのことは次回予告も兼ねて(笑 14

・今回はこの辺で。

階段イルミが無かった件は残念無念でしたが、それでも充分楽しめる内容だと思います。 1時間毎でしたっけか、プロジェクションマッピングも行われているようですが私はそちらはスルー、 まあ充分クリスマス気分を味わえましたので、良かったと思っています。 次回は別の場所です。まだまだクリスマス編は続くのだ! またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m 16
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/12/20 Sun 12:00 夜景・夕景 | 写真 | ソニーα

●東京ソラマチのクリスマスイルミネーションを撮影してきました。

2015年度クリスマスイルミネーション撮影編、第32弾となります。 東京スカイツリー、いや、私は今回もスカイツリー自体をのぼってはおりませんから、複合施設「東京スカイツリータウン」、 もしくはそれに含まれる商業施設「東京ソラマチ」を主題として挑むことになります。 例年都内の主要スポットの中では比較的早めにスタートするイルミネーションでしたが、私はご近所さんにもかかわらずこの時期まで行くことなく、 いわば満を持して撮りに行く形になりました。 私としては期待充分、満足度間違いなし!と思っていたこともあり敢えて後回しにしていたのですがさてどうだったか。 2

・スカイツリーイルミネーション最大の魅力とは

スカイツリータウン、ソラマチ、ややこしいのでこの記事では以後「スカイツリー」とまとめて呼ぶことにしますが、 その最大の魅力はどこにあるのか。 いやもちろんスカイツリー自体なのです。 この時期には「クリスマスツリーをイメージした緑ライトアップ」も行われ、それも含めますと規模はかなりのものとなります。 が、私としてはスカイツリーは置いといて、もうひとつ「めちゃくちゃ楽しみにしていたイルミネーション」がありました。 この写真は昨年のものです。 階段イルミネーションであります。 DSC05202 私は上の写真で示した「階段イルミネーション」を、ものすごーく楽しみにして行きました。 しかし今年はこんな感じでした。階段イルミが無い!  そんなバナナ!ソラカラちゃんには恨みも何もないけれども! 1 階段を上がっても上がっても、階段イルミはありません。 これは幻滅だ、いったい何が起こったんだ!? 階段イルミの無いスカイツリーイルミネーションなんて、クリープを入れないコーヒーではないか! 5 テンションダダ下がり&激おこぷんぷん丸の自分自身をなだめるために、とりあえず目についたところに向けてシャッターを切ります。 毎度マネキンですまんね 内心怒りながらもディスタゴンをプラナーに付け替えるぐらいの冷静さはあったようです(笑 4 広場に上がります。例年クリスマスマーケットが行われる広場です。 思えばソラマチは久し振りだったんですね、以前はチョコレートカフェ的なお店があったところに、今はカルビーが出店しています。 12 階段イルミの話はもういい、シーズンごとに演出を変えることもあるだろう。 というわけで、変わらない部分、スカイツリー御大を押さえてみました。 15 まあこういう雰囲気写真も、もちろん押さえますよ。 向こう側にボケているのは白クマです。去年もいましたね。白クマですら使い回すというのになぜ階段イルミは(略 6

・今回はこの辺で。

とまあ、不平たらたらに終わったスカイツリー編、次回も続きます。 愛ゆえの苦言ですよ。私は実際に何年も続けて足を運び、自分の目で見て、その上で「ダメダコリャ」と申し上げております。 階段イルミ、来年はやっていただきたい! またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m 3
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/12/19 Sat 12:00 夜景・夕景 | 写真 | ソニーα

●秋葉原UDXのクリスマスイルミネーションを撮影してきました。

2015年度クリスマスイルミネーション撮影編、第31弾となります。 秋葉原でイルミネーション!?とお思いのあなた、私もそう思いました。以前は。 が、こと駅前に関しては他の繁華街と大差ない雰囲気になっていますね。 特に電気街口。アトレですよアトレ、成城石井とか入ってますよ そんな秋葉原で行われているイルミネーションはどういったものか。刮目して見よ! 2

・UDXとは何の略なのか

…と疑問を持ちまして、そんな時にはウィキペディア、開いてみたら「Urban Development X」の略だそうです。 最後の「X」が何とも秋葉原的だなあと思ったのは偏見でしょうか。片栗粉Xみたいな。 6 で、その地上遊歩道部分でこんなイルミネーションが行われていました。 昨年も同じ内容、ではありますが、これはこれで価値あり、何せ秋葉原ですから(笑 8 今年のイルミネーションイベントの名称は「冬葉原の光」だそうです。 上手いこと名付けましたね。この名前は定番にしてもいいのかも。あるいは去年もそう呼んでいたのだろうか?  5 街の風景を写真のどこかに撮り込むことでそのエリアで撮った写真なのだ、ということを示す。私の主たる手法です。 で、それを秋葉原イルミネーションでやろうと思ったら、こんな感じになります。 4 ドン・キホーテ。AKBの本拠地として有名な建物ですね。 私の世代はTZONEミナミを思い出す、この建物でパソコンやMDプレイヤーを買ったものさ。 さらに年上の方々は別のお店を思い浮かべるのでしょうか。 7 UDX2階(3階かもしれませんが)、JR側の回廊です。 一定距離ごとに大きめのベンチが置かれていて人通りも少ないものですから、私が歩いた時にはベンチごとにアベックが座っていて、 みんな何だかもぞもぞしていました。なんじゃここは 3

・今回はこの辺で。

私は秋葉原へ行く頻度は月一回程度、キューポッシュを買いに行くぐらいかな。 最近はカメラ関連の機材を買うペースも落ちましたし、ちょっとむふふな漫画を買う機会もなくなりましたのであまり行かなくなったですね。 でも十代からの遊び場ですから、やはり馴染み感みたいなものはある場所です。 私はオタクではなく(そんな誇れる知識は無い)、オタク趣味に理解があるだけの一般人であります。事あるごとに書くようにしているフレーズです(笑 秋葉原ネタは単発です。次回は別のスポットの写真を掲載します。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m 1
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/12/18 Fri 12:00 夜景・夕景 | 写真 | ソニーα

●六本木ヒルズのクリスマスイベントを見てきました。

2015年度クリスマスイルミネーション撮影編、第30弾となります。 六本木ヒルズについては今回まで、次回からはまた別の場所について書きます、って、まだ続くのかよ 年内はイルミネーションばかりになる予定なのでそこんとこ夜露死苦、仏恥義理 DSC05713

・クリスマスマーケット

六本木ヒルズではこの時期、本格的なクリスマスマーケットを楽しむことができます。 クリスマスマーケットとは何ぞや? ドイツ発祥でクリスマスの時期に行われる、この写真のような雰囲気の出店がずらりと並ぶという。 ざっくりした説明で申し訳ございません。由来というかルーツというか、よく分かってないのよねん DSC05717 この日は平日で、まだクリスマスにも日数があったからだと思うのですが、人出は少なめでした。 あまり並ばずにホットワインなどを買えますし、座席を探すのも苦労しませんでした。 DSC05710 兵隊さんも、心なしか寂しそうですね。 大丈夫、あと一週間もしたら君はスターだよ(笑 DSC05715 お店の窓に並んでいる兵隊さんの人形を撮らせてもらおうと近づいたところ、 兵隊さん人形の向こう側に、より素敵な主役が。 趣旨変更、MFで髪にピントを合わせました。 DSC05707 クリスマスマーケットを離れまして、外を撮ってみます。 ツリーを前ボケにして、人が行き交うようすを撮らせてもらいました。 DSC05698 夜である上に歩いているものですから、ピントもなかなか合いませんね。 腕が足りんのです、修練が足らんぞな。まあ採用ですけど(笑 DSC05695

・今回はこの辺で。

六本木ヒルズ編はここまでです。 正直、毛利庭園とか積み残しもあるんですけどまあいいや、また来年を楽しみにすることにいたします。 次回は別のスポットのネタとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC05723
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/12/17 Thu 23:00 夜景・夕景 | 写真 | ソニーα

●六本木ヒルズのクリスマスイルミネーション撮影に行ってきました。

2015年度クリスマスイルミネーション撮影編、第29弾となります。 六本木ヒルズへ行ってきました。今季2度目ですね。 同じイルミネーションスポットへ複数回行ったのは、丸の内銀座を除けば六本木ヒルズだけ、 私個人的には、ここへ行かずしてどこへ行くのだ!?ぐらいに思っているのであります。 DSC05724

・66プラザと、その周辺部分

以前に六本木ヒルズのイルミネーションを見に行った時には、まだ「けやき坂イルミネーション」しか点灯されていませんでした。 私としては下調べが甘かった、リベンジせねば、ということで今回の撮影となったのであります。 この記事では66プラザとその周囲を撮った風景を掲載します。 66プラザって何よ?とお思いの方もおられるでしょうね、私も意識してそう呼ぶことはないのですけれども、 この広場のことです。 DSC05681 66プラザのイルミネーションは、サントリーがスポンサーをしていて、ウイスキーの屋台もあったような無かったような。 私はウイスキーを飲めませんが、大人~、ッて感じですよね。 DSC05726 ツリー、というか名状しがたいツリーのようなものを背景にしています。 シルエットモノはあまり撮らない方だと思うんですが、この時は果敢に挑戦しました(笑 DSC05685 66プラザの写真は以上で、あとは周辺部分となります。 六本木交差点から地上を歩いていて、ふと見た景色。 何の事はない写真なんですけど、何となくクリスマス感があるのはなぜか。 道路脇の電飾と、あと、向こうに見える3本の垂れ幕が赤いのがネックかなと。 DSC05674 カフェ?の店先のツリーを撮ってみます。箸休めと言っては失礼か。 日々ギラギラ丸ボケばかり撮っていますと、こういったトラディショナルな景色が嬉しく思えるのであります。 DSC05670 クリスマスツリーを前ボケにして、バナナリパブリック。 アンバーなお店の雰囲気とクリスマスツリーの組み合わせがなんとなくオシャレかなという、ミーハー心ですよね。 DSC05673

・今回はこの辺で。

毎年ルーチンワークのように行く場所ではありますが、行くたびに新たな発見があって… と書こうと思ったのですがやっぱりそれは無理があるなあ。毎年同じような写真を撮ってますからね。 まあ、新たにご覧いただけるようになった読者の方にお届け!と言うつもりでマンネリも気にせず頑張りますよ! 六本木ヒルズ編は次回まで続きます。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC05693
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/12/16 Wed 15:00 夜景・夕景 | 写真 | ソニーα

●東京ミッドタウンの2015年度クリスマスイルミネーションを撮影してきました

クリスマスイルミネーション編・第28弾です。東京ミッドタウンの最終回となります。 ミッドタウンのイルミネーションを「幾つかのエリア」で区切って記事を書くとしたら、 「プラザ(ビルの中庭)」「ガーデン(青いところ)」と、あとは「それ以外をかき集めて」という3つですね。私の場合は。 んでもって、今回はその「それ以外をかき集めて」作った記事、ということになります。 何だか残り物を集めて次の日の朝ごはんにした、みたいなノリですが、 こういう記事にこそ、そのスポットの真の見所、奥深さのようなものが反映されるのではないか、と、そんな気もいたします。 DSC05584

・まずは屋外、青くない方のガーデン部分

少し触れました「クリスマス時期は通行規制がある」という話。 このような立て看板が何箇所か、目立つところに立てられていました。 私も何年か前には週末などに行きましたが、その時も通行規制は無かったような気がしたなあ… いや、歩道橋は一方通行だったかも。とにかく混雑することは間違いありません。 DSC05578 奥のガーデンは青一色ですけれども、そこに向かう遊歩道は様々な色のイルミネーションが飾られています。 この樹木は黄色いイルミでしたが、よく見たら上の方に天使がいる! 「きゃっ、見て、天使がいるよ!」 「ほんとだ!僕らを祝福してくれてるんだね」 ジャーン! チロリロリロリーン! ヨケイナ--コトナドナ-イヨネー DSC05587 Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA 暗すぎてAFはまったく役に立たないため、MFで慎重に合わせています。 しかしお構いなしに(当たり前ですが)向こうに歩いていきますから、私の腕では完璧にとはいかないのであります。 まあ雰囲気が押さえられればいいのです。いっけなーい、言い訳言い訳! DSC05582

・次は屋内、サンタやらクリスマスマーケットやら

屋外の話はこの位にして、屋内に移動します。 ミッドタウンには「ガレリア」という巨大吹き抜け空間がありまして、 そこを中心にイベントやら飾りやら、いろいろ催し物がありました。 これはガレリアの端っこ、出入口近辺の「サンタのツリー」です。 毎年展示されているものですので去年も撮りました。今年は135mmで切り取る感じで。 DSC05575 実は今回の六本木編、ガーデンが暗いことを想定しており、後で何とかならんかな、と「RAW+JPEG」で撮りました。 結果多くの写真で記憶に近い色を出せたのですが、せっかく私としては珍しくRAWで撮ったんだから色をいじるか、と思いました。 この写真がそうです。この1枚だけ、撮影時の色合い(=同時生成のJPEG)とはまったく異なる色をしています。 DSC05572 ガーデン側の、普段はフードコートですよね?そこにクリスマスマーケット的な売店が並んでいました。 クリスマスマーケットに関しましては、別のところのものですけれども次の次ぐらいの記事で写真を掲載する予定です。 DSC05663 大江戸線方面に抜ける地下通路の途中に咲いた一輪の花、キュアブロッサム! 真っ赤な花がクリスマス的だなと、思わず調整しながら何枚も撮ってしまいました。角度とか。 DSC05669

・今回はこの辺で。

東京ミッドタウン編はこれで終了です。ここはボリュームがあって楽しいですね。 惜しむらくは11月中には腰が重くて行く気になれず、複数回行くチャンスを逃したこと。 来年も見に行きますのでよろしくね! 次回は別の場所のネタになります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/12/15 Tue 12:00 夜景・夕景 | 写真 | ソニーα

●東京ミッドタウンの2015年度クリスマスイルミネーションを撮影してきました。

クリスマスイルミネーション撮影編、今回で第27弾となります。 いいかげん別のネタも書かねばならぬ、キューポッシュとかフィグマとかも増えていますし。 それでも年内はこのままクリスマス記事一色で終わりそうです。 積み残しも大量に発生していますからいつ終息するやら(笑 ともあれどうかお付き合いいただければと存じます。よろしくお願いします。 DSC05599

・ミッドタウン名物・青一色

東京ミッドタウンのクリスマスイルミネーションといえばやはりこの「青一色のガーデン」を思い出す方が多いものと推察します。 2007年にミッドタウンがオープンし、今年で9年目のイベントということですっかり定着した感がありますね。 先日記事にしましたカレッタ汐留がやはり「青一色」を売りにしたイルミネーションを行なっていますが、そちらは今年で10年目。 ちょっと検索してみましたら六本木ヒルズのけやき坂イルミネーションも今年で10周年だとか。 私が定例行事としてイルミネーション撮り歩きを始めたのも2005年クリスマス時期が初めてでしたので前後の違いは考察できませんが、 おそらく2006~2010年頃が青色イルミネーションの全盛期で、その時期にスタートしたイベントがその影響下にある、 という言い方もできるのかもしれません。 それ以前からイルミネーションイベントを行なっているスポット、 例えば「90年代から行われている表参道」や「ミレナリオの系譜にある丸の内」はその流れには乗らなかったのかな、とか、 何となく思いを馳せながら歩いているのでありました。 DSC05622 00年代後半は「青イルミネーション」が流行した、という仮説(というか見る限りはそうだった)を提示したわけですが、 それが現在はちょっぴりすたれ気味、青一色をやめたところ(例えばサザンライツ)もあるぐらい。 代わりましてここ数年は「音と光で演出する」というのがトレンドでもあるようです。 プロジェクションマッピングもその系譜にあると言えるかもしれませんね。 ミッドタウンも1年目2年目とかは「青く光るだけ」だったと記憶していますが、年々演出が加わり、 今は光が飛び交い音楽が流れる総合エンターテイメントと化しています。 DSC05611 私が行ったのは平日でした。人出はそれほどでもなく、ゆったり見ていることができました。 これが週末やクリスマスにかかる週については平日も、押すな押すなの大盛況になりますよね。 行くなら今だ! DSC05603 現段階では平日はまだ余裕がありますから、色々スナップするのに良い環境です。 いや、そうでもないか。とにかく暗いですからね。カメラをしっかり構えないとブレブレになってしまいます。 DSC05646 ガーデンとミッドタウンのビルをつなぐ歩道橋の上から撮りました。 ここもクリスマスが近づいてきますと写真を撮る人で溢れて、まともに歩くことも困難な状況になります。 今やイルミネーションの名所として認知されたミッドタウンですので、それも含めて楽しんでこないとね。 DSC05590

・今回はこの辺で。

ミッドタウン編は次回まで続きます。 全体の雰囲気といい行き交う客層といい、ここは高額所得者層の行くところ、みたいな場所ですね。 私のようなド平民にはちょっと居心地がよろしくない(笑)まあ、めげませんけれども。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC05655
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事