ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「CP+」

CP+2018パナソニックブースで、気になる機材を触ってきました

CP_-3.jpg 気が付いたら三週間近く経ってしまった!一応CP+2018編です。 今回は私個人的に最も楽しみにしていた「パナソニックブース」で体験した感想を書きます。 我が家の主力機材もパナソニックになりつつあります。 3メーカー入り乱れておりましたが現在はソニーとの二強状態。 GH5Sが出なかったら今日を迎えることはなかったのではなかろうか。

パナソニックブースは過ごしやすい

以前のCP+記事でも書いた記憶がありますが、パナソニックブースは過ごしやすいです。 私はパナソニックユーザーだから、ということが大きいわけですが、 まず、他の大手メーカーブースに比べて、人が少ない!(笑 いや失礼、CP+は写真の祭典ですから動画に軸足を置いた(と世間では思われている)メーカー、 しかも家電屋(と世間では今もレッテルを貼られている)のブースですから、 写真機を当て込んだ方々の足は向きづらいのかもしれません。 人が少ないというのは逆に説明員さんのストレスも相対的に少なめなはずですので、 私のような末端ユーザーに対しても親切に接してくれます。 セミナーブースもしばらく見学していましたが、適度な混雑で、見やすいと思いました。 vlcsnap-2018-03-17-21h41m43s637 で。 今回の主眼は「パナソニックのハイエンド向けレンズ」であります。 マイクロフォーサーズの上級レンズラインナップと言えばオリンパスの「プロレンズ」が有名ですが、 パナソニックにもそれに対抗するシリーズがあります。ライカ銘のレンズ群がそれです。 ハイアマチュアからは半ば揶揄的に「パナライカ」とも称されていますがその性能は高く、 特に我が家では「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2」通称ノクチクロンがエースだったりして、その地位は不動であります。 そんなライカシリーズ、昨今では「F2.8-4.0シリーズ」というのがありまして好評を博しています。 広角ズーム・標準ズーム・望遠ズームの3本がラインナップされるようですが、 既発の「LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm / F2.8-4.0」には実は興味がありません(後述)、 今回の目的はふたつ。 小売店でも品薄が続く人気標準ズーム「LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0」と 5月発売予定の注目の望遠ズーム「LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm / F2.8-4.0」 これらを試してみたい!というわけでありました。

LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0

ライカブランドのパナソニック製標準ズームです。ヨドバシ価格で約10万円。 我が家には同じくパナソニック製の「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8」という標準ズームがありますが、 時として望遠端が足りない!もうちょっとあれば…と思うことも多く(これは私に限った話ではない。他メーカーで24-105mmが売れる理由でもあるだろう)、 「レンズ交換すればいいじゃん」という話ではあるんですが、 単焦点複数取り換えながら撮るつもりで出かけたならともかく、ズームレンズを持ち出しているのに交換するのかよ、 みたいな感覚もありまして「どうせ楽するならもうちょっと長い方がいいかな」と思ったのでありました。 余談ですが、私が今回ズームレンズを試したいと思った理由は「レンズ交換をサボりたい」ではございません。 「手振れ補正内蔵レンズ」の拡充を図りたい、と思ったからであります。 我が家のエース機・GH5Sにはボディ内手ぶれ補正が搭載されていません。 当ブログでは文句タラタラ書いてきましたが、この点についてはもう、吹っ切れた! 手振れ補正レンズを使っていこう、その一環として「ライカF2.8-4.0ズームシリーズ」も検討してみよう! という経緯でございます。 上で書いた「8-18mm F2.8-4.0には実は興味がない」理由は、これです。このレンズだけ手振れ補正非搭載なんですよね。 「広角ズームだから手振れ補正は不要」ってことはないですよ。 これを(写真メインと公言している)オリンパスがやるならともかく、パナソニックなら手振れ補正があっても良かったように思います。 動画では大いに役に立ってくれます。失敗した!?と思った時でも、素材が救われていることがありますので。 ところで、見た目というかGH5Sとの組み合わせは、こんな感じです。 控えめに申し上げて、かっちょいいですよ。 画質は「12-35mm/F2.8より良いんですか?」とお尋ねしましたら「大差ない(超意訳)」とのことでした(笑 P_20180303_145924_vHDR_Auto 使用感を動画で押さえてみました。参考になるかは分かりませんが。

LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm / F2.8-4.0

パナソニックブースでも人気があるようで、私の手元に回ってくるまでに少しの時間を要しました。 限られた時間でホクホク試させていただきました。 動画も撮ったんですけれども、人の顔がバーンと映っていたりしたのでそちらは掲載しません(笑 5月発売、価格はヨドバシ価格で約22万円のようです。 これはちょっと欲しいかな。 安いですよねえ。金銭感覚が吹っ飛んだ書き方ですね(笑 でも、5月発売ならロケの可能性も視野に入れることができますから、仕事で使えば元がとれそうな気がします。 見た目はこんな感じです。 GH5Sとの組み合わせは実に良いです。スマートでかっちょいいです。 望遠レンズ特有のバズーカ的な仰々しさがなく、私のような手持ち街スナップ人間には実にマッチしています。 P_20180303_145059_vHDR_Auto

おまけ「オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0PRO」

余談になりますが、オリンパスブースにも行きました。 私が求めるところの「手振れ補正内蔵」「換算70mmよりちょっと長めの焦点距離もカバーするズームレンズ」 といったあたりの条件を考えたら、オリンパスの12-100mmも候補になるかな?と思ったのです。 パナソニックボディとの相性(特に手振れ補正について)も気になりましたので、 挙動を試させていただきました。 動画も撮りましたが、これでは全然分かりませんね(笑)まあこれは再生しなくていいです。

今回はこの辺で

パナソニックブースを色々見て回っていますと、動画編集ソフトの展示もありました。 EDIUSですね。私は触ったことがありませんが、パナソニックが推奨しているのでしょうか。 もしかしたらGH5Sにバンドルされていたのか?と思ったのですが、そうではなかったようで。 vlcsnap-2018-03-21-22h17m03s908 50-200が欲しい!と思ったのですが、その前に4K60pをサクサク処理できるパソコンを買うのが先かなあ… などと考えてしまいました。 次回もCP+2018関連記事の予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

CP+2018の会場に入りました

CP_-2.jpg 今年のCP+は既に終了しております。当ブログはそれを思い出しつつ記事にしてまいります。 前回の記事は「CP+へ行く前にソニーショールームに寄った」という内容でしたが、 今回から横浜みなとみらい・パシフィコ横浜の本会場をネタにしてまいります。 3回を予定しておりますが、短縮するかもしれません(笑 vlcsnap-2018-03-10-22h04m05s096

会場の雰囲気で思ったこと

「CP+2018」は、過去最高の動員数だったそうですね。実にめでたいことです。日本のカメラ技術よ永遠なれ。 ただ、会場を見る限りはカメオタ、失礼、ハイアマチュアばかりで雰囲気は例年通りでした。 CP+の遅まきながらの「一般層の取り込み」は今のところ成功しているとは思えません。 小さな子供が会場を走っているところを一度だけ見ましたが、そういう風景が「当たり前」になるなら雰囲気は変わるでしょうね。 「いやCP+はハイアマチュア向けの祭典なんだ、女子供はすっこんでろ」という意見もあるだろうとは思いますが、 私は「『新製品に頼らず人を集めたいなら』ハイアマチュアファーストの雰囲気は変えるべき」と思っています。 ハイアマチュアファースト、その象徴が「各ブースのコンパニオン撮影」です。 ブース前でパンフレットを配る女の子にフリフリの衣装を着せて、カメオタを集める。 私も以前はそれを撮らせていただいたりしていましたが、ここ数年素通りです。 今年はこれひとつ。マウスコンピュータブースで撮らせていただいたものです。 背景がぼけていませんね。「GH5S+LUMIX G X 35-100mm F2.8」で絞り開放で動画を撮り、フレームを切り出しました。 vlcsnap-2018-03-10-22h05m14s347 元になった動画はこちら。スローにして音声をカットしています。

みなとみらい駅からCP+です

かつての「フォトイメージングエキスポ」もそうでしたが、最寄り駅はカメラ・写真関連メーカーの広告で埋め尽くされます。 今年もみなとみらい駅構内はハクバの広告が、駅改札外ではキヤノンの広告がどどんと目立っていました。 vlcsnap-2018-03-08-19h30m52s246 元になった動画はこちら。スローにして音声をカット(以下略 今年のCP+は天候に恵まれました。 数年前に大雪で会期中1日中止、ということがありましたが、やはりこういう時は晴れてくれないと! vlcsnap-2018-03-08-19h31m22s359 元になった動画はこちら。スローにして(以下略 会場入りします。今年は目当てのブースがありました。 そのあたりは次回の記事でゆっくりと。 vlcsnap-2018-03-08-19h33m30s009 元になった動画(以下略 相変わらず華やかな会場です。見どころだらけ。 カメラ趣味・写真趣味の方なら行って後悔することはないのでは? こちらはリコーブースです。 360度カメラ「THETA」の試し撮り用ということですね。 vlcsnap-2018-03-10-22h03m29s143 元(以下略

今回はこの辺で

この記事を書いているのは3月11日。会期終了して既に一週間が過ぎています。 今更こんな記事に意義があるのか?と思われた方がさぞかし多かろうと想像いたしますが、 私がこの記事で「速報性」に重点を置いていないことは記事本文から明らかであります。 五年後、十年後に見返したとき「ああ、この年はこんなだったっけね」と見返すことができる。 私のブログの力ではなく、写真なり映像の力というのは、そういうものなのではないでしょうか。 次回は機材ネタです。CP+2018のブースを巡っての感想です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

CP+2018へ行く前に、銀座ソニーショールームで新製品「α7III」実機を触ってきました

CP_-1.jpg 気が付いたら日にちが経ってしまっていますが、CP+2018関連シリーズとなります。 1回目の今回は、横浜みなとみらい・パシフィコ横浜のCP+会場風景…ではなく、 CP+に向かう前に立ち寄った銀座ソニーショールームで撮った写真を掲載します。 主役は新製品「α7III」です。ローマ数字の「III」は、当ブログでは便宜上アルファベット大文字の「I」をみっつ並べます。

どうして銀座なのよ

さて。CP+会期中の、しかもこの日は土曜日です。 なぜ私は会場へ直行せず銀座に寄り道したのか。 もちろんα7IIIをゆったり触るためでした。 α7IIIは今回のCP+で初お目見えの新製品では最大の話題になるだろう、と私は予想しました。 会場だとハンズオンで1~2時間ぐらい待たされたりするのかも?などと考えたわけです。土曜日だったし。 実際、来場者投票ではカメラの部でいちばんだったようですので、あながちハズレというわけでもなかっただろうと思います。 で、私はそれを避けようと思いました。 カメオタ、失礼、ハイアマチュアはこぞってCP+に行くだろう、だから逆にソニーショールームに「α7III目当てで」足を運ぶ人は少ないに違いない。 そう思ってCP+会場の前に銀座へ行ったのでした。 結果オーライ、αショールームはスカスカで、それでも多少は人が集まっていたα7IIIでも、数分待って触ることができるようになったのでした。 え?説明員がいないだろ、って? 説明員さんがいないならいないで、実機に触れれば満足ですよ。操作系も知らないわけではないし(笑 αユーザーの聖地・銀座ソニービルは現在は建て替えのため取り壊し。 ソニーショールームは銀座四丁目交差点に面した「銀座プレイス」に移転営業しています。 で、私は新生銀座ソニーショールームへ初めて行ったわけですが。 α、てかカメラのスペースが広く確保されてて良かったですよ。 あれはアイボだったのかな?来場者はそっちに集まっていたようでした。 P1000787

α7IIIの感想

それで、α7IIIの感想ですが。 AFがすごくなったとかAF追従連写秒間10コマとか色々あるようで、それで価格がヨドバシ価格で約25万円。 「日本よ、これがベーシックモデルだ」と言われてしまうとベーシックモデルのハードルが爆上げしてしまうわけですが、 とりあえずそこは置いといて、私の興味はやはり動画であります。 4K30p!まあこれは当然か。むしろ次に出てくるであろうα7SIIIで4K60pとなるのでしょうね。 この点は4K60p慣れしてしまった私としてはちょっと残念。でも「ベーシックモデル」ですからね、しゃあない。 動画ISO感度最高102400!これは良い! α7IIIの拡張感度最高はISO204800ですがそれは写真撮影時のこと。動画ですと一段落ちてISO102400までではありますが、 私の用途(ISO8000~12800を常用)だとこれで充分! ちょっと試してみましたがじゅうぶん使えます。α7SIIに見劣りしません。 HLD(ハイブリッド・ログ・ガンマ)対応というのもポイントですね。α7系ではα7RIIIに続いて2機種目となります。 あと、手振れ補正もちょっぴり進化したようなことが(報道では)書かれていますね。動画でも改善されているといいなあ。 うーん25万円かあ。悩むぜ! そんなわけでα7III良いなと思いました。欲しいと思いました。 ただ、喉から手が出るほどの、例えばα7SIIやGH5Sを手に入れたいと思った時のような「恋焦がれて…」というほどではなかったです。 α7IIが我が家にあるからでしょうね。 α7IIは名機ですから。α7SIIのサブ機としてジオンはあと10年戦える! P1000781

FE24-105mm F4G

α7IIIは良いなあと思いつつ、それでもα7SIIIも見てみたいと思いつつ、 購入はちょっと考えてからにしようと思いつつ。 でも、α7IIIにくっついていたレンズ「FE 24-105mm F4G」は欲しくなってしまいました。 これ良いですね。初めて触ったんですけど、私の現場はこれ1本で完結できるようになるのではないか? 正直今まで興味がなくスルーしていたので今回初めて値段を知りました。ヨドバシで16万円ですか。 おいおい高いなソニーさん P1000780

今回はこの辺で

そんなわけで、α7IIIとFE24-105mm/F4の組み合わせにほっこりしながら銀座を後にしたのでありました。 さすがに今回は発売日にゲット、というわけにはいかないでしょうね。 お金もないですしそこまでの欲求もない。半年後には分からんけどね。 GH5Sは大満足して使っておりますが、我が家のソニーα軍団ももちろん健在です。 続報を待てい!(笑 次回は横浜入り、CP+2018の会場へ向かいます。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1000788
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

カメラの祭典「CP+2017」行ってまいりました

前回に続き、先月横浜で行われたカメラの祭典「CP+(シーピープラス)2017」関連エントリとなります。 以前から私はこのイベントを「1年で一番楽しみにしている」と公言しており、 ここ10年ずっと楽しみにして通っておりました。 もちろん今年もです。 右を見ても左を見てもカメラ機材。 普段はそんな雰囲気の中に身を置くことができませんから、 私のような半端者にはたまらなく楽しい空間なのです。 DSC07670

今回はほとんど見て回らなかった

ですが今年はちょっとそのテンションが下がった自覚があります。 そもそも新製品にそこまで興味もなく、一番の楽しみだったトークセミナーはこの10年で一周しました。 何か面白いものを、目新しいものを、と思って見て歩いていましたが、 例年の内容をなぞったような感覚がして、どうも気乗りがしませんでした。 そんな中、ネットの良心でソニーブースの高城剛氏のトークショーだけは見ましたが面白かったです。 エリカ様の元旦那としてスキャンダラスに採り上げられがちな氏ですが、 もともとトーク力がある上に本来の「クリエイターとしての顔」が全面に出ていて抜群に良いですね。 例年初日に登壇するようですので、来年は私も頑張って直接見たいものだと思いました。 公式ではないようですのでここで引用掲載はやめておきます(笑

というわけでソニーブース

とまあそういう流れでもって、今年の私の興味はソニーブースに集中しました。 パナソニックブースにはトークショーで、オリンパスブースには人探しに(笑)行っただけでした。 ソニーブースには、とある疑問というかお話をしたくて行ったのであります。 言っておきますが、STFではないですよ。 確かに良いレンズだった!欲しいと思った! ですが20万はそうそう出せる金額でもないですので。後日の課題といたします。 DSC07655 あと、α99IIです。実は私は実物をここで初めて見ました。 良いカメラですね。ちょっと小ぶりで、中身が詰まっているフラッグシップ!という香りがします。 とっても欲しい!と私も思っていたのですが、とある事情(お金以外の)で見送りとしました。 でも良いカメラですよ!レンズも揃ってますし、40万円出せるならビギナーにもおすすめです! DSC07656 ソニーブースでは、上記のような機材以外でちょっと伺いたいことがありましたので、 それを延々と質問させていただきました。 その結果、ある方向に私の心が固まったわけですがその話も後日(笑

今回はこの辺で

当ブログの話をさせていただきます。 うちのブログは可能な限り毎日更新、 最近はちょっとサボリ気味ですけど気持ちとしては毎日書く!というスタイルでやっています。 しかし、この記事を掲載するのに前回の記事から10日以上開いてしまいました。 これには理由がありまして。 その理由については、興味を持つ方がおられるか分かりませんが、 次回の記事でご説明することになりそうな気がします。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/02/28 Tue 22:30 ブログ | ブログ | ソニーα

カメラの祭典「CP+2017」行ってまいりました

年に一度のカメラの祭典「CP+(シーピープラス)2017」、私も行ってまいりました。 関東在住でカメラ趣味にハマった私としてはこのイベントへの参加はマスト、 毎年楽しみにしているイベントでございまして、私としても前身イベントの「フォトイメージングエキスポ」以来通算10年ぐらい? 連続で参加しております。 DSC07670

CP+に私が期待すること

カメラの祭典、てか、メーカーの組合が主催しているわけですので、メーカーの新製品がひしめくイベントであることが本質で、 来場者もそれを目当てにしますし、実際大手メーカーの目玉が揃った年は来場者数が大幅に伸びるというのもお約束であります。 しかし私は正直そこにはあまり興味がなくて。 ここ10年ほどのニワカカメラファンの私としては「右も左もカメラ関係」という、その雰囲気自体が魅力で毎年通うのです。 DSC07661 つまりは雰囲気、ということですね。 ですから私はこのような演出にもグッと心を掴まれます。 会場の最寄り・みなとみらい駅。 会期中は駅の広告がカメラ機材関連メーカーのもので埋め尽くされます。 ここにぶら下がってる広告は例年はハクバなんですけど、今年はキヤノンでした。 DSC07650

新機材についてはほぼスルー

そんなわけですので、当ブログのCP+関連記事に「新型機材体験レポ」みたいなものは期待しないでください。 基本的に「行った!楽しかった!」程度のことしか書いてません。 あれだけ楽しみにしていた写真家のみなさんのトークショーにしても、今年はひとつも見ませんでした。 本当に、周辺の景色を撮って帰ってきた感じ。 DSC07652 そんな中で、富士フイルムブースでは足が止まりました。 件の中判ミラーレス!ではないですよ(笑 X-T2の動画性能をアピールするために、ジンバルに搭載して展示していたのです。 そのジンバルが、我らがNebula4100 Liteだったという。しかもPIXIをつけて、 って、まんま我が家の景色ですやん。PIXIの色まで一緒だわ(笑 思わず写真に撮ってしまいました。これに食いついたのって、たぶん私だけだろ(笑 DSC07664

今回はこの辺で

何だかショボショボですね、すみません。 次回もCP+ネタなんですけど、機材ネタでもうちょっとマシな話ができるのではないかと思います。 とは言ってもスペックを掘り下げる、みたいなことはしませんので過大な期待は禁物でございますよ。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

「CP+2016」参戦記・完結編です

大盛況のうちに閉幕したカメラの祭典「CP+2016」関連エントリです。 今年は滞在時間が短く、それに比例するかのようにお姉さん撮りの量も少なかったのです。 が、私としては今年も充実した時間を過ごすことができました。大満足です。

セミナー・トークショーが楽しみなのです

で、少し前の記事でも書きましたが、私はCP+に「右も左もカメラ・写真」という状況を第一に求めて、参加しています。 そんな異空間、他で味わうことはできませんものね。 で、それに加えて「有名写真家のトークセミナーを聴き放題」というのも私としてはものすごーーーく楽しみにしておりまして。 さすがに写真趣味を始めてからある程度年数を経過してきますと耳も肥えてくるのでしょうかね、セミナーも選り好みするようにはなってきます。 しかしその上で先に挙げました「CP+の雰囲気自体を楽しむ」という大目的に合致するようないわば「この人の声は聴きたい」という方もいるわけです。 先の記事で中井精也氏はじめ何人かの方に言及しましたが、ここでは更に何人かの方のセミナーを挙げてみます。

中野耕志氏の飛行機動画

中野耕志さんは、野鳥や飛行機といった動きモノで知られる写真家さんです。 ソニーブースでも押すな押すなの大人気で、飛行機撮影のセミナーをしておられました。 ところで私の主な被写体は、プライベートにおいては夜の街撮りであります。 ですので、飛行機に対しては完全に門外漢、興味も無いのですけれども、中野耕志さんの撮られた飛行機動画はすごかった。 ソニーブースの大画面に旅客機が大映しになり着陸していく、正直心が震えました。あんな動画を撮ってみたい! 25239233191_0c4446f19e_c.jpg

桃井一至氏のフレンドリーなレンズ解説

メーカーとしてのオリンパスに対しては不信感満点の私ですけれども、セミナー講師陣にはもちろんその責任は無いわけで。 私は中でも桃井一至さんのトークを毎年座って聴かせていただいています。 毎年単焦点ネタでボケのお話なんですけれども気にしない。 写真も綺麗ですし「そうですよねそうですよねー」と過ごす時間も楽しいものです。これも桃井さんの人柄によるものです。 私にとっては「オリンパス版馬場先生」といったところであります。ちょっと違うか。 P1010809

田中希美男氏のペンタックスセミナーで思ったこと

こちらも私が毎年楽しみにしているトークセミナーの写真家のおひとり、田中希美男さんです。 この方のトークは人を集めます。ですので私は可能な時は早めに乗り込んで座って聴く、という風に心がけています。 新型機材のネタが多いですので(以前はそうでもなかったはずですが)そういう意味でも人が集まるのですね。 今年はオリンパス300mmと、このペンタックスK-1がメインだったようです。 ところで私はペンタックスユーザーではありません。 ペンタックスに限らずマウントを増やすつもりがありませんので、今後もユーザーになる可能性は低い。 で、その立場でセミナーを聴いていますと、これは今更なんですけれども、ペンタックスに限らずCP+のセミナーって、結局は自社ユーザー向けなんですね。 いや、分かっているつもりではいました。いたんですけれども、それをあらためて感じたということです。 その上で、田中希美男さんのトークはサービスたっぷりで部外者の私でも楽しく聴かせていただくことができました。 P1010796

今回はこの辺で。

上で「CP+のセミナーって、結局は自社ユーザー向け」と書きました。 が、ここまで進めてきて思い直しました。私がその機材に興味を持っていないだけだな(笑 以前の記事で「私は『自分が使う予定のない機材』には興味が無い」という趣旨のことを書きました。それだけの話でしたね。すみません。 セミナー自体はそれでも充分楽しんでいるのです。そこが何と言いますか、説明しづらいところよねー。 というわけでCP+2016については今回でおしまいです。来年も参加するぞ! 次回は別のネタになります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1010790
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

「CP+2016」閉場後にオフ会を開催、わいわいやってきました

2月27日の土曜日、CP+2016会期中最も人出が多いであろう日ですけれども、 カメラファンの多くが集まることだろう、ということを想定して、その日に横浜でオフ会を開催しました。 CP+に行く方が多いだろう、だから負担は少ないだろう、と思っていましたが、皆さん遠いところですし、中にはCP+に行っておらずわざわざ集合してくれた方も。 皆様に支えていただいております。ありがとうございますm(_ _)m

パシフィコから桜木町まで50分近くかけて撮り歩き

この時の写真は後日別の記事にまとめますが、この日はパシフィコで集合→桜木町駅前のお店まで撮影しながら移動、ということを行いました。 実際のところは撮影よりもカメラ談義、まったりモードで移動という(笑 25214224002_a2f1bc50a1_c.jpg

クロスゲート桜木町 横浜鳥ぎん

今回のお店は「横浜鳥ぎん」、クロスゲート(ワシントンホテル)3階にある、夜景の美しいシャレオツな居酒屋さんです。
相州鳥ぎん公式ウェブサイト
もちろん私が知っていたはずもなく、よしよしさんに連れて行ってもらって、それで知ったのでありました。 その時もCP+の閉場後でしたね。あの時も楽しかったな。サシ飲みにはサシ飲みの楽しさというのがありますね。
CP+2015 その5 中井精也氏のトークショーとプチオフ会 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ

とても美味しいお店です

鳥料理、あとちょっぴり牡蠣料理。私にはストライクなお店です。 ですから何かの機会で再訪するチャンスを伺っておりました。 今回のオフ会は「集合するまで予約せず、出たとこ勝負でイッテミヨー、そんなにいっぱい来ないだろ」というスタンスでした。 が、事前の把握で8名、それ以上増えると席の確保も困難に違いない!と思い、急遽予約したのでした。 結局それ以上増える事は無かったので、その点では滞りなく進行できました。 P1310381

やっぱりカメラを集めて記念撮影ですよね

カメラクラスタのお約束、カメラを集めて記念撮影であります(笑 ピントが合っていなくてすみません。 8名のメインカメラ内訳は、ソニー3名、オリンパス2名、パナソニック1名に加えましてキヤノン1名、ニコン1名という感じです。 キヤノンニコンが少ないな!とお思いかもしれませんが、そのお二人はガチ機材の方ですので、実はバランスはとれてます(笑 P1010826

ご参加くださった皆様ご紹介

今回もご参加くださった皆様をご紹介します。ハンドルネームの読みを五十音順でまいります。 お名前がリンクになっています。それぞれTwitterアカウントに移動します。 ブログ・ウェブサイトを運営しておられる方には、そのリンク先も掲載いたしました。ぜひご訪問いただければと思います。

うに さん

カメラ抜きでの友人だったのが、いつの間にやらガチニコン。 呑んだ勢いでヨドバシ行って大三元を現金払いする豪傑であります。 オートサロンに行って、ポーズをとってくれるお姉さんに「車を撮るのに邪魔だからどいてくれ」と、硬派なんだか軟派なんだか(笑

ザキさん

広角マスター、当ブログの最古参ご来訪者様のおひとりです。いや、そんな他人行儀な書き方は良くないな。友達です。 ガンダムネタでも意気投合、けっこう年齢差あったはずなのに!? Twitterアカウントの「900」は、α900から取ったものだという伝説が。
BluePhotoLife

456 さん

ここでは「しごろくさん」ということで(笑)オリンパス・マイスターでございます。 マイクロフォーサーズユーザーならご覧になったことがある方も多い有名サイト「43デジカメ*ラボ」のオーナーさんです。 初対面ではありましたがDMでガンガンお話している間柄でもあります。
43デジカメ*ラボ

taka さん

この集まりに格と重みを与えてくださっている最年長、私も学ばせていただいています。 本当ならいちばんの上座なんですけど、いつもお気使いさせてしまって申し訳ないと思いつつ甘えてしまっています。すみません。 ガチのキヤノンユーザーです。

ひでと さん

この集まりでは唯一のタメ年(18歳童貞)ということもあり何かと話が盛り上がる間柄、 これまでは席の兼ね合いでゆっくり話せなかったのですが今回はじっくり話せましたね。 生え抜きのオリンパスユーザーです。
ひでと日記

ふぁんとむ さん

レンズの構造とか機械的な知識は圧倒的、α愛にあふれていてしかも愛嬌がある良き提督です。 時々年齢を忘れますが、この集まりではいちばん若いという。まじか 生え抜きの、いや、現役のミノルタユーザーです。
ブログ|PHANTOM ROOM

よしよし さん

この記事の上の方でもご紹介させていただいた、当ブログ主催オフ会の陰の黒幕であります。 E-M1のストラップ金具脱落というありえない故障で、一発でパナソニックメインに衣替え。聞いてるかオリンパス。 一次会場への誘導、二次会手配、告知宣伝、私よりよほど仕切り力があります。もうよしよしさん主催でいいのではないだろうかと
よしよし四方山話。
このご紹介で「私が主催ということで僭越ながらヤン・ウェンリーとさせていただいた時に、どのキャラクターに当てはまるか」というネタを書いていたのですが、銀英伝ネタに脱線しすぎて記事の量が1.5倍ぐらい長くなってしまった上に自分をヤンにしている時点でなんとも上から目線だと思ったので全部削除、オーソドックスにまとめてしまいました。銀英伝ネタは別の機会に。 皆さん次回こそツイキャスしますので!よろしくお願いしますm(_ _)m

今回はこの辺で。

ここでおひとりずつご紹介させていただいていますが、常連重視で一見さん排除、みたいな雰囲気でもありませんので、 もし「次があるなら行ってみようかな」とお考えの方がいらっしゃいましたら、その時にはぜひご検討ください。 次回までCP+2016の記事になると思います。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

「CP+2016」で、新製品を少しだけ見てきました

大好評のうちに閉幕したカメラの祭典「CP+2016」関連エントリです。 CP+と言えば新製品!ということなんですかね、今年は特に「CP+で初お目見え」というものも多かったようで、盛況でした。 私も自分が興味があるものや、行列に並ばなくても触らせてもらえる機材などを見せていただいてきました。

ソニー「G MASTER」

ソニーブース、気さくに対応してくれました。盛況で、私も楽しく過ごさせていただきました。 「85mm F1.4GM」というレンズを触らせてもらったのですが、Aマウントの「Planar 85mm F1.4ZA」との違いなど説明してくださいました。 サイズもプラナーよりひとまわり大きい、存在感があります。 P1010817 85mmGMは高画素時代に合わせた設計で、あと、開放でプラナーよりシャープですよ、と。 プラナーはミノルタの85mmF1.4G Limitedをモデルにしていると聞いたことがあるが、85mmGMにはそのような存在があるのですか? とお伺いしましたら、「結果として似ているかもね」だそうで。 P1010814 私のα7II+Batisも並べて記念撮影。 こうして見ますと、プラナーって小さかったんですね(笑 P1010815 24-70GMも、触らせてもらいました。 ズームするとレンズは伸びます。これも迫力ありますね。 P1010812

パナソニック「LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm / F4.0-6.3」

パナソニックブースに再訪、説明員さんも丁寧に対応してくれて、楽しく過ごさせていただきました。 エルマーといえば、エルマーとりゅう。はい関係ないですね、すみません。 パナソニックのライカブランドレンズ、画角が200-800mm相当という、私にはちょっと縁がないものでしたのでスルーかなと思っていましたが、 お試しゾーンが比較的空いていたので、並んで触らせてもらってきました。 これは良いなあ、街撮りで何を撮るに使うのか想像できないけれども! P1010805 残念ながら撮影データ持ち帰りは禁止、ならば外観だけでもと。 説明員さんも笑顔で「良いでしょう!」と言わんばかりに説明してくださいました。良いなあと思いましたよ。 発売は3月10日って言ってたかな?値段は「頑張って20万を切りました!ライカですけど!」とのことでした。 鳥や飛行機やスーパーマンを撮る方はぜひご検討されてはいかがでしょうか。 P1010803

ペンタックスK-1

購入することは無いんですけどちょっと見てみたいと思いましたのでリコーペンタックスブースにも立ち寄りました。 スケルトンモデルだけ撮影させていただきました。 ペンタックスKマウントのユーザーの方には待望のフルサイズ機ということになるんでしょうか。めでたい。 背面液晶が動くのがスゴイなあと思いました。 P1010799

オリンパス「PEN-F」

少し触らせてもらってきました。 P1010801

今回はこの辺で。

この他、フォトブックのブースでちょっと説明をしていただいたり、ベルボンブースで動画雲台についてお話を伺ったり、プロ動画コーナーでちょっぴり機材を触らせてもらったりしたりしました。 やっぱり直接お話を伺える機会って大切ですね、しみじみ思います。 メーカーの方が親切に対応してくれるかどうか、というのも私個人的には購入動機になり得ますので、やっぱり雰囲気って大切ですね。 説明員さんが素っ気なかったりシカトこいたりするところの品物は、買おうかなという気が起こらなくなるものです。 もうちょっとCP+2016関連が続きそうです。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

CP+2016を堪能してまいりました

年に一度のカメラの祭典、「CP+」関連エントリです。 この記事を掲載する頃には「CP+2016」は既に閉幕されていると思います。行かれた方も多かったのではないでしょうか。 私も参戦してまいりました。初日に行って、来場者ピークとなる3日目にも行きました。 この先数回かけて参戦記を掲載していこうと思っていますが、お姉さん写真は今回だけです(笑 何だか今年はあまり撮れなかったな-。 Batis85を携えて、前のめりになって挑んだのですけれど。 DSC06174

Batisを堪能

上の写真と同じ、カシオのお姉さんを横位置で撮らせていただきました。綺麗な方です。 今回使用した機材はα7II + Batis 1.8/85です。 写真の出来などは置いといて、私個人的には綺麗に撮れていて満足しています。 DSC06178

髪の毛まで丁寧に解像していますね

DNPフォトブックブースのお姉さんです。綺麗な方です。 今回レンズの絞り値はすべてF1.8。開放です。まあいつものことなんですけど。 デジタル時代の新設計で、また、F1.8だからでしょうかね、開放からシャープだなあと。 なお、今回はJPEG撮って出し…ではありません。ホワイトバランスの調整のみ行った上でリサイズしたものです。 露出もシャープネスも掛けておりません。 DSC06172

ちょっと離れたところから撮っても綺麗にボケますね

キヤノンのお姉さんです。綺麗な方です。 85mmでこの構図ですから「あ、ちょっと距離があるな」と思われたかもしれません。 3メートル、いやもうちょっと離れていたかな?正直フルサイズ機でも背景はボケてないだろうなあ、と思っていましたが、 帰って確認しましたら結構いい感じだと思いました。背景と距離が充分にあって、おっさんが入り込まなかったのが大きいですね。 DSC06161

体感的にも被写界深度がちょっと深い恩恵を受けているような

こちらもフォトブックのお姉さんです。綺麗な方です。 我が家で85mmと言えば「Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4ZA」というAマウントレンズです。 そちらに慣れているから、なのだろうとは思いますが、やはりF1.8はちょっと使いやすい気がしますね。ピントのハズレが少ない気がします。 これはAFの違いなのかな?いやそれだけではないですね。MFで撮ってたんだから。 DSC06167

今回はこの辺で。

「Batisを使ってお姉さん撮り」というテーマでお送りしてみました。 私の感想ですけれども、「いいじゃんいいじゃーん」という思いが強くなっています。 小型軽量、しっかり狙えて写りも綺麗。良い買い物をしました。 ただ、AFは早くはないですね。MFで使っています(笑 なお、今回は本当に「これぐらいの人数しか」お姉さん撮りをしませんでした。ボツ無しです 次回もCP+2016関連記事になると思います。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC06163
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/02/26 Fri 23:50 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

CP+2016、初日に行ってきました


今週末はウキウキウォッチンな救いようのないカメラオタクのみなさんこんにちは。
待ちに待ってたCP+2016、木曜日から開幕しておりまして世間的には明日・土曜日がピークであろうかなと。
私ももちろん土曜日にも参戦しますが、実はこっそり初日木曜日に行ってたのでした。
この記事ではその初日風景をお届けします。


先にオフ会告知!(参加を検討中の方はお読みください)


その前に!
明日、当ブログ主催のオフ会を、CP+閉場後に開催予定です。
それはこれまでも告知してきました。

従来は「予約不要・意思表示不要、当日集まった面子で出たとこ勝負」を謳っていました。
が、日にちが近づくにつれ、人数が増えてくるにつれ、大丈夫か?予約無しじゃ不安だな、と思うようになってきました。

んでもって、予約してしまいました。チキンな私を許してください。
このことが何を意味するか。参加表明が必要になった、ということであります。
お店は人数変更にはまだ(限度はあるにせよ)対応できるらしいのですが、申告する時刻にも制限があります。

そこで。
明日2月27日(土)の当ブログ主催オフ会に参加をお考えの方のうち、私にそれをお伝えくださっていない方。
掲示板に参加表明の旨を書き込んでいただけませんでしょうか。

既に参加表明を(何からの形で)私宛に送ってくださっている方は対応不要です。こちらでも把握できています。
飛び込みをお考えだった方がもしいらっしゃるならば、予約の兼ね合いがありますのでお教えください、ということです。

その連絡無しで当日集合したらどうなるか。
ひとりふたり、ぐらいならゴリ押しして何とかなるようにも思いますが、人数が多いとパンクします。
ですのでここはご協力をお願いしたいと思っています。どうかご理解ください。
よろしくお願いいたします。

掲示板



CP+2016、初日に行ってきました


さて、本題に戻ります。
2月25日(木)、1時間ほど時間ができたので(お昼休みとも言う)、CP+に行ってきました。
みなとみらいまでの移動時間も考えると会場で過ごせるのはせいぜい30分間程度だなと。
それでも行きたい!という欲求に抗えず、パシフィコへ行ってしまいました。
みなとみらい駅を出たら「フォトイメージングエキスポ」以来のお約束、ハクバの垂れ幕です。
私はこれを見るとテンションが上がります。ハクバもそれをよく分かっているのでしょうね。素晴らしい「お約束」であります。
DSC06056


初日一般開場の瞬間


開幕初日の午前中は報道関係や招待客だけが入ることができるプレミアタイム、
有料で開放したこともあったようですが今年もそうだったのかな?
まあ私はそんなところには縁がございません。一般入場者の列に並びました。
そしたら開幕を今か今かと待っていた前のめりなカメ爺の大群衆が。私もそのうちの一人ですので他人を嗤えないのですが。
DSC06061


ソニーブースの人気っぷりに驚く


私が最初に驚いたのは、ソニーブースの大盛況っぷりに対してであります。
入口すぐのところにある立地の良さ、それを置いたとしてもソニーブースの人出はかなりのもので、
私が見る限りでは贔屓目を差し引いても隣のオリンパスはおろかキヤノンニコンすら凌駕していたと判断します。
これにはやはり「αが本格的にブレイクしている」という勢いを感じましたし、これでα事業も安泰だ、と安堵もしました。
やはりα7シリーズですね。それ以外にはあり得ない。
私もソニーブースを見て回りましたが、Aマウント?どこに飾ってたっけ?ぐらいにα7系押しだったと思います。
APS-C?コンパクト機?ああ、確かにそれもあったけどね。
DSC06062

Gマスターが主役だったかな?と、私の主観ながらそう思いました。
24-70mm、70-200mm、あと85mmの単焦点。注目も集めていますし人気もあるようです。
実機もあるようでしたが私はそちらは(並んでいたみたいなので)パス。展示モデルを撮らせてもらうだけにとどまりました。
DSC06064

中井精也氏のトークショーです。黒山の人だかり、この時間帯見て歩いていて、贔屓目無しで圧倒的な集客力でした。
入口至近という立地、中井精也氏の力のもとに、ソニーがいよいよカメラメーカーとして認知されつつあるのだなとも思いました。
DSC06090


タムロン85mmF1.8


CP+開催直前に発表されたタムロン85mmF1.8。
俄然興味を持ちましたので、早速見に行きました。
手に取ってファインダーを覗くこともできます。これは良いですね。
ただ、大きさはかなりのものです。F1.4並ですね。「コンパクトにするためにF1.8にとどめた」ということではないようです。
私がキヤノン・ニコンのユーザーだったら購入候補にしていたかもしれません。
DSC06082


パナソニックブースは淡白でしたな


この1年半ほどで我が家でも急速増備したパナソニック。
今年は私としても「主要見回りポイント」と位置付けて早速行ってみました(オリンパスより先に行ったぞ!)。
が、どうも微妙ですね。主観で恐縮ですがあまり面白くなかったです。
まあ土曜日にも行こうと思っていますから感想は変わるかもしれません。いや、変わると信じたい。
DSC06076


ニコンのセミナーだって見ますよ


以前にも書きましたが、私はトークショーについてはメーカー問わず足を止めて聴くようにしています。
私の期待の外でとても楽しいお話をされていることもある、まったく油断できません。
しかしその上で、トークショーについては明確に当たり外れがあります。
実際に聴いてみて「これは微妙」と感じられたなら、本当にビミョーな内容であることもあります。
私などは以前に、とあるレンズメーカーのセミナーを一生懸命聴いていたら、知らない間に「合成写真」を引き合いに語られていたことがあります。
アドビがやってるなら分かるよ!?レンズメーカーのセミナーで合成写真を見せて何を語るのか、とガッカリしましたね。
そう言えばあれ以来そのメーカーのセミナーは見なくなったかな。おっぱいセーターのお姉さんは可愛いんですけど。
話を戻しまして、こちらは阿部秀之さんです。有名な方ですよね。
DSC06075


カシオブースはオシャレでしたよ


CP+へ行く方の多くは「レンズ交換式」のユーザーなのではないか、と私は勝手に想像しています。
ですのでコンパクト機専業のメーカーは肩身が狭かろう、とも思っていますがカシオブースは毎年大きいですよね。
今年も目立つ&オシャレでした。
私は「EX-FR100」に興味があった(もしかしたら仕事で使えるかも)ので立ち寄りまして、説明をじっくり聞かせてもらいました。
面白いカメラですね。バカチョンカメラですし慣れが必要だとは思いましたが、いっこ持っていても良いかもしれません。
説明員のお姉さんも可愛かったですし(結局そこかよ
DSC06085


今回はこの辺で。


というわけで私のCP+2016初日は終わりました。
時間に制約があることは分かっていましたから持参したα7IIにレンズはEマウントの24mmゾナーをつけっぱなし、
開場の雰囲気を撮るので精一杯でしたのでお姉さん撮りはしませんでした。
土曜日は頑張るぞ!

次回もCP+ねたになると思います。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC06059












今回の
撮影機材





このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事