ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「AF_35mm_F1.4G」
暑いけどみんなげんきー!?動画のじっかんっだよー!
京橋は!ええとこだっせ!グランシャトーが、おまっせ!サウナデサッパリエエオトコ!コイノハナモサキマッセ!

というわけで今週も動画の時間の時間がやってまいりました。
週に一本何かを載せる、というのもなかなか大変ですね。
仕事でやっているのでしょうけれどもデイリー更新しているユーチューバーに頭が下がる思いです。トウロクトウロクトウロクー
今回は雨の横浜ドライブ編となります。さっそく出来上がった動画からご覧いただきたく思います。
街角動画 #12 (スマートフォンの方はこちらの文字リンクからもご覧いただけます)


今回の動画は「お蔵入り」させようと思っていた

いやあ、出来が良くないです。正直ボツにしたかったです。
じゃあ今までの動画は良く出来ていると思っていたのか?などとイジワルな質問は勘弁して下さい。
今までの動画だって充分ビギナー臭いと思ってます。本物の映像作家の方の作品には遠く及びません。
が、今回のはとりわけヨロシクナイです。何がダメだったかと言うと、やはり映像そのものの出来がダメだった、と。
以下に私が「ダメだこりゃ」と思った点と、その理由、こうすればよかったと思ったことなどを書いていきます。

ピントが合っていない。

もっともお話にならなかった点です。
私は「見せたい部分、見る側の視線が集中し、そのカットで主題としている部分はカリッカリに撮りたい」と思っており、
写真でも動画でもそれを第一に心がけています。
ただ、今回の動画はドライブ風景動画ということもあり、見る側がどこを見たいと思うかは分散すると思うのですね。
ですので、広く全般的にピントが合ったように見せようと、広角レンズを使用していました。
が、夜ということもあり少しでも明るく撮りたいということで絞りは開放にして使いました。
これではパンフォーカスにはなりませんね。甚だ中途半端となってしまったのです。
しかも使用したレンズは「AF 35mm F1.4G」、このレンズは開放の描写が甘いことで有名です。
画角は絶妙だったのですが、キレが悪いシーンのオンパレードとなってしまいました。

雨で映像がぼやけた。

ピントが合っていない、映像のキレが悪いことは上で書いたとおり「機材チョイスの失敗、あるいは機材の限界」が第一の理由でした。
が、雨が降ったことも大きな理由となりました。フロントガラスが雨に濡れて、レンズ本来の解像力が発揮できなかったのは事実です。
ワイパーがしきりに動いていてそれが映像に悪影響を与えた…とは考えておりません。
雨の日の車窓映像なのですから、ワイパーが動くことは当然映像の要素として計算します。
ともあれ、これが理由でさらに画質が悪くなっていきました。

後処理でシャープネスをかけたらノイズが目立つ結果になった。

パンフォーカスにするための設定を充分に追い込めなかった、しかも雨でフロントガラスが濡れてしまいさらに映像が悪くなった、
それを補うために後処理でシャープネスをかけたのですが、その結果ノイズが非常に目立つことになってしまいました。
α99を使用し、ISO1600という高感度で動画撮影をしましたので、特に暗部においてノイズがひどい状態でした。
撮って出しの映像ではまだマシだったのですが、ノイズはマシでも上で書いた通り解像感がまったくありません。
ですので編集時にシャープネスを強めにかけました。
一般論として後処理で画像をシャープにしようとするとノイズが目立つ傾向があります。
ですので「強め」とは言っても、それなりに自制というかノイズに配慮してバランスをとったつもりでした。
が、結果はご覧のとおりです。私のアンシャープマスクの使い方が未熟だというのが大きいと思います。
とにかく、そのような経緯で「ピントはモヤモヤ、光はギラギラ、ノイズはザラザラ」な仕上がりになったというわけです。

ではどうすれば良かったのか

ここからは対策を考えます。雨の日の夜景動画で何を配慮すれば良いのか。
私が思うに、大きくふたつです。「解像感を維持すること」と「ノイズ対策」です。
解像感については、後処理に頼ることなく撮影時に最善を尽くすのが良いと思いました。
画面全体にある程度解像感をもたらすためにレンズを絞って使う、そのためには高感度を使うことになりますね。
後処理の際のノイズよりはマシではあります。
その後処理でも極力ノイズが見えてしまうようなエフェクトや調整は避けて、じっくり設定を追い込む必要があります。
アンシャープマスクはちょっと油断すると盛大にノイジーになりますので気をつけなくては。

究極的には、対策はこれ一つでいいはず

雨の夜景という不利な状況で、解像感とノイズが少ない良好な画質を手に入れるには色々配慮することがあります。
が、よく考えたら「α7S」があれば解決する、のかな?
高感度の画質が改善されていますのでレンズを絞って使うことができます。
また、ノイズ自体も抑えられているのであれば、しかもXAVC-Sで録画するのであれば、クリアな画質が得られそうです。
もっと言えば「Lumix GH4」では絞らなくても高解像度の映像を撮ることができますからそれに準ずる効果は期待できるかもしれません。
何だ結局新機種頼み、ということか。
いや、その前におとなしくビデオカメラ使っとけよって話なのかもしれませんね(笑

今回はこの辺で。
当ブログは不出来だと自覚している作例も、ネタになるなら掲載するスタンスです。
「えーそんなことないですよーよく撮れてますよー」とか言って欲しいわけではありません(笑)。
微妙なものは微妙、だと思っています。
それでも恥を忍んで?掲載する理由は、少しずつでも上達していく様子を継続的に見せることも立派にコンテンツとして成立する、
と思っているからであります。写真記事と同じです。
というわけで、懲りずにまだどんどんやりますよ!
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/03/06 Wed 00:01 ソニーα
今日は竹芝客船ターミナルでお仕事でした。
普段は段取りやタイムテーブル管理、送迎の手配など何でもやるのですが、
今日は屋外ではスチル撮影のお手伝い、レフ持ちに徹していました。
レフ持ちも難しいし奥が深いですね。「あごの下を狙う」とかコツを聞いたことはあるのですが、
実際には日光が強すぎたり逆におひさまが雲から出てくるのを待っていたり、思うようにはいかないものです。
とは言うものの私も傍らで撮影をする状況ではありましたので、
片手でα99、片手と片膝でレフ板、モデルさんを歩かせながら撮るので私も後ずさりしながら撮りながらレフ当てながら
…って、難しすぎるだろ!w
以前にお世話になっているカメラマンさんから伴走しているバイクの写真を撮る時の話を聞いて、
「何度も死にそうになったことがある」「ピントは勘」というのを聞くにつけ、プロは大変だなと思っていましたが、
ささやかながらその気持ちが分かったような気がしました(笑

竹芝桟橋での写真は仕事との絡みもありますのでここでは載せられませんが、
その後移動した先、ホテルインターコンチネンタル東京ベイの部屋からの写真は掲載可能だろうと思いますので、
今回はそちらを用意しています。

日中、レインボーブリッジを撮りました。
今日は暖かい春の陽気でしたね。海沿いですのでちょっと風が強かったですが、それでも過ごしやすかったです。


夕刻以降は比較的時間に余裕ができまして、夕景夜景を撮る機会が増えました。
とは言ってもホテルの部屋からの写真ですから、それほどバリエーション豊かに撮れるわけでもありません。
ですので、今回はピクチャーエフェクトにも頼りました。
夕方、レインボーブリッジ方向を撮りました。ピクチャーエフェクト・ミニチュアです。
α99
AF 35mm F1.4G


ピクチャーエフェクト・ミニチュアの効果が、よりはっきりと見えますね。
α99
AF 35mm F1.4G


日が暮れた後、シャッター20秒で撮りました。
元画像はものすごくクッキリハッキリ見えるのに、縮小するとありがたみが減りますね(笑
α99
70-300mm F4.5-5.6G


高層ビルのてっぺんに、赤いライトがついていますよね。
あれをピクチャーエフェクト・パートカラー(赤)で引き立てることができないか、と試した写真です。
まあ、引き立っていません(笑)工夫が必要のようですね。
α99
70-300mm F4.5-5.6G


この写真、ISO3200で撮りました。
縮小していますからノイズは目立たなくなってはいるものの、これは私には上出来過ぎる出来だと思っています。
α99
70-300mm F4.5-5.6G


高いところからの夜景は久しぶりに撮ったような気がします。
今日は三脚を持参しておらず、1枚を除いてすべて手持ち、唯一手持ちでない写真は窓際にカメラを置いて撮りました。
久々に「70-300mm F4.5-5.6G」という暗いレンズを持ちだしたこともあり、高感度に頼っていたのですが、
ブログでこのようにして見るぶんにはノイズについては本当に気にせずに済むようになりました。
技術の革新に感謝をしつつ、それを遊びで食いつぶす人生に乾杯!
と、わけの分からない締め言葉でこのエントリの結びといたします(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/02/13 Wed 23:15 ソニーα
前回に続き、α99+35mmF1.4Gで東京駅近辺を散歩したエントリです。
今回は昼間ですね。前回記事とは別の日に行った時のものです。
最近は用事がなくても東京駅って感じです。駅舎ですから被写体としてお手軽というのも大きいのだと思います。


これは八重洲側ですが、キャラクターストリートで撮りました。
またイベントスペースで「なめこ市場」やってました。
ちょっと調べると2/11までだったようで、次は駅弁をやるらしいです。


むしゅめにはプリキュアクロス。キュアロゼッタだそうです。
スマイルプリキュアの興奮冷めやらぬ私からしたらドキドキプリキュアに対してはまだスイッチが入りませんが、
むしゅめはもうとっくにドキドキプリキュア大好き、スマイルプリキュアって何?てなもんです。
まあ私の一押しはみんな大好きハートキャッチプリキュアなんですけれども。
余談ですが、むしゅめに「ドキドキプリキュアの名前教えて!」と言われ、
「キュアドキドキとキュアワクワクとキュアウキウキだよ」と答えたのですが、まったく信じてくれませんでした。
子どもにはアメリカンジョークが通じないようであります。


世間はすっかりバレンタイン商戦ですね。このエントリを書いているのは13日夜ですので山場は過ぎましたか。
子供の頃は誰かチョコレートくれるのかなあなどとアテもないのに夢想したこともありましたが現実は厳しかったですね(笑
縁遠いまま40代にもなるとそんな色心も衰えるというものです。


昼ごはんに天丼です。ほのかにごま油の香りがしました。
オアゾの5階だったかと思います。


新丸ビル地下の馬です。
レストランの入口にあるのですが、ここは珍しく私も入ったことがあり、ドリアが美味しかった記憶があります。


今回はF1.4開放で撮った写真が多いように思います。
フルサイズということもあって確かによくボケた写真を撮ることができるのですが、
ボケがあんまり綺麗ではないような。
最近話題のシグマ35mmF1.4が、もっと「ぽわわわーん」とボケるのであれば、そっちの方がいいかもなあ。
もっとも、ソニー用なんか無いんですけどね!(´・ω・`)
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/02/13 Wed 20:20 ソニーα
オリンパス「17mm F1.8」を購入してみたら、妙に35mmづいてしまい、
結局αを使っているというエントリ、ふたつめになります。
オリンパス17mm F1.8の記事もいずれ書きます!
今回はα35mm、今回も東京駅です。乗り換えがてら駅舎を撮ってきました。



ドームの撮り方に毎度悩みます。
画角なりの撮り方があるのでしょうけれども。


若い頃?は、高速バスターミナルもある八重洲側に行く用事が多かったのですが、
近年はすっかり皇居側、丸の内口ばかりになってしまいました。
八重洲ブックセンターにはよく行ったものですが、最近は丸の内丸善へ行くことが多いです。


最近まで千葉住まいだったので、総武線で通勤していた、というのも大きいですかね。
そういえば最近総武線ネタ全然やってませんね。いずれまた。


丸の内口の「真・中央口」皇室専用出入り口です。
コーンとバーだけで立入禁止とされているエリアなのですが、うーん入ってみたい。


この日は3連休の3日目でしたが、丸の内駅舎は人が少なめでした。
場所柄平日のほうが混むのだろうとは思いますが、観光需要も時期的に一段落、ということなのでしょうか。


私の行動パターンでは、東京駅をはじめ山手線東側を利用することが多いため、
必然的と言いますか、そのあたりの写真が多くなっています。
私が中央線沿線で文化的な生活を営むようであったなら、新宿渋谷池袋を舞台にした
もっと幅の広い写真を掲載する写真ブログになっていたかもしれませんね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/02/11 Mon 22:33 ソニーα
年明けてしばらくの間、パナソニックのマイクロフォーサーズレンズ「35-100mm F2.8」にハマっていましたが、
それも一段落して、次のマイブームが到来しつつあります。
すなわち今回のエントリのタイトルにもしました「35mm」なのですが、
先日手に入れたオリンパスの「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」がそのきっかけとなりました。
お、このレンズおもしれーじゃーん、
マイクロフォーサーズの17mmレンズは換算34mm相当、
まあ大まかに言って35mmってことだよね、
35mmと言えば我が家にはGレンズがあるじゃないですか、
αの35mmも楽しいよなあ…というわけで、
なぜかαで35mmを使うのがマイブームになってしまいました。
オリ17mmF1.8の使用感想記事を連投するつもりだったのに、この移ろいたるや女心の何とやらに負けないものがあります。


今回はママの「ドラえもん限定グッズが欲しい」という要望がありまして六本木に行きました。


六本木といえばヒルズ、ヒルズといえばテレ朝であります。
テレ朝ショップに行けば限定モノが手に入るかもしれません。
甥っ子にプレゼントする、のだそうです。


テレ朝本社社屋の1階、円形建物の外周部分が一般に開放されていて、ショップやらカフェやら色々あります。
テレ朝の顔ともいうべきキャラクターは今でもドラえもんのようで、随所にドラネタが満載であります。
ジャイアンのリサイタル、もあり、スピーカーもあってジャイアンの歌声が聞こえるという趣向なのですが、
肝心のジャイアンの声がたてかべ和也氏ではない上に歌も違ったので愚息も萎え気味でございました。


あと、仮面ライダーも実物大の展示がありまして、子供連れの記念撮影がひっきりなしでした。
これは仮面ライダーウィザードですね。私はあまり興味が無いのですが、むしゅめはよく知っていました。
マジかマジでしょーったーいむっ、ってやつですよね。むしゅめは歌えるみたいですw


私が「仮面ライダー」と聞いて思い出すのはやはり1号です。が、私の世代ですら1号は再放送でしか知りません。
ウルトラマンやガンダムと並んで、堂々の二世代キャラクターの仲間入りを果たしているのです。いや、三世代か?


テレ朝開局55週年だとかで、記念太鼓の達人が大人気でした。
太鼓の達人に2時間待ちって、私的には正気の沙汰ではないのですが、何か特別なものがあったのでしょうか。


少し前に話題になったくりいむしちゅーのキン肉マンコラボイラストです。等身大展示していました。
キン肉マンは二世代キャラ、とは言えないかもしれませんね。
今連載しているものに対して食いついているのは、30年前の大ブームの際の読者、要は我々の世代であるような気がします。


テレ朝と言えば忘れてはいけないのがクレヨンしんちゃんであります。
ショップは番組ごとに棚が用意されていまして、棚の広さ=売れ行き、人気のバロメーターだと思うのですが、
プリキュア≧ドラえもん>>しんちゃん>>>>>アメトーク等という感じでした。
プリキュア・ドラえもん・しんちゃんがスリートップのようです。


どうでもいい話かも知れませんが、今回行ったテレ朝ショップには、韓流のカの字もありませんでした。
古舘のフの字もありませんでしたねw
昨今、テレ朝は視聴率戦争で大躍進を遂げているそうで。
いったん上昇気流に乗ってしまうと、推すべきコンテンツをゴリ押しなどに惑わされないで済むのでしょうか。
相棒はじめ、意外に優れたコンテンツをいくつも抱える放送局なのかもしれません。

ともあれ、用事を済ませて六本木ヒルズを後にします。
六本木ヒルズの下層階のちょっとしたカフェなどは妙にオープンな吹きっ晒し仕様のお店が多く丁度いい所が空いていなかったので
せっかくなのでミッドタウンにも行ってみて休憩できるところを探してみたのですがこちらも大混雑。
仕方がないから、というわけではありませんが、地下鉄で数駅の汐留でアンパイなお店に行って昼食してきました。


少しはカメラの話もしなくてはなりませんねw
使用したカメラはα99、レンズはソニー35mmF1.4のGレンズを付けっ放しでした。
絞りは色々変えていますが、そのあたりは感覚に任せてという感じです。
このレンズ、ミノルタ時代以来の由緒正しいレンズなのですが、さすがに設計が古いということなのでしょうか、
昨今のライバル他社の同系レンズに比べて数値的に見劣りがするとか何とか。特に開放の評価がよろしくありません。
MTF曲線とか、私はそれほど見慣れない性能評価を見ても、そんなに「おーすげー」というものではありません。
が、ソニーユーザーとしては他に選択肢が無い(近年「35mm F1.8」が登場しましたが)上に、
心を鬼にしてF2.8とか3.5ぐらいまで絞っていけばうっとおしい二線ボケも弱まって綺麗に見えてきます。
ただ、せっかくの大口径レンズ。F1.4開放で使いたい欲求がありますのでその欲求通り使っています(笑)。
私的には小ぶりなレンズの割にずっしり感があり、所有欲を満たす要素は充分で、それも含めて満足しています。

オリンパス17mmF1.8の記事とあわせて、このレンズの使用感も書いていきたいと思っています。
よろしければぜひご覧ください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/10/28 Sun 00:44 ソニーα
ソニー渾身の動画一眼「α99」関連エントリです。

ソニー「α99 SLT-A99V」その1 開封編
ソニー「α99 SLT-A99V」その2 高感度編

フルサイズデジタル一眼レフと言うと、重い大きい持ち歩き大変、という印象がありますが、
ソニーに限らず最近のフルサイズデジイチはエントリー機といいますか、アマチュア向け機種は小型化が進んでいて、
それほど苦労をせずに街歩きをすることができます。
大変なことがあるとすれば、交換用レンズをいくつも持ち歩く場合ですね。
私は単焦点派なものでモロに影響を受けていますが、文句をいう筋合いのことでもないので当たり前に重たい荷物を抱えていますw

夜景を撮ろう!と思い立ち、帰り道に銀座から東京駅まで歩きました。
私としては定番のルートなのですが、カメラが新しいと気分も違いますね。


今回使用したレンズは「35mm F1.4G」です。
世間的な評価は(高価な割に)今ひとつですが、私としてはフルサイズボディには最高のレンズのひとつだと思っています。APS-Cだとつまんないレンズなんですよねこれが。

銀座三越の1階にあるカフェ、デンマークの王室御用達がどうとか。
カフェとかレストランとか、興味は持ちつつもなかなか入る機会が無いんですよね。
私一人が写真散歩するぶんには、自販機で爽健美茶1本買えば一日持ちますので。


この写真で私が感じたことは何か。
銀座という、日本の保守的消費層が通うショッピングゾーンである銀座ですら、ハイアールの広告看板が目立つ事実であります。
いや、これは中国人旅行者向けのサインなのか?んなわけないか;


三越の銀座通りに面したショーケースには、その時のイベントなどに関連した展示が行なわれているのですが、
マネキン撮りも街角写真家としては重要な被写体のひとつですので、このように押さえさせていただいています。


毎度おなじみ東京国際フォーラムのガラス棟、何かイベントが行われているようですね。


丸の内仲通りのイルミネーションです。
丸の内仲通りは、基本的に信号がなくても成り立つ程度の自動車交通量なもので、歩行者が自己防衛意識が低くw
イルミネーションも綺麗ですから車道に出て写真を撮る人もしばしば。


こういうファッションの方もいるんですね。赤いリボンがチャーミングで萌え萌えです。


感度はそれほど上げていません。せいぜいISO800程度です。
ノイズの痕跡はそれほど意識しなくていい程度だと思うのですが、どうだったでしょうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/01/25 Sun 21:07 ソニーα
靖国神社へ初詣に行ってきました。と言っても先々週ぐらいの話ですが;

RFNDMDM3NDjhAQ_enlargement.jpg

ezBDNkE4QTUxLUIxREItNDg1OS1CQUM2LTUwMDRCMDAwNEE3OH3LKA_enlargement.jpg

私は、初詣は靖国神社、と決めています。
昨年は「α700+Sonnar 135mmZA」一本勝負しましたが、
今年は「α900+35mm F1.4G」で一本勝負です。
と、偉そうに言えるほどたいそうな写真は撮っていませんが。

ezhCREFBOTdBLUZDMjktNEFEOS1BRjAwLTY0QjQ4MEM4QjkwMH0RHg_enlargement.jpg

ezY4MjE5ODI4LUZDQkQtNDFCRS0wMDAwLTVFMzFDNzBEQjdBRn3nHg_enlargement.jpg

e0RFOTkyOThCLTE2RkEtNEQ1NS1BNjQzLTAwMEE0OEZERDAwMH3d0w_enlargement.jpg

帰りに近隣の施設「昭和館」へ行ってきました。
戦中戦後の国民生活をテーマに、当時の物品や戦没者の遺品、いろいろな写真と映像が展示されていて、とても興味深い施設です。
戦中のオピニオン誌らしきものが、手にとって読めるようになっているのですが、
軍広報の方のコメントが
「我が国も苦しいですが、アメリカはもっと苦しいわけです」
「日本人は精神的に鍛えられておりますが、アメリカ人は食料が無ければ戦えない軟弱な国民です」
といった感じのものが延々と続きます。
「大本営発表」のリップサービスか、とも読めるのですが、
当時は、国内の物資が窮乏してくるまでは、意外に先行きを楽観視していたのかな、と感じました(これはただの感想です。それを批判するという意図は無いです)
日本が先の大戦で敗れた最大の理由は統帥部の暴走などより何より「相手がアメリカだったから」なのだと思っています。
苦難の道を歩まれた先人に敬意を表しつつ、私自身は現代日本で蕩けていくような感じです。

思想信条の話になる前に今回は終わりにします。
ここは写真ブログです。写真で勝負です(笑
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/01/12 Mon 20:57 ソニーα
年明け早々、汐留~浜離宮という、私としては定番のお散歩コースへ行きました。
レンズは「AF35mm F1.4G」です。

RFNDMDM2MDnd9g_enlargement.jpg

RFNDMDM2MDZfMWuZ_enlargement.jpg

私の個人的な感覚で言うと、広角単焦点って、カリカリに写す使い方をする印象があるのですが、
このレンズに関してはさにあらず。
ボケ描写を味わうことのできる広角レンズ、という使い方が主となっています。
なので、使えば使うほど味のあるレンズだなと実感しています。

RFNDMDM2MjFfMWiS_enlargement.jpg

RFNDMDM2NDBfMWmX_enlargement.jpg

RFNDMDM2NTBfMWqb_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/12/31 Wed 09:20 ソニーα
気がつけば、年が変わるまで1時間を切っています。
今年を軽く振り返り、ご挨拶に代えさせていただきます。

RFNDMDM1NTjg_A_enlargement.jpg

RFNDMDM1NTff-w_enlargement.jpg

今年は、特に後半にかけて、「行ったことが無い場所」へ行こう、と心がけました。
スナップ写真とは、被写体たる風景にどれだけ感動できるかがキモです。
行ったことが無い場所というのは、その感動(に近いもの)を無理矢理にでも生じさせてくれるので、興味が湧いたらとにかく行ってみる、というのを心がけました。

RFNDMDM1NjLb-A_enlargement.jpg

RFNDMDM1MzTa9A_enlargement.jpg

一方で、「今までに行ったことのある場所で新たな発見をする」という機会にも恵まれました。
コンパクト機「LUMIX LX3」の存在は大きかったですね。
今までならスルーしていたようなモノが被写体になりました。

RFNDMDM1MTba8g_enlargement.jpg

RFNDMDM1MDjb8g_enlargement.jpg

今回のエントリは、本日秋葉原で撮ったものです。
カメラはα900、レンズはAF35mm F1.4Gの一本勝負です。
何も考えず、目にとまった物を撮りました。
上手な人が撮った魅力的な写真に比べてまだまだこれからです。
来年も修業の1年になりそうであります。

RFNDMDM1NTTc-A_enlargement.jpg

良いお年をお迎えくださいませ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/12/29 Mon 09:14 ソニーα
先日購入した単焦点レンズです。
ずっと憧れていて、ついに入手しました。
これで我が家には35mm,50mm,85mmとF1.4のレンズが揃ったことになります。贅沢な話です。

RFNDMDM0Mzne9g_enlargement.jpg

RFNDMDM0NTDX8Q_enlargement.jpg

雑誌などを見ると「このレンズは、α900のために存在する」ぐらいのことが書かれていたりします。

RFNDMDM0NDLY8Q_enlargement.jpg

確かにこのレンズはフルサイズの撮像素子を持つカメラで使わないと真価が発揮されないと思います。
α900とα700に、それぞれとっかえひっかえ取り付けてみましたが、使用感が、
α900に取り付けたときは広角とボケ味のバランスが魅力的で、途方もなく良いレンズだと分かるのですが、α700に取り付けたときはただの50mm強の画角を持つ明るい単焦点の域を出ません。これは「85mm Planar ZA」や「135mm Sonnar ZA」を使っていた時には無い差異です。

RFNDMDM0Mjjc8w_enlargement.jpg

今回試し撮りに行ったのは新宿界隈です。1本勝負で撮り歩きました。

RFNDMDM0Njff-g_enlargement.jpg

RFNDMDMzOTPd-Q_enlargement.jpg

RFNDMDM0NzTd-Q_enlargement.jpg

RFNDMDM0OTLd-w_enlargement.jpg

ところで、私が広角レンズを使うと、弱点が露呈することに気付きました。
その弱点とは、「人に寄れない」という点です。
前々回のエントリの「ショーウィンドウにケータイカメラを向ける女の子」は私個人的には気に入っているのですが、同じような趣旨の写真を、私は35mmという画角のレンズだと撮ることが出来ません。
広角レンズは撮り方にもよりますが「寄ってナンボ」という一面もありますので、
私に限って言うと、人物アップの街角スナップは撮れないことになります。
そのあたりが使っていく上でポイントかと思っています。

RFNDMDM0OTPe_A_enlargement.jpg

RFNDMDM0MDnb8A_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事