ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「AF50mm_F1.7」
2012/06/24 Sun 23:40 ソニーα
梅雨時らしい曇り空の日が続いていますが、
雨はあまり降らないですね。時折まとめて降る程度。
夏に水不足にならなければいいのですが。

そんな梅雨時の合間に近所の公園を散策してきました。
亥鼻公園とは千葉市内にあり、市内有数の桜の名所として親しまれている公園です。
千葉城があることでも(ちょっとは)知られています。
過去に何度かエントリにしたことがありますね。

緑色のモミジもけっこう好きでして。
DSC03669.jpg

NEX-7にマウントアダプタLA-EA2+コニカミノルタの50mm F1.7をつけて出掛けました。
カメラバッグも持たずに、1本勝負であります。
撮れないものもありますが、かえって割り切りができる分、
時にはそれも煩わしさが無くて楽しいものです。
50mmF1.7はボケが特徴的な気がします。
DSC03673.jpg

アジサイが綺麗に咲いていました。
桜だけではないのですね。
DSC03683.jpg

もっと紫色が鮮やかなアジサイ…
と思ってよく見てみると、上の写真と似た構図。
発想の貧困というか、撮り方が凝り固まっているのでしょう。
あまり考えずにシャッターをを切っているとこういうことになります(^^;
DSC03687.jpg

千葉開府850年記念碑、だそうです。
けっこう立派な記念碑です。
DSC03685.jpg

別のところに千葉開府800年記念碑もありました。
50年にひとつ記念碑が増えるとすると、
1000年後には記念碑で障害物競走ができそうです。
DSC03695.jpg

何故か自分の城に弓を引く千葉常胤像。
もっとも、千葉常胤というと源頼朝とかの時代の人ですから、
当時こんな天守があろうはずもなく、現在ある千葉城は「なんちゃって城」であります。
見たこともない建物に対し、怒りの矢を放っているのかもしれません。
DSC03677.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/03/28 Wed 04:49 日記・時事・業界
ええい、浜離宮の梅は次回にお預けだ!
50mmF1.8は何を撮るレンズなのか、ではないってばよ。
それを使って身体を張って何でも撮るんだよぉぇぃ(本文と関係あるかも)
α77
KonicaMinolta AF 50mm F1.7 NEW
ex_20120328035335.jpg

前回、友人がキヤノン「EOS KISS X5」を購入したとのことで、
あっそよかったね、的なエントリを書いたのですが、
その後のやり取りで「撮影が楽しめる場所」という話になり、
今回はそのあたりを私なりに書いてみようと思います。
結構ミーハーなので、参考になるかは微妙なんですが;

友人曰く「屋内で撮影を楽しめる場所はあるか」とのことだったのですが、
私自身にとってもそれは非常に重要なポイントであります。
雨の日には雨の日の風景がある、雨の中で撮るのがいいのではないか、
という話では、今回はありませんので。
あくまでも「屋内で撮影を楽しめる」という点で考えましょう。

たとえばこんなのはどうですか。
撮影地は池袋です。どこか分かりますか?
i00748.jpg

要は、お店などの施設の店先、具体的には地下街やデパート、ショッピングセンターなどの
出入りが自由な屋内施設で撮る、ということなのですが、
これは倫理的に微妙な問題を含んでいます。
私有地の中で撮る、という行為が問題になるわけです。
所有者・管理者が「撮影お断り」としている場所では撮影は自粛すべきです。
私が写真を撮っていて警備員さんに止められた場所はこれまでで3ヶ所、
新宿サザンテラスと、
ラゾーナ川崎プラザと、
靖国神社の本殿前です。
他の場所では咎められたことが無いですね。
もちろん「咎められない=撮影OK」と短絡的に言うつもりはありませんが、
私的利用だろう→黙認、ということでしょうから、私はそれに最大限甘えている状態です。
撮らせていただいている、というつもりで歩いていればその雰囲気は伝わりますから、
謙虚なスタンスで臨めば良いのではないかと思います。
さすがに店内にのそのそ入っていって、売り物をパチパチ撮るようなことはアウトですが(笑
あと、一応商業施設ですから、多少なりとも買ったり食ったりするのが礼儀だと思います。

さて、それを踏まえた上で、撮影が楽しめる屋内施設ですが。
色々考えたのですが、今回はお台場を推します。
●デックス東京ビーチ
 台場小香港がなくなってしまったのは痛いですが、台場一丁目商店街が健在ですので楽しめると思います。
P0150582.jpg

●ヴィーナスフォート
 女性専門(?)ショッピングモール。最近はアウトレットでも有名になりましたね。
 それなりの出費は覚悟せいやゴルァ(゚Д゚)
 隣にある車の博物館も興味があれば。
P0150655.jpg

つまりは、単なるショッピングセンターではなく、内装などで一定のイメージ作りをしている
「テーマパーク型ショッピングセンター」が良いだろう、ということです。
豊洲からゆりかもめで行けますから便利ですね。
豊洲といえばららぽーとですが、そちらは屋内施設ではありますが、
写真を撮ることも踏まえるとむしろ晴れた日に行きたい場所です。

上のヴィーナスフォートの写真からも分かる通り、
屋内施設ということで、その施設の照明によってはとても暗い場所があります。
最近のデジイチ、しかもキヤノンですと高感度画質も良いですので心配ないかもしれませんが、
せっかくですから50mmF1.8を携えて行ってみてはいかがでしょうか。
換算すると80mm、中望遠と言われる比較的狭い画角のレンズですので、
以前に書いた「写真は引き算」を実践する助けになるのではないかと。
また、構図を決めるのにもズームができませんから、
ズームリングを回すのではなく前後左右に自分が動いてフレーミングするしかないですよね。
敬愛するフォトグラファーのひとり、ヤマグチアキノブさんからも、
「ズームレンズをつけていても、ズームリングをテープで固定して(ズームしないようにして)使え」
とご指導いただいたことがあります。
写真の上達が早い、という話もありますが、何より楽しいですよ。

良き写真ライフを送られることをささやかながら応援しております。

おまけ。マネキンを撮るとかどうです?
P0250294_20120328042948.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/06/28 Tue 00:02 ソニーα
コニカミノルタ名義の50ミリレンズです。
「50mm F1.4」は定価5万円ほどで、現在も外装を変えてソニーから継続販売されていますが、
今回ネタにした「50mm F1.7」は定価2万円程度で、ソニーには引き継がれず。
ソニー製のレンズに「DT50mm F1.8 SAM」というものがありますが、
そちらはAPS-C専用レンズとなっています。

ミノルタ・コニカミノルタ時代の50mmレンズ。
「50mm F1.4」と「50mm F1.7」です。
50mmレンズごろごろ転がってて困るわーw
自宅にはこの2本があるのですが、正直な話最近は「SIGMA DG 50mm F1.4」に出番を奪われがちです。
使い分け?気分です(笑

P0271094.jpg

ソニーの中の人によると、「どちらかと言えばF1.7の方が写りが良い」とのことなのですが、
無理をしていないということなのかどうなのか、正直私にはよく分かりません。
ともあれ今回のネタは「50mm F1.7」の方であります。

α550に取り付けると、ものすごくコンパクトです。
パンケーキレンズには及びませんが、充分に小さいです。
コニカミノルタ銘で発売されたレンズですが、鏡筒には「MINOLTA」とあります。
P0271091.jpg

ボケは綺麗ですね。点光源をぼかすとちょっとうるさい印象ですが、
手軽にぼかすことができるので重宝します。
DSC03909.jpg

ソニーは50mm F1.2の特許を出願しているという話を読みました。
そちらはレンズの構成からして別物とのことですが、
どのような違いがあるのか、楽しみですね。
個人的には、現行の50mmは寄れないのが残念と思っていますので、
「寄れる50mm」を期待します。マクロ買えよってか(笑
DSC03922_20110627234046.jpg

DSC03924.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事