ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「70-300mm_F4.5-5.6G_SSM」
2013/09/20 Fri 01:07 ソニーα
月がきれいな夜、しかも満月、中秋の名月と呼ばれる夜に満月を見られるのは次は8年後だそうで(ニュースで見ました)、
そんなレア月夜なら撮りゃななるまいよ、ということで三脚抱えて撮ってきました。

月をそれなりの大きさで撮るためには望遠レンズは必須、400~500mmは欲しいかな、と思うのですが、
我が家のレンズで最も焦点距離が長いのはAマウントの300mmということで、
記事のタイトルでは「1枚勝負」と書きましたが、撮影自体が1枚勝負なはずがなく、
70枚ほど頑張ったうちから、私的にいちばんマシ1枚を選んだということで1枚勝負でございます。

……が、私が期待したのと違ううう。もっとこう、シャキッとしていてデコボコもはっきり分かるような、
図鑑に載っているような写真が撮れるかなと思ったのですが、私の知識不足でしょうね。

月は35mm判で焦点距離の1/100の大きさに写る、というセオリーがありますからできるだけ望遠がいい、
レンズはソニー70-300G、それを換算450mmで使うことができることからボディはα77を使いました。
絞りはF11、シャッタースピードは1/750、ISO200で撮りました。
カメラでシャープネスを上げて撮っています。Photoshopではトリミングとアンシャープマスクを少しだけ行いました。
moon130919

トリミングついでにPhotoshopで色々いじってみたのですが、もっと色々やりますと私が思い描いた月の写真に近づきます。
が、それは写真というよりはデジタル補正のお話になってしまいますのでここで載せるのはやめときます。

先週末の台風以来、急に過ごしやすくなりましたね。
普段天体撮影などしないのですが、こんな夜にはふらりと外に出て月を撮るのも良いなあと思いました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/03/06 Wed 00:01 ソニーα
今日は竹芝客船ターミナルでお仕事でした。
普段は段取りやタイムテーブル管理、送迎の手配など何でもやるのですが、
今日は屋外ではスチル撮影のお手伝い、レフ持ちに徹していました。
レフ持ちも難しいし奥が深いですね。「あごの下を狙う」とかコツを聞いたことはあるのですが、
実際には日光が強すぎたり逆におひさまが雲から出てくるのを待っていたり、思うようにはいかないものです。
とは言うものの私も傍らで撮影をする状況ではありましたので、
片手でα99、片手と片膝でレフ板、モデルさんを歩かせながら撮るので私も後ずさりしながら撮りながらレフ当てながら
…って、難しすぎるだろ!w
以前にお世話になっているカメラマンさんから伴走しているバイクの写真を撮る時の話を聞いて、
「何度も死にそうになったことがある」「ピントは勘」というのを聞くにつけ、プロは大変だなと思っていましたが、
ささやかながらその気持ちが分かったような気がしました(笑

竹芝桟橋での写真は仕事との絡みもありますのでここでは載せられませんが、
その後移動した先、ホテルインターコンチネンタル東京ベイの部屋からの写真は掲載可能だろうと思いますので、
今回はそちらを用意しています。

日中、レインボーブリッジを撮りました。
今日は暖かい春の陽気でしたね。海沿いですのでちょっと風が強かったですが、それでも過ごしやすかったです。


夕刻以降は比較的時間に余裕ができまして、夕景夜景を撮る機会が増えました。
とは言ってもホテルの部屋からの写真ですから、それほどバリエーション豊かに撮れるわけでもありません。
ですので、今回はピクチャーエフェクトにも頼りました。
夕方、レインボーブリッジ方向を撮りました。ピクチャーエフェクト・ミニチュアです。
α99
AF 35mm F1.4G


ピクチャーエフェクト・ミニチュアの効果が、よりはっきりと見えますね。
α99
AF 35mm F1.4G


日が暮れた後、シャッター20秒で撮りました。
元画像はものすごくクッキリハッキリ見えるのに、縮小するとありがたみが減りますね(笑
α99
70-300mm F4.5-5.6G


高層ビルのてっぺんに、赤いライトがついていますよね。
あれをピクチャーエフェクト・パートカラー(赤)で引き立てることができないか、と試した写真です。
まあ、引き立っていません(笑)工夫が必要のようですね。
α99
70-300mm F4.5-5.6G


この写真、ISO3200で撮りました。
縮小していますからノイズは目立たなくなってはいるものの、これは私には上出来過ぎる出来だと思っています。
α99
70-300mm F4.5-5.6G


高いところからの夜景は久しぶりに撮ったような気がします。
今日は三脚を持参しておらず、1枚を除いてすべて手持ち、唯一手持ちでない写真は窓際にカメラを置いて撮りました。
久々に「70-300mm F4.5-5.6G」という暗いレンズを持ちだしたこともあり、高感度に頼っていたのですが、
ブログでこのようにして見るぶんにはノイズについては本当に気にせずに済むようになりました。
技術の革新に感謝をしつつ、それを遊びで食いつぶす人生に乾杯!
と、わけの分からない締め言葉でこのエントリの結びといたします(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/05/06 Sun 18:03 ソニーα
モーニングムーンはチャゲ&飛鳥。古いか;
以前にも月の撮影に挑戦したことがありましたが、
今回もめげずにチャレンジであります。
前回はオリンパス PEN E-P3を使用しましたが、
今回はNEX-7を使いました。

NEX-7
AF 70-300mm F4.5-5.6G
300mm F13 シャープネス最大
トリミングして掲載
moon.jpg

円周部分を見ると、クレーターのデコボコも見えます。
太陽や月を撮影する際、大きく撮ろうとすると、
大きさは焦点距離の約100分の1となりますので、
焦点距離を1500mmとか2000mmとかにしないと迫力が出ないわけですが
まあ、天体撮影にこだわりがあるわけではないので、
ここまで撮れればじゅうぶんです。
今月21には日食もありますが、それも楽しく撮れればいいなと思っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/12/13 Tue 00:03 ソニーα
余談で始まり恐縮ですが、
2011年度ACC賞グランプリに九州新幹線開業CMとのことで、
ドコモの森の中で球が転がるやつもすごかったですが、
今年のグランプリは、まあ九州新幹線だろうなあ。
有楽町でやる記念イベント、行きたいですが平日だから無理。残念。
ソフトバンクの「白戸家」や、サントリーのBOSSなんかが近年のグランプリですね。
マクセルの「ずっとずっと」など号泣ものですね。

それはともかく。
そういえば、今年は紅葉を見ていない!
と思い立ち、手近なところで通りがかりの日比谷公園にて、
ささやかながら紅葉狩りしてきました。
せっかく千葉に住んでいるのですから養老渓谷とか行けばいいのでしょうが、
それはそれで大変なもので。都内に出るほうが楽、という現実もございます。

DSC00291.jpg

日比谷公園には、よくテレビで見かける「ベンチでOLがお弁当を広げている噴水広場」の他に、
ちょっとした日本庭園もあり、今回のお目当てである紅葉もそちらにあります。
DSC00293.jpg

量的には極めて限定的ではありますが、
綺麗な紅葉を見ることができます。
ただし、もう見頃は過ぎつつあるようで、葉はすこしずつ枯れてきていますね。
楽しめるのはこの一週間ぐらいでしょうか。
DSC00301.jpg

DSC00303.jpg

レンズは「70-300mm F4.5-5.6G SSM」を主体に使いました。
持ち出すレンズは単焦点が圧倒的に多いのですが、
たまにズームを持ち出すと、その便利さに気付かされます。
レンズ交換せずに済むってなんてすてきなことなんでしょう(笑
写真は思いっきり逆光で撮った猫です。
合うべきところにピントは合っているように思います。
正面を向いた写真も撮ったのですが、思いの外ぶちゃいくだったのでこちらを掲載しました。
DSC00318.jpg

バラ園では、すこしずつではありますがバラも見られます。
DSC00323.jpg

明治時代の水飲み場が残っています。馬も飲める水飲み場。
さすがに現代では水飲みには使えませんが、
それでも戦火を逃れたのが奇跡といいますか、
この手の戦前からあるモノを見るたびに、よくぞ残ってくれた、と感慨ひとしおであります。
DSC00338.jpg

いちょうも良い色をしています。
この日はとても良い天気で日差しも強く、イチョウの葉が黄色く輝いていました。
12月も半ばというのに、世間では秋と冬とが混ざりあっている印象です。
DSC00331.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事