ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「霞ヶ関」
国家中枢そぞろ歩きシリーズ連載3回目となります。
有楽町駅を出て日比谷から霞ヶ関方面に進み、三宅坂方向には進まず進路変更、
向かったところはこちら国会議事堂、この時の目的地でした。
記事タイトルにもありますように、モノホンの国家中枢であります。
EM161585

順番としては前後しますがこのような風景も。
歩道橋があればとりあえず用がなくても上ってみる、と(笑
地上だけ、歩道だけでは見えなかったものが見えるかもしれない!という、まあその程度っちゃあその程度の理由です。
EM161573

国会議事堂の周辺は、歩道に警察官が何人も立っています。警備ですね。
ある人は私を不審者を見る目で、ある人は見ないふり、対応はそれぞれ違うようです。
この写真を撮りに行ったのは3月末頃で時刻は19時過ぎ頃だと思います。
平日なのに通行人なんかほとんどおらず、時々ジョギングの人が走っているぐらいで。
40-150を構えたりしていたのでかなりの不審者感があったかも、と思いながらも、ふと思った質問を警察官にぶつけてみました。
私「この国旗、どこの国のものでしょうか?偉い人が来ているんですか?」
警察官「ポルトガルです。首相が来日中です」
との事で、サッカーファンなら一目見て分かるであろうポルトガルの国旗、私は全然分からなかったです。
それにしても、ポルトガルの首相が来日中だなんて、その時まったく知らなかったなあ。
私のニュースに対するアンテナの張り方に問題があるのでしょうね。
EM161598

一応警察官に許可を得てから、門にレンズを突き出して撮った国会議事堂です。
ライトアップされているのは建物の上半分だけで周辺は真っ暗なものですから、どうしてもこういう写真になってしまいます。
EM161593-2

ですので、上の写真についてはこんな風に明るさを調整しました。
真っ暗になっていて黒く潰れてしまっている、と思っていましたがなかなかどうして、ちゃんと写っているものなのですね。
EM161593

中央に大きな門があり、新人議員が初登院した時などに記念撮影していたりしますよね。上の写真はそこで撮ったものです。
その両脇にこのような通用門があり、正面向かって左には衆議院、右には参議院とありました。
EM161600

振り返って撮ってみるとこんな風景です。
思えば警視庁から国会議事堂までゆるやかな上り坂を延々上がりましたので、その分眺めも良いですね。
EM161595

そんなこんなで警察官以外にほとんどひと気の無い歩道を歩き、永田町駅から地下鉄に乗って帰りました。
都心ど真ん中のはずなのに不気味なほどの静けさで、散歩には良いのでしょうがちょっと怖い気もします。
が、不安感のようなものはまったくありませんでした。やはり治安が抜群に良いことが身にしみるほど分かるから、でしょうね。
EM161602

今回はこの辺で。
有楽町→日比谷→霞ヶ関→国会議事堂と続けてきましたがここでいったんおしまいです。
ただ、この界隈を歩いた記事は別枠でもう少しありますので、時期を見て掲載しようと思っています。
次回は国際バラとガーデニングショウ関連記事のつもりです。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EM161603

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
前回に続き「国家中枢そぞろ歩き」編となります。
いよいよ本当に、モノホンの国家中枢エリアに入っていくぞ、というかただの散歩なんですけど。
山手線の東側、具体的には日暮里~浜松町を主な活動エリアにしている私にとっては、
ちょっとでも山手線から外れたたところは途端に記事が薄くなります。
都心で撮り歩いていない「当ブログ的空白地」を埋めていきたい!というほどの意気込みはないにせよ、
普段あまり行かない場所へ行ってみるのも悪くないかなと思いました。

というわけで、日比谷から続きです。
日比谷公園の中にあるおしゃれなレストラン、夜は街灯もつけてめっちゃ雰囲気があります。
生来貧乏暮らしの私にはとても敷居の高いお店です(笑
EM161561

その街灯をモチーフにしながら、角度を変えて撮りました。
仕事帰りにこういうお店でドラフトビール片手にかんぱーい!みたいな人生を送ってみたかったですね。今からは無理か(笑
EM161560

日比谷公園を出て、先へ進みます。
法曹会館、だそうです。結婚式もやるみたいですよ。
エリート同士のブライダルをプロデュースするのでしょうね。知らんけど。
ちなみにこの写真でピントを合わせている左端の柱の先っちょに付いているものは、監視カメラです。
EM161576

その法曹会館の地下、なんでしょうかねこれは。
居酒屋さんがあるみたいです。この通路の奥です。
こういったところにあるお店は、きっとずっとずっと昔からあるのでしょうね。それとも何かの利権か?
一瞬「突入しようか?」とよぎりましたが、痛風の発作がコワイので外では極力控えるようにしており、先へ進みます。
EM161578

法務省旧本館、鹿鳴館時代の建物で震災・戦災をも生き延びて戦後も利用されているというレジェンドです。
ライトアップしてくれえ(笑
EM161579

警視庁の前は素通りしました(笑
そして三宅坂方面を眺めています。こうして見ていると、首都高ってグニャラグニャラに走っていますよね。あらためて思いました。
EM161587

法務省旧本館のあたりで、このようなポスターが掲示されていました。ヘイトスピーチにたいするポスターです。
特定の人々を対象にした不当な差別は許されるものではありません。趣旨に大いに賛成いたします。
その上で、対象を絞らずにすべての人がフェアに筋を通した形で暮らせるよう、法を運用していただければなあと思いました。
EM161571

今回はこの辺で。
私としては仕事帰りに行かざるを得ないわけで必然的に夜撮りになってしまう事情がある中、
それを逆用とは言わないまでも状況を利用して当ブログの特色を出していこうと考えたりしております。
昼間行けたら、例えば法務省旧本館などは赤レンガのきれいな建物をもっと魅力的に撮ることができるのかもしれません。
が、まあそういうのはどこか他のサイトでやっておられるでしょうたぶん(笑
ですのでこの路線をこれからも大切にしていきたいなあとか何とか。そんなことを思いました。
次回はこの続きを掲載する予定です。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/10/12 Sun 21:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
前回に続き、久し振りにα7Rを持ち出した、というエントリになります。
仕事で新橋へ行った帰りに虎ノ門ヒルズに立ち寄り、通り抜けるだけではありましたが雰囲気を味わってきました。
今回はその流れで撮り歩いてきたあたりの写真を掲載していきます。

おとなしく銀座線に乗って帰ってくれば良かったようなものですが、スケベ心が出まして、
よっしゃ有楽町まで歩いたれ、と。
虎ノ門ヒルズからですと少々大回りにはなってしまいますが、霞ヶ関~日比谷~有楽町というルートで歩いてきました。
時間は19時半ぐらいだったかと思います。官公庁街のビルの灯りは多く、帰宅するような人は少なめだったように見えました。
DSC08600

法務省の旧本館、いわゆる赤レンガ棟と呼ばれる建物です。
明治時代に不平等条約を改正するために欧米に負けない文明国であることを示そうと作られたのが鹿鳴館ですよね。
その鹿鳴館の周辺、霞ヶ関一帯にいわゆる「ネオ・バロック(19世紀にバロック様式を復活させようという動き)」建築物を建てて、
東京をヨーロッパの大都市のような壮麗な町並みにしようという計画があったそうです。
この「法務省旧本館」は、そういった経緯で建てられたこともあり、今見てもたいそう立派です。

いわゆる鹿鳴館外交、現代から振り返ると「上っ面だけヨーロッパの真似をするとはみっともない」という気もしますが、
当時は条約改正のためなら何でもやる、みたいな状況だったのでしょうから、
滑稽もしくは的外れなのかもしれませんが批判する筋でもないように思います。それとも何かの利権か?

なんだかんだで結局計画は頓挫、条約改正も日露戦争の勝利(判定勝ち?)まで待たなくてはなりませんでした。
霞ヶ関にずらりと並ぶはずだったバロック様式の建築物も結局2つでしたか3つでしたか、記憶が曖昧ですが数はその程度、
しかも震災→戦争でせっかくの数少ない貴重な建物もほぼ失われてしまった、というわけです。
ちょっとぐぐってみたら、戦後すぐに建物として使えるよう「復旧」させ、90年代に創建当時に姿に戻す「復原」をしたそうで、
何かの機会があったら中を見てみたいなあ、と思いました。東京駅みたいに気軽に入れたらいいのになあ、無理か!
DSC08606

その法務省旧本館の向かいにあるのがテレビでおなじみ警視庁です。
手前が警視庁、奥が警察庁、だったかな?よく分かりませんが。
せっかくなので「相棒ブルー」風に撮ってみました(笑
DSC08613

その並びにある日比谷公園の前を通りがかります。
都心にある公園ではありますが、さすがに日が暮れてしまうとちょっと寂しげですね。
ここには紅葉の季節になったらまた写真を撮りに来ようっと。
DSC08624

お堀沿いに並ぶ日比谷のビル群を、三脚を使って撮りました。
この写真だけRAW現像しています。が、コントラストを下げ過ぎたようで仕上がりがイマイチです。
これだったらJPEGのまんまの方がよかったなあ。精進が足りません(笑
DSC08638

すみません、これもRAW現像でした。
日比谷交差点から晴海通り方面を、三脚を立てて撮ったものです。向こうの方にソニービルが見えますね。
こちらもコントラストを下げ過ぎたようで写真にキレがありません。これは私の本意ではありません。
RAWですと「自分好みの写真にする」ことができるはずなのに、スキルが足りないが故にかえって自分の意図に仕上がらない。
これはもう数をこなすしかないですね。
RAW現像については引き続き、時々頑張ることにします(笑
DSC08633

今回はこの辺で。
ここからまたα7Rの記事がずっと続くのか?と思いきや、次回はまた別のネタでまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC08604

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事