ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「霞が関」
2015/09/02 Wed 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

●国家中枢そぞろ歩きシリーズ

好評いただいているかどうか分かりませんが、何気なくシリーズ化している「国家中枢そぞろ歩き」であります。 最近まったく記事にしていないソニーαのネタとして引っ張りだして満を持して掲載しております。 当ブログは「ソニーα」と「マイクロフォーサーズ」の2システムを扱うブログでありまして、 その違い、適材適所の使いどころなどに触れていければいいなあと思っております。 フジXマウント、キヤノンEFマウントも増やそうと思った(けど、やっぱりやめた)のは昔の話だね。

・桜田門も「見附」のひとつでございます

この写真を見て「お、桜田門だね」と思う方は、江戸城にそうとう詳しい方か、そうでなければ皇居ランナーでしょう。 江戸城、今は皇居ですけれども、その門の中では一二を争う有名なゲート、なのです。 その経緯モロモロについては、この先の記事で書きたいなあと。書けるチャンスがあるかな? DSC03492 で。 桜田門を入ったら、すぐにもうひとつ、直角に曲がる形で門がありますよね。 そう、この仕組みがまさに江戸城における「見附」そのものなのであります。 てか、この写真にも皇居ランナーが写っていますね。 お堀沿いをグルグル走るのは、これはもう既成事実なので仕方がない、善良なる歩行者の私達も配慮してあげるのもいいでしょう。 でも、晴海通りとか大手町とか、周辺の道でも走っている人がいますよね。あれはどうなのよ。空気読んで皇居走れって。 私の個人的な意見ですが、ゾーニングされているつもりでお堀の回りだけ走っていればいいのに。危ないんですから。 「ランナーは車と違ってすぐに止まることが出来る(から危険はない)」という意見をネットで見ましたが、そういう意見もあるんですね。 私は「止まろうと思えば止まることが出来るのに止まる意志がなく蹴散らしながら走る、だから問題なのだ」と思っているんですけれども。 DSC03495

・桜田門と言うと、こちらかな

皇居ランナーの件はまあいいでしょう。私にとっては突き詰めればどうでもいいことです。 そんな事より、「桜田門」と聞くと無条件に警察を思い出す方もおられるのではないでしょうか。ドラマの見過ぎです(笑 何となく「青く撮ってしまう」のは、相棒の影響によるものか。 DSC03488 桜田門交差点の、とても目立つ場所に、警察のこの掲示があります。 この日は交通事故死者ゼロでした。ちょっと嬉しく思う一瞬です。 最近通学路の歩道を歩く小学生の列に車が突っ込む、みたいな報道が多いですよね。 私も年を取ったんでしょうかね、そんな報道、ひいては交通事故の犠牲に心を痛めるようになりました。 DSC03490

・お堀沿いを歩くということ

上で皇居ランナーを悪く書いてしまいました。すまんね でも、皇居ランナーが跋扈する(そしてそれらに気を使う)ために、こういう写真を撮る機会は減ってしまいました。 別に写真を撮らなくてもいい、皇居のお堀沿いをゆったり歩く、みたいなことを、今はできなくなっています。 しかし、その合間を縫ってカメラを向けてみると、抜けるような景色を見ることができます。 この写真がそうだとは言いませんが、皇居ランナーとバトる価値あり、かもしれません(笑 DSC03499 お堀の向こうに国会議事堂、こんな景色も撮ることができるのですね。 周辺は日比谷、新橋、赤坂ですか。どこも人でいっぱいなのに、ここは一瞬時が止まったかのような印象すら受けます。 そういう景色を眺めながら、更に進んでいくのでありました。 DSC03497

●今回はこの辺で。

読み返しますと皇居ランナーにキツイ書き方をしていますね。すみません。 私は皇居ランナーに限らず歩行者の側だって「譲り合いが大事」だと思っています。お互いが譲りあう社会、ということです。 「譲り合い」というのは文字通り譲り合い、なのですから、ランナーが一方的に偉そうにするのも、歩行者が一方的に偉そうにするのも違うと思います。 歩行者はランナーが来たら道を空けてあげる、ランナーは歩行者を見たら減速してあげる、両方必要なのではないでしょうか。 今はそのバランスがおかしい、このエリアを実際に歩いてみた上でランナーが一方的に横暴だと思ったので、書かせていただきました。 今回は場所柄皇居ランナーを槍玉にあげましたが、私達カメラオタクにも同じようなことが言えるのかもしれませんね。 マナー無視の馬鹿者はいますからね。お互い様か。 そろそろ私達日本人は「私は職場以外の全ての場所でお客様、神様なのでぇす」という下らない考え方、やめにしませんか。 こういう胸糞悪い話は今回でやめにしたいところです。というわけで次回は更に歩いた先の、別の話題で。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC03514
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/06/27 Sat 23:50 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
「続・国家中枢そぞろ歩き」として断続的に進めておりますこのシリーズ、今回が最終回です。
四ツ谷駅から歩き始め、赤坂見附、溜池山王を抜けて進んでいきます。私としてはかなりの長距離を歩きました(笑
5月初旬で夕方以降は涼しい季節でしたのでツライ思いはしませんでしたね。人にオススメはしませんけれども。

今回のスタートはこちらです。
パッと見てもよく分かりませんが、向こうに見えますのは霞が関ビルディングです。
DSC03251

歩道橋があったら上れ!穴があったら入れろ!
というじっちゃんの教えに従いまして、毎度おなじみ歩道橋の上から撮ります。
DSC03254

向かいに立っているビル、その入口回りに竹が植えられていて「おおこれは何なんだろう?」とよく見てみましたら、
播磨屋さん、あのおかきの播磨屋、都内では皇居の周囲を走る謎のトレーラーで知られる播磨屋さんでした。
以前に話題になったおかきカフェ、ここだったのですね。
この写真はわずかにブレています。営業は既に終了しており、写真では明るく撮れていますが実はかなり暗い状況でした。
DSC03258

虎ノ門エリアに入っていきます。
ふと横を見ますと鳥居が見えました。おや、こんな都心に神社ですか、これは寄り道するしかないな。
そう思って行ったみたのがこちらの神社です。
DSC03261

上の写真だけですと、まあ普通ですよね。
しかしこの神社、高層ビルと敷地を共有しているようで、ちょっと引いて見ますとかなり不思議な風景でした。
帰宅後ちょっと検索してみましたら、江戸初期以来の由緒ある神社であるようです。私は存じませんでした。
虎ノ門 金刀比羅宮
DSC03259

同じ場所に高層ビルが立っています。
このビルが「虎ノ門琴平タワー」と言うそうで、この場所は金刀比羅宮を擁する丸亀藩の上屋敷だったのだそうです。
最近うちのブログでたびたび出てくるようになっていますのでおさらいですが、上屋敷というのは殿様一家の江戸での住まい、
中屋敷もしくは下屋敷というのはその予備として用意されたり部下の宿舎だったりしたようです。
DSC03264

さて、虎の門を離れてさらに進みます。新橋方面へ向かいます。
マッカーサー道路との分岐点をこえて少し歩きますと、また歩道橋がありました。
歩道橋があったら上れ!穴があったら(ry
DSC03269

時刻は20時をずっと回り、21時近くだったかな?都心はまだまだ夜の始まりのはずなのですが、眠った街という雰囲気にも思えました。
ビジネス街ですから灯りは意外に少ない、新橋駅まで出るとまた違うのでしょうけれども。
DSC03274

というわけで今回のゴール、新橋駅です。
SL広場も仕事終わりのサラリーマンが何処かへ繰り出すための待ち合わせスポットとして有名ですけれども、
この時間帯はさすがに人が減りますね。
DSC03276

今回はこの辺で。
暑くない時期でしたのでまだまだ全然行ける!ぐらいに余裕をかましていたつもりでした。
が、新橋に着いてしまうと安心してしまうのでしょうか、どっと疲れが出まして(笑
上野東京ラインのお陰で乗り換え無しで帰れるようになったことに、地味ながらありがたさを噛み締めたのでした。

国家中枢そぞろ歩きシリーズはもう少しネタのストックがありまして、少し間をあけていずれ掲載することにします。
次回は別のネタを採り上げようと思っています。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC03245

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/07/15 Sun 22:56 マイクロフォーサーズ
先週金曜日、7月13日に行われた、大飯原発再稼働反対デモ、
会社帰りに行けないこともない時間帯でしたので、見物に行ってきました。

冒頭で意見を表明しておく必要があると思いますが、
私は原発容認派です。
原発でないと今の日本社会が維持できないなら、原発は必要だと思います。
ただし、原発無しでもやっていける自前の資源を開発できるなら、そちらに移行するのが理想的。
利権絡みで自前資源の開発を潰しているとしたらそれは論外、民主党なんとかせい。出来るって言ったよな。
段階的に原発への依存度を下げていくのが良いのではないか、という一般日本人の考えと同じです。

では、なぜわざわざ霞が関に出掛けたか。
そりゃもちろん、「見てから意見を持つ方が良いのではないか」と思ったからです。
原発反対デモを目の当たりにして「やっぱり原発はダメ!」と感化されるなら、それもよし。
…と思って行ったのですが、
実際には私の心情にそこまで訴えるものではありませんでした。
一生懸命参加した、という方には申し訳ないです。

まず、先入観を払拭するレポートその1。
直接会話した上で書きますが、ここでの警察の対応は至極丁寧でした。
まったく横暴ではありません。
こういう写真を見て「警察は上からモノを言う」などという印象を持たれるかもしれませんが、
これぐらいの車上からの誘導は、ルミナリエなどでもやっていることです。
P7136168.jpg

警察がバリケードを作って封鎖云々という話。
そりゃそれぐらいやるでしょう。デモ側が人数が多いわけですから。
気も大きくなっていますから「何をやらかすか分からない」のはむしろデモ側ではないかと。
P7136165.jpg

それはそうと、当サイトは写真ブログです。写真で勝負であります。
オリンパス OM-D E-M5
M.ZUIKO DIGITAL 75mm F1.8
P7136163.jpg
P7136164.jpg

家族連れに優しいデモである、とはネットで読みましたが、
私は家族連れで行動することも多い側の人間ですが、
配慮は確かにあったようですが、それでも小さい子供は連れて行かないほうが良いです。
いや、それでは言い方が公平ではないですね。言い直します。
私なら、自分の子供は連れて行きません。
P7136173.jpg

脱原発テント。本部のようなものですかね。霞ヶ関駅出口すぐのところにありました。
規模は確かに大きいです。一般人も多いと思います。
が、「原発反対!」と声をあげているのはどうも素人さんではないようです。
これは国民が声を上げた!という状況とは程遠い、というのが行ってみての実感です。
マスコミが「紫陽花革命」とか「一般市民が草の根で云々」ということを主張していたら、
とりあえずそのメディアは疑ってかかったほうがいいです。
私も含めて一般人は、「ただ、そこにいるだけ」というのが圧倒的多数と思われます。
P7136151.jpg

上で
>私も含めて一般人は、「ただ、そこにいるだけ」というのが圧倒的多数と思われます。
と書きましたが、この動画で雰囲気が伝わるでしょうか。
オリンパス OM-D E-M5+M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
YouTube内でかなりの圧縮が行われているようです。素材はもっと綺麗に撮れています。


人数は確かに多いです。
範囲も広いですから、万単位の人数はいたと思われます。
が、20万人は本当でしょうか。
甲子園満員で5万人超ですよね。20万人となるとそれが4つぶん。
私は甲子園満員のところも今回のデモも見たことになりますが甲子園満員は凄まじいですよ。
P7136175.jpg

ネガティブな書き方をしていますが、完全に否定的なわけではありません。
参加する方は頑張ってください。でも私に同じ事を強要しないでくださいね。というスタンスです。
集まっている人数は確かに多いです。ニュースを聞きつけて集まった、私のような者も多いでしょう。
がしかし、プロの活動団体が組織的に仕切っている印象で、
原発再稼働に危機感を抱いた国民が自発的に起こした運動とは思えませんでした。

ただ、動画をご覧いただければお分かりいただけると思いますが、
私は肝心要の「首相官邸前」には辿り着けませんでしたので、
もしかしたらそちらは雰囲気が違っていたのかもしれません。
(が、むしろ官邸前は『本丸』なわけですから、より主催団体のカラーが濃い状況だったとは推察できます)
デモ開始は18時と告知されていて、私が日比谷線霞ヶ関駅に到着したのが18:10分です。
その段階で既に「官邸前へは(人でいっぱいなので)行く事ができない」という状況ということは、
多くの人が「18時ちょうどに」官邸前に集まっていた、ということになります。

ともかく、
「一般国民が『個の連帯』によって集結した」というのは一面の事実ではあります。
が、それが全てではない、ということです。
個人的には、私はこの活動にこれ以上関わらないということで。

最後に。
主催と称する方々が信号待ちの一般人目当てに「カンパ」を求めていましたが、
それはほどほどにしておいた方がいいと思います。
そうとう胡散臭い眼で見られていましたよw
P7136192.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/10/13 Thu 23:38 マイクロフォーサーズ
先月末頃の話なのですが、
霞が関近辺を散歩してきたときの記録であります。
皇居~官公庁街~国会議事堂方面をちょろっと歩いてきました。
私が行ったのは土曜日でしたが、それなりに人が歩いていました。
休日出勤お疲れさまです、と、よく飼い慣らされた日本国民の私は思ってしまいましたw

皇居、二重橋あたりの定番風景です。
記念写真撮影もやっているほどの定番スポットですが、
実は二重橋とは、ひっそりと奥に見える方の橋だったりします。
もっと言いますと、手前の橋のような眼鏡橋が、その見た目が理由で二重橋と呼ばれているわけではなく、
奥の橋がもともと二階建ての橋だから二重橋、なのであります。
皇居に限らず地方の寺社でも、二階建ての橋を「二重橋」と呼称していたりします。
P9302429.jpg

ドラマでよく見る警視庁の建物です。さすがに警備が厳重です。
私はこの建物が「警視庁」のものなのか「警察庁」のものなのか、判別できていませんでした。
恥ずかしながら今回「ああこれは警視庁の建物なのね」と納得した次第です。
もっとも、警察庁も同じブロックにあるわけで、私らのような下々の民が判別する必要は無いのかもしれません。
P9302446.jpg

法務省旧本館です。
空襲で大半を焼失したものの復元工事が行われ現在のかたちになった、と。
資料館も併設されているようなのですが、今回はスルーしました。
P9302449.jpg

国会前庭の中に入りました。
国会議事堂の正面にある小さな庭園です。憲政記念館などがあります。
Wikipediaによると、国会前庭は衆議院が管理しているそうです。
公園自体は閑静でした。平日の昼間などは高級官僚がベンチで弁当を広げているのでしょうか。
んなわけないかw
P9302459_20111013233001.jpg

ぷらぷらと歩いていたら、地図看板脇の広告にこんなものを見かけました。
P9302480.jpg

「霞が関にお勤めの方へ朗報です!新しいオフィスは『クラウド対応』でより便利に!」
マイクロソフトの広告ですが、偉そうなことを言うわけではありませんが、
いち納税者としては、霞が関にお勤めの方には、マイクロソフトのクラウドは利用してほしくありませんw

そんなこんなで、丸ノ内線に乗って霞が関を後にいたしました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事