ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「関西旅行2008」
2009/01/03 Sat 20:48 ソニーα
関西私鉄ターミナル駅巡り・番外編です。
この駅は、南海高野線の由緒正しき戸籍上の起点駅でありますが、
現在、高野線の列車はまったく運行されていません。
それどころか、岸里駅の改良工事以後、高野線と直通することすら不可能になり、
名実共に支線級に転落しました。

RFNDMDI5MDje-g_enlargement.jpg

RFNDMDI4ODLfAg_enlargement.jpg

この路線が高野線系統である、という「状況証拠」はいろんなところに見られます。
2枚目の写真は、汐見橋駅の改札口の写真なのですが、
画面右上の時刻表にある路線ロゴが高野線マークです。
また、これはたまたまかもしれませんが、
1枚目の写真にある汐見橋駅に停車中の車両は、もともと高野線の大運転(難波~極楽橋を通じて運行する)用の急行用小型高性能車両22000系だったといいます。
私は高校時代、かの車両に乗って通学しておりました。
あまりの懐かしさにちょっとこみ上げるものがありました。
また、汐見橋方面の列車は、高野線の乗務員が担当しているとのこと。

RFNDMDI4ODDd_w_enlargement.jpg

阪神なんば線が開業し、また、なにわ筋線計画が現実のものとなった時、
この路線は高野線本流として復活するのでしょうか。それはないな;
が、阪神・近鉄・京阪と連携して対JR空港輸送ネットワーク包囲網を形成する中核の駅として再生するかもしれません。
そうなった時、またこの駅に訪れてみたいものです。
が、その時にはぜひ改札口上の「昭和30年代の南海沿線地図」を残して欲しいです。
手入れが全くできていませんが、これは大変貴重なものだと思います。

RFNDMDI4OTTiBg_enlargement.jpg

RFNDMDI4OTbkCA_enlargement.jpg

RFNDMDI4OTflCQ_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/01/03 Sat 20:44 ソニーα
関西私鉄ターミナル駅巡り・番外編です。

RFNDMDI0MjDT5w_enlargement.jpg

この駅は、阪神西大阪線の終点ですが、
今春、近鉄難波まで延伸開通されます。
もともと高架線であるJR環状線を跨ぐほど高い位置に建設され、
ここから一気に下って九条からは地下線となります。
西大阪線は難波開通をもって「阪神なんば線」と改称されます。
そうしたら、ローカル風情漂うこの駅も都会の喧騒を生み出すようになるのでしょうか。

RFNDMDI0MTnb7g_enlargement.jpg

RFNDMDI0MTja7Q_enlargement.jpg

4枚目の写真は西大阪線の起点たる尼崎駅です。

RFNDMDI0MjHU6A_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/01/02 Fri 20:34 ソニーα
関西私鉄ターミナル巡り、トリを飾ってくれますのは阪急梅田です。
言わずと知れた、私鉄日本一のターミナル駅であります。

RFNDMDI5NzfkCA_enlargement.jpg

RFNDMDI5NznmCg_enlargement.jpg

阪神沿線に縁があった私にとって、阪急は「敵」であり、「憧れ」でありました。
阪急に乗る時は、大阪人はほんのちょっぴり「おめかし」を意識します。
あずき色と共に上品なイメージが定着しています。
阪急の車両といえば、
「マルーンの車体」
「窓枠が白」
「車内は木目調」
なのですが、現在に至るまで一貫しています。
こういった伝統を守る姿勢が、沿線住民の支持につながっているといえます。

RFNDMDI5ODDeAw_enlargement.jpg

で。
現在、梅田の阪急百貨店は、立替工事を行っています。
有名な旧梅田駅のコンコースも一部閉鎖され、貴重な壁画などが撤去されてしまい、
工事開始当初、激しいバッシングを浴びていました。
が、私が思うに(というか世間が期待するに)、
工事完了の暁には、このエリアには、
かつての壮麗なコンコースが現代の建築技術によって再現されるのではないでしょうか。
小林一三の時代から一貫して文化や伝統を重んじる阪急です。
この期待は、かなりの確実性をもって地元に広がっているはずです。

RFNDMDI5ODTiBw_enlargement.jpg

RFNDMDI5ODDeAw_enlargement.jpg

余談ですが、
阪急梅田駅は駅のホームの床にワックスをかけていると思われます。
床の石畳が、ぴかぴかです。
こんな駅、他にありますでしょうか。

RFNDMDI5ODLgBQ_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/01/02 Fri 20:32 ソニーα
阪神電車のターミナル駅です。
甲子園へ行く時には、ここから乗ることになります。
神戸まで行こうと思ったら、他の路線の方が早いのかもしれませんが、
私はもっぱらこちらです。
隣接する大阪風B級グルメ地下街や、ジューススタンドなども有名。
関西人なら一度は来たことがあるはずです。

RFNDMDI5OTjnDQ_enlargement.jpg

RFNDMDI5OTnoDg_enlargement.jpg

RFNDMDI5OTfmDA_enlargement.jpg

下の写真はいわゆる「ジェットカー」です。
今でも見られるのですね。うれしく思いました。

RFNDMDI5OTTjCQ_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/01/02 Fri 20:27 ソニーα
天王寺から谷町線に乗り、谷町九丁目≒上本町駅に向かいます。

RFNDMDI5NjXhBA_enlargement.jpg

上本町駅は、近鉄の由緒ある(?)ターミナル駅です。
本社もここにあります。
が、ビミョウにマイナー感があります。
想像するに、
「御堂筋線と接続していない」のと、
「谷町線と接続しているとはいうけれど、乗り換えはかなり不便」
という2点が原因かと思います。
東京で言うと、東武浅草みたいな位置付けかなあ。
「起点駅なのに乗換えがビミョウ」
「至近の「幹線と乗り換えられる駅」に持っていかれてる」
「都心部へ乗り入れるように分岐していく地下線がメインになって、今や脇役」
おお、合致するぞ。言ってみるもんだ(笑

RFNDMDI5NjLeAQ_enlargement.jpg

とはいうものの、近鉄上本町駅の地上ホームは堂々7面6線の巨大駅であります。

RFNDMDI5NjjkBw_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/01/02 Fri 20:21 ソニーα
難波→新今宮→天王寺と移動し、阿部野橋駅を「見学」です。

RFNDMDI5NTjjBQ_enlargement.jpg

RFNDMDI5NTPe_w_enlargement.jpg

阿部野橋駅は近鉄南大阪線系統のターミナル駅で、河内長野や吉野方面へ向かう列車が発着します。
大阪線・奈良線・名古屋線等の系統とは軌間が異なるため、車両は似たり寄ったりなのに相互に乗り入れはありません。
が、こちらの方が繁盛してるんじゃないか、とすら感じるほど利用者は多いです。

RFNDMDI5NTLd_g_enlargement.jpg

かつての近鉄バファローズの本拠地、藤井寺球場はこちらの沿線ですし、近鉄百貨店の本店はこちらです。
近鉄百貨店はあべの「本店」の「西日本最大」を維持するため躍起になって拡張しまくりです。日本一の高さの高層ビルも建てる予定らしいじゃないですか;
やりすぎっちゅう気もしてきますが、そういう大味なところが近鉄らしい、とも言えます(笑
ちなみに、長野線は私の高校時代の通学路線のひとつでした。
友人と一緒に「阿倍野」へ出ることもありましたね。懐かしい。

RFNDMDI5NTTfAQ_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/01/02 Fri 20:18 ソニーα
南海電車のターミナル駅です。
1フロア構造の私鉄のターミナル駅としては日本で2番目に大きいとのこと。
(1位はどこかって?後で登場します)

RFNDMDI5MzjhAQ_enlargement.jpg

RFNDMDI5MzniAg_enlargement.jpg

この駅は、南海沿線住民だった私にとって思い入れがとても大きい駅で、
「都会の駅」といえば、ここでした。
うわー懐かしー、という思いで撮っていると、ラピートが入線してきました。ラッキー。
地元の人には今となってはそれほど珍しくもないラピートですが、
私のように「1年に一度見るかどうか」の私にとってはやはり異形の者で、
思わず撮りまくってしまいました。

RFNDMDI5MzTd_A_enlargement.jpg

RFNDMDI5MzDZ-A_enlargement.jpg

RFNDMDI5Mjnh_w_enlargement.jpg

蓬莱のぶたまんを食べて、そのまま南海電車に乗り、次の目的地に向かいます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/01/02 Fri 20:15 ソニーα
中之島駅から、天満橋へ出て、淀屋橋行きに乗り換えます。
わざわざ「戻る」ような道筋です(笑

RFNDMDI4NjXgAQ_enlargement.jpg

淀屋橋駅は、中之島駅に比べて混雑していました。
やはり「御堂筋線と接続する」というのは重要だということなのでしょう。
行った時間が正午ぐらいでしたので、さすがに「ラッシュアワー」というわけではありませんでしたが、それでも中之島駅の寂れっぷりと比較すると「さすがに大阪の中心にあるターミナル駅だな」という印象です。

淀屋橋駅の特徴として挙げられる「切り欠き型ホーム」ですが、これのおかげで淀屋橋駅は「1面4線」というアクロバティックな構造になっています。
※中之島駅も切り欠き型ですが、淀屋橋駅のように「縦列駐車」しないので「1面3線」です。

RFNDMDI4NjTf_w_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/01/02 Fri 20:12 ソニーα
正月明けを待って、いたわけではありませんが、
昨年末に大阪へ行った時に、魔がさしてやってみた「五大私鉄巡り」をエントリにしてみます。

RFNDMDI4NDjh_w_enlargement.jpg

京阪中之島駅は、昨年10月19日(おぉ10.19!)に開通した京阪中之島線の起点駅です。

RFNDMDI4NDniAQ_enlargement.jpg

が、鳴り物入りで開通した中之島線、閑古鳥が鳴いてました;
何だかんだ言って、現在の京阪は本線・淀屋橋方面に主力を振り分けている印象です。
四つ橋線の新大阪延伸とか、なにわ筋線建設とかが実現した暁にはその双方と接続する中之島線は重要度が飛躍的に増大し…などと言われていますが、全部「たられば」じゃないか;

RFNDMDI4NTHb-g_enlargement.jpg

RFNDMDI4NTjiAg_enlargement.jpg

ともあれ、中之島駅、綺麗でした。トンネルの壁が木目調だったのが洒落ています。
行き止まりにはシールドマシンのカッターがありました。このトンネルを掘ったのでしょうね。

RFNDMDI4NTPd_A_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/12/22 Mon 08:23 ソニーα
神戸ルミナリエは、本来「クリスマス」を主題にしたイルミネーションイベントではありません。
それが証拠に、クリスマス時期を待たずに終了します。
なので、「クリスマスにルミナリエを見に行く」ことはできません。
不勉強にも私はそこを勘違いしており、昨年は1日差で見逃しました;

RFNDMDI1ODji_g_enlargement.jpg

初めてルミナリエに行ったのですが、圧倒されました。
何にって、その人出のすさまじさに、です。
私が過去に行ったイルミネーションイベントの全てに来場者数で圧倒しました。
阪神元町駅を出て、ルミナリエ会場にたどり着くまで1時間。
普段なら5分もかからないような道のりを、交通規制された大通りを埋め尽くす形で進みます。
おかげで、ハーバーランドをあきらめました(笑
今となってはそれも後悔のタネであります。

RFNDMDI2MTJfMWeL_enlargement.jpg

RFNDMDI2MjJfMWiP_enlargement.jpg

そして、ルミナリエは何よりもその内容で圧倒してくれました。
はい、私の負けです。
ルミナリエ最強でした。
写真などでどういったものなのかを知っている人は多いでしょうが、
これは実際に見ることをオススメします。

RFNDMDI2NTdfMXCq_enlargement.jpg

聖歌?なのでしょうか、会場は荘厳な声楽に包まれていました。テーマ曲でしょうか。
この演出は、素晴らしいと思います。

RFNDMDI2NDBfMWiR_enlargement.jpg

出口には、たこやきや焼きそばの出店が並んでいました。
このあたりは、関西のノリですね。好きですこういうの。

RFNDMDI2NznjAQ_enlargement.jpg

RFNDMDI2NDJfMWqX_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事