ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「関内」
2016/11/10 Thu 21:20 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

「スマートイルミネーション横浜」に行ってきました

前回に続き、横浜象の鼻パークを中心に行われていた「スマートイルミネーション」横浜関連エントリとなります。 使用したカメラはソニー「α7II」となかまたちであります。我が家としては今冬の主役、かなあ。 DSC06874.jpg

メイン会場はこのあたりですかね

象の鼻パーク、というのは、近くにある防波堤がまるで「象の鼻」のような形をしていたことが由来で命名されたそうです。 ですので、「象の鼻」に私達が踏み込むことはできませんから(なんたって「防波堤」ですからね)、どうも実感がない。 なんで象の鼻やねん?みたいな。 ただ、ここからの眺めは360度どこを見ても素敵です。 普段は散歩する人が行き交うぐらいの比較的閑散とした場所ですが、この日は大盛況でした。 DSC06869

手作りイルミネーション

どこかの企業が電球で装飾して「イルミネーションでござい」といういわば「通常のイルミネーションイベント」とは違って、 こちらはアマチュアの方も参加しているのかもしれません、手作り感が魅力のイベントでありました。 こちらは「自分の手でぶんぶん振ることができる棒型イルミネーション」です。 シャッタースピードを遅くして撮りました。 DSC06865 こちらは「地面に置かれたボールが光っている」というもので、 何か意味が込められていたのかもしれません。 私はそのあたりはよく分かりませんでしたが綺麗なので撮らせてもらいました。 DSC06873 こちらは、コーヒーを入れているようなプラカップに透明な材質で作られた「花」を差し、 それをツリー状に飾っているイルミネーションです。 この界隈ではいちばん人を集めていたような印象です。 DSC06904 この「花」はカップごと取り外すことができたらしく、 こんな感じで直接手に取る人も多かったようです。 DSC06909 私もここで少し粘りまして、 Batis85をつけてMFで花びらにガチピン行くように戦っておりました。 結果はどうでしょうね。世間の評価はともかく、私は満足しています。 DSC06901

今回はこの辺で。

スマートイルミネーション横浜、楽しいイベントでした。 象の鼻パーク自体が、夜は足元もおぼつかないレベルの暗い場所ですので、撮影にはちょっと苦労しますね。 手ぶれを防ぐのに必死で、取れ高がいまひとつだったように思います。 まあ腕前だってたかが知れていますから、取れ高がイマイチなのは「象の鼻パークだったから」ではないんですけどね(笑 次回はこの続きとなります。さらに先に進んでいきます。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC06895
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/11/09 Wed 21:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

「スマートイルミネーション横浜」に行ってきました

みなさんこんにちは。HNてーあいと申します。ブログやってます。 主にレンズ交換式デジタルカメラ(否スマホ)を使って撮り歩いた写真と、その時の体験や思ったことを書くブログです。 気に入ってくれる方だけ読んでくれればいいです、 FC2ブログを使っていますがエロはありません。ないと思う。ないんじゃないかな。まあちょっと覚悟はしておけ 実はこのブログは2010年元日にオープンした、個人ブログとしては比較的長寿命? いやもっと長い人はいくらでもいるんですけど少なくとも私の人生ではブログ継続最長記録!でありまして、 その中核というか毎年恒例のルーティンテーマに「クリスマスイルミネーション」というものがございます。 11月中旬から年明け成人式あたりまで、日本のちょっとおしゃれを意識した施設は軒並み「イルミネーションイベント」をやります。私はそれに乗っかってネタをかき集める、いや、年の瀬の華やかさを堪能させていただいております。 それを今年もやろう、というわけでこうしてブログを書いています。 今回訪れたのは横浜象の鼻パーク。 11月初旬に行われるイベント「スマートイルミネーション横浜」を見に行ったのでした。 DSC06856.jpg

最寄駅は日本大通り駅

横浜おしゃれゾーン、海沿いのエリアへは、みなとみらい線が便利です。 DSC06852 横浜→新高島→みなとみらい→馬車道→日本大通り→元町・中華街、というデートコースを網羅するルートを走っておりまして。 横浜で待ち合わせて、 新高島でアンパンマンミュージアム、 みなとみらいでポケモンショップ、 馬車道で心を鬼にしておしゃれカフェ、 日本大通りで心を鬼にして大さん橋の夜景、 そして元町・中華街から石川町へ抜けていって疲れたねちょっと休んでいこうかむふふ という満漢全席を味わえる黄金コースなのであります。 え?写真載せろ?そうでした。当ブログは写真ブログです。写真で勝負です。 うわー我ながらつまらない写真です。見どころゼロですね(笑 DSC06858

当ブログは「撮って出し」を基本にしています

うちのブログは「デジタルカメラ」で撮った写真を掲載しています。 で、デジタルですから、撮った後の画像ファイルはある程度自由に改変が利きますよね。 ですが、私はこのブログでは基本的に改変せず、カメラが生成した画像を掲載することを主眼にしています。 実はこれ、イデオロギー闘争に持っていきたい方が多いトピックでもあるのですが、私はそこまで考えていません。 異論諸々おありでしょうがそこらへんはそれぞれ人の勝手です。ゆるっと捉えてください。 気に入らないなら読まなくて結構、というのもうちのブログのスタンスであります。だんだんペースを取り戻してきたぞ(笑 で、ですね。 こちらが「JPEG撮って出し」です。 DSC06854 こちらが「ちょっと色を補正した」ものです。 DSC06854-2 どちらが良いとお感じになられましたか? 私個人としてはどっちゃでもよろしい。「どちらも大切な私の写真」であります。 優劣つけるのは、あくまでも個人の好みの問題ですね。 その上で。当ブログはそういうところは置いといてですね、 特に初心者の方に向けて 「もし、掲載している写真を気に入ってくださったとするならば、同じ場所へ行けば同じような写真が撮れますよ」 ということを申し上げたいのです。 ですから、撮って出し(=カメラが生成する画像)でないといけないのであります。 そこから興味が高じてRAW現像に踏み込む方がおられるとするならばなお結構なことで、 私も一定の役割を果たせたと喜ぶことにいたします。 …と、それが当ブログが目指すところというか、誉れとするところであります。 今時「へえ~きれいな写真ですね~」というサイトなどいくらでもあります。 でも、「このサイトを見て自分でも行ってみました!」というのは、 「実際に人を動かした」という一点において、私の感覚では素敵なことだと思っているのです。他人の考えは知らん。

夜は「手ぶれ」が怖い

そんなこんなで横浜の夜を歩いていたわけですが、 元々私はこういうスナップ撮影を10年以上趣味としていたはずなのに、久し振りに撮り歩いたらダメですね。 従来ならバチッと撮れていたはずのシーンで、手ぶれを起こしています。 手ぶれは、突き詰めて言えば本人の油断です。手ぶれ抑制をサポートする機能を併用していたならなおのこと、です。 で、世間的には手ぶれ補正が効く、と言われているらしいα7IIを使っていてこんな写真を撮っていてはいけませんね(笑 DSC06857

今回はこの辺で。

という感じで、横浜の夜をスナップしていました。 この先数回に渡って「スマートイルミネーション横浜編」を掲載することになりますが、 その導入部分&久し振りにブログに向き合ってみた、という記事としては上々かな? ブログを書かない生活が習慣化しつつあったのですが、引き戻された感覚です。 次回はこの続きとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC06860
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

パナソニック「LUMIX GX7mk2」で、横浜ベイエリアのスポットを撮り歩いてきました

マイクロフォーサーズ規格の一眼カメラ「パナソニック LUMIX GX7mk2」関連エントリとなります。 実際に使ってみて、運用込みでその感想を書くブログです。引き続きそのノリを維持してまいります。 今回は横浜ベイエリアです。みなとみらい、とはちょっと違うのかな?よく分かりませんが。 当ブログ的には比較的よく行く場所ですが、機材変わると気分も変わる、気分が変わると写真も変わる。といいなあ。 そんな他力本願な姿勢でもって、みなとみらい線に揺られて向かったのでありました。 P1010392

馬車道駅から歩く

今回はみなとみらい線、馬車道駅を降りて歩きました。 行った時間は20時台で、街は既に落ち着いておりました。 何となく撮った写真はこんな感じ。撮れたものを見返してみましたら何となくブレードランナー的だなと思いましたので掲載(笑 P1010389 横浜税関の建物です。クイーンの塔でも知られる建物であります。 夜景写真でよく知られる海側ではなくてライトアップも控えめの街側ですが、こちらが正面なのだとか。 表札が高橋是清筆だとどこかで読みましたが本当だったら貴重ですね。 P1010391

象の鼻パーク

海側、象の鼻パークと呼ばれる広場に出ます。 「赤レンガ倉庫」と「大さん橋」の間にある公園でして、デートコースの定番…というほどでもないのかな?人は少なめですよね。 隣接する街区は官公庁街ですし、パークの商業施設も大規模なものではありませんから、ここを最終目的地とするプランはちょっと厳しいのかもしれませんね。 私個人的にはお好きです(笑 謎のモノリス(という名前かどうかは知らんが)オブジェも含めた、ささやかながらもツボを押さえたライトアップが魅力です。 P1010394 大さん橋方面を撮ってみました。 このシリーズでは基本的に広角域を利用して写真を撮っていますけれども、掲載している中ではこの写真だけは中望遠画角です。 P1010395 こういうスナップを撮る時には、やっぱりどこかにアベックが入っていた方が良いですね。 そう思って三脚から外してチャンスを伺っていたんですけれども結局実現せず(笑 P1010406 海沿いに立って、みなとみらい方向を撮ってみました。定番の撮り方です。 ところで今回掲載ぶんの写真は、Photoshopで「リサイズ以外の加工」も行なっています。 緑かぶりの補正と、シャープネスを上げました。 P1010410

今回はこの辺で。

赤レンガ倉庫を中心としたエリアへ向かおう、と考えていて、その最寄り駅だと思って馬車道駅から歩きました。 が、ちょっと脇道にそれてしまい、結局遠回りするように歩いてしまいました。 まあいいか。それもまた街撮り散歩の醍醐味であります。 赤レンガ倉庫での撮れ高がこの日は微妙だったので、象の鼻パーク主体で記事を作ってみた次第です。 次回もGX7mk2横浜ネタの予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1010411
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/11/02 Mon 15:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

●「スマートイルミネーション横浜2015」後編です

大さん橋とその近辺で行われているイルミネーションイベント「スマートイルミネーション横浜2015」関連エントリとなります。 「スマートイルミネーション横浜2015」は、11/3まで開催だそうです。 前回も少し触れましたが、滞在時間に制限があり、 とにかく短時間で撮りまくらねばならない状況でした。 具体的には10分間程度です。記事2本分、ということだけは決めていましたので、当ブログ基準で14枚必要、 私のようなフニャけた下手の横好きには少々過酷な試練でしたがこれもまた修行であります。 DSC04534

●今回の主役は「55mm」

前回の記事では、使用したレンズは「85mm F2.8 SAM」というAマウントレンズでした。 今回はフルサイズEマウントの「Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8ZA」を使用したものを掲載していきます。 DSC04533 象の鼻テラスから歩いて行くと、ここで曲がって大さん橋へ向かうことになりますよね。 ここが撮影の定番スポットでして、この日も三脚立てた人が何人も粘っていました。 私は三脚こそ持参しませんでしたが、手すりの上にカメラを安定させて置くことができましたので、 絞り込んでシャッタースピード15秒にして撮ることができました。 時間がなかったので、これは一発勝負(笑 DSC04535 もちろん写真を撮っている人ばかりではなくて。 アベックも立ち止まって、綺麗な夜景に見入っています。 私のやっていることは、まあ盗み撮りですけどね(笑 DSC04538 こちらも盗み撮りであります。三脚を立てた親子連れ。 同じ趣味で楽しめるというのは、羨ましくもあります。 DSC04539 とまあ、このあたりで時間切れです。 大慌てで日本大通り駅に取って返し、帰路についたのでありました。 今回の写真が「ほぼ同じ場所」から撮ったものばかり、というあたりで、「ネタを絞り出している感」が伝わるといいなあ(笑 DSC04541

●今回はこの辺で。

レンズの使用感ですけれども。 前回の「85mm F2.8 SAM」と今回の「Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8ZA」ですと、やはり55mmの方がフットワークが軽いですね。 85mmが悪い、というわけではありません。Aマウントをアダプター経由で使っているからダメ、というわけでもありません。 使いにくかったのはやはり「F2.8」だったからであります。 行ったことのある方はご存知だと思います。夜の象の鼻パークは暗いんですよね。足元もおぼつかないぐらい。 ですので私も85mm F2.8を使っている時には終始1/8秒とか1/4秒とか、そんなシャッタースピードで使っていました。 レンズを55mm F1.8に付け替えた時には、撮影が一気に楽になりましたね。 そうなれば本来であれば創意工夫の余裕も出てくるところなのですが、この時はとにかく時間に追われてしまいました。 結局滞在10分間の予定が15分間程度にのびてしまいました。下町ロケットに間に合わなかった(笑 次回は別のネタでまいります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC04545
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/11/01 Sun 22:08 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

●クリスマス編、のプロローグとして

当ブログの主要テーマの一つ「クリスマスイルミネーション」の季節がやってきました。 毎年「どこからスタートするかね」というのも悩みどころで、ここ数年は恵比寿から始めておりました。 が、今年の都内主要スポットのイルミネーション開始日を見ていましたら、どうも恵比寿はスロースタートらしい。 いろいろ見比べていて悩んでいる段階です。 スマートイルミネーション横浜。 10月末に行われるイベントで、正直なところクリスマスとの関連性は無いと言っていいと思います。 私としては「都内のスポット」からスタートしたい、という思惑もあります。ですから行くつもりもありませんでした。 ですが今回、ほんの少しの時間を得まして見に行ってきました。 DSC04499

●滞在時間10分間

ほんの少しの時間。 具体的には、駅を出て駅に戻るまでの間が20分間。 駅とはみなとみらい線・日本大通り駅です。 スマートイルミネーションの現場は象の鼻パークです。日本大通り駅から徒歩5分。走れば4分にできるか。 現場過ごすことのできる時間は実質10分となります。 当ブログで1記事あたり使用する写真は7枚が基本、ボリュームのあるイベントなので記事は前後編に分けたい。 ですから、記事に採用できる写真を14枚、これを10分間で確保せねばなりません。 今回の記事と、次回の記事で、この10分間の戦いをご覧いただければと思います。 漢の生き様を見よ! DSC04518 スマートイルミネーションの会場は「象の鼻パーク」と「大さん橋」だそうです。 今回は時間の制約から大さん橋まで足を伸ばすことはできない。 ですので、「大さん橋」感を少しでも出せればと。 DSC04498 同じところで、人物を取り込んで王道のイルミ写真を押さえておきます。 刻一刻と過ぎていく、この季節に汗かきながら撮ってました。文字通りヒットアンドアウェイであります。 DSC04489 上の写真のような「タイミングを狙って撮る」ものばかりですと、10分間では到底足りません。 ですから、無難に風景だけ、というものも踏まえます。 中央にアベックがいますが、たまたまです。この暗さでは人間の目には分かりません。 何より、この時期こういうところにアベックは腐るほどいますからね(笑 DSC04524 スマートイルミネーション、というのは、どうも「触れて反応を楽しむ」という、 聞きようによってはちょっとえっちなコンセプトのようです。そういうの大好きです(笑 で、その主会場がこの象の鼻テラスの中らしいのですが、 私は時間がありませんのでスルー。このように外から撮らせてもらうにとどまりました。 DSC04482 横浜税関、通称クイーンの塔。 ここでプロジェクションマッピングが行われていました。 人の顔に合わせて音楽が流れます。片耳で聴いていましたが全部「クイーン」がキーワード。 今回はこれを見に行ったようなものです。 DSC04485 子供の手作りイルミネーションのようですね。 「85mm F2.8 SAM」でボケ重視するとどうなるだろう、と思い、試してみました。 結果上々だと思います。にじむようなボケ、とはこの事か! DSC04484

●今回はこの辺で。

文字通り掛け値なしの「駆け足で」ご紹介いたしました。 このイベントの本質は「見て綺麗~」と喜ぶにとどまらないアクティブな面白さがありますね。 余談ながらこのスマートイルミネーション、横浜駅から大さん橋にかけて、各地で協賛イベントが行われているらしいのですが、 みなとみらいの大デベロッパー・三菱地所は完全スルーみたいですね。 三菱地所系の施設はクリスマスで本気を出してきますので、それはそれでよろしい。 両方合わせて横浜の懐の深さを示すことができることでしょう。 次回は後編、レンズを交換しながら残り少ない時間を戦ってまいります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC04508
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/05/05 Tue 21:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
ソニーの新型広角単焦点レンズ「FE 28mm F2」関連エントリです。
かなり気に入って使っています。フルサイズEマウントレンズの広角側はこのレンズ(と、専用ワイコン)があれば私はもう充分です。
標準域は「Carl Zeiss Sonnar T* 55mm F1.8ZA」がありますのでこちらも満たされました。
あとは中望遠、85mmか135mmを、これら28mmや55mmと同じぐらい、もしくはそれに近い大きさ・重さで(これ重要)、
ソニー純正で供給してくれれば、それで私はフルサイズEマウントのレンズは完結ということでいいと思っている、
ということは以前にも書きました。
実際Aマウントを振り返ってみますと、我家の定番「広角・標準・中望遠」が充足された時期を見てみますと、

<広角>
・AF 35mm F1.4G…2008年導入
・Carl Zeiss Distagon T* 24mm F2ZA…2011年導入

<標準>
・SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM…2010年導入
・Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4ZA…2013年導入

<中望遠>
・Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4ZA…2007年導入
・Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA…2007年導入

現在の主戦力は以上の陣容です。
我が家のAマウント最新の戦力は2013年導入の50mmプラナーであり、そこから約2年経ちますが私の写真ライフに不足感はありません。
私はこのような組み合わせをフルサイズEマウントで「小型軽量なレンズで(これ重要)」揃えたいと思っています。
デカいレンズなら、上に挙げたように、既にありますからね(笑)
Eマウントの持ち味を生かした意欲的な製品を期待するものであります。

レンズ導入計画の話はひとまず置きます。今回はFE28mmの話でした。
行ったのは横浜・関内です。
先日パナソニック42.5mm/F1.7で横浜を撮り歩いた、という記事を書きました。
同じ時にα7II + FE28mmも持ち歩いていましので、それで撮った写真を掲載します。
スタート地点は京浜東北線の関内駅です。京浜東北線ではないですね。根岸線でしたか。
まあどっちゃでもいいです。とにかく駅の改札を出たところからスタートします。
DSC02996

駅に降り立ち、日の強さや色やらを考えて調整しますよね。
主にホワイトバランスをあれこれいじるのですが、こちらはその試し撮りみたいなものです。
DSC02993

アメリカンレストラン、でしょうか。
通りがかりに何となく位置関係を考えて撮ったものですが、見返すともっと寄って撮った方が良かったですね。
寄れるは正義、とはよく言ったものです。
DSC03009

クリエイティブスタイルで「クリア」を選び、コントラスト最大、彩度最小、シャープネス最大。
私なりの「ブリーチバイパスもどき」ですが、この設定は赤がどっしり重たく写すことができるもので、多用しています。
そんなわけで郵便ポストを撮りました。
DSC03012

なんやかんやしている間に、馬車道に出ました。
関内駅からまっすぐ馬車道駅方面に抜ける通りで、私としては雰囲気ある街灯が魅力です。
夜にも来たいんですよねえ。
この建物は神奈川県歴史博物館です。
DSC03022

以前の記事では換算85mmによる切り取りでしたのでどの部分だこれ?みたいな写真でしたが、
ワイコンを使って外観を収めました。
DSC03024

今回はこの辺で。
この先さらにみなとみらいに歩いて行きましたので、次回はその事を書こうと思っています。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC03017

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/01/14 Wed 20:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
ソニー渾身の新型デジタルカメラ「α7II」関連エントリです。
前々回・前回に続き、横浜ベイエリアを撮り歩いた時の写真を掲載してまいります。
みなとみらい線の日本大通り駅からスタートして大さん橋へ行きました。
今回はその続き、象の鼻パークから赤レンガ倉庫あたりまでを書きます。
DSC01313

使用したレンズはAマウント部隊、3本セットです。
Carl Zeiss Distagon T* 24mm F2ZA SSM
Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4ZA SSM
Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4ZA
この日は手持ち半分・三脚半分ぐらいの比率で撮り歩いたと思います。
前の記事でも書きましたが私はα7IIを手に入れてからの約3週間、
フルサイズEマウントのレンズを買い増ししたいという欲求と戦っておりました。
具体的には「16-35mm F4」と「70-200mm F4」が候補です。
ヨドバシで実物を見るたび、また、中井精也氏が出演したテレビ番組で使っているのを見ていても、
欲しいなあという思いが決定的に高まっていました。

が、今回の横浜歩きで、気持ちが変わりました。やっぱりF4ではツライですね。
私の主戦場は街の夜スナップです。私の事情としては(←これは充分に前置きしておこう)正直F2.8でも暗いと感じます。
マイクロフォーサーズにおいても、オリンパスレンズの優位性(大きさ・最短撮影距離)を承知しながらも、
結局少しでも明るい方を、ということでパナソニックレンズが主流になりつつある状況に至っています。
F2.8で1/8秒とか、ザラです。F4だと1/4秒ですよね。どう考えても厳しいかと。

というわけで、もうしばらく様子見します。もしかしたらもう少し明るい単焦点レンズが、広角域と中望遠域で出てくるかもしれない。
それを狙うことにします。
DSC01293

ピクチャープロファイルを使って撮った写真です。「PP1」だったと思います。
以前の記事でも書きましたが、ピクチャープロファイルは動画用の機能ではありますが写真撮影でも反映させることができます。
さすがの動画向けと言うべきか、適度に枯れた表現が可能でして、実は最近お気に入りだったりします。
DSC01305

「ピクチャープロファイル」は動画向けの機能ですので、使われる用語が普段聞き慣れないものが多いです。
プリセット7種類に加えてかなりのカスタマイズができますので、せっかくだから使いこなしたい。
ですので、せめて「用語のすり合わせ」だけでもやっておきたいなあと思い、こんな表を作りました。
写真の調整において、Photoshopでの主なパラメーターを基本に、
ピクチャープロファイルがどのような機能を持っているかを大まかに表したものです。
比較対象例として、オリンパス機の場合も付け加えて作ってみました。
ピクチャープロファイルは写真で使う場合、うまい具合に隙間を埋めてくれているのだなあと思いました。
Book1.xlsx

さて、大さん橋はそこそこに、先へ進みます。
先は長いぞお。
DSC01320

上の写真と2枚連続、並べてみると分かりますね。構図が見事にワンパターン(笑)いやここまで同じだとワラエナイ
まあそれでも良いのです。私は満足してます。
DSC01326

そんなこんなでやって来ました赤レンガ。
スケートリンクまだやってるんですね。かなりの賑いでした。
私はアイススケートは経験ありません。たぶんこれからも無いでしょう。
DSC01331

クリスマス時期には華やかに飾りつけられて、クリスマスマーケットで人出も多かった広場です。
2月のはじめに何かイベントやってましたよね、それまでのひととき、このようなだだっ広い雰囲気を味わいます。
DSC01332

今回はこの辺で。
赤レンガ倉庫に至るまでの道のりで、かなり寒くて身体も冷えてしまいました。
海沿いだったので風も強く「始終吹きっさらし」な感じです。もうちょっと防寒をしっかり対策しないといけないな。
でも負けずに進みます。次回横浜編最終回、みなとみらいです。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC01317

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/01/13 Tue 23:55 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
ソニー人気の新型デジタルカメラ「α7II」関連エントリです。
前回に続き、横浜ベイエリア夜景探訪編とまいります。
使用したレンズはAマウント部隊、3本セットです。
Carl Zeiss Distagon T* 24mm F2ZA SSM
Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4ZA SSM
Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4ZA
結論として、このシリーズの最後に書こうと思っていましたがやっぱり先に書きます。
16-35mm/F4も、70-200mm/F4も、真剣に購入検討していましたが、やっぱりいらない!
私の嗜好が夜撮りにあることが明白で、そんな中F4通しを買ってもしょうがない。
私には必要ない!Aマウントの明るい単焦点レンズ3本でこれだけ楽しかったら充分だ!
当面はレンズの増強は無いな、と思いました。ソニーさんFE85mmF1.8、無印でもいいからはよ。
そんなこんなで今回は大さん橋、イッテミヨー!
DSC01287

大さん橋は、風も強くてとても寒かったです。当たり前か。
私のようなこらえ性ない人間には厳しいですね。
連休の中日なのに見物人も少なく、撮影目的の私としてはそれはそれでありがたいことではあったのですが。
DSC01281

今回の主役は三脚です。
私は「夜撮り大好き!」と公言してはばからない人間ではありますが、その割に三脚はあまり使いません。
街中で三脚を立てて撮影することの反社会性に思いを馳せる、というのは大きいです。
が、それ以上に荷物を軽くしたい、フットワークは常に軽くありたい、という思いが強いというのが本音です。
ですが今回の横浜編の取材にあたっては、三脚を持ち出しました。
使用した三脚はベルボンの「UT-43Q」という小型軽量三脚です。
大丈夫です、リンク先はメーカーサイト紹介ページですから私には一銭も入りませんので、よろしければ見てみてください。
私は以前にスリックの「コンパクト2」という三脚を使用していて「これは良い!」と書いたことがありますが、多用が過ぎて、壊れました(笑
そして次に購入したのがベルボンUT-43Qというわけです。
この小型三脚は、「普段は手持ちで撮りたい、イザという時にそれなりに本格的に使いたい」と思っている方に対する、
決定打なのではないでしょうか。
ヨドバシ価格で15000~18000円ぐらいだったはずです。損はしませんので興味がある方はぜひ。
DSC01278

というわけで、私は実は三脚をそれほど頻繁に使っているわけではありません。
そんな私に思わぬ落とし穴!我ながら脇が甘かった、というエピソードとして書いておきますね。
大さん橋に上がってからの最初の何枚かが、このように揺れまくっていたのです。
何枚撮ってもこんな感じ。
DSC01272

大さん橋の床は木でできていて、人が歩くとコツコツと振動が伝わります。
だからそれが三脚を伝ってカメラが拾ってしまうんだろう、と思い、人がいない状況にして撮っても、やはり上の写真のように揺れます。
???
人が通らない時を狙って撮っている、もちろん私自身も動かない、それでもダメ。
どうしてだろう、と思っているうちに、そういえば、と気付きました。三脚使用時は、手ぶれ補正をOFFにするんでしたっけ。
でも今までのカメラ(ソニー・オリンパス・パナソニックを問わず)そんなことしたこと無いよなあ、
と思いつつ手ぶれ補正を切って撮りましたら、綺麗に撮れました(笑
やっぱり機材の特性はよくよく把握しておかねばなりませんね。良い経験になりました。
disると思ったろ!いつもいつも文句を垂れてるわけじゃないですから!フェアに見てるつもりです一応(笑
DSC01274

ここは雰囲気の良い場所ですね。
時々うるさいテンションが高い学生グループが通りますが、基本的に静かな場所です。
DSC01285

このように、ベイブリッジも眺めることができます。
前の記事でも書いたように、今回は三脚を立てて撮った写真はすべて「最小絞り」F22です。
それでもシャキっと写ります。α7II侮りがたし。
DSC01279

今回はこの辺で。
大さん橋で意外に長く時間を過ごしたもので身体がすっかり冷えてしまいましたが、写欲には火がついてしまいました。
日本大通り駅に戻ってみなとみらい線で帰ろう、と思っていましたが路線変更、みなとみらいを目指すことに。
よしよしさんすみません、ネタが被ってしまいました!
というわけで横浜編はもう少し続きます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC01269

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/01/12 Mon 15:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

ソニー人気の新型デジタルカメラ「α7II」関連エントリです。
何だかんだ言っていますが結局気に入って使っています。クリスマス以降、このカメラにしか触れていません(笑
シャッター数はどれぐらいになったかな?3500枚+動画30秒ぐらいのショットを30本ぐらいだと思います。
仕事で実戦投入していない割には、結構撮っていますね。私としてはハイペースです。
ただ、そのほとんどが東京駅近辺という(笑

ですので、今回からは横浜編です。ベイエリアを歩いてきた時の写真を数回に渡って集中連載します。
当ブログのことでもありますので、夜撮りです。
しかも今回は三脚使用を前提に歩いてきましたので、そのあたりのことを書ければいいなあと思っています。
DSC01257

使用したレンズはAマウント部隊、3本セットです。
Carl Zeiss Distagon T* 24mm F2ZA SSM
Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4ZA SSM
Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4ZA
広角&標準&中望遠、私の使用目的においては実にバランスの良い組み合わせだと思っています。
レンズキャップが72mmでお揃いという点も私のような「面倒くさがりのくせにレンズ交換は細かくやる人間」にとっては、
密かにありがたいポイントですね。
DSC01251

今回はみなとみらい線「日本大通り駅」で降りて、歩きました。
県庁のすぐ横に出ますので、ここからですと大さん橋や象の鼻パークも目と鼻の先です。鼻だけに。
DSC01241

マリンタワーが見えます。うちのブログではあまり登場しませんね。
山下公園・中華街・マリンタワーの一帯は、なぜかあまり行く機会がありません。
こんどガッツリ歩いてみることにします。
DSC01250

日本大通り駅を出ていくらも歩きません、駅前と言っていいと思います。
ちょっとおしゃれっぽい、私には敷居の高いお店がいくつか並んでいます。
ハイネケンの上に雪だるまが乗っかっていますね。
DSC01254

そこから大さん橋に向かって少し歩きますとペデストリアンの下をくぐります。
脇の小路を入っていきますと、冒頭の写真を撮ることができる撮影ポイントに出ます。
DSC01256

写真右側手前に見えますのがクイーンの塔こと横浜税関、左奥がキングの塔こと神奈川県庁です。
ココらへんの歴史は少し前にも触れましたが、幕末~明治をざっと見るだけでもけっこう面白いのでぜひ。
DSC01263

おお、見えてきた見えてきた。テンションが上がりますね。
少しはカメラの話もしておきますと、三脚を使用した写真と手持ちの写真が混在していますので分かりにくいかもしれませんが、
三脚使用の写真についてはすべて「F22」で撮っています。いわゆるひとつの最小絞りであります。
おいおい回折現象もちょっとは気にしろよバカタレが、とお思いの方もおられたかもしれません。
今回は「シャキッときれいな光芒を出してみたい」という気持ちを優先させました。
絞れば絞るほど光芒の長さが長くなりますので(シャッタースピードは関係ないですので、ノイズが気にならないなら高感度でもいい)
回折現象は覚悟の上でやってみました。てか、いつもと同じJPEG撮って出しですが、そんなに描写が甘くはないですよね。
と思ったらα7IIでは「回折現象低減処理」も行われているそうです。普段は開放バカですから見過ごしていました。
OM-D然り、最近のデジタルカメラは小絞りボケとか気にしなくてもよくなっているんですね。大したものです。
DSC01258

今回はこの辺で。
年が明けて初めての横浜編は次回も続きます。
私は普段街のスナップで三脚を使いませんので、ちょっと戸惑ったことがありました。そのあたりのことも書いていきます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m











今回の
撮影機材







このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/03/27 Thu 22:14 ソニーα
先日、ちょっと時間があり、横浜市内をすこし散歩してきました。
関内エリアなのですけれども、繁華街寄りではなく海寄りの官公庁街の方を歩いたのですが、
私の場合このあたりに来るのは夜であることが多く、とても新鮮な印象で歩くことができました。
伊勢佐木モールからスタートです。とてもよく晴れた、気持ちのよい日でした。
DSC05218

ちょっとコントラストを高めにして、ごちゃごちゃ感を出そうと意識しています。
街灯の雰囲気からしても、写真的にはここはやはり夜に来るべき場所だったかもしれません。
DSC05231

横浜スタジアムです。この公園は横浜公園だそうで。横浜づくしですね。
綺麗に咲いている桜がありましたので、それを絡めてこんな感じです。現地の雰囲気そのままだと思います。
DSC05099

それ、マンホール!歩いているうちに観光旅行気分が出てきて、思わず撮ってしまいました。
しかしこの写真をご覧いただくとお分かりいただける通り、マンホール撮りは簡単なようで難しいですね。この写真自体は微妙です。
真上から撮ること、向きを正面に捉えること、周囲の往来に気配りをすること、色々考えることはあります。
DSC05230

横浜三塔が立ち並ぶエリアに入ってきました。
こちらは横浜市開港記念会館、通称ジャックです(正式名称を覚えてないのでググりながら書いてる)。
信号待ちの際に、ド逆光の中見上げて撮ったのですが、えらくイキった写真になってしまいました(笑)
この建物を色々な角度から何枚も撮った中で、青のグラデーションがきれいだったので採用です。
コントラスト最大、ちょっと暗め
DSC05270

こちらは神奈川県庁本庁舎、通称キングです(正式名称を覚えてないので以下略)。
別に尻込みする理由もないのでしょうが敷地内に入るのがはばかられ、ジャックのように真下から見上げるようには撮れず。
何枚も撮った中で、日の丸がいちばんよく見えるので採用です。
DSC05278

こちらは横浜税関、通称クイーンです。どんどんぱん、どんどんぱん。
フレアやゴーストがあまり綺麗ではないという印象ですが、無印キットレンズだから仕方がない、のかな?
こういう状況ではアラが目立つ気がします。
DSC05296

と、こんな感じで赤レンガ方面に抜けて行きました。
しかし暑い日だったなあ。海沿いなのに風も弱くて、ちょっと汗ばむほどでした。
上でも書いたのですが、途中から不思議なことに旅行気分が出てきました。
不思議なものですね。これも横浜という街の力なのでしょうか。
DSC05299

ダラダラ歩いただけの記事なのですが次回後編です。
ネタは分割して記事数を稼ぐ、当ブログの常套手段であります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事