ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「鉄道博物館」
2009/04/20 Mon 21:44 ソニーα
大宮にある、鉄道博物館へ行ってきました。初めて行きました。
いつか行こうと思っていたので、念願叶った形になります。
オープン以来連日大盛況とのことだったのでちょっと気後れしていたのですが、
私が行った時間帯は夕方近くだったこともあり、日曜日なのに人出は少なかったように思います。

RFNDMDg0MDPa_g_enlargement.jpg

で、内容ですが。
いやあ、すごかったです。噂どおり。
私は世間的にはいい歳をしたおぢさんですが、展示されていた車両では、リアルタイムで乗った車両が「新幹線0系」と「東北新幹線200系」しかありません。すべてそれと同時期かそれ以前の車両でした。
実際に車両の中に入ることもできて、しかもシートに腰掛けることもできるのが非常にポイント高かったです。
「とき」のシートに腰掛けた時には、車両まわりが「新潟駅」を想定したようなセットになっていたこともあり、
そこに本来あるはずもない旅情を感じてしまいました。
やはり旅は鉄道に限ります(笑

RFNDMDgzNTHcBA_enlargement.jpg

鉄道博物館で旅情を感じた、というか、ノスタルジーを感じるのは、車両自体の懐かしさはもちろんのこと、その「ライティング」にも大きな要因があるように思います。
何と言うか、とても「情感のあるライティング」になるよう、工夫されているのです。
車両に乗り込むためのプラットホームに立ったとき、車両に写りこむ電球の色が、まるでその車両が生きているかのような輝きを放ちます。
私的にはそれに最大の感動を呼び起こされました。
その雰囲気を何とか写しこもうと頑張ったのですが、伝わっているでしょうか。

RFNDMDgzNTDbAw_enlargement.jpg

RFNDMDgyNjLdBA_enlargement.jpg

レンズはほぼ「16-35mm F2.8 ZA」で通しました。
望遠域が足りないなと思ったときに若干「24-70mm F2.8 ZA」を使いましたが、ワンポイントリリーフ程度です。
全て手持ち、露出を掴めた後はほぼマニュアルモードで露出を固定しました。

RFNDMDgyNzbiCg_enlargement.jpg

RFNDMDgzNzThCw_enlargement.jpg

帰りは宇都宮線で上野に出たのですが、
尾久の車両基地で、「北斗星」を見かけました。
出発準備に入っていた様子で、客車の室内灯が点灯されていました。
また、上野に到着した時には北斗星進入直前だったこともあり、13番線がとても賑わっていました。
入線してくるのを見届けようかとも思ったのですが、ゴールデンウィーク明けに乗る予定なので、
その時の感動が薄れないように、今回は待たずに上野駅を出ました。
来月が楽しみです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事