ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「道頓堀」
関西旅行2014年編、第六回となります。
第一回で、どこへ旅行するか、いや本当に行くのかと悩んだ末に東海道新幹線に乗り込んで名古屋に至り、
第二回で、短い滞在時間の中で名古屋駅前でブログネタを探ることを試みて、そして近鉄特急で大阪へ向かうところまで、
第三回で、近鉄難波駅に無事到着、そこから色々行って千日前に行き着くところまで、
第四回で、徐々に暮れ始めた頃に法善寺横丁に入り、その風情を楽しむところを、
第五回で、道頓堀にずらりと並ぶド派手なオブジェ看板の競演を、
駆け足ながら掲載してきました。
今回も道頓堀近辺の写真を掲載していきます。ネタは小出しに(笑)

戎橋筋の入口辺りを撮っています。
大阪ミナミの商店街はかずあれど、ここがいちばん人通りが多いのではないでしょうか。
高校時代とか、ゲームセンターに行くために南海難波駅前からずっと歩いてここまで来た記憶がよみがえってきます。
P9990209

橋のたもとのロッテリア、まだあるのか!
P9990201

この戎橋周辺で、ずっと同じ音楽が繰り返し流れておりまして、その曲がえらく格好良かったので、itunesなどで探しています。
誰もが知っている有名な曲ですからボーカル入りで聴けたのも私にとっては貴重でした。
流れていたアレンジが街の雰囲気に合っていて良いなあ欲しいなあと思い、有料無料問わず探しているのですが見つかりません。
ドラマか何かの挿入歌にもなったのかな?いやそれは無いか。私の探し方が甘いのかなあ。
曲自体はこちらです。Somebody Stole My Gal


大阪松竹座、ここにはよく映画を見に来たなあ。
ここで見た映画でいちばん記憶に残っているのはロッキー4ですね。それはもう凄まじい混雑でしたから。
今はリニューアルされて演劇を上演しているのですね。知りませんでした。
P9990206

道頓堀は環境が改善されて、飛び込んでも死なない程度に?水質も向上し、川沿いに遊歩道も整備されて過ごしやすくなっています。
私も遊歩道に降りてみます。戎橋の喧騒とはうってかわって人が少なく過ごしやすい場所となっています。
P9990208

つるされている提灯は「道頓堀川万灯祭」というライトアップイベントのものだそうです。
空がだんだん暗くなってきて、提灯が一斉に点灯されました。
今回の旅行では「ボケで遊ぶ」ということをほとんどしませんでしたが、ここではこのような撮り方もしてみました。
EM160032

有名なネオン看板を、川沿いから見上げてみます。
おおっ、派手だねえ!と思って撮っていたですがふと気付きました。グリコだけ点灯してない!
あわててぐぐってみましたところ、グリコの看板は「日没30分後に点灯」との事でした。
日没時刻はだいたい19時頃だったはずなので、点灯されるなら19:30だなと予測してそれまで待つことに。
P9990213

せっかく開いたネットだからと、ちょっと調べ物をしましたら、現在のグリコ看板は5代目で、近日中に撤去されるとの事。
現在の看板はネオンなんですよね。秋に6代目に切り替わるとの事なのですが、LEDになってしまうのでしょうか。
そんなこんなで待っていたら、19:25頃に点灯!
P9990225

ネオン看板は刻々と色が変わっていく演出がされますので、ひととおり撮ろうと思って少しの間ねばっていました。
そこでふと気付きました。グリコの看板も良いのですが、周囲の広告看板も踏まえて撮らねば。
というわけで、ネオン看板が多い中で唯一?内容が切り替わる液晶広告看板が「スーパー玉出」になる瞬間を狙ってきました。
結果グリコの演出がおとなしくなったタイミングだったのですが、まあこれはこれで良しとします(笑
P9990223

今回はこの辺で。
道頓堀の派手な雰囲気をもう少し押さえておきたいなあ、と後ろ髪を引かれる思いではありましたが、
この後の予定もあるということで移動再開しました。
まだまだ続きますよ!(笑
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
関西旅行2014年編、第五回となります。
第一回で、どこへ旅行するか、いや本当に行くのかと悩んだ末に東海道新幹線に乗り込んで名古屋に至り、
第二回で、短い滞在時間の中で名古屋駅前でブログネタを探ることを試みて、そして近鉄特急で大阪へ向かうところまで、
第三回で、近鉄難波駅に無事到着、そこから色々行って千日前に行き着くところまで、
第四回で、徐々に暮れ始めた頃に法善寺横丁に入り、その風情を楽しむところを、
駆け足ながら掲載してきました。
今回は千日前に隣接するこちらも大阪屈指の繁華街、道頓堀の様子を書きます。
大阪のみならず全国的に知られている風景も、この先出てくるかもしれません。出てこないかもしれません。

道頓堀といえば商店街のお店が争うようにオブジェ看板を出していることで有名です。
大阪のなかでもここまで派手なのは珍しいですね。異色のスポットと言えます。
ぴんとハサミを打ち振り上げて!活きのいいのが気に入った!キダ先生!
EM160022

づぼらや。てっちり!
私も(づぼらやではありませんでしたが)てっちりをいただいたことは何度かありますね。
連れて行ってもらったのであまり覚えていないのですが宗右衛門町だったような気がします。
ふぐ料理というと山口県とか福岡県が有名ですが、大阪でも名物なのです。
P9990185

道頓堀と言えば金龍ラーメン。ラーメンを普段ほとんど食べない私もこのお店には行ったことがあります。
EM160017

回転寿司のチェーン店も悪ノリして(笑)寿司オブジェです。
EM160013

ツルハドラッグの看板まで立体化されています。
道頓堀に出店するお店にとって看板のオブジェ化はお約束なのでしょうね。
P9990196

大阪王将も餃子のオブジェで対抗しています。
P9990198

老舗ばかりではありません、コナモンミュージアム、1階のたこ焼き屋さんにはくくるですね。行列ができていました。
P9990194

くいだおれ太郎!定番中の定番、ここまで来たらやはり外せません。
EM160012

道頓堀でカメラを取り出して看板をバシバシ撮っている人は意外に少なかったです。
法善寺横丁にはカメラ女子が何人もいたんですけどね~。やはり繁華街だと気後れするのでしょうか。
EM160018

今回はこの辺で。
看板を見上げて撮っていたものですから、今回はひときわ縦写真主体になっています。
普段はブログでの見栄えを考えて、縦に適した被写体でも横で撮るようにしていましたが、それにも限界があるのかなあと感じました。
画角を広げればすむ話というような単純なではないですね。何と言えばいいのか。
大阪旅行編はまだまだ続きます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事