ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「赤坂」
2015/09/05 Sat 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

●「続々・国家中枢そぞろ歩き」最終回です

5回に渡り続けてきたシリーズは、今回で完結となります。 日比谷見附をスタートし、桜田門から三宅坂へとのぼり、闇に佇む国立劇場をぐるりと見学した後、 246号青山通りを歩いて赤坂見附方面に向かいました。 途中、あまりの暗さ&記事に使えそうな写真をなかなか撮ることが出来ない焦燥感に心が折れまして、 泣きながら地下鉄で帰ろうとも思ったのですが、ここまで来たからには!と、一度行ってみたかったところに歩みを進めたのでありました。 行った所はホテルニューオータニ、昭和の名建築でありますが、今回はお泊りするわけではございません。

・歩道橋を上がって赤坂見附交差点を眺める

青山通りを赤坂見附方面に、緩やかに下る坂を歩いている途中で、歩道橋を見つけました。 歩道橋があったらのぼれ!穴があったら入れろ!がじっちゃんの教えでございます。なもので、早速上がって撮ってみました。 微妙に高い場所から見下ろせましたので、赤坂見附交差点がよく見えます。 あと、手すりにカメラを置いて撮る、無精者の私が用いる定番撮影術によって、何となく格好がついたなあと。 DSC03555

・紫に照らされる夜の弁慶堀

赤坂見附から四ツ谷に向かう上り坂、いわゆる紀ノ国坂沿いに、お堀があります。 今では途切れ途切れになっている江戸城外堀の名残りのひとつ「弁慶堀」であります。 と、さも私が以前から知っていたかのような書き出しですが、何の事はない先日の「続・国家中枢そぞろ歩き」で知ったばかりという(笑 以前に「四ツ谷→赤坂見附」と歩いた時には、ちょうどこの写真の奥に見えそで見えない、お堀の向こう側を歩いたのでした。 さて、それはともかく、写真がブレています。 かなり気をつけて撮っていたつもりですが、防げませんでした。 写真ではネオンが明るくてお堀に反射しきらびやかな印象に見えなくもないですが、実際のこの場所はまあ暗いこと暗いこと。 DSC03566

・ここにたどり着くまでに道に迷った

弁慶堀にかかる「弁慶橋」という橋を渡り、ホテルニューオータニに向かいます。 昭和30年代に開業した、当時日本最大の客室数を誇った超巨大ホテルであります。 来るべき東京オリンピックでの需要に対応するために建設されたのだそうで。 広大な敷地は前回も取り上げた「Goo 古地図」によると「井伊掃部頭(いいかもんのかみ)」とあります。 前回「三宅備前守の屋敷が現在の国立劇場」と書きました。 古地図によりますとその隣、現在でいう最高裁にあたる場所も「井伊掃部頭」とありますね。 掃部頭とは「かもんのかみ」、超意訳しますと御所のお掃除担当であります。まあ例によって形式上の事なのだろうとは思いますが。 この役職、江戸時代を通じて歴代井伊家が名乗っているようであります。井伊家と言えば彦根藩ですね。 まとめますと、 彦根藩上屋敷=現在の国会議事堂の真ん前、憲政記念館 彦根藩中屋敷=現在のホテルニューオータニ ということになります。 じゃあ下屋敷は現在で言うところの何処にあったんだろう、と思ったので検索してみましたらあっさり判明しました。 明治神宮だそうです。すげえな彦根藩。 それはそうとニューオータニ、私が初めて行ったからなのだろうとは思いますが、なかなかに複雑な構造をしていました。 四ツ谷側と赤坂側で、地形に高低差があるようでした。てか高低差あるよね。並行して紀ノ国坂なんてあるわけですし。 日本庭園がある、庭園は開放されていて宿泊者でなくても自由に入ることができる、との事で行ったのですけれども、 中心部にはホテルの建物を突破しないと入ることができません。 ホテルニューオータニは下層部が商業施設ですから出入りも自由、とは言えちょっと敷居が高いですね(笑 DSC03573

・都心の一等地に滝のある巨大日本庭園

建物の中で散々迷ってようやく庭園に出ることができました。 中の構造については今なお理解できていません。 検索する限りでは庭園に行く時に迷っている方が他にもおられるようですね。役に立つ記事を書ければよかったんですけど。 覚えているのは「赤坂側から入り、エスカレーターを上った」ことぐらいです。 行かれる方の健闘をお祈りします。 さて。思わぬ苦労をしてたどり着いた日本庭園でしたけれども。 噂通りの本格的なものでした。そりゃそうか、江戸時代から残っているものですものね。 滝なんかあるんですよ!やっぱり高低差があるんやな! DSC03568

・創業者大谷米太郎

銅像が立っていました。ニューオータニ創業者、大谷米太郎氏だそうです。 すらっとした体型ですけれど、若い頃はお相撲さんで、その縁もあって蔵前国技館の建設にも関わったのだとか。 DSC03582

・紀尾井町のランドマーク

ニューオータニと言えば紀尾井町、紀尾井町といえばニューオータニです。 この紀尾井町という町名が「紀州・尾張・井伊」の頭文字をとって付けられたものだ、というのは有名です。 紀州藩上屋敷だったところは朝鮮王家邸→赤坂プリンスホテルと変遷をたどり、 尾張藩中屋敷だったところには現在上智大学があります。 井伊藩中屋敷が今回採り上げているホテルニューオータニですね。 縦読みすると紀尾井町。 DSC03599

●今回はこの辺で。

記事にしてみるとけっこう見所あるじゃーん、などと手前味噌に思ってしまいましたが、 実際はこのエリア、距離は長いが夜だった上に歩道は街灯が少なく非常に撮りづらいエリアでした。 でも楽しかったですよ。名前には聞いたことがある建物がバカスカ立っていまして、それを眺めるだけでも幸せな気持ちになります(笑 国家中枢シリーズはこれでいったん終わりですが、ちょうど夏も終わって散歩しやすい気候になりつつありますので、 またどこかへ行ってみようかな、という気になりますね。その時はまたお付き合いください。 最後に、今回の経験でカメラの話をちょっとしますと、 これだけ暗いとマイクロフォーサーズではちょっと無理ですね。我が家で言うならαで行くしかないと思われます。 次回は別の話になります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC03596
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
ここ数回「続・国家中枢そぞろ歩き」と題してシリーズ記事を書いています。
四ツ谷駅を出て迎賓館前を撮りまくり、紀ノ国坂を下って赤坂見附に至る。
フーターズを横目に羨みながら着いたところは日枝神社。
真っ暗闇の中で写真を撮っていたら静寂を破るドラと大音声。
原発反対はいいけれど、赤ちゃんが泣きだしてしまうよ…と思っていたら8時ぴったりで音が鳴り止んだ、ああ節度は保っているわけね。
…と、そこまで書きました。
行った時期が5月の初旬、ゴールデンウィーク前です。2ヶ月近く前ですからさすがに当時の記憶も曖昧ですし、テンションも維持できていません。

思い出しながら書く記事というビハインドの中で、どれだけネタにできるか。
1枚目はこの写真です。この写真で私が伝えたかったのはただ一点です。電話しているビジネスマンではありませんよ。
溜池山王駅と国会議事堂前駅が同一駅扱いだった、という、今更ながらの事実であります。
EP510846

今回使用しているカメラは「オリンパス PEN E-P5」と「パナソニック LUMIX G 42.5mm F1.7」です。
E-P5については今更言うまでもないか。我が家でも最大の稼働率を誇るボディです。
パナソニック42.5mm F1.7は4月に発売された大口径単焦点、
ノクチクロンの廉価版という位置付けながら最短撮影距離を短く仕上げて独自の地位を確立したレンズであります。
換算85mmでスナップ写真、実は結構難しいのです。そう思ってるのは私だけかな?
EP510832

被写体を選び、あとはボカすつもりで背景にする。
上の写真と考え方は同じです。それゆえにワンパターンにもなります。
オレはようやくのぼりはじめたばかりだからな このはてしなく遠い男坂をよ… 未完!
EP510833

換算85mmで何か印象的なものを残さなくてはならない…
そう思って焦ったかのように撮ったのが、この写真です(笑
この後α7II+28mmに持ち替えて撮った写真は、前回に掲載しました。
EP510830

赤坂の地を、だらだらと歩きます。もはやスナップとも言えない状態ですが、片側3車線の道路の向こう側を撮るには換算85mmは便利です。
この景色を見ながら思いました。真夏の赤からオフってどうよ!?
EP510875

赤坂界隈は私が想像していたのとはちょっと違いまして、高低差が至る所に見られる場所でした。
普段山手線の東側で生活していると、こちらはどこまで行ってもフラットですから見落としがちになる視点です。
意外に「のぼったりくだったり」があります。油断していると汗をかきますよ。
EP510835

今回はこの辺で。
赤坂見附、というか溜池山王駅から銀座線に乗って帰宅しようと思っていたのですが考えをあらためまして、
せっかく四ツ谷からはるばる歩いてきたんだ、新橋まで歩いちゃる!という風にスイッチが入りました。
地図で見てみると結構距離がありますね。
普段は「駅から徒歩数分圏」しか撮り歩かない私としては、大冒険であります。


というわけで次回は溜池近辺から新橋駅に至るルートで撮った写真を掲載していくことになると思います。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EP510876

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/06/22 Mon 23:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
前々回・前回に続き「続・国家中枢そぞろ歩き」と題したシリーズとなります。
国家中枢、と書くとえらく大層に聞こえますよね。もちろんその効果を狙ってのネーミングです(笑
冗談はともかく、今回記事にしている赤坂周辺はまさしく「中枢感」がぎゅんぎゅんするエリアでした。
迎賓館に紀ノ国坂、くだって行ったら赤坂見附。今回はその辺りのエリアを撮り歩いています。
とにかく始めていきましょう。紀ノ国坂を下りきったあたりからスタートです。
DSC03199

赤坂見附に出ました。
今やビックカメラがあることで知られていますが以前はベルビー赤坂というおしゃれでハイソな商業施設でした。
ビックに変わったのはいつ頃だっけ?私はこの界隈に全く詳しくありませんので時系列で語ることができません。
DSC03211

ハイカラな場所だなー、と思いつつ、見上げながら歩く私。おのぼりさん丸出しです。
ふと、イルミネーションで飾られたエリアを見つけまして、しばらく戦ってみました。
この時期にイルミネーションに出会えるとは。年末に向けて練習という気持ちもありました、ほんと(笑
DSC03216

ふと見上げると、ビルの合間にお月様。
広角28mmではこれ以上大写しにできなかった、合成すればもっと印象的な写真になるのかもしれませんが、私はそれはしません。
DSC03231

赤坂見附の交差点だったと思います。
珍しい?歩道に穴のあいた鉄板が敷かれていて、これは何のためにあるんだろう??
DSC03207

ちょっと歩くと溜池山王、日枝神社の真ん前に出ます。
本当は寄り道するつもりはなかったのですが、せっかくなので夜撮りの一環として行ってみることにしました。
DSC03224

日枝神社、都内有数の神社なんですけど私が行ったのは19時30分ぐらいだったか?既に閉まっていて中に入ることはできませんでした。
ライトアップも控え目で、この時この場所にいたのは私ひとり。
ひとりでさして照明も無い神社をパシパシ撮らせてもらっていましたら、神社の関係者らしき人が出てきてこちらを見ているのかいないのか。
ちょうどこの時期神社に油を撒かれる事件が世間を騒がせていましたので、私がそっち系の人なのかと思われたのかもしれません。
お騒がせしました、ただのスナップ写真愛好家でしたm(_ _)m
DSC03233

今回はこの辺で。
行った時期は5月初旬でした。
ちょうど日枝神社を撮り終えて移動しようかと思っていた時分に、どこからともなく太鼓の音が聞こえてきました。
おお、ゴールデンウィーク間近の平日にお祭りとは珍しいな、どこでやってるんだ?
…と最初は思ったのですが、どうも様子が違う。
よくよくその音に聞き耳をたててみますと、何だかリズムに合わせて声が聞こえます。
どうやら首相官邸前でしたか?デモの音声が日枝神社まで聞こえてくるようなのです。当時私が現地でツイートしたものです。


時刻は既に19時を回り小さな子供は寝かしつけようかという時間です。それなのにこれはいかんだろ。主義主張はともかく、自制せいよ
…と思っていたのですが、20時でその騒々しいドラがピタリと鳴り止み、静かな雰囲気が戻ってきました。
反原発派も意外に自制が効くのだな、というのがその時の正直な感想でした。あるいはガス抜きでやらせてるってことか?知らんけど。
私は必ずしも原発賛成ではありません(過去にも書いてます。いわば「どうでもいいから上手くやってくれ派」です)が、
反原発派の活動を見ていますとどうしてもそれに共感できないんですよね。
私は民主党政権時代に行われていた大飯原発再稼働反対デモに自身で行ったことがあります。
大飯原発再稼働反対デモ@オリンパス OM-D E-M5
どうも「個の連帯」というより、特定の組織が主体的に関わっている印象で、私は違和感を感じたものでした。
これは別に悪口ではないですよ。政党の街宣で動員がかかっているのがあからさまな時などに似た感覚です。「蚊帳の外」感っていうのかな。
まあこの話はいいや、膨らませるつもりはありません。当ブログは写真ブログであります。皆様の持論はよろしいようにお持ちください。
日本が不当に貶められることなく、むしゅめが健やかに育っていける国であり続けてくれれば、私はそれでいいのであります。

次回はこの続きになるような気がします。ストック全放出中でございます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC03232

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/06/21 Sun 23:55 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
前回に続き、「続・国家中枢そぞろ歩き」と銘打ちまして、都内中心部を歩いた時の写真を掲載していきます。
東京には俗に「都心3区」と呼ばれる地域があります。
すなわち足立区・荒川区・台東区という23区屈指の治安が悪いと言われる(私も住んでいる)城東3区のこと
…ではなく、もちろん千代田区・中央区・港区の3区であります。

富裕層が居住し、行政施設が立ち並び、交差点ごとに警察官が常駐するイメージ(イメージですよ)、
さすがに私の収入ではここに住むことは不可能、写真を撮り歩くのが精一杯です。
当ブログはたまたま偶然この都心三区を主要な被写体として撮り歩いていますが、別に金持ち臭に吸い寄せられたというわけではなく(笑

本物の都心中枢ですのでそれなりに歴史もあり、撮り歩いていて次から次へと被写体が降ってくる感覚が、
まさしくネタの宝庫と言うべき環境なのだなと歩いていて感じるのであります。

これを書くと反論が来るかもしれませんが、現在放送されている「ブラタモリ」がいまひとつ面白くないのです。
その「ネタが山ほどある感覚」が足りないのではないか、もともと歴史的遺産など希薄なところを無理にネタを探しているのではないか?
無理矢理高低差があるところを捻り出して、その理由をタモリにクイズして当てさせているだけではないか?
などと考えてしまいます。それがブラタモリの本質か?もうちょっと考えたほうがいい。
東京だけとは言いませんが、京都大阪あたりを集中的に回っていればもう少し面白くなったのではないか?とすら思います。

今やってるブラタモリは、かつてのブラタモリと違う。
仕事が終わって帰宅してひっそりとビールとおつまみを用意しテレビの前に待機、
やってくる22時「テケテケテケテケテケ、ヒアウィーゴー」おおー始まったよ始まったよ今回はどこ行くの!?というあの感覚は何処へ?

まあブラタモリの話は今はいいや。本題に戻ります。
前回「PEN E-P5 + 42.5mm F1.7」で撮った赤坂迎賓館周辺を、今回は「α7II + FE28mm F2」で撮ったものを掲載します。
DSC03172

ほぼ同時期(一週間ずれぐらいでしたか)でゲットした2本のレンズ、「パナソニック LUMIX G 42.5mm F1.7」と「ソニー FE 28mm F2」、
ボディごと同時に持ち歩いておりました。結果、同じ所を別の切り口で収めることができたような気がします。
前回は中望遠画角を掲載しました、今回は同じ場所を広角で攻めていきます。
若葉東公園の風景です。時刻は18時過ぎだったような?
DSC03170

それに先立って、四ツ谷駅近辺も散策しています。
が、いわゆるひとつの「四谷見附跡」がどこにあるか分かりませんでした。
嗚呼事前調査無しで乗り込むことの悲哀ここにあり(笑
私にとっては時々利用するスタジオが新宿御苑前駅近辺に集中しているから四ツ谷で乗り換える、ぐらいの認識なんですよね。
一歩駅の外を出てしまうとまったく土地勘が無いという。
DSC03154

四ツ谷駅から迎賓館方面への道は人通りが極端に少なくて、駅前の騒々しさから考えると別世界と言っても過言ではありません。
散歩もしくはジョギングルートとして良いのでしょうね、そういう人達が時々見られる程度です。
DSC03162

迎賓館前です。
普段は門もぴったり閉ざされていて非公開、ですから観光客が寄り付くばしょというわけでもありません。
私達のような街スナップ系の物好きか、そうでなければ本当に地元の人が散歩しているか、それぐらいです。
DSC03183

迎賓館脇の坂「紀ノ国坂」をくだっていきます。次回はこの先「赤坂」の記事になると思います。
写真左の丸っこいビルはニューオータニですね。そちらもこの先記事にする予定です。
DSC03191

赤坂迎賓館がある土地がもともと紀州藩の中屋敷だったことには、前回少し触れました。
今はその名残のようなものは外観上は私のレベルではまったく分かりませんけれども、この門は間違いなく名残だろ(笑
皇居=江戸城に面した方向に用意された門ですから、あるいはお殿様はここから登城していたのかもしれません。
DSC03189

今回はこの辺で。
迎賓館の近所でツラツラ撮った写真だけですが、これだけ多様な顔を見せてくれます。
この先進んでいくとどれだけのネタを集めることができるやら!?これぞ国家中枢の醍醐味と言うべきか。
というわけで次回はこの続きで撮った写真を掲載する予定です。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC03176

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
久々のマイクロフォーサーズ関連記事となります。
写真を撮りに行ったのは1ヶ月ぐらい前になるかと思います。当ブログとしてはかなり「寝かせた」記事ですね。
ですので、記憶をたどりながら書いています(笑)やっぱり撮りたてホヤホヤでないと文章は出てきませんなー

以前に「国家中枢そぞろ歩き」と題して、霞ヶ関界隈を歩いたという記事を連載しました。
国家中枢そぞろ歩き その1 日比谷は昔海だった
国家中枢そぞろ歩き その2 霞ヶ関をかすりながら
国家中枢そぞろ歩き その3 モノホンの国家中枢
今回はそのシリーズ続編となります。行った所はこちら、赤坂の迎賓館付近です。もちろん門の外から撮るだけですが(笑
EP510804

赤坂?元赤坂?私は詳しくないのですが、迎賓館付近に電車で行こうと思った場合、最寄駅は四ツ谷となります。
この記事を書く段階になって初めて気付いたのですが、地名は「四谷」、駅名は「四ツ谷」なんですね。
西宮と西ノ宮、丸の内と丸ノ内、ていうのと似た感じかな?地名は改称するが交通機関はそれに合わせて改名はしない…
とここまで書き進めて初めて気付きました。地名で「ノ」の字を使わなくなる傾向があるってことなのではないか?
そして今この瞬間脈絡無く気付きました!霞ヶ関ではなく、正しくは霞が関だ!こんど直しとこ
EP510803

四ツ谷駅から5分ほど歩きますと、迎賓館が見えてきます。
正門の前には「若葉東公園」というちょっとした公園がありまして、迎賓館と一体化したかのような雰囲気になっています。
大きな道路に挟まれた場所で、夕方日暮れ間際ということもあるのでしょう、人は少な目で時折散歩やジョギングする人が通り掛かる程度です。
EP510817

公園の街灯です。こちらも迎賓館と統一性を意識したデザインのようです。
よく見たら菊の御紋が入っていますね。花びらが少なめ、なのかな?
EP510809

花壇にはパンジーが咲いていました。二輪並んでパンパンジーです。
パナソニック42.5mm F1.7の「最短撮影距離31cm」というメリットを利用して、背景をまるっとボカす力技であります。
EP510813

噴水です。シャッタースピードを遅くして、だけどぶれてないのはオリンパス機の力です。
今回持ち出しているカメラはPEN E-P5、発売されて約2年経過しましたが我が家では今なおバリバリ現役、出動の頻度も高いボディです。
EP510807

そして迎賓館。公園で色々撮っているうちに日が暮れてしまいました(笑
門にレンズの先っちょだけ入れて撮りました。照明がありませんのでこれ以上は難しいなー
EP510819

この赤坂迎賓館がある場所は、もともと紀州藩中屋敷だったそうです。めちゃ広いですね。
迎賓館正面からはそれを想像させる雰囲気は微塵もないのですが、
迎賓館の脇をゆるやかにくだっていく坂沿いに、こんな門がありました。
換算85mmで撮っているので外観をワイドに眺められなかったのは残念無念
EP510824

今回はこの辺で。
この、四谷からお堀沿いにくだっていく坂を「紀之国坂」というそうですが、その別名が「赤坂」、
この坂の下った先、赤坂の地名の由来なのだそうです。
次回はそちら方面の話を書ければなあと思っています。
EP510823

オリンパスE-P5とパナソニック42.5mm F1.7の組み合わせ一本勝負で往く国家中枢編は次回も続きます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事