ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「表参道」

クリスマスイルミネーションシリーズ、いよいよ佳境かな?

皆様メリークリスマス! クリスマスイルミネーションシリーズ、今日がクライマックスですよね? というわけで表参道編をお送りしています。 当ブログ恒例の企画として「クリスマスイブの夜に、表参道イルミネーションを撮り歩き、それを即日記事にする」というものがあり、 12/24および12/25というクリスマスのピークにそれを掲載する、 今年もそれに従った、ということであります。 こういうことは「マンネリ」が良い、という見方に私も同意見でありまして。 常に新たなシーンを切り開く努力が必要な一方で、「毎年ここは押さえておく」という意識もまた、意外に大事なのだと私個人的には思っております。 P1060795

年に一度行く表参道の景色

表参道を歩いています。 端っこの車道をひとつつぶして歩道にする、これは良策ですね。一本!であります。 路駐を撃退し、かつ、歩道に余裕をもたせ、また、やり方によっては自転車も排除できるかもしれません。 小さい子供がサンタのコスプレをしてよちよち歩道を歩いていましたが、 自動車や自転車を排除することで、そういった方々を守ることもできるかもしれません。 P1060815 表参道ヒルズの隣、てか敷地内ですけれども、元同潤会アパートを商業施設化した建物(名称は知らん→検索した「同潤館」と言うらしい)は毎年撮らせていただいておりまして。 例年カウントダウン(クリスマスまであとx日!みたいな)が示されていたんですが今年はそれがありませんでした。 ちょっと、残念だなあ。 それで思い出した!「我妻さんは俺のヨメ」今更ながら面白いですね。 団塊ジュニアのちょっとマニアックな世代にはドンピシャだと思いました。 そのうちブログで触れるかも。 P1060810 アニヴェルセルだったと思います。ショーウィンドウを撮らせていただいたものです。 なんとなくクリスマス感があるかな、と。 P1060828

ズーム一本、という決断

単焦点派の私ではありますが、今回の表参道編では、一本のズームレンズを携行し、すべての写真をそれで撮りました。 パナソニック「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8」であります。 私は表参道に不慣れです。何といっても「年に1回」しか訪れませんので。 ですので、「ここでこの画角が欲しい」というような感覚が育っていないのです。 銀座ですと「ここでこの画角、この場所で人の流れに迷惑をかけずにレンズ交換」というような判断がききますが、 混雑している表参道だとそうもいきません。 結果毎年苦戦しています。そんな中で「これは頑張ったなあ」という写真も撮れるのですが、それはやはり努力の成果でしょうね。 一生懸命考えて、苦労してレンズを取り換えて撮る。その結果は出てはいるのですが、もうちょっと手軽に何とかならんかな、と。 で、今年はズーム1本で出かけたわけです。 結果「やっぱり単焦点の方が良かった」と思ったという(笑 まあ、また来年挑みますよ。こんどはαで行くことにします。 それはともかく、表参道ヒルズです。 ここは毎年綺麗ですね。人だかりができてます。 P1060805 正直申しまして、明るさ的にもボケ的にも「どうなのかな?」と思いながら使っているのですけれども、 頑張ればこのぐらいは何とかなるのですね。 構図は私のワンパターンにはまっていてアピールする部分は無いんですけれども、 ボケ方や明るさなど、それなりに役割を果たしてくれているなあとは感じました。 P1060829

今回はこの辺で。

パナ12-35/2.8についてもう少し。 じつはこれは私の人生で最も多く使用した「ズーム」レンズです。 ソニーα・Aマウントから始まった私のカメラライフですが、早々に単焦点にシフトしまして現在に至ります。 可搬性など、さまざまな要素があったのでしょうね、結局ズームレンズとしてはこの一本だけが残りました。 え?7-14や40-150はどうした、って?そりゃあもちろん大切ですよ。 でも、「ズーム1本で出撃する時」には、やはりこれかなあ。まあ主観ですけどね。 表参道編はここまでです。次回は横浜編に戻る予定です。 ともあれこれをご覧の皆様、メリークリスマス! またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1060778
今回の
撮影機材
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

クリスマスイルミネーションシリーズ、いよいよ佳境かな?

長らく続けてまいりました当ブログ恒例・クリスマスイルミネーションシリーズ。 今日が本番、いえあの本番ではなくてですね。 べつに「クリスマスイブの夜だからみんな今頃槍魔栗三助なんだろ?」とかそんなことを言っているのではないですよ? そんな聖なる夜にお届けしますのは表参道イルミネーション。 横浜編はいったんお休みです。 P1060769

年に一度行く表参道の景色

ここ数年のことではありますが、私は「クリスマスイブには表参道イルミネーションを撮りに行く」という習慣が出来上がりました。 正直申しましてお金は落としません。てか、落とせません。撮るだけです。 しかしきっと表参道の商店会の皆様は笑って許してくださるであろう! え?ダメ? P1060764 表参道のお店はどちらも洒落ていて、私のような人間が入れるようなところはありません。 かろうじて写真に収めさせていただくんですけれども、やっぱり気後れっていうんですかね、そういう気持ちはありますね。 P1060774 原宿の東急プラザ、入口のツリーを撮りました。 これは失敗したねえ。ピントを手前のクリスマスツリーに合わせていますが、ここは奥のミラー天井に合わせるべきでした。 これでは「ただのクリスマスツリーの写真」ですね。まあそれでもいいんでしょうけど、ここは来年リベンジです。今年はもういい。 P1060766 クリスマス本番のこの時期、歩道から人があふれるのでしょうね、車道をひとつ潰して歩道にしているようです。 私もそこを歩いてみましたがこれは写真を撮ろうという身分にとっては良いですね。やりやすい。 どのみち路駐でつぶれる車線です、歩道にしてしまうのは大いにアリでしょうね。素晴らしい。 ただ、お店からは離れたところを歩くことになりますから、利用する人は少ないんですけどね(笑 P1060772 モノクロで撮りました。嘘です。普通に撮ったものを、自宅でモノクロ化しました。 ピントも合わせきれず、構図もテキトーな写真をアーティスティックに仕立てるために、モノクロ化したのです。 こういう誘惑があるから「後処理でモノクロ化」なんてのは悪手中の悪手だと思うのです。私にとってはね。他人は知らん ダメ写真を後から小手先の細工でなんとかしよう、などという考え方で上達するわけがない。 P1060779 と言いつつもう1枚モノクロ化してしまうんですけどね。 これは麻薬だな。もはや写真ではない、画像処理だ。私にとっては別分野の話になってくる。 結局アートフィルターも「お遊び」程度の用途に収めていたのも、そういう思いがあったのでしょうね。 ここ半年オリンパス機を使っていませんから、もう感覚が無いんですけれども(笑 P1060786

今回はこの辺で。

今年の表参道編は、いや、例年表参道編では自らを色々振り返り、考え込むことが多いのです。 何と言いますか、難しいんですよね。 丸の内や銀座、恵比寿、六本木と違って、毎年ものすごく苦労します。 それはなぜなのか、対策はあるのか、みたいな話を、街スナップの話を絡めて次回後編にしたいと思うんですけど、 気分次第です。さらっと終わるかもしれません(笑 表参道の撮り歩きは楽しいですよ。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1060767
今回の
撮影機材
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

●クリスマスイブの表参道に、パナソニックGX8を携えて撮りに行ってきました。

2015年度クリスマスイルミネーション撮影編、ついに最終回でございます。 この1か月半ほどの間、ひたすらクリスマス写真を掲載してきたわけですがそれも今回でおしまい! …とはならず、たぶん年を越してもちょくちょく記事にするような気がしますがそれはそれ、とにかく今回で一区切りであります。 クリスマスイブの夜に表参道に出撃して撮ってきた写真を、前回に続いて掲載いたします。 P1000448

・表参道ヒルズの巨大吹き抜け空間

今回の主役は、写真の枚数的には「表参道ヒルズ」になりそうです。 普段は行く機会がないスポットですがこんな時には「さも常連であるかのような顔をして」入っていくのであります。 んでもって、中央部分の吹き抜けゾーンを撮らせていただく、と。 P1000430 入り口近くで並べられていた「クリスマス的な飾りつけを伴った雑貨」の展示です。 ウェディングがどうの、って掲示があったようですので、もしかしたら引き出物か何かだったのかもしれません。高価な引き出物ですね。 P1000436 同じところに並んでいた、こちらはアロマキャンドルのようです。 このようにしてディスプレイされると、何やら特別高級なものに見えます。ちょっと調べてみたら4~5000円もするそうで。 P1000439 記事冒頭の写真は、表参道ヒルズの一部としてお店が入居している同潤会アパートの一部分です。 …と、ネットで検索してみましたら「外観が再現された」とありますので厳密には「同潤会アパートらしき別物」なのですね。 知りませんでした。 P1000451

・おしゃれゾーンの真価を捉えられるか

表参道ヒルズの建物を出まして、表参道駅方面に歩きます。 オープンスタイルで営業しているアニヴェルセルのカフェ、その店頭に大きなクリスマスツリーが立っていまして、 目を惹かれたもので、撮らせていただきました。 P1000488 テッドベーカーというロンドンのブランドのお店だそうです。入口に犬がいるお店です。 私には縁が無さそうだ!せめてショーウィンドウだけでも!ショーウィンドウだけでもぉぉぉ! P1000493 ショッピングを終えてタクシーを探しているところでしょうか、よく分かりませんがとにかく。 後ろ姿が主役で、向こう側がイルミネーションで染め上げられている様子を撮りたかったのであります。 P1000479 この記事が掲載される頃には2015年度の表参道イルミネーションは終了しています。 来年も行くぞ!せっかく定番化したのですからまた、クリスマスイブに行きたいなあと思っています。 P1000410

・今回はこの辺で。

というわけで、クリスマスイルミネーション撮影シリーズはいったん完結となります。 長々と似たような写真を掲載してきましたが、これぐらいやらないと「当ブログの名物企画」というインパクトはありませんので(笑 来年もこんな感じでやります。どうぞよろしくお願いいたします。 次回から年内一杯は「当ブログの2015年まとめ」を掲載してまいります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1000457
今回の
撮影機材


このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

●クリスマスイブの表参道に、パナソニックGX8を携えて撮りに行ってきました。

2015年度クリスマスイルミネーション撮影編、第38弾となります。 先日12月24日、泣く子も黙るクリスマスイブの夜に、表参道に行ってまいりました。 ここ数年、私のイルミネーション撮影スケジュールとしてh、12月24日の夜には表参道イルミネーションを撮りに行くというのが定着しました。 ここは私は20代の頃からクリスマスイルミネーションが行われておりまして、途中中断時期もあったものの現在は毎年開催、 安定した人気を誇るイベントです。
LINE Presents 表参道イルミネーション 2015
場所的にも日にち的にもアベックだらけのいわば「敵地潜入」のようにも思われますが私個人的にはむしろ豊かな漁場のイメージでして(笑 街の景色であれそこを歩く人であれ、モチーフには事欠かないスポットだと思っています。 P1000379

・名物ケヤキ並木

表参道と言えばケヤキ並木。イルミネーションが一時開催されなかたのもそのケヤキを保護するためもあったという話です。 様々な事情で中止され、そして再開されたイルミネーションイベントであります。
花火は中止でもイルミネーションは盛んな理由 - Excite Bit コネタ(1/2)
LED(発光ダイオード)の採用によって、かつての豆電球よりも、発熱量・消費電力量を抑えることができ、また、LEDの取付方法を枝に巻くのではなく、添わせるように設置することで、けやきの木への負担を軽減し ...
P1000394 ケヤキイルミネーションと、それぞれの店頭のクリスマス装飾との相乗効果ですね。 表参道ではこういう写真を撮りたかった。ですので今回はご覧のとおり対角魚眼「LUMIX G FISHEYE 8mm F3.5」を持ち出しました。 P1000386 今回は「人の後姿をモチーフに」というのは控えめです。 基本的に立ち止まる人が少ない場所ですので狙いきれませんでした。 モノクロにしたのは「パナソニックのモノクロモード」を久し振りに味わいたかったのと、後日への伏線であります(笑 P1000407 落書き?ステッカー?よくわかりませんが、そういうのとイルミネーションの光を組み合わせてみました。 べ、別にネタ切れってわけじゃ(略 P1000401

・ショーウィンドウ撮りもちゃっかりと

マネキンばかりでなく、今回は「たまには別の雰囲気で」押さえてみました。 「あ、このお店知ってる!」って思われる方もいらっしゃるでしょうね。私はまったく詳しくありません(笑 P1000399 チェロとラッパです。かなり大きなものですね。 どこをどのように切り取ろうか、悩むところであります。 全部を収めようと広角を使うと説明的過ぎますし、何も考えずに大写しするだけでは「なんじゃこりゃあ」となります。 この写真が正しい!などとはカケラも思っておりません、苦戦しました。 皆様ならどのように切り取られますか。 P1000404 この類のディスプレイは比較的楽に撮ることができます。 使用したレンズは「LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4」換算50mmのいわゆるひとつの標準画角であります。 ショーウィンドウの中にありますから当然ながらガラスに阻まれて近寄ることができません。街中ですから角度をつけるにも限界があります。 となりますと自ずと構図は決まってきます。そこでどのように尖がった写真を撮ることができるか。 この写真は尖ってませんけど(笑)スミマセン P1000403

・今回はこの辺で。

今回から「shareHTML」というブックマークレットを使用させていただくことにいたしました。 年末まとめ記事に入る前にちょっぴり見栄えを良くする方法を取り入れたい、というスケベ心がむくむくと(笑 次回はクリスマスイルミネーション完結編、表参道の続きとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1000499
今回の
撮影機材


このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/12/27 Sat 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
前回に続き表参道イルミネーションの写真を掲載してまいります。
表参道編の最終回であると同時に、2014年度クリスマスシリーズの完結編ともなります。
どうせ積み残しが発生するだろう、とも思うのですが(笑
CP+あたりまではイルミネーション写真が断続的に掲載されることもあるかと思います。
その折にはまたお付き合いくださいませ。

さて。表参道。
前回のゾナーこと「Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA」では、表参道ヒルズの周囲をメインに戦いました。
それなりに枚数を撮ったところでそろそろ移動、その前に…と、レンズ交換です。
3本持ち出していた最後の1本「Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4ZA SSM」です。
このレンズを取り付けて、表参道駅まで歩きました。
DSC00456

やっぱりマネキンを見ると撮ってしまうんですよね。
24mm、135mm、そして今回の50mmと、マネキンをそれぞれ撮ったことになりますが、
画角ごとの捉え方がやはり違うものだなあと今更ながらに感じます。
DSC00437

表参道ヒルズから表参道駅にかけては、私でも名前を知っているような有名ブランドのお店が並ぶエリアです。
そんな中でひときわ華やかな雰囲気の
DSC00393

135mmで通行人をモチーフにしますと、撮り方にもよりますがかなりデカデカと存在感が出てしまいます。
50mmですと周辺の風景も適度に取り込めますね。
DSC00398

逆に、全体を捉えたい時にそれが出来ない、ということもあります。
自分が下る(遠ざかる)ことが難しい状況などですね。
それはそうとこのクリスマスツリー、よく見たら飾りがペットボトル?
DSC00430

今回唯一モノクロで撮影した写真です。
Flickrの機能で、ちょっぴり明るくしました。
DSC00385

思い切り近寄って、いったい何を撮っているんだかさっぱり分からない、という撮り方も出来なくはないですね。
ショーウィンドウの中の、ツリー状の飾りをぼかして撮りました。
DSC00424

というわけで表参道駅までたどり着きました。
ここらでもうちょっと撮り足してから、銀座線に乗って帰宅したというのが、私のクリスマスイブの夜でありました。
DSC00447

今回はこの辺で。
昨年はα7Rで出撃した表参道に、今年はα7IIで出撃した、ちょっと感慨深いものがあります。
来年はまた別のカメラで乗り込むことになるのでしょうか。そんな買い増しペースがいつまでも続くはずがなく、
そろそろ抑えていかないと…と思いつつも手を出してしまうのは性分なのでしょうね。
そんなα7IIを実際に使ってのファーストインプレッションは、次回掲載する予定です。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC00427

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/12/26 Fri 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
我が家の最新鋭機材・α7IIとともに出撃したクリスマスイブの表参道イルミネーション写真を掲載しています。
α7三兄弟に比べてα7IIはボディが少々ゴツい、ということは発売後に小売店店頭の展示機を見て感じた印象でした。
実際には見た目以上の差があるように錯覚してしまいます。もはや小型軽量とは言えないなこれは。
ましてや今回の表参道編では泣く子も黙るトランスルーセントマウントアダプター「LA-EA4」を付けっ放しにしてAマウントレンズで運用、
ましては今回の記事で登場するのはゾナーこと「Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA」、
この組み合わせですと、もうα99を持ち歩いているのと体感的には変わらないほどだ、と言っていいでしょう(笑
DSC00355

明治神宮前駅からスタートして、まずは24mmディスタゴンを装着して歩きました。
表参道ヒルズに至ったらレンズ交換しよう、と決めていまして、取り替えましたのがゾナーというわけです。
昨年、やはりクリスマスイブに表参道を攻略しようと試みて、見事に玉砕したのは良い思い出です。
ですから今年はリベンジしちゃる!と決意して乗り込んだのでした。いわばこれからが本番というわけです。
DSC00357

表参道ヒルズの前では、例年記念撮影用のツリーが用意されるのですね。
昨年それがあるのに気付き、今年も何かあるのかな、と思ったらありました、しかもまったく違うものが。
こういうのはたいてい「毎年同じものを押し入れから引っ張り出した」かのような場所が多いのですが、
こちらは綺麗だし目新しいし、とても印象深かったです。
DSC00350

ショーウィンドウ越しにマネキンを撮るのは私としてはオススメなんですけどね、あまりいませんね。
ガラスに映る背後のイルミネーションがボケてくれて、華やかな印象を加える隠し味となります。隠してないか。
DSC00346

こうやって道行くアベックを盗撮後ろ姿を風景に落としこむことをさせていただいているのですが、
腕を組んでいたり、手をつないでいたり、あるいはちょっと間を空けて歩いていたり、その隙間の広さ狭さなど、
お二人の関係性を想像させる余地を写真で表現できているかどうか。難しいですかね。
DSC00330

裏通り、と書くと失礼にあたりますかね、表参道ヒルズの向こう側にある新潟県ショップの雪だるまです。
昨年は雪だるまが本物だったような記憶がありますがどうだったっけ。
かまくらに本物の雪を使い、雪だるまはイルミネーションとなっています。熱が出ないLEDならでは、かもしれませんね。
DSC00376

今年の表参道イルミネーションの協賛はペリエみたいですね、ということを書きました。
その割にペリエ色がぜんぜん出てない、さすが奥ゆかしいなあと思っていましたら、ありましたペリエツリー。
ペリエのボトルを積み上げて、緑色のクリスマスツリーをイメージしたわけですが、この時のレンズは135mm。
24mmに取り替えたい!ペリエツリーを見上げて撮りたい!と思ったのですがグッと我慢して中望遠なりの撮り方だけで帰ってきました。
DSC00375

なんとかいう名前のフレーバーポップコーンに行列ができていました。
ポップコーン、流行しつつあるのかな?最近いろんな所で見ますね。
DSC00365

今回はこの辺で。
表参道ヒルズ周辺を135mmで撮り歩きました。昨年より手応えアリです。
もちろん世間の評価は分かりません。自分が満足できれば良いのであります。
次回はさらにレンズを交換した後の写真、3本目のレンズでの激闘っぷりをご覧いただきたく思います。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC00359

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/12/24 Wed 23:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

前回予告しましたとおり、クリスマスイブは表参道の撮影で過ごしてきました。
撮れたてほやほやの写真を掲載しています。
DSC00309

仕事がうまいこと定時で上がれましたので、スタート地点たる明治神宮前駅には18:30頃に到着できました。
昨年同じことをやった時には「表参道人多いな、東京すげえ」と思ったものですが、
今年は行った時間が早かったこともあるのでしょう、混雑していながらも多少の余裕がありました。
DSC00287

さっそく明治通りを渡って表参道へ…と思ったのですがふと横を見るとラフォーレがとても華やかでしたので、
思わず駆け寄ってパシパシと撮ってしまいました。
DSC00293

表参道のイルミネーションはシャンパンゴールド一色です。多少の例外はありますけども。
ですので、このような青い写真は私の視点では実は貴重だったりします。
DSC00305

今年の表参道イルミネーションはペリエ協賛のようですね。
ペリエといえば緑、だけどぜんぜん緑じゃないやい!と思っていましたが、次の記事あたりでガッツリ登場しますのでそこんとこよろしく
DSC00314

脇の道、おしゃれなお店がいっぱいの通りなのですが、地面に道沿いにキャンドルがずらりと並べられていました。
いや、キャンドルに見せかけたゆらゆら揺れるLEDだったとは思うのですが、ここで書きたかったのは、
これだけ若い人が多い場所なのに、蹴り倒されたりしているキャンドルが一つも無かったということです。
こういうの良いですよね。
DSC00321

クリスマスイブの夜はこれからだ、という時間帯でした。
気張って売りまっせ!てなもんなのでしょう。
DSC00324

とまあ、そんなこんなで表参道ヒルズにたどり着きました。
明治神宮前駅から表参道ヒルズまでは「Carl Zeiss Distagon T* 24mm F2ZA」の一本勝負でした。
ここでレンズをゾナーに取り替えて、135mmでレッツリベンジ!というわけです。
DSC00328

今回はこの辺で。
表参道編は全3回を予定しています。
が、次回だけ一回休み、別のネタでまいります。先にやっとくと色々と都合が良いものでね-
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC00315











今回の
撮影機材







このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/01/06 Mon 00:00 ソニーα
ソニーEマウントの人気レンズ「Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8ZA」関連エントリとなります。
2014年の年が明けて一週間近く経とうとしておりますが、相変わらず当ブログは昨年末の写真でお茶を濁すという(笑)
まあいいや、気にせず行きましょう。今回は表参道編です。

昨年のクリスマスイブに表参道イルミネーションを見に行った際にもこのレンズを携行しておりました。
換算36mmと55mm、それに135mmの3本です。ウンガッグッグッ。
55mmの記事135mmの記事は既に掲載しました。今回は換算36mmこと「ゾナーE24mm」で撮った写真を掲載します。
前回でも少し触れた「水平を取ることを強く意識した」写真です。
私は水平を取るのが下手くそで、この写真もわずかに傾いているのですが、これはこれで努力したということで勘弁してください(ToT)
DSC01309

表参道ヒルズの中に入ってみました。
巨大な吹き抜けにクリスマスの飾り付けがいっぱい、色は青紫色でしたね。
一人で歩いていたのは私だけだったかもしれません。ここはそそくさと退散(笑)
DSC01333

表参道ヒルズの外に用意されていた記念撮影ブースです。アベックが行列を作っていました。
もっとツリーに寄って、左の通行人をフレームから外すこともできたかもしれませんが、今回はそうしませんでした。
自宅でトリミングすればもっとシンプルに「ツリーとアベック」という写真にできたかもしれませんが、今回はそうしませんでした。
通りを行き交う人と、光を当てられてポーズをとっているアベックと、両方を見せたい。
そこに対比なりストーリーなりを見出すこともできるだろう、ということです。
写真として中途半端な結果になっているとするならば、それは私の腕が足りなかったということであります。
DSC01323

表参道ヒルズの一部、ということになるのでしょうか、元同潤会アパートのショッピングモールです。
古びた建物のはずなのにこう見ると雰囲気があるぶん魅力的ですね。
何でもかんでも建て直すだけが能ではないということなのでしょう。
オリンピック東京誘致は良いのですが、それによって無用の建て替えが進むらしいです。
別に水を差したいわけではないのですが、ほどほどにしてね、と思っています。
あ、TX東京駅延伸だけはぜひやってください。それが出来た後ならオリンピック返上してくれてもいいです(笑)
DSC01365

この犬、ぬいぐるみなのはご覧のとおりなのですが、大きくて、しかもよちよち動くのです。
可愛らしいと同時にちょっと気味が悪い(失礼)ものですから、通り過ぎるアベックたちも遠巻きに見ている感じでした。
そんな中私だけが近寄って、しゃがんで、ばしばし撮っていたわけです(笑)。
DSC01436

この写真、ショーウィンドウとマネキンという当ブログとしては定番の題材なのですが、私的には頑張ったのです。
マネキンの正面からではなく側面を探した点、ピントがマネキンに綺麗に合っている点、
そしてサンタ帽がたまたま通りがかったのをとらえることができた点で気に入っています。
DSC01319

この「地下鉄入口」も、当ブログ定番の題材です。
これを見ながら今更ながらに考えました。都内を回ってこればっかり撮り回るのも良いかも!?
駅ごとにその街の特徴を落とし込めばちょっとしたカタログになるのではなかろうか。
もしかしたら既にどこかでやっているかもしれませんが、後追いでも何でもやってみてもいいかもしれません。
DSC01451

今回はこの辺で。これで今季のクリスマス関連の写真は出し尽くしました。
ただ、昨年末に撮った写真はもう少しありますので、そちらは頃合いを見て掲載してまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/12/26 Thu 00:00 ソニーα
前回に続き、クリスマスイブの夜に表参道へ撮りに出かけた時の話です。
この日(まあクリスマスイブなんですけど)、α7Rに組み合わせるレンズを何本か持ち出しておりまして、
レンズごとに記事を仕立てています。今回は「Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA」となります。

このレンズ、α7Rで使いますと当然ながら換算135mmなわけですが、とにかく使いドコロが難しいです。
今でも「何を撮るとしっくり来るのか」掴むことができません。
何を撮ればいいのか?そこに自分なりの解釈がありませんので、撮影スタイルもブレまくります。
正直今回の写真も手応えが無いといいますか、まあ微妙な仕上がりになっています。もちろん私の腕が未熟だからです。
しかしそれでも使い手を魅了するのです。まさしく我が家の決戦兵器。
DSC01292

いやあ、何を撮ればいいのやら。
DSC01299

何を血迷ったのか、自画撮りです(笑)
本当に、何を撮ればいいのか分からない!55とか36などと組み合わせて使うから、たまに中望遠を使うと悩むのです。
精進が足りません。
DSC01308

どこかのお店の看板を撮ったものです。
手前の樹木のイルミネーションがもう少し大きくぼければよかったなあ。
DSC01293

ベンチ!表参道まで行って、ベンチを撮ってきたのか私は!
DSC01307

イルミネーションの写真も掲載しなくては。
DSC01296

アベックの後ろ姿を捉えて街の雰囲気をあらわそうと思ったのですが、ここでは難しかったです。
DSC01286

いやあ、ダメだ、135ゾナーの魅力をこれっぽっちも引き出せていない。
正直135ゾナーに対して私は特別な気持ちを持っていて、持ち出す時は「ここぞ!」と思った時だけと決めていて、
ここ1年ほどで思い返すと「神宮外苑のイチョウ」「ソニー主催のショットバー撮影」「馬場先生のポートレートセミナー」ぐらいのはず。
これらの時にはそれなりに手応えある写真も撮れたつもりなのですが、今回はかなり迷いが出てしまいました。
これはリベンジですね!またゾナーを持ち出します!

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/12/25 Wed 00:11 ソニーα
この記事を書いているのは12月24日の22時30分頃、
これをご覧のアベックの方々の多くは既に部屋の明かりを消そうかという頃合いでしょうか。

当ブログの年間主要テーマのひとつ「クリスマスイルミネーション」、
今季最後のイルミネーションスポットとしてあえて最後まで残していた表参道ですが、私としては満を持する形で行ってきました。
予想通りの大混雑、予想通りのアベックだらけでありました。
DSC01355

表参道とは、その名からも分かる通り「明治神宮に参拝するための参道」であります。
今ではすっかりお洒落スポットの地域名として浸透していると同時に、クリスマスイルミネーションのパイオニア的存在でもあります。
イルミネーションはこんな感じです。少々雑然としてはいますが、ここは良い雰囲気だと思います。
DSC01268

今回は表参道駅からのスタートではなく、明治神宮前駅から表参道駅に向かって歩く、というプランでした。
原宿の東急プラザです。こんな風に撮るってのは、おそらく手垢がつきまくっているものと推察します。
DSC01216

私などには縁遠い表参道のおしゃれショップを撮っていきます。
商品なのですから本当はダメなんでしょうね。すみません。


ひとつひとつのお店が、凝りまくっているんですよね。
確かに「作り物」なのかもしれませんが、写真で撮るぶんには充分ありがたいことなのです。
DSC01246

道を行き交う人はアベックばかり…
と思っていたのですが、そうでもなかったです。
確かにアベックは多いのですが、表参道に関してはそれは今日に限ったことではない。
女性同士のグループは楽しそうに見えますね。男同士のグループはナンパ目的みたいでした。
男一人ってのもいましたがたいていは私と同じ撮影目的のおっさんどもで(笑)
女性の一人行動はほとんど見ませんでした。最近多い単独行動のカメラ女子もいなかったなあ。プライドが邪魔するのでしょうね。
DSC01232

ショーウィンドウのマネキンを特にテクニックも用いずに撮っただけのですが、私的には気に入っています。
DSC01249

街を行き交うアベックを主題にして撮ろう、とも思ったのですが、想定したほどには収穫はありませんでした。
恵比寿ガーデンプレイスでは「入れ食い状態」だったわけですが、今回はそうでもなかったな。
基本的に「歩道」ですから人は立ち止まりません。撮りにくくて主題として取り入れにくかったのは事実です。
DSC01282

今回はこの辺で。
今回表参道には3本のレンズを持参しました。
次回後編です。我が家の決戦兵器「Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8」で撮った写真を掲載します。
とは言うものの、まだ撮った写真を確認してません、はたしてちゃんと撮れてるのかどうか(笑)
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事