ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「行幸通り」
2013/06/06 Thu 00:00 ソニーα
前回に続き、α99+タムロンA09で東京駅丸の内界隈を歩いた時のことを掲載します。
東京駅を出て、行幸通りを歩いて皇居方面へ。
和田倉門交差点の向こう側、和田倉噴水公園へ行ったのですが、シンボルでもある噴水が吹き上がるのが20時まで、
私は20時を少し過ぎてしまいましたので、残念ながら噴水シーンは撮り逃しました。
ライトアップだけ撮ってきた感じです。

DSC06931

地面にカメラを置いて、感度を下げて絞って撮りました。
シャッター30秒、画像処理も同じだけかかりますから、1分ぐらいカメラの隣にじっと座って待ってるわけです。
この公園は夜間にもなりますと人があまりよりつかないですので、カップルが人目を忍んでわらわら集まっています。
そんな中で一人で座っていると、自分が石ころになったかのような錯覚をおぼえるのですが気のせいでしょう。
左の方の建物は、レストランです。
休日などに通りがかりますと、結婚式の2次会でしょうか、貸切になっているところをよく見かけます。
DSC06934

向こう側のビルは、建て替わったパレスホテルです。
蒸し暑くないこの時期の夜散歩に良い場所ですね。
DSC06933

お堀沿いにパレスホテル方面を眺めます。
大手町の再開発の規模は半端ないですね。ビルがさらにいっぱい、ニョキニョキ建つのでしょう。
DSC06927

行幸通りの始点、和田倉門交差点で撮っています。
以前にも書きましたが、行幸通りの中央部は現在歩道として整備されていますが、もともとは皇族方のための馬車道でありまして、
歩道の手すりもこのように「かんぬき」で留められているだけで、いざという時には馬車通行用に取り外すことができます。
とは言いますものの、私もここを馬車が通る所を見たことがありません。
天皇皇后両陛下が外出されるたびに馬車で東京駅に向かわれるとも思えないのですが、一度は見てみたいなあ。
DSC06941

以前にも同じような感想を書いたと思いますが、この威容は「帝都」の名にふさわしい、と感じます。
DSC06947

上のものと同じ趣旨の写真ですが、こちらは行幸通りの終点、東京駅前で撮りました。
やはり手すりは取り外すことができますね。ここを通れば皇居坂下門から中央停車場までほぼまっすぐ行けるわけです。
DSC06950

五輪招致ですか。夏季五輪だと盛り上がり方も違うのかもしれませんね。招致宣伝をよく見かけます。
対抗馬はイスタンブールなどでしたね。イスタンブール旅行したいなあ。
DSC06949

というわけで、α99+タムロンA09で歩く東京駅丸の内口編はここまでです。
タムロンA09はコンパクトで写りも良く、良い買い物だったと満足しています。
写真家の魚住誠一さんが自著の中でとても褒めていますが、多少は提灯記事であることを差し引いても妥当な評価なのかもなあ、と思います。
タムロンA09についてはもう少し続くかもしれません。続かないかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事