FC2ブログ
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「舞鶴公園」
--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader

福岡旅行2日目、市内中心部を散策します

福岡旅行2018-10 2018年6月に行ってきた福岡旅行、最終回となります。 1泊2日で福岡空港~博多駅近辺~天神~中洲~福岡城と移動してきて今回堂々の大団円。 長かったねえ、と思いきや記事10回分か。少ないな(笑 今年はたぶん、旅行らしい旅行はもう無いだろうなあ。伊豆へ行く予定はありますが、それぐらいかな。 ともあれ今回の記事は福岡城から帰路につくまでに触れてまいります。 P1002694

福岡城址をもう少し

そんなわけで前回の続き、福岡城、もとい、舞鶴公園であります。 舞鶴公園は福岡城本丸址に相当するエリアでありまして、歴史の趣を(たぶん大濠公園よりも多く感じることが)できます。 天守こそ無いものの歴史的建築物が散在しています。 写真としてはちょっとショボかったので当ブログとしては泣く泣く割愛しますが名島城から移設した門などもありましたね。 こちらがあの「酒は飲め飲め飲むならば」でおなじみ、母里太兵衛の屋敷跡だそうです。 P1002686 母里太兵衛といえば私個人的には速水もこみちが脳裏に浮かびますが、軍師官兵衛良かったですよね。 NHKオンデマンド契約しているうちに、もう一度見返しておくか!

福岡空港、そして羽田へ

そんな感じで大濠公園駅に戻り、地下鉄で福岡空港を目指します。 飛行機の時間まで1時間半、いいかげん行かないとヤバイ でも余裕のよっちゃん、間に合うんですよ。そう、福岡空港ならね。 地下鉄を待っていた時に、向こう側のホームに到着した電車を見て思い出した。 そうだ、今回JR九州の車両を見ていない! あの、車両のあちこちに文字を彫り込んだ水戸岡デザインを見ずして何が福岡旅行か!? と痛恨の極み。 かろうじて撮れたのがこちらの写真になります。 P1002707 福岡空港に戻ります。24時間ぶり― 羽田と比べるのは酷でしょうが、ターミナルはコンパクトで一通り見て回ることができました。 …と思ってたら、後で調べたら展望フロアみたいなのがあったらしいですね。不覚! P1002712 我が家へのおみやげはママのリクエスト『博多通りもん』。 白あんのお饅頭です。ちょっとバター風味もするのがアクセントかな? どこの売店でも店頭の一番目立つ場所に平積み、北海道で言うところの白い恋人、関西で言うところの赤福餅のような存在なのだろうと推察いたします。 P1002458 そんなこんなで羽田に戻ってきました。 良い思いをさせていただきました。後味の大変良い旅行になりました。 P1002713

福岡旅行の感想

とにかく良かったです。ぜひまた行きたい!と、これしか言うことがないのかと(笑 余談をもって感想に代えさせていただくことにいたしましょう。 最近発売された雑誌『BRUTUS(ブルータス)2018年7/15号No.873[福岡の正解]』、要するに福岡特集号ですが、 これが売れているらしいですね。Yahooニュースで見ました。 記事では『福岡の勢いを象徴している』と所感が述べられており、私もそれに共感します。雑誌も売れるでしょうね。 住んでみたらまた違った印象があるのかもしれませんが、それを踏まえても良い街なのだろうと思いました。 逢う人逢う人、みなさん良い人でしたので、私が持った印象も良い方に振れた(笑 良かったよ福岡、また行きたい!

今回はこの辺で

そんなわけで福岡旅行編は大団円です。 記事間があいてしまったので追いかけてくださった方は少ないと思いますが、その方々、ありがとうございましたm(_ _)m 旅行編はなるべく旅程のすべてを記事に盛り込んでいきたい、と思っていますが、 今回の福岡旅行では中洲での『公でするにはちょっと憚られるお話』かなりのウェイトを占めておりますので、 ブログとしてはこの辺りで締めさせていただければと存じます。 最後に中洲名物・明治の看板の写真を! P1002516 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1002717
今回の
撮影機材
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

福岡旅行2日目、市内中心部を散策します

福岡旅行2018-9 2018年6月に行ってきた福岡旅行、その関連エントリとなります。 気づいたらもう8月も終わり、2ヶ月かけて続けてます(笑 福岡編は次回の記事で完結予定です。というわけでここからはペースを上げてイッテミヨー 市内中心部の散策記事、今回は緑多めの写真でお送りいたします。 P1002659

福岡市民の憩いの場、大濠公園

福岡市中心部、天神から地下鉄でわずか2駅。市内観光スポットの有名どころ、大濠公園であります。 福岡城の外堀でもある大きな池がその名の由来、というわけで、池の周囲に遊歩道が整備されています。 のどかな初夏の風景ですね。 P1002655 池にはアヒルちゃんが浮いています。 間違えました。スワンボートだから白鳥でしたね。 開放的でいいかな、と思って乗ると意外に汗をかく、いい運動になります(笑 P1002657

大濠公園の隣、舞鶴公園

さて、隣接するエリア、てか実質的に一体化していますが、大濠公園のお隣が舞鶴公園です。 この舞鶴公園がいわゆる『福岡城の本丸址』でありまして、公園の名前も福岡城の別名『舞鶴城』が由来だとか。 私のような福岡ビギナーには『平和台球場があった公園』というと何となく「へええ」、と思えます。 P1002662 福岡城は黒田長政によって築城されました。関ヶ原勝利の恩賞としてこの地に入った黒田父子は1601年から築城開始した、と。 私は全然詳しくないですが、石垣の積み方にも時代が現れるのだそうですよ。 P1002674 天守に向かう途中の大階段です。 ここに限らず段差が浅い階段は、大人ですとかえって歩きづらく感じます。 当時の日本人の体格としてはこれぐらいが丁度良かったということなのか、あるいは侵入者対策で歩きづらくしているのか。 P1002673 天守台に上がっていきます。 福岡城址に天守はありません。私はそれを例によって『火災や震災で失ったか、戦争で焼かれたか』ぐらいに思っていました。 が、ちょっと検索してみたら天守の存否について論争があるのだそうですね。 「最初から無かったのだ」「いや、あるにはあったが小っちゃかったらしい」「ドでかい天守があったのだが、幕府の目を気にして取り壊したようだ」などなど。 P1002676 天守台はこんな風に存在しています。 これだけ立派な天守台があるんだから、天守も存在したんじゃないの?知らんけど P1002677 その天守台上からの眺めです。 それにしても『高層ビルが無い』というのは本当でしたね。空港が近いから、なんでしょうかね。 今回は縁がなかった福岡ドーム。ヤフードーム、でしたっけ?どっちでもいいですが、ご縁があったら行ってみますね! P1002681

今回はこの辺で

と、緑色が多めの記事になりましたが飽きませんでしたでしょうか。 大濠公園~舞鶴公園は楽しかったです。 晴れて気温が上がったため汗だくになってあるきましたが、雨に降られるよりはよかったかも。 次回は福岡旅行シリーズ最終回です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。