ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「箱根登山鉄道」
2011/05/22 Sun 23:01 ソニーα
一泊二日で箱根旅行へ行ってきました。
温泉目当てであります。
箱根旅行は10年以上ぶり、
大地震の影響で観光客が減っていた、すわ箱根はオワコンか?
などとネット上では論じられたりもしていたようですが、
確かに外国人観光客はほとんど見かけませんでしたが(ゼロではない)、
日本人観光客の数はかなりのもので、今回宿泊した宿も大盛況とのことでした。

横浜から大人3人が鉄道で箱根へ行こうと思ったら、
小田原までは東海道線、そこで箱根登山鉄道に乗り換えることになると思いますが、
今回は東海道新幹線を回数券で利用しました。
こだま号の自由席しか利用できないという「縛り」がある回数券ですが、
料金はほぼ同じ、所要時間を考慮すると新幹線が有利かなと思った次第です。
私は従来新幹線を利用する時は一人ばかりでしたので、
旅行練者なら当然のように使っているであろう手も目新しく感じるのです。

DSC02970.jpg

小田原駅で、小田急改札口に向かいます。
箱根登山鉄道は小田原駅が起点だったはずですが、
今は運転系統が整理されて、箱根湯本までは「小田急線」同様のものとして運用されています。
まあ、系列会社ですしね。

DSC02974.jpg

今回は強羅のホテルを予約しました。
ここでは、その強羅駅までを記事にします。

小田急小田原駅にて。1000形です。
箱根登山鉄道カラー、というかスイスのなんたら登山鉄道カラーですね。

DSC02976.jpg

箱根湯本駅では列車を降りたら猛ダッシュ。
停車していた箱根登山鉄道車両がセミクロスシートでしたので、
ボックス占拠に血眼をあげます。
箱根湯本から強羅までは30分ほどの道のりで、急勾配且つぐねぐねの線路を進みますから、
とにかく座ること、が重要になってきます。

DSC02986.jpg

席をゲットしたら、ホームをひとしきり撮りまくります。

DSC02989.jpg

ロマンスカーです。
これに乗って箱根へ向かう週末の不倫カップル…なんて話を聞いたことがありましたが、
実際に降りてきたのは家族連れとじっちゃんばっちゃんでした。

DSC02995.jpg

ぐねぐね進む箱根登山鉄道ですが、運行頻度が半端じゃありません。
鉄道線の終点である強羅まで、何度すれ違ったか。
窓から半身乗り出して撮りました。
むしゅめに教育上良くないですね;
DSC03013.jpg

終点の強羅駅です。
乗客の多くはこの駅でケーブルカーに乗り換え、更に山上を目指します。
私たちはここが目的地でしたので駅を出ます。
宿に荷物だけ預かってもらい、いくつかの観光地を巡ろうというわけです。

DSC03036.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事