ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「竹橋」
2013/03/20 Wed 16:58 マイクロフォーサーズ
先日のエントリで、竹橋にてセミナーを受講してきたことを書きました。
今回はその帰り道の写真です。せっかく撮った写真はブログネタに使いますw

竹橋から、皇居のお堀沿いに大手町方面に歩きます。
夜でも皇居ランナーが走っているのですね。
皇居の周りを走ることがアマチュアランナーのステータスなのでしょうか。
趣味嗜好は人それぞれだとは思いますが、歩行者たる私は歩いていて危険を感じます。


大手町は地下工事が絶えません。
次々にビルが建て替わっている中では当分このような景色が続くのでしょう。
余談というか本題ですが、下の写真はOM-Dのホワイトバランス「蛍光灯」で撮りました。
OM-Dのホワイトバランスプリセット「蛍光灯」って、ちょっと赤みが入るように思います。
ですので微調整(A-B,G-Mってやつです)で赤みを抜いています。
OM-Dのホワイトバランス、特に蛍光灯と電球が、私が撮影する環境では微妙にツボにはまらないような気がしています。
その点ソニーαのホワイトバランスプリセットではあまり悩んだ記憶がなかったので、メーカーごとに癖があるのでしょう。


写真右側のうっそうとした森は皇居の一部分、和田倉噴水公園あたりかな?


平日の夜だったのですが、ビジネスマンで混雑しているのかなと思ったらそうでもありません。
てゆうか、大挙してこのエリアにいたのはそれこそランナーぐらいでして、かなり人が少なくて快適でした。


東京銀行協会ビル、だそうです。何をやっているビルなのか、私には縁もゆかりもございません。
三菱一号館同様、丸の内の古くからあるビルをこのような形で甦らせるパターンですね。


そしてまた行幸通りからいつもの構図、いつもの写真でこのエントリも終わりです。
OM-D
LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8


丸の内北口・南口のドームは、イベントによってライトアップの色を変えることができるようです。
元日の夜は鮮やかな赤でした。この時は青でした。
他の色もあるのなら、それをコレクションしていくのも楽しそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/03/17 Sun 22:04 日記・時事・業界
先週金曜の話ですが、「LiVE FOR WEBLIFE」のセミナーに参加してきました。
「LiVE~」とは、デジタルステージという会社から発売されているパソコン用ソフトウェアで、
まあ平たく言えば「ホームページ制作ソフト」なのですが、他のものとちょっと毛並みが違いまして、
いわゆるひとつの「レスポンシブデザイン」のサイト作りをするために特化されておりまして、見た目重視のウェブサイト制作ソフト、
という触れ込みの品物であります。
HTMLを書けない私のような素人でも、写真とパーツを組み合わせれば作れるという点で、このソフトを気に入っています。


で、このセミナーを受講するために竹橋まで行ってまいりました。
竹橋といえば売国奴の巣窟(笑)毎日新聞社がありますが、まさにその建物であります。
デジタルステージ社は自社新作ソフトのリリース時期にはUstreamで解説を兼ねて宣伝をするのですが、
今回のセミナー内容も過去にそのUSTで行われた内容あり、使い方のコツ伝授あり、と盛りだくさんの内容でした。
参加費用は2500円、ちょっとお高めのようにも感じられますが、新刊の解説書(2400円相当)がおまけについてきますので、
もともと当該書籍を買うつもりだった私としては、本を買ったらセミナーがついてきた、という感覚で受講できました。


セミナーの最後にじゃんけん大会がありまして、勝者に関連書籍やソフトウェアがプレゼントされました。
私はこの手の抽選イベントで物をもらえたことがなく、今回も「まあせっかくだしじゃんけんしていくか」程度のものでしたが、
なんと!勝ち残って本をいただいてしまいました。ありがとうございます。
Wordpressは近いうちに使用する予定がありまして、本格的に取り組む良いきっかけになりました。


で、その「LiVE FOR WEBLIFE」を使用して、ひとつサイトを作ってみました。
企画1時間、制作5時間で、LiVEの本格的な機能は一切使わず写真を見せるだけの簡単なものですが、
それなりに見栄えが良くて、作っていて楽しいです。
よかったらお立ち寄りください。ご感想もいただけると嬉しく思います。

マウスもしくは方向キーで上下に見ていきます。
音楽が流れますが、右上のボタンでoffにできます。
「Imperial Station」東京駅ファンサイト~LiVEを使うための習作~

この手のサイトを作る時、私がいちばん時間をかけるのは「取材」です。ブログ作りでもそうですが。
おかげでサイト作りのノウハウがまったく蓄積せず、今になって難儀しております(笑)
会社でDreamweaver使って作業していますが、ちょっと使い込もうと思ったら解説書見ながらでないと出来ません。
そんな私向けのソフトウェアですね。
このようなソフトは人間を馬鹿に育てるのかもしれませんが、そのまま一生逃げ切れるならそれでもいいかなと思っています。

最後に。
まるで私が「デジタルステージ社」の回し者かのように書いてきましたが、ステマでも宣伝でもありません。
また、同社代表の平野氏が関わっている「No Nukes」などの『反原発運動』も支持しておりません。
(原発そのものに対する賛否は保留、という点は従来通りです。)
セミナーに参加してきたよ~、という日記記事としてご覧いただければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事