ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「神田橋」
前回に続き、神田から大手町にかけての夕・夜景を撮り歩いています。
JR神田駅を出まして飲み屋街を歩きつつ色々行った結果、首都高のインターでもその名が知られる神田橋に出まして、
そこで少々立ち止まって被写体を探しました。
自分の車を持たなくなって何年も経つもので、首都高の料金所なども私にはとても目新しかったりします。
EM141477

日本橋川の上を首都高が走ります。写真の奥の方にずっと進んでいくと日本橋にたどりつく、という位置関係です。
首都高が川にフタをするように走っていますが、これを景観上の理由で地下化せよという声もあるようですね。
私個人的には今のところそれについては定見がありません。
話が具体化するようになったらまた別の感慨を持つようになるのでしょうか。
EM141482

1枚目の写真と同じく「閉鎖」をモチーフにしたものです。
25mm、換算50mmですとちょっと狭かったなあ。もっと他にやりようがあったのかもしれませんが。
EM141478

高速出口を撮ってみました。
ちょっとだけカメラの話をします。オリンパスのホワイトバランスについてです。

比較対象として我が家でも使っているソニーのカメラを引き合いに出します。
私はソニーのホワイトバランスを「良いなあ」と思っていて、プリセットから選ぶだけでたいてい期待通りの色が得られています。
一方でオリンパスのホワイトバランスについては私は非常に迷うことがあります。
私の感覚がオリンパスのホワイトバランスプリセットからずれているようで、プリセットを選んでもどうも期待したものが得られません。
ですので、迷いに迷ってケルビン&色の微調整を1枚撮るごとに行うという「ドツボにはまる」こともあります。
結局「オートホワイトバランス」にして撮るという。

何だよオートかよ、という気もしますが私の写真の多くは「その場の雰囲気を伝える」のが主旨ですのでそれで充分とは言えます。
オートホワイトバランスとは「だいたいこんな感じでっしゃろ」と、カメラがまあまあの具合で色を決めるモードで、
カメラ設計者の意向によって違いができ得るものであり、これが正しい!というような性質のものではありません。
それでもたいていの人には「オートだとそれなりにその場の色を反映してるなあ」と思われるような仕上げ方をしてきます。

ですが、オリンパスのオートホワイトバランスにも私はちょっと違和感を持っておりまして、ソニーほどのしっくり感がないのです。
ソニーカメラと私は(ホワイトバランス的に)相性が良い、オリンパスカメラと私は(ホワイトバランス的に)相性がイマイチ、
と私は思っているのですが、
その原因の一つにオリンパスの「オートホワイトバランスの電球色残し」という機能があった、ということは先日少し触れました。
オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8Pro」その8 東京フロントライン(2)富士は見えぬが富士見橋
普通のオートホワイトバランスだと白熱電球を白くしようとする、
「電球色残し」はそこを敢えてオレンジっぽい電球の色を残そうとするオートホワイトバランスだということなのですが、
電球色を残そうとするあまりどうやら微妙に色かぶりが発生するらしく、電球色大好きっ子の私も結局使うのをやめました。
(これはぜひ試してみてください。似た感想を持たれることと思います)

結果、オートホワイトバランスが本来の機能を発揮し、きちんと色を追いかけることが出来るようになったようで、
「電球色残しモード」ではどうしようもなかったこのような「青と黄色のエクスタシー」状態でも余計な色かぶりも見られなくなりました。
私のセンスはオリンパスのプリセット(太陽光とか、蛍光灯とか)から微妙に違うらしいです。
人肌を良く見せるのに「水中モード」を使うぐらい迷走しています。いや水中モードは試す価値アリではありますが。
ともかく、求めるものと供給されるものが違うのだから仕方がないのですが、
ならばせめてオートはまともに、という部分すら「電球色残し」のせいで微妙感がある、いや使えない状態だったのです。
私みたいなお間抜けさんはそうそういるとも思いませんけれども、オートホワイトバランスの色が変!とお思いのあなた、
「電球色残し」をOFFにしてみることをおすすめします。メニューボタン→歯車マーク→G、で項目設定に行き着きます。
EM141483

神田界隈は小さなビルが密集している「よくある駅前風景」エリアです。
それが川を渡って大手町に入った途端、超高層ビルがドーン!ドーン!
EM141485

再開発の一環なのでしょう、日本橋川沿いに遊歩道があります。
昨年整備されたもので、道幅は広く夕方以降は人通りもほとんどいないため、カメラを取り出すにも気づかい不要なのが良いですね。
EM141491

江戸城の石垣でしたか、ちょっと詳しい資料が手元にないので今は写真だけにとどめます。
ここは再取材が必要ですね。日をあらためて再出撃することにいたします。
EM141489

今回はこの辺で。
普段とはちょっと変わったルートを!ということで始めたはずなのに結局大手町かよ!?みたいな。
でもまだ終わらんよ!次回も大手町編、なのです!
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
久し振りに夕方以降にカメラを持ってぶらぶら歩くことが出来ています。
せっかくだから行き先を普段通っているようなところから少し外して、新鮮な感覚を楽しんでみよう!
というわけで、今回行った所は神田です(笑
一駅違うだけじゃねーか!ってツッコむなよ!?絶対ツッコむなよ!?
EM141458

最近、本当に日が長くなりましたよね。
運よく定時退社さえできればこのようにまだ空が明るいです。
風がちょっと冷たいのでまだコートは脱げませんが。
EM141457

神田駅、と聞くと私が思い出すのは、このJR沿いの繁華街の風景です。
この界隈は山手線が「C字運行」が「O字運行」になるための、最後に開通した区間だそうで。
EM141459

当ブログ的には軽くスルー気味だった神田に対する印象は「裏路地の居酒屋」につきます。
ちょっと色を決めかねたので、ここではモノクロにしています。
EM141463

続けてモノクロです。
蛍光灯の緑とか、街灯の赤とか、様々な色が雑多に紛れ込んだのがどうもここでは私には耐えられなかったみたいです。
その程度の理由で「モノクロ!どや!」なんて言ってはいけないですね。どや!のつもりはありませんが、もっと勉強します。
EM141465

しばらくさまよっているうちに駅前の繁華街から外れて、神田橋交差点に出ました。
ここから南、写真で言う首都高をくぐるように奥に進んで行きますと大手町に出ます。
EM141475

今回はこの辺で。
登場した機材はオリンパス「OM-D E-M1」と「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」です。一本勝負でした。
使用感などは次回にでも書ければいいなあと思っています。
というわけで神田橋を渡って日本橋川南側、次回は大手町エリアに進みます。
EM141480

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事