ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「皇居外苑」
2014/03/25 Tue 22:15 マイクロフォーサーズ

前回に続き「E-M1 × ノクチクロン」で東京駅近辺写真散歩、今回は後編です。
前回は失礼しました、ちょっと筆がすべってしまいました。また元に戻っていつも通りに(笑)
というわけで和田倉噴水公園からいってみよー!
EM180943

前回も似た写真を掲載しましたが、こちらは少し斜め方向から撮ったものです。
丸の内の高層ビル群を押さえたつもりです。
EM180921

東京タワーの隣に立っているのは、虎ノ門ヒルズでしょうか。
「おっ!」と思い、公園入口の石垣の上にのぼって撮ったのですが、
往来するサラリーマンやOLが石垣の上でバシバシ撮っている私を怪訝そうに眺めて「こいつは何を撮っているんだ」とばかりに睨んで去っていきます。
仕事で公共施設などで撮ることもありますが(もちろん許可を取ってのことですが)、撮影にのめり込むと何でもするようになります。
EM180951

せっかくのぼった石垣の上でしたが、思うようには撮れませんでした。
で、道路を渡って皇居外苑の松林に入って撮ったのですが、やはり思ったようには撮れません(笑)
まあいいや、ここはリベンジだ!
EM180964

地下鉄入口の地下道が昭和テイストなもので、行くたびに撮ってしまうのであります。
ここからはすべて「アートフィルター・ジオラマ」で撮ったものです。
EM180970

行幸通りから丸の内駅舎、ド定番の記念写真エリアですけれども、
アートフィルター・ジオラマを使うと何となく雰囲気が違って見えませんか?見えないか。残念!
EM180976

東京中央郵便局をアートフィルター・ジオラマで撮りました。
ジオラマは、縦もしくは横に「ピントが合ったライン」を引き、その前後をデジタル処理で大幅にボカすのですが、
そのピントラインを中央だけでなく上下左右に任意にずらすことができることを今回初めて知りました。
この写真ではKITTEの入口に合わせて縦にピントのラインがありますが、それは中央から少し右にずれていますよね。
これはソニーαで「中央・左・右」とアバウトな形で実現していた機能だったのですが、
さすがは本家オリンパス、AFポイントに合わせてラインの微調整が出来るというのには驚きました。
EM180990

丸の内駅舎の皇室専用入口にピントを合わせました。「アートフィルター・ジオラマ」です。
中央ではなく少し右にピントのラインが(縦に)走っていることがお分かりいただけると思います。
もしかしたらこんなことは以前から実現していたのだろうか?いや、縦ラインのジオラマ自体が最近のものだから、
こういった融通も最近実装されたのでしょう!きっと!?
EM180995

丸の内南口を「アートフィルター・ジオラマ」で撮りました。
和田倉噴水公園から東京駅に戻る際、「ここは全部ジオラマで撮る」と決めたのでこういった構成になりました。
アートフィルターに限った話ではないのですが、テーマというか縛りを設けて撮り歩くのも楽しいかもしれません。
思えば「モノクロ縛りの写真散歩」も同じようなものですね。思考能力への挑戦みたいな感じがしてオススメです。
EM181001

今回はこの辺で。
東京駅関連のストックはこれでいったん全放出です。次回はまた別のネタで。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m










今回登場した
撮影機材





このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/03/24 Mon 23:40 マイクロフォーサーズ
ご好評いただいている「ノクチクロン×東京駅」関連エントリとなります。
本当にご好評いただいているのか!?そこは聞かんといてくれえ!
E-M1を使って「ハイライト&シャドーコントロール」を効かせて撮った写真を掲載しています。
今回は東京駅からすこしだけ離れて、皇居外苑方面の写真を掲載します。
行った時間帯は夕方、18時頃だったと思うのですが、日が暮れきっていなかったので楽しい時間を過ごすことができました。
EM180882

さすがノクチクロン、レンガをひとつずつきちんと描写できていて、トータルで重厚感を感じるしゃしんになっています(適当)
EM180767

皇居のお堀から帝国劇場方面を眺めています。風景としてはド定番のポイントとなります。
千代田線二重橋前駅下車徒歩2分で、この風景を目の前にして写真を撮ることができます。
EM180891

たまには余談というか雑談というか私事を書きます。
私は仕事帰りにこのように写真を撮り歩くのですけれども、
カフェやらバーやらホテルのレストランなどに立ち寄って食事したりそのお店の雰囲気を撮っておきたいとか思うことがあります。
が、実際にそうすることはほとんど、いやまったくありません。普段はお金を落とさない写真ブロガーです。
金銭的な理由や(毎度毎度写真散歩するたびに5千円とか1万円なんて払えません)、
服装的な理由や(スーツとか安物ですし)、
何よりも時間的な理由で(お店に立ち寄る時間がもったいない)、
狂ったようにひたすら写真散歩しているわけです。
もう少し余裕を持って撮り歩きたいものですが、なかなかそれができません。
余談でしたね。このように筆者のパーソナリティを少しずつ開陳することもブログを成長させるためには必要だということで。
EM180905

失礼しました、話を戻します。
皇居外苑の松の木をモチーフにして撮りました。
都心部の風景としては一風変わった写真を撮ることも可能な空間です。ここ以外だと新宿御苑とかかな?意外にいろいろあるな!
EM180899

警視庁の方向を眺めて撮りました。
シルエットにして撮るというのは完全に暮れてしまっては出来ないことですので、せっかくなので色々試しています。
EM180908

とまあ、なんだかんだと和田倉噴水公園に行くわけです。
いつもこのコースだよなあ。いつも同じ道順で歩いてしまいます。
行ったことがない場所ではそれなりにテンションが上りますので、それが嫌いというわけではないのです。
基本的に引っ込み思案なんでしょうね。根本的に冒険が苦手なのだと思います。
ここで一皮むければ写真散歩が更に楽しくなるはずなのですが。
EM180909

途中わけの分からない文章になってしまった
推敲の結果削ろうとも思ったのですが、せっかく書いたことでもあるのでそのまま掲載します。
消しました。すみませんでした。
次回後編です。和田倉噴水公園からスタートします。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/01/29 Wed 23:30 ソニーα
以前に少し採り上げてその後日数が経っておりますが「FE 28-70mm F3.5-5.6」関連エントリとなります。
現在では「Carl Zeiss Vario-Tessar FE 24-70mm F4ZA」が発売され、しかも潤沢な店頭在庫があるという。
以前に私が聞いた「予約殺到で発売日入手は無理」という話は決してガセネタではなかったのでしょうが、
世間的には良い方向に外れたのだとは思いますが私としては計算外、
FE24-70を手に入れることが困難であろうという判断のもとに購入に踏み切ったこのレンズの値打ちはいったい?
という状況になっております。

が、FE24-70ZAの性能はともかく私は何より単焦点派でしてズームレンズの出番は少なめということもあり、
意外に「まあいっか」と思っているのです。
来月発売予定のマイクロフォーサーズのレンズが射程圏内に入ってきたので、今はFEレンズに手を出す余裕がないという事情もあります。

今回掲載する写真は、今年のお正月に撮り歩いた時のものです。
同じ日に他のEマウントレンズで撮った写真は既に記事として掲載しましたが、
このレンズで撮った写真だけ機会を逃して掲載できずにおりました。
夕刻に東京駅~丸の内あたりを歩いた写真です。
皇居のお堀と柳の向こうに夕日、という写真なのですがあまり考えずに撮りましたので、
構図やら何やらでのツッコミは勘弁してほしいなあという。
DSC02007

和田倉噴水公園にて。夕日の方を向いて撮りました。
DSC02026

今回の写真を撮りに行ったのが、箱根駅伝の前日だか当日だか、とにかく年明け早々の時期でした。
私は箱根駅伝とかまったく見ないので詳しくありませんが、スタートだかゴールだか、大手町の読売新聞社なのだそうですね。
それに程近い場所ですで、コースになっていたようです。
DSC02057

明治生命館の前の通りで、縦向きに撮ってみました。
建物の巨大な柱はコリント様式と言うべきでしょうか、どどんと高くそびえているものですから、
写真も自ずと縦位置で撮ってしまいます。
DSC02059

毎度おなじみブリックスクエアであります。これも縦位置。
画角が28mmという、私としては普段あまり使わない広角域なもので、嬉しくなって縦位置で撮りまくってしまいました。
このブログへの掲載を意識して横で撮るのが普通になってしまっているもので。
DSC02082

今回はこの辺で。内容が少ないなあ。
次回はこの流れで撮った写真を載せようと思っていますが、
冬場はこのぐらいの「夕景」を撮る機会が少なくて、私的には新鮮味があります。
何より、冒頭では微妙チックな書き方をしましたが、自分では意外に気に入っています。
キットレンズという風に括られてしまってスルーするのはもったいない、ぐらいに思っています。

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/08/02 Fri 23:08 ソニーα
ソニーから好評発売中の新型レンズ「Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4ZA SSM」関連エントリです。
ひたすら開放でブン回す5時から男の都心行脚をご覧いただいております。
前回は谷中銀座、そこから千代田線に乗りまして二重橋前駅で降ります。皇居外苑を久しぶりに歩こうというわけです。
皇居正面にして大手町、東京駅、丸の内を一望できるスポットですのでこういった写真を撮ってしまうことになります。
が、大手町方面は本当に再開発が盛んで、撮るたびに街が変わってゆくのがよく分かります。
DSC07747

千代田線二重橋前駅。懐かしの営団6000系に乗りました。まだ走ってるんだな。
私が子供の頃には近未来的な電車のデザインに見えて、東京の地下鉄格好いい、と思ったものですが、
今やレトロフューチャーの趣がありますね。アルミ車体がデコボコして初代ウルトラマンのお面みたいになってます。
DSC07713

地下鉄から地上に出るところです。正面の木にピントを合わせただけの、何も考えずに撮った写真です。
しかし何となく雰囲気が出ました。もちろん狙ったわけではなく、周辺光量落ちのおかげかと思っています。
DSC07727

そう、周辺光量落ちです。今回は開放で撮っていることもあり、目に見えて確認できます。
私はこれをレンズの味だと思いますから良いのですが、気になる方はAPS-Cクロップで撮るか絞るかすることになりますね。
DSC07746

横断歩道を歩行中に撮りました。まっすぐ向こうの建設中の巨大なビルは虎ノ門ヒルズらしいです。
いわゆるひとつの環状第二号線、私的には汐留・浜離宮恩賜庭園の入口あたりの交差点近辺をいつまでも工事している印象がありますが、
虎ノ門ヒルズも計画のうち、らしいですね。私はまったく詳しくないのであらためて勉強してみます。
DSC07749

皇居外苑は、ベンチも多く松林などで日陰&芝生で過ごしやすい空間です。
初夏の心地良い時期に、午後何時間もベンチでぼんやり座って過ごしたりもしました。
散歩写真を始めた頃には休憩も兼ねて頻繁に来た場所であります。
DSC07755

日本よ、これが光量落ちだ!
馬場先門の「馬」の字が暗くて読みづらいほどです。良いですねえ。
色合いやコントラストなどはいじっておりません。信号を目立たせるために露出補正は下げましたが、それだけです。
何の変哲もない信号機の写真を、何となく奥行き感が出るような気がしますね。
α99には補正する機能もありますが、私はそんな無粋な機能は「切」にして使っています。
DSC07765

今回はこのへんで。
何だか周辺光量落ちの話ばかりになったような気もしますが、実際その傾向はありますので触れずにはいられません。
コントラストが高め、という印象は変わらずです。カリカリこってり系、かな?違う?
このシリーズはもう少し続きます。またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/06/06 Thu 00:00 ソニーα
前回に続き、α99+タムロンA09で東京駅丸の内界隈を歩いた時のことを掲載します。
東京駅を出て、行幸通りを歩いて皇居方面へ。
和田倉門交差点の向こう側、和田倉噴水公園へ行ったのですが、シンボルでもある噴水が吹き上がるのが20時まで、
私は20時を少し過ぎてしまいましたので、残念ながら噴水シーンは撮り逃しました。
ライトアップだけ撮ってきた感じです。

DSC06931

地面にカメラを置いて、感度を下げて絞って撮りました。
シャッター30秒、画像処理も同じだけかかりますから、1分ぐらいカメラの隣にじっと座って待ってるわけです。
この公園は夜間にもなりますと人があまりよりつかないですので、カップルが人目を忍んでわらわら集まっています。
そんな中で一人で座っていると、自分が石ころになったかのような錯覚をおぼえるのですが気のせいでしょう。
左の方の建物は、レストランです。
休日などに通りがかりますと、結婚式の2次会でしょうか、貸切になっているところをよく見かけます。
DSC06934

向こう側のビルは、建て替わったパレスホテルです。
蒸し暑くないこの時期の夜散歩に良い場所ですね。
DSC06933

お堀沿いにパレスホテル方面を眺めます。
大手町の再開発の規模は半端ないですね。ビルがさらにいっぱい、ニョキニョキ建つのでしょう。
DSC06927

行幸通りの始点、和田倉門交差点で撮っています。
以前にも書きましたが、行幸通りの中央部は現在歩道として整備されていますが、もともとは皇族方のための馬車道でありまして、
歩道の手すりもこのように「かんぬき」で留められているだけで、いざという時には馬車通行用に取り外すことができます。
とは言いますものの、私もここを馬車が通る所を見たことがありません。
天皇皇后両陛下が外出されるたびに馬車で東京駅に向かわれるとも思えないのですが、一度は見てみたいなあ。
DSC06941

以前にも同じような感想を書いたと思いますが、この威容は「帝都」の名にふさわしい、と感じます。
DSC06947

上のものと同じ趣旨の写真ですが、こちらは行幸通りの終点、東京駅前で撮りました。
やはり手すりは取り外すことができますね。ここを通れば皇居坂下門から中央停車場までほぼまっすぐ行けるわけです。
DSC06950

五輪招致ですか。夏季五輪だと盛り上がり方も違うのかもしれませんね。招致宣伝をよく見かけます。
対抗馬はイスタンブールなどでしたね。イスタンブール旅行したいなあ。
DSC06949

というわけで、α99+タムロンA09で歩く東京駅丸の内口編はここまでです。
タムロンA09はコンパクトで写りも良く、良い買い物だったと満足しています。
写真家の魚住誠一さんが自著の中でとても褒めていますが、多少は提灯記事であることを差し引いても妥当な評価なのかもなあ、と思います。
タムロンA09についてはもう少し続くかもしれません。続かないかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/10/02 Sun 04:52 マイクロフォーサーズ
オリンパス PEN E-P3を購入以後、
もっぱらE-P3ばかり持ち出しています。
従来デジタル一眼レフに遠く及ばなかった部分、すなわち

●どうしようもないAF
●どうしようもないレンズ

が一気にある程度改善され実用性が上がったため、
マイクロフォーサーズ本来の持ち味であるところの

●小型システム=可搬性の高さ

が意味を持つようになってきたのです。

実際、ボディ+レンズ6本がカメラバッグに入り、
それでいて重くなく、バッグになお余裕がある。
いい年したおぢさんにはこれが何よりの魅力であります。

で、先週の話になりますが皇居外苑方面をお散歩。
丸ビルのサブウェイでお昼を買い込んで、地下道を進みます。
P9241515.jpg

建設中のパレスホテル。かなり出来てます。
ほんと、建ち始めると、あっという間ですね。
P9241551.jpg

和田倉噴水公園。娘も一緒です。
噴水と池に大喜びであります。
P9241623.jpg

吹き出す水で虹ができておりました。
割とはっきり見えますね。
P9241605.jpg

いい天気でしたので、散歩というかジョギングというか、
そんな出で立ちで歩いている人が多かったです。
P9241797.jpg

皇居近辺は落ち着きますね。
お散歩コースにもってこいであります。
P9241725.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/04/05 Sun 19:26 ソニーα
靖国神社を離れ、千鳥ヶ淵を目指したのですが…
人出が凄まじすぎです;
日本人は、どこまで桜が好きなんでしょうか。

RFNDMDc5MDnkEA_enlargement.jpg

思えば、そういった「名所」に限らず、
毎日朝夕通り過ぎる近所の道端に一本だけ立っている桜の樹が花を咲かせていても、
人はしばし足をとめたりします。
そういえば、かつて「そうだ、京都、行こう」というCMシリーズで、
「桜の開花がニュースになる国って、素敵じゃないですか。」
というフレーズがありました(記憶に残っていたので、Wikipediaで調べたらやっぱりあった)。
私も素敵だと思います。
機関士を養成せず、ブルートレインを見殺しにしたJR東海はいまひとつ素敵ではないですけれども;

RFNDMDc5MjXiEA_enlargement.jpg

さて、今回のエントリは「千鳥ヶ淵」と「北の丸公園」を統合しています。
理由は、上に書いた「人出多すぎ」という点にあって、
肝心の千鳥ヶ淵まで到達せずに引き返したのです。

RFNDMDc5MTjkEQ_enlargement.jpg

「桜を見に行こう」と決めていて、
新宿御苑や上野、隅田川等をスルーし、六本木の新名所を探索することもとりやめて
今年はここに行く、と決めていたのですが、覚悟不徹底でした。
うつが再発気味で、人ごみに対する拒絶反応が出始めているからかもしれません。

RFNDMDc5MznnFg_enlargement.jpg

この後、北の丸公園~皇居東御苑と抜けていき、大手町に出ます。
毎度ながら思うのは、定番コースとはいえ、移動距離としては結構ありますね。
見知らぬおばちゃんがリタイヤ寸前でした(笑

RFNDMDc5NDLhEQ_enlargement.jpg

RFNDMDc5NTDgEQ_enlargement.jpg

RFNDMDc5NDjnFw_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事