ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「登戸」
ご好評いただいております「藤子・F・不二雄ミュージアム編」、惜しまれつつも今回が最終回となります。
一応カメラの話もしておきますね。使用したカメラはパナソニック「GM1」でした。
レンズは「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8」です。これがあるからオリ12-40購入に踏み切れません。
逆光に弱いのと、フードがすぐ外れてしまう点を除けば満足しています。結局付けっ放しで旅行したこともあったっけ。
オリンパスボディの時には無用の長物だったレンズ内手ぶれ補正機能も、GM1ではその力をいかんなく発揮、
お、意外にしっかり止められるものなんだな、と認識をあらためることになりました。

そのGM1とパナ12-35の組み合わせで、次に行った所はレストランです。
ここがいちばん混雑していたのではないでしょうか。順番待ちの整理券を受け取った時点で「約110分待ち」と言われ、
これは無理かな?諦めるしかないか?と思ったものの、店外に設置されたメニューを見た段階で「これは待つしかない」と腹をくくりました。
結局90分ぐらいの待ち時間で入れたのですが、入場直後にカフェに行く、ぐらいの思い切った立ち回りが求められるのかもしれません。
P1310302

ジャイアンカツ丼でしたっけか。こんなメニューが出てくるんだったら話の種に待とうという気持ちになりますね。
P1310307

私達はお昼ごはんを食べたかったのでそれなりの料理を注文しましたが、スイーツ類も充実していたようです。
ブービーのウッキーウッキープレートに興味津々です。やっぱりバナナメインなのかな?
P1310303

ママがその「ブービーのウッキーウッキープレート」を注文していました(笑
顔の部分がケチャップご飯、胴体の部分がトルティーヤとサラダだったかと思います。
上の写真のカツ丼もそうでしたが、けっこうボリュームがあって食べごたえがあります。
P1310317

むしゅめが注文したのが「コロ助カルボナーラ」です。
カルボナーラとコロ助印のコロッケ(笑)良くできてます。
P1310312

ママとむしゅめが注文していたカフェオレらしき飲み物です。上にココアパウダーで絵が描かれています。
ママがドラえもん、むしゅめはジャングル黒べえだった(絵柄は選べない)のでむしゅめが「知らない…」と泣きそうになっていました。
ともあれ、どの料理も思っていたよりも「ちゃんとしたもの」が出てきたのが意外(失礼!)でした。
P1310320

さて、レストランの待ち時間の間、どこへ行っていたか。
まだ見ていなかった展示なども回りましたが、主に売店を見に行っていました。
藤子Fキャラクターグッズが充実していて、また、ミュージアム限定品も多数見られました。
どら焼きはもちろん、その他に私は藤子F氏の短篇集も購入しました。
藤子F氏のSF短編はちょっとダークな作風のものも多数ありまして、氏の作品世界が好きなんですよね。

で、ミュージアム限定品の方ですけれども。
ドラえもんフィギュアです。しかも「初登場時」なんとマニアックな。
どちらかを買うとしたら、もちろん初登場バージョンですよね!
P1310280

ツチノコです。なんとマニアックな。
私が知る限り、初期の1エピソードにしか登場しないキャラクターです。
ドラえもん世界ではたしか「ツチノコの発見者は剛田武」と歴史に名を残していることになっていましたね。
ツチノコの話は藤子F氏らしさが出たタイムパラドックスの秀作であります。
P1310281

そしてタイムパラドックスの名作と言えばこちら、オシシ仮面!こんなものまで出ているんですね。
初期のほんの1エピソード、その中のわずか数コマにしか登場しないキャラクターなのに。
ドラえもん3巻「あやうし!ライオン仮面」記憶にあるという方も多いことでしょう、鬼才フニャコフニャ夫の人気マンガ作品です。
敵に追い詰められ絶体絶命のライオン仮面、作者自身も助かる方法を思いつかずそのまま来月号に先送り。
窮余の策として来月号ではライオン仮面の弟、オシシ仮面を救出に登場させるもそのオシシ仮面も囚われの身になり絶体絶命。
展開に窮した結果更に翌月号に先送りしてこんどはイトコのオカメ仮面が登場…というお話です。
そのオシシ仮面が!これは欲しい!特にバーニング版。グエーッ!
でも6000円以上するのです。さすがに私も決断できずその場は買わずに撤退、
これが今でも後悔の種となっています。オシシ仮面を買うために、もう一度藤子・F・不二雄ミュージアムへ行きたい!
…とママに言ったら「バカじゃないの!」の一言で(´・ω・`)ショボーン
P1310277

とまあそんな感じで楽しいひと時も終わり、藤子・F・不二雄ミュージアムを後にします。
帰りも登戸駅までシャトルバスに乗りました。こんどはパーマン号です。
降車ボタンがパーマン仕様になっています。こちらも点灯しっぱなしで走ってくれます。
P1310345

今回はこの辺で。
帰りのバスの運転手さんが車内アナウンスで教えてくれました。このバスはパーマンが後ろから押してくれているんだ、と。
よかったら降りた時に見てください~、との事で見てみたら確かに押していました。
頑張れパーマン1号2号!ウッキー!
P1310348

藤子・F・不二雄ミュージアム良かったなあ。また行きたいなあ。
特に心残りはオシシ仮面です。ゲットしたい!バーニング版の方!
というわけで藤子・F・不二雄ミュージアム編はここまでです。次回はまた別のネタでまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
川崎市の「藤子・F・不二雄ミュージアム」関連エントリ第三弾となります。
ここを私が訪問してからはや一週間経とうとしていますが、実は興奮冷めやらず、また行きたい!という思いが強くなっています。
むしゅめがどこか行ってしまわないように見ていなくてはいけないし、ママがお腹空かしてないかも気を配らねばならず、
自分がゆったり見て回る時間があったとは言いがたい状況で、
まあそんなことはいつもの事ですから不満にも思わないのですがこの時ばかりは「もっと色々見ておけばよかった!」
と後悔の念があったのでした。
というわけでまた行きたい!と思っています。その最大の動機というのがあるのですが、それは次回の記事にとっておくとして。

前回、「Fシアター」でドラえもん&パーマンのオリジナル短編作品を鑑賞した、というところまで書きました。
続けて行ったのが屋上庭園です。
ミュージアムは生田緑地にほど近い丘陵の裾野にありまして、
建物の屋上に当たる部分がその地形を生かしたかのような広場になっています。
らせん階段で屋上に上がっていく途中で見かけました。パーマンがひなたぼっこをしています。
この「ヒーロー軍団の2号がお猿さん」という設定は子供心にも衝撃でした。今でも色あせない設定だと思うんですよね。
例えるならば惣流・アスカ・ラングレーがチンパンジーだった、みたいなものですからね。
例えるならばチノちゃんがチンパンジーだった、みたいなものですからね。
例えるならば一航戦赤城がチンパンジー(ry
P1310217

屋上庭園には、藤子作品ゆかりのオブジェが並んでいます。藤子作品てゆうか「ドラえもん」ですね。
そのいちばん奥まったところにありますのがこちら、ピー助です。
「おお、ピー助!」と叫んでしまいました(笑)日本人にもっとも知られている恐竜キャラのひとつではないでしょうか?
P1310218

たまにはカメラの話もしておきましょう。
上の写真は絞り開放で撮ったものです。開放には特に理由はありません。開放バカなもので、すまんね。
もう少し寄って絞って撮ろう、というわけで撮ったのがこちらです。
まあどちらが気に入っているかと言えば、上の写真なんですけどね(笑
ドラえもん達の向こうに立っているのは犬の兵士しょうか。のび太の大魔境でしたっけ?違ったらごめんなさい。
P1310222

その隣には「どこでもドア」です。ここも記念写真スポットでした。
話は変わりますが以前横浜そごうでもドラえもんの展示が店内各所で行われていて、
私はテンション上がってむしゅめを放ったらかしにして他の子どもたちと遊んでいたのですがその辺の話はいずれ蔵出しします。
P1310223

で、これですよ。空き地の土管!
この写真を見る限り、ここで遊んでいる子供は少ない印象ですよね。
でもこれ、人が写り込まないチャンスを待ち続けてようやく撮ることができたのです。わらわら集まってきていてもう大変
P1310227

その土管の隣に立っていたドラえもんです。ここも記念写真スポットになっていました。
もちろん並んで撮ったんですとも。
P1310239

ちょっと場所は離れますが、ドラミちゃんもしっかり立っていました。ここも記念写真スポットです。
物語で見る「しっかりものの妹」という設定に接した原体験は、私はたぶんドラミちゃんだと思います。
兄がタヌキ呼ばわりされている中、その色違いで女の子チックになっただけのデザインなはずなのに、
ドラミちゃんはとてもかわいらしいですよね。
ドラミちゃんはともかくきっと人間は「可愛らしい女の子キャラ」という「記号」だけでも萌えることができるのでしょうね。
P1310240

ドラえもん関連が占める中、ありましたQ太郎です!バケラッタも!
藤子F作品で山手線ゲームをやったら、私の場合ドラえもん、パーマンの次に思いつく作品です。その次がエスパー魔美かな。
P1310246

今回はこの辺で。
場所はちょっと離れますが、綺麗なジャイアンもちゃんといます。しかも井戸から登場します(笑
手前のハンドルをキコキコ漕ぎますと、綺麗なジャイアンが水面にあらわれる仕組みでこれがまさかの大行列(笑
「綺麗なジャイアン」自体はごく限られたエピソードにしか登場しないキャラクターなはずなのに、この人気はいったい?
と思ったのですが思えばドラえもんには「ほんの僅かしか登場しないのに強烈なインパクトを与える脇役」が数多く登場します。
実はこれがささやかな伏線です。次回を刮目してお待ちいただきたい!
P1310268

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
川崎市にある「藤子・F・不二雄ミュージアム」関連エントリとなります。
うちのむしゅめがドラえもんにはまっていて、せっかくならと行ってきました。
登戸駅にはシャトルバス「ドラえもん号」がお出迎え、これはブログネタになるなと私もカメラを取り出して撮りまくり、
ミュージアムに乗り込んでいきました。

ところで撮影の話になりますが、藤子・F・不二雄ミュージアムには撮影OKゾーンと禁止ゾーンが混在しています。
「展示エリア」と呼ばれる、藤子F氏ゆかりの品々や原画等の「ミュージアムらしい」展示物はほぼ撮影NGです。
世界的には「ミュージアム内の撮影も許可」という潮流があるそうですが日本では撮影禁止自体は珍しくありません。
何でもかんでも撮る私も、展示エリアはカメラをバッグにしまって見て回りました。
で、展示エリアを出たところはちょっとしたアミューズメント広場になっておりまして、
スタッフの方も「ここでは写真撮影OKですよ」と教えてくれる親切さ。撮影許可/禁止部分が明確で良いですね。
というわけで、このような看板は堂々と撮らせていただきました。
P1310214

展示エリアは藤子F氏の生い立ちから漫画の描き方、原画展示や映像資料に触れるというアカデミックな雰囲気もありますから、
子供の年齢によっては「ちょっと期待したのと違う」と思うこともあるでしょう。
だからということでしょうか、この場所では子供向けの「遊びモノ」が用意されています。
P1310254

基本は「ミュージアム」ですから本来少々お堅い雰囲気であるわけで、
私としてはむしゅめに博物館や美術館という施設に馴染んでもらいたい、その取っ掛かりとしての藤子・F・ミュージアムなのだ、
と思って今回訪ねてみた、という一面もあります。
ですから遊びモノもほどほどに、藤子F氏らしい知的好奇心を掻き立てるような設備だったらいいな、と思って見てみましたら、
そういうものも用意されている中にプリクラもありました。普通やん(笑
P1310257

当ブログは写真とカメラのブログです。ですからたまにはカメラの話もしておきましょう。
プリクラのカメラ部分はこんな風でした。仕上がりを見ますと結構よく撮れています。
レンズはフジノンズームですか、どんなカメラを使っているのだろう?と、レンズのスペックで検索してみましたら、
「FinePix S9000」というようなレンズ一体型デジタルカメラがヒットしました。
発売時期は2005年頃のいわゆるひとつの「ネオ一眼」と呼ばれていた一体型ハイエンド機です。
10年前のデジタル機種でも、このように用途を絞って今なお現役で業務用機器で活躍しているのですね。
P1310258

そのプリクラの隣にあったのが「もしもボックス」です。
記念撮影しようという人の行列ができていました。もちろん並びましたさ(笑
P1310261

そのエリアで休憩所を兼ねて?比較的広いスペースにソファが用意され、そこでドラえもんも漫画を読んでいるという写真です。
ここは藤子F氏作品ライブラリーでして、氏の漫画がずらりと並んでみんな思い思いに読みふけっていました。
小学生の隣におっちゃん、その隣にOLらしきグループ、男女問わず幅広い世代に支持されているのだとあらためて思いました。
P1310212

ドラえもんばかりがクローズアップされているようですが(実際ドラえもんの比率は高いですが)、オバQも忘れてはいけませんね。
「オバQ」という語呂は、藤子F氏が小田急線に乗っていて思いついた、みたいな漫画をどこかで読んだなあ。短編だったかな?
このオバQは藤子A氏との共作だったと思いますが、絵自体は藤子F氏のテイストが強いように見えます。
P1310213

アニメ「新オバケのQ太郎」のオープニングテーマ、音楽的にもファンキーだとアニソンの枠を超える高評価なのだそうです。
確かにめちゃ格好いいですね。ドラムとベースがすごいんですって。音楽の知識が無いので詳しくはないのですが。
昭和のアニメソングって格好いいのが多く記憶に残っています。ルパン三世然り、手塚治虫作品然り。ヤマトもそうですね。
そう言えば先日カラオケでむしゅめに「よーしパパ妖怪の歌を歌っちゃうぞー!」と期待させてからの「妖怪人間ベム」、
「早く人間になりたい!」「うんぎゃー!ままー!」と大泣きしたのは内緒です。


そして「Fシアター」と呼ばれる上映スペースに入ります。15分程度の短編作品を楽しむという趣向で、
入場時にもらった切符で「ひとり1回」見ることができます。
私が見た時の短編が「ドラえもん&パーマン」で、これが実に良くできていました。
詳しいところを話してしまうのはマナー違反ということで言及は控えますが、伏線貼りまくりで一気にエンディングまで持っていく、
もちろん藤子F氏自身は関わっていない後年のオリジナルだとは思うのですが、藤子F氏の看板をしっかり守った良作でした。
観覧後のちょっとした仕掛けもまた楽しい。子供心がむくむくとしてきますね。
P1310216

今回はこの辺で。
記事を書いていてミュージアムの思い出がよみがえります。楽しかったなあ。
というわけで次回も藤子・F・不二雄ミュージアムネタが続きます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
先週末のことですが、川崎にある「藤子・F・不二雄ミュージアム」に行ってきました。
これから全4回に渡ってその記事を書いていきます。今回はその導入部分となります。
最初に結論を書きますね。めちゃくちゃ面白かった!文句なしにオススメです。

その前にざっくり「藤子・F・不二雄ミュージアム」について。
藤子・F・不二雄氏をご存じない方を日本人の中で探すことは難しいのではないか、というほどに知名度の高い漫画家です。
名前を知らなくても「ドラえもんの作者」と言えば必ず伝わりますね。いや藤子不二雄という名前はそれ以前に誰もが知ってるはず。
もともと二人一組のペンネームだったのが(その事を別に隠してもいませんでしたが)コンビを円満解消し、
それぞれが本名の頭文字アルファベットをつけて呼び分けるようになった、という。
ひとりは「忍者ハットリくん」「笑ゥせぇるすまん」で知られる藤子不二雄A、
もうひとりが今回記事になります「ドラえもん」「パーマン」で知られる藤子・F・不二雄であります。
…とまあ、そんなこと誰でも知ってますよね(笑

さて、藤子・F・不二雄氏は1996年に亡くなりました。以下「藤子F氏」と略します。
その業績は巨大すぎるものであり、その足跡を記すためのミュージアムが設立されたのは必然と言って良いでしょう。
藤子F氏の代表作と言うと真っ先に挙がるのが「ドラえもん」ですよね。
で、この写真が示しているように、最近のリファインされたデザインもさることながら、初期の絵も大切にしていることが伝わってきます。
単なる「キャラクターを用いたテーマパーク」ではなく「漫画家『藤子・F・不二雄』を後世に伝える」のが目的だということなのでしょう。
P1310206

藤子・F・不二雄ミュージアムは駐車場を備えておらず、近隣にもまとまった台数を収容できるようなパーキングは見当たりませんので、
必然的に「電車で最寄り駅へ向かう」のが主要交通手段となります。
最寄り駅は登戸です。JR南武線・小田急線のターミナル駅です。
今回私は南武線で行きました。
P1310354

いえ、距離的にはもっと近い駅はあります。小田急なら向ヶ丘遊園駅、JRなら宿河原駅の方が登戸からよりも近いようです。
が、それらの駅からでも徒歩で20分近く(子供連れということを考慮すると30分以上?)かかる上、
道が狭くて歩道も整備しきれていませんから私はおすすめしません。
登戸駅からであれば直行シャトルバス(大人210円)が10分おきに運行されておりまして、断然そちらが便利&楽しいです。
こんなバスがお出迎えしてくれるのですから、そりゃテンションも上がるってものです。
P1310197

車内は、まあ普通の路線バスです。
余談ですが、いえ、後々この事が話題になるとは思いますが、このミュージアムは川崎市の施設です。
だからというわけではないかもしれませんが、川崎市営バスが登戸からミュージアムへの直行バス路線を運行しており、
このバスはその路線専用の4台のバスのうち、1号車「ドラえもん号」との事。
もうひとつ余談ながら、写真ではガラガラですよね?実はこの後、このバスは積み残しが発生するほどの満員になります。
P1310202

バスの降車ボタンも、オリジナルのドラえもんバージョンです。
発車少し前にこのように「ぴこーん」と点灯し、ミュージアムまでこのまま点けっぱなしで走ります。
ドラえもんがあしらわれていますから、それを演出しようということなのだと思います。
P1310204

バスに揺られること10分、ミュージアムに到着します。
外観を撮る間もなくただちにチケット確認→入場列へ並びます。
写真には残っていませんが、大盛況でした。
世間は妖怪ウォッチだプリキュアだと、より過激なものを志向していて藤子不二雄作品は下火なのかな?などとも思っていましたが、
ところがどっこい大人気であります。
P1310211

おっと載せ忘れました。登戸駅に設置されているドラえもん像です。
小さな像ですからうっかり見過ごしてしまいそうになりましたが、「えっへん」という感じで素敵です。
P1310353

今回はこの辺で。
ドラえもんを自発的に見る年齢ではありませんが、そんな私でも久々にドラえもんを読み返したくなりました。
これをご覧の皆様にはそれなりに年齢を重ねた方も多いかと思いますが、
この先何回か続く関連記事とともに子供の頃を思い出し、共に懐かしさに浸っていただけるならばとても嬉しく思います。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
P1310341

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事